前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2011年 7月)

2011/ 7/ 1 読: 詩篇 23章~25章
選: 詩篇 24章 1節
地とそれに満ちているもの、世界とその中に住むものは主のものである。
メモ: すべては主のものである。新たに認識し、多くのことを新発見したいと思う。
2011/ 7/ 2 読: 詩篇 26章~28章
選: 詩篇 27章 14節
待ち望め。主を。雄々しくあれ。心を強くせよ。待ち望め。主を。
メモ: 主を待ち望むことは、雄々しくあり、心の強い人でなければできないと思う。
2011/ 7/ 3 読: 詩篇 29章~31章
選: 詩篇 31章 14節~16節
しかし、主よ。私は、あなたに信頼しています。私は告白します。「あなたこそ私の神です。」
私の時は、御手の中にあります。私を敵の手から、また追い迫る者の手から、救い出してください。
御顔をあなたのしもべの上に照り輝かせてください。あなたの恵みによって私をお救いください。
メモ: 主よ。私は、あなたに信頼します。私は告白します。あなたこそ私の神です。
2011/ 7/ 4 読: 詩篇 32章~34章
選: 詩篇 33章 16節~18節
王は軍勢の多いことによっては救われない。勇者は力の強いことによっては救い出されない。
軍馬も勝利の頼みにはならない。その大きな力も救いにならない。
見よ。主の目は主を恐れる者に注がれる。その恵みを待ち望む者に。
メモ: 主の目は、主を恐れ、その恵みを待ち望む者に注がれる。私もその一人です。
2011/ 7/ 5 読: 詩篇 35章~37章
選: 詩篇 37章 3節~5節
主に信頼して善を行なえ。地に住み、誠実を養え。
主をおのれの喜びとせよ。主はあなたの心の願いをかなえてくださる。
あなたの道を主にゆだねよ。主に信頼せよ。主が成し遂げてくださる。
メモ: 主に信頼し、善を行え。誠実を養え。主に道を委ね、主を人生の喜びとせよ。
2011/ 7/ 6 読: 詩篇 38章~40章
選: 詩篇 40章 1節~3節
私は切なる思いで主を待ち望んだ。主は、私のほうに身を傾け、私の叫びをお聞きになり、
私を滅びの穴から、泥沼から、引き上げてくださった。そして私の足を巌の上に置き、私の歩みを確かにされた。
主は、私の口に、新しい歌、われらの神への賛美を授けられた。多くの者は見、そして恐れ、主に信頼しよう。
メモ: 私は切なる思いで主を待ち望んだ。主は、私の口に神への讃美を授けられた。
2011/ 7/ 7 読: 詩篇 41章~43章
選: 詩篇 42章 11節、43章 5節
わがたましいよ。なぜ、おまえは絶望しているのか。なぜ、御前で思い乱れているのか。神を待ち望め。私はなおも神をほめたたえる。私の救い、私の神を。
メモ: 神を待ち望め。私はなおも神をほめたたえる。私たちの救い、私たちの神を。
2011/ 7/ 8 読: 詩篇 44章~46章
選: 詩篇 44章 17節~18節
これらのことすべてが私たちを襲いました。しかし私たちはあなたを忘れませんでした。また、あなたの契約を無にしませんでした。
私たちの心はたじろがず、私たちの歩みはあなたの道からそれませんでした。
メモ: しかし、私はあなたを忘れません、契約を無にしません、道からそれません。
2011/ 7/ 9 読: 詩篇 47章~49章
選: 詩篇 49章 16節~18節
恐れるな。人が富を得ても、その人の家の栄誉が増し加わっても。
人は、死ぬとき、何一つ持って行くことができず、その栄誉も彼に従って下っては行かないのだ。
彼が生きている間、自分を祝福できても、また、あなたが幸いな暮らしをしているために、人々があなたをほめたたえても。
メモ: 人は、体の死と同時に、地上で得たものから切り離されるが、消滅はしない。
2011/ 7/10 読: 詩篇 50章~52章
選: 詩篇 51章 16節~17節
たとい私がささげても、まことに、あなたはいけにえを喜ばれません。全焼のいけにえを、望まれません。
神へのいけにえは、砕かれたたましい。砕かれた、悔いた心。神よ。あなたは、それをさげすまれません。
メモ: 神様が求め、喜ばれるものは、砕かれたたましい、砕かれた、悔いた心です。
2011/ 7/11 読: 詩篇 53章~55章
選: 詩篇 53章 1節~3節
愚か者は心の中で「神はいない。」と言っている。彼らは腐っており、忌まわしい不正を行なっている。善を行なう者はいない。
神は天から人の子らを見おろして、神を尋ね求める、悟りのある者がいるかどうかをご覧になった。
彼らはみな、そむき去り、だれもかれも腐り果てている。善を行なう者はいない。ひとりもいない。
メモ: 聖書は、心の中で「神はいない。」と言う者は、愚か者であると諭している。
2011/ 7/12 読: 詩篇 56章~58章
選: 詩篇 56章 11節
私は、神に信頼しています。それゆえ、恐れません。人が、私に何をなしえましょう。
メモ: 私は、神に信頼します。だから、恐れません。人が、私に何をなしえようか。
2011/ 7/13 読: 詩篇 59章~61章
選: 詩篇 59章 16節~17節
しかし、この私は、あなたの力を歌います。まことに、朝明けには、あなたの恵みを喜び歌います。それは、私の苦しみの日に、あなたは私のとりで、また、私の逃げ場であられたからです。
私の力、あなたに、私はほめ歌を歌います。神は私のとりで、私の恵みの神であられます。
メモ: しかし、私は、私の力である、あなたの力を、あなたの恵みを喜び歌います。
2011/ 7/14 読: 詩篇 62章~64章
選: 詩篇 62章 5節~7節
私のたましいは黙って、ただ神を待ち望む。私の望みは神から来るからだ。
神こそ、わが岩。わが救い。わがやぐら。私はゆるがされることはない。
私の救いと、私の栄光は、神にかかっている。私の力の岩と避け所は、神のうちにある。
メモ: 私は黙って、ただ神を待ち望む。私の望みとビジョンは、神から来るからだ。
2011/ 7/15 読: 詩篇 65章~67章
選: 詩篇 66章 13節~15節
私は全焼のいけにえを携えて、あなたの家に行き、私の誓いを果たします。
それは、私の苦しみのときに、私のくちびるが言ったもの、私の口が申し上げた誓いです。
私はあなたに肥えた獣の全焼のいけにえを、雄羊のいけにえの煙とともにささげます。雄牛を雄やぎといっしょに、ささげます。セラ
メモ: 私の苦しみの時にした神への約束。解放とともに約束も解放されてしまった。
2011/ 7/16 読: 詩篇 68章~70章
選: 詩篇 69章 11節~13節
私が荒布を自分の着物とすると、私は彼らの物笑いの種となりました。
門にすわる者たちは私のうわさ話をしています。私は酔いどれの歌になりました。
しかし主よ。この私は、あなたに祈ります。神よ。みこころの時に。あなたの豊かな恵みにより、御救いのまことをもって、私に答えてください。
メモ: 私は祈ります。神よ。みこころの時に。恵みにより、私に、答えてください。
2011/ 7/17 読: 詩篇 71章~73章
選: 詩篇 73章 28節
しかし私にとっては、神の近くにいることが、しあわせなのです。私は、る主を私の避け所とし、あなたのすべてのみわざを語り告げましょう。
メモ: 「あなたのすべてのみわざを語りつげましょう。」と言えるようになりたい。
2011/ 7/18 読: 詩篇 74章~76章
選: 詩篇 75章 1節
私たちは、あなたに感謝します。神よ。私たちは感謝します。御名は、近くにあり、人々は、あなたの奇しいわざを語り告げます。
メモ: 主よ、私は視野を変え、神様の私たちに対する哀れみを、心から感謝します。
2011/ 7/19 読: 詩篇 77章~79章
選: 詩篇 77章 11節~12節
私は、主のみわざを思い起こそう。まことに、昔からのあなたの奇しいわざを思い起こそう。
私は、あなたのなさったすべてのことに思いを巡らし、あなたのみわざを、静かに考えよう。
メモ: 時には、私たちを囲む日常生活を横に置き、主の哀れみを心から感謝しよう。
2011/ 7/20 読: 詩篇 80章~82章
選: 詩篇 81章 1節~3節
われらの力であられる神に喜び歌え。ヤコブの神に喜び叫べ。
声高らかにほめ歌を歌え。タンバリンを打ち鳴らせ。六弦の琴に合わせて、良い音の立琴をかき鳴らせ。
われらの祭りの日の、新月と満月に、角笛を吹き鳴らせ。
メモ: 「われらの力である神に喜び歌え。」これは、神が私たちに望んでいること。
2011/ 7/21 読: 詩篇 83章~85章
選: 詩篇 85章 10節~13節
恵みとまこととは、互いに出会い、義と平和とは、互いに口づけしています。
まことは地から生えいで、義は天から見おろしています。
まことに、主は、良いものを下さるので、私たちの国は、その産物を生じます。
義は、主の御前に先立って行き、主の足跡を道とします。
メモ: 義とは、人が定義するものではないと思った。神が基準を決めているようだ。
2011/ 7/22 読: 詩篇 86章~88章
選: 詩篇 86章 15節
しかし主よ。あなたは、あわれみ深く、情け深い神。怒るのにおそく、恵みとまことに富んでおられます。
メモ: いろいろなことがあります。しかし主よ。あなたは、あわれみ深い神様です。
2011/ 7/23 読: 詩篇 89章~91章
選: 詩篇 91章 3節~5節
主は狩人のわなから、恐ろしい疫病から、あなたを救い出されるからである。
主は、ご自分の羽で、あなたをおおわれる。あなたは、その翼の下に身を避ける。主の真実は、大盾であり、とりでである。
あなたは夜の恐怖も恐れず、昼に飛び来る矢も恐れない。
メモ: 主は、ご自分の羽で、あなたを、私を、おおわれる。このことばを信じます。
2011/ 7/24 読: 詩篇 92章~94章
選: 詩篇 92章 1節~3節
主に感謝するのは、良いことです。いと高き方よ。あなたの御名にほめ歌を歌うことは。
朝に、あなたの恵みを、夜ごとに、あなたの真実を言い表わすことは。
十弦の琴や六弦の琴、それに立琴によるたえなる調べに合わせて。
メモ: 朝に、あなたの恵みを、夜ごとに、あなたの真実を言い現したいと思います。
2011/ 7/25 読: 詩篇 95章~97章
選: 詩篇 96章 4節~5節
まことに主は大いなる方、大いに賛美されるべき方。すべての神々にまさって恐れられる方だ。
まことに、国々の民の神々はみな、むなしい。しかし主は天をお造りになった。
メモ: 天をお造りになった主が創造の神であることについては、論ずる必要もない。
2011/ 7/26 読: 詩篇 98章~100章
選: 詩篇 100章 1節~3節
全地よ。主に向かって喜びの声をあげよ。
喜びをもって主に仕えよ。喜び歌いつつ御前に来たれ。
知れ。主こそ神。主が、私たちを造られた。私たちは主のもの、主の民、その牧場の羊である。
メモ: 主が、私たちを造られた。私たちは主のもの、主の民、その牧場の羊である。
2011/ 7/27 読: 詩篇 101章~103章
選: 詩篇 102章 4節~5節
私の心は、青菜のように打たれ、しおれ、パンを食べることさえ忘れました。
私の嘆く声で私の骨と皮はくっついてしまいました。
メモ: 神に信頼する人こそ、このような経験をする。キリストに似た者となるため。
2011/ 7/28 読: 詩篇 104章~106章
選: 詩篇 105章 7節~8節
この方こそ、われらの神、主。そのさばきは全地にわたる。
主は、ご自分の契約をとこしえに覚えておられる。お命じになったみことばは千代にも及ぶ。
メモ: この方こそ、われらの神。主は、ご自分の契約をとこしえに覚えておられる。
2011/ 7/29 読: 詩篇 107章~109章
選: 詩篇 107章 13節~15節
それゆえ主は苦役をもって彼らの心を低くされた。彼らはよろけたが、だれも助けなかった。
この苦しみのときに、彼らが主に向かって叫ぶと、主は彼らを苦悩から救われた。
主は彼らをやみと死の陰から連れ出し、彼らのかせを打ち砕かれた。
彼らは、主の恵みと、人の子らへの奇しいわざを主に感謝せよ。
メモ: 主は、心を低くされた。この時は辛い。しかし、主の奇しきわざを感謝せよ。
2011/ 7/30 読: 詩篇 110章~112章
選: 詩篇 112章 5節~7節
しあわせなことよ。情け深く、人には貸し、自分のことを公正に取り行なう人は。
彼は決してゆるがされない。正しい者はとこしえに覚えられる。
その人は悪い知らせを恐れず、主に信頼して、その心はゆるがない。
メモ: 悪い知らせを恐れず、主に信頼して、心のゆるがない人生を送りたいと思う。
2011/ 7/31 読: 詩篇 113章~115章
選: 詩篇 115章 1節~3節
私たちにではなく、主よ、私たちにではなく、あなたの恵みとまことのために、栄光を、ただあなたの御名にのみ帰してください。
なぜ、国々は言うのか。「彼らの神は、いったいどこにいるのか。」と。
私たちの神は、天におられ、その望むところをことごとく行なわれる。
メモ: 主よ、私たちにではなく、栄光を、ただあなたの御名にのみ帰してください。
前Page