前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2011年 8月)

2011/ 8/ 1 読: 詩篇 116章~118章
選: 詩篇 118章 22節~24節
家を建てる者たちの捨てた石。それが礎の石になった。
これは主のなさったことだ。私たちの目には不思議なことである。
これは、主が設けられた日である。この日を楽しみ喜ぼう。
メモ: 不思議なことを主に期待するからこそ、この日を楽しみ喜ぼうになると思う。
2011/ 8/ 2 読: 詩篇 119章~121章
選: 詩篇 119章 9節~12節
どのようにして若い人は自分の道をきよく保てるでしょうか。あなたのことばに従ってそれを守ることです。
私は心を尽くしてあなたを尋ね求めています。どうか私が、あなたの仰せから迷い出ないようにしてください。
あなたに罪を犯さないため、私は、あなたのことばを心にたくわえました。
主よ。あなたは、ほむべき方。あなたのおきてを私に教えてください。
メモ: 神のことばを心にたくわえておくことが、神の道を正しく歩むことの秘けつ。
2011/ 8/ 3 読: 詩篇 122章~124章
選: 詩篇 122章 6節~9節
エルサレムの平和のために祈れ。「おまえを愛する人々が栄えるように。
おまえの城壁のうちには、平和があるように。おまえの宮殿のうちには、繁栄があるように。」
私の兄弟、私の友人のために、さあ、私は言おう。「おまえのうちに平和があるように。」
私たちの神、主の家のために、私は、おまえの繁栄を求めよう。
メモ: 主よ、私も心の底から祈ります。「平和があるように。繁栄があるように。」
2011/ 8/ 4 読: 詩篇 125章~127章
選: 詩篇 125章 1節~3節
主に信頼する人々はシオンの山のようだ。ゆるぐことなく、とこしえにながらえる。
山々がエルサレムを取り囲むように、主は御民を今よりとこしえまでも囲まれる。
悪の杖が正しい者の地所の上にとどまることなく、正しい者が不正なことに、手を伸ばさないためである。
メモ: 「悪の杖が正しい者の地所の上にとどまることなく、」忍耐を学びましょう。
2011/ 8/ 5 読: 詩篇 128章~130章
選: 詩篇 128章 1節~4節
幸いなことよ。すべて主を恐れ、主の道を歩む者は。
あなたは、自分の手の勤労の実を食べるとき、幸福で、しあわせであろう。
あなたの妻は、あなたの家の奥にいて、豊かに実を結ぶぶどうの木のようだ。あなたの子らは、あなたの食卓を囲んで、オリーブの木を囲む若木のようだ。
見よ。主を恐れる人は、確かに、このように祝福を受ける。
メモ: あなたの妻は、あなたの家の奥にいて、豊かに実を結ぶぶどうの木のようだ。
2011/ 8/ 6 読: 詩篇 131章~133章
選: 詩篇 131章 2節~3節
まことに私は、自分のたましいを和らげ、静めました。乳離れした子が母親の前にいるように、私のたましいは乳離れした子のように御前におります。
イスラエルよ。今よりとこしえまで主を待て。
メモ: まことに私は、自分のたましいを和らげ、静めました。私は、主を待ちます。
2011/ 8/ 7 読: 詩篇 134章~136章
選: 詩篇 135章 15節~18節
異邦の民の偶像は、銀や金で、人の手のわざです。
口があっても語れず、目があっても見えません。
耳があっても聞こえず、また、その口には息がありません。
これを造る者もこれに信頼する者もみな、これと同じです。
メモ: 時々思います。たましいの無い物を拝むくらいなら、自分を拝んだらいいと。
2011/ 8/ 8 読: 詩篇 137章~139章
選: 詩篇 139章 23節~24節
神よ。私を探り、私の心を知ってください。私を調べ、私の思い煩いを知ってください。
私のうちに傷のついた道があるか、ないかを見て、私をとこしえの道に導いてください。
メモ: 神よ。私の思い煩いを知ってください。私に主の道を示し、平安をください。
2011/ 8/ 9 読: 詩篇 140章~142章
選: 詩篇 140章 12節~13節
私は知っています。主は悩む者の訴えを支持し、貧しい者に、さばきを行なわれることを。
まことに、正しい者はあなたの御名に感謝し、直ぐな人はあなたの御前に住むでしょう。
メモ: 悩む者や貧しい者の訴えは純粋だと思う。かけひきする余裕は無いでしょう。
2011/ 8/10 読: 詩篇 143章~145章
読: 詩篇 149章~150章、箴言 1章
私たちの倉は満ち、あらゆる産物を備えますように。私たちの羊の群れは、私たちの野原で、幾千幾万となりますように。
私たちの牛が子牛を産み、死ぬこともなく、出て行くこともなく、また、哀れな叫び声が私たちの町にありませんように。
幸いなことよ。このようになる民は。幸いなことよ。主をおのれの神とするその民は。
メモ: 幸いなことよ。主を、すべてのものの創造主を、おのれの神とするその人は。
2011/ 8/11 読: 詩篇 146章~148章
選: 詩篇 147章 11節
主を恐れる者と御恵みを待ち望む者とを主は好まれる。
メモ: 主を恐れる者と御恵みを待ち望む者とを主は好まれる。私は主に好まれたい。
2011/ 8/12 読: 詩篇 149章~150章、箴言 1章
選: 詩篇 149章 2節~3節
イスラエルは、おのれの造り主にあって喜べ。シオンの子らは、おのれの王にあって楽しめ。
踊りをもって、御名を賛美せよ。タンバリンと立琴をかなでて、主にほめ歌を歌え。
メモ: 主を信じる者は、おのれの造り主にあって喜び、楽しみ、主にほめ歌を歌え。
2011/ 8/13 読: 箴言 2章~4章
選: 箴言 4章 25節~27節
あなたの目は前方を見つめ、あなたのまぶたはあなたの前をまっすぐに見よ。
あなたの足の道筋に心を配り、あなたのすべての道を堅く定めよ。
右にも左にもそれてはならない。あなたの足を悪から遠ざけよ。
メモ: あなたのすべての道を堅く定め、右にも左にもそれるな。悪から遠く離れよ。
2011/ 8/14 読: 箴言 5章~7章
選: 箴言 5章 18節
あなたの泉を祝福されたものとし、あなたの若い時の妻と喜び楽しめ。
メモ: 妻と楽しむ人生を送りたい。二人で旅に出たい。心の底からそう願っている。
2011/ 8/15 読: 箴言 8章~10章
選: 箴言 9章 11節
わたしによって、あなたの日は多くなり、あなたのいのちの年は増すからだ。
メモ: 主によって、私の日は多くなり、私のいのちの年は増す。この主を恐れます。
2011/ 8/16 読: 箴言 11章~13章
選: 箴言 12章 12節
悪者は、悪の網を張るのを好み、正しい者の根は、芽を出す。
メモ: 悪者は、存在する物を奪おうとすが、正しい者は、新たな物を作り出すのだ。
2011/ 8/17 読: 箴言 14章~16章
選: 箴言 16章 23節~24節
知恵のある者の心はその口をさとし、そのことばに理解を増し加える。
親切なことばは蜂蜜、たましいに甘く、骨を健やかにする。
メモ: ことばは力です。人を生かすことができます。人を生かすことばを語りたい。
2011/ 8/18 読: 箴言 17章~19章
選: 箴言 17章 14節
争いの初めは水が吹き出すようなものだ。争いが起こらないうちに争いをやめよ。
メモ: 心のかっとうについても同じ。悪い思いに振り回される前にそれを打ち消せ。
2011/ 8/19 読: 箴言 20章~22章
選: 箴言 20章 17節
だまし取ったパンはうまい。しかし、後にはその口はじゃりでいっぱいになる。
メモ: 瞬時の満足と自分を責めない心、どちらを選ぶ。私は病みたくないので後者。
2011/ 8/20 読: 箴言 23章~25章
選: 箴言 24章 13節~14節
わが子よ。蜜を食べよ。それはおいしい。蜂の巣の蜜はあなたの口に甘い。
知恵もあなたのたましいにとっては、そうだと知れ。それを見つけると、良い終わりがあり、あなたの望みは断たれることがない。
メモ: 知恵を見つけると、良い終わりがあり、私たちの望みは断たれることがない。
2011/ 8/21 読: 箴言 26章~28章
選: 箴言 28章 12節~14節
正しい者が喜ぶときには、大いなる光栄があり、悪者が起き上がるときには、人は身を隠す。
自分のそむきの罪を隠す者は成功しない。それを告白して、それを捨てる者はあわれみを受ける。
幸いなことよ。いつも主を恐れている人は。しかし心をかたくなにする人はわざわいに陥る。
メモ: 自分のそむきの罪を隠す者は、心の底から喜べず、他人に与える影響も悪い。
2011/ 8/22 読: 箴言 29章~31章
選: 箴言 29章 11節~12節
愚かな者は怒りをぶちまける。しかし知恵のある者はそれを内におさめる。
支配者が偽りのことばに聞き入るなら、従者たちもみな悪者になる。
メモ: 上に立つ者よ。あなたは、迷うことなく、神のことばを基準にしていますか。
2011/ 8/23 読: 伝道者の書 1章~3章
選: 伝道者の書 1章 12節~15節
伝道者である私は、エルサレムでイスラエルの王であった。
私は、天の下で行なわれるいっさいの事について、知恵を用いて、一心に尋ね、探り出そうとした。これは、人の子らが労苦するようにと神が与えたつらい仕事だ。
私は、日の下で行なわれたすべてのわざを見たが、なんと、すべてがむなしいことよ。風を追うようなものだ。
曲がっているものを、まっすぐにはできない。なくなっているものを、数えることはできない。
メモ: 神の恵みにより頼む人生、神に祝福された人生、これが最高の人生だと思う。
2011/ 8/24 読: 伝道者の書 4章~6章
選: 伝道者の書 5章 9節
何にもまして、国の利益は農地を耕させる王である。
メモ: 神が与えた恵みを賢く使うことによって、国は多くの利益を得られると思う。
2011/ 8/25 読: 伝道者の書 7章~9章
選: 伝道者の書 9章 9節
日の下であなたに与えられたむなしい一生の間に、あなたの愛する妻と生活を楽しむがよい。それが、生きている間に、日の下であなたがする労苦によるあなたの受ける分である。
メモ: 「あなたの愛する妻と生活を楽しむがよい。」では、そうさせてもらいます。
2011/ 8/26 読: 伝道者の書 10章~12章
選: 伝道者の書 12章 13節~14節
結局のところ、もうすべてが聞かされていることだ。神を恐れよ。神の命令を守れ。これが人間にとってすべてである。
神は、善であれ悪であれ、すべての隠れたことについて、すべてのわざをさばかれるからだ。
メモ: 「神を恐れよ。神の命令を守れ。」これが私たちを幸せにする原点だと思う。
2011/ 8/27 読: 雅歌 1章~3章
選: 雅歌 2章 14節
岩の裂け目、がけの隠れ場にいる私の鳩よ。私に、顔を見せておくれ。あなたの声を聞かせておくれ。あなたの声は愛らしく、あなたの顔は美しい。
メモ: 岩の裂け目やがけの隠れ場にいる鳩は、安心しきって生活をしているのかな。
2011/ 8/28 読: 雅歌 4章~6章
選: 雅歌 4章 16節
北風よ、起きよ。南風よ、吹け。私の庭に吹き、そのかおりを漂わせておくれ。私の愛する方が庭にはいり、その最上の実を食べることができるように。
メモ: 愛する方には、可能な限り、最上のものをあげたいと思うのが普通だと思う。
2011/ 8/29 読: 雅歌 7章~8章、イザヤ書 1章
選: 雅歌 8章 3節~4節
ああ、あの方の左の腕が私の頭の下にあり、右の手が私を抱いてくださるとよいのに。
エルサレムの娘たち。私はあなたがたに誓っていただきます。揺り起こしたり、かき立てたりしないでください。愛が目ざめたいと思うときまでは。
メモ: このときめきのことば、自分の心に素直であれば、だれもが望むことと思う。
2011/ 8/30 読: イザヤ書 2章~4章
選: イザヤ書 3章 13節~15節
主は論争するために立ち上がり、民をさばくために立つ。
主は民の長老たちや、民のつかさたちと、さばきの座にはいる。「あなたがたは、ぶどう畑を荒れすたらせ、貧しい者からかすめた物を、あなたがたの家に置いている。
なぜ、あなたがたは、わが民を砕き、貧しい者の顔をすりつぶすのか。――万軍の神、主の御告げ。――」
メモ: 私たちの行いは、主に隠されていない。いつも正しく行っているのだろうか。
2011/ 8/31 読: イザヤ書 5章~7章
選: イザヤ書 7章 2節~4節
ところが、「エフライムにアラムがとどまった。」という報告がダビデの家に告げられた。すると、王の心も民の心も、林の木々が風で揺らぐように動揺した。
そこで主はイザヤに仰せられた。「あなたとあなたの子シェアル・ヤシュブとは出かけて行って、布さらしの野への大路のそばにある上の池の水道の端でアハズに会い、
そこで彼に言え。気をつけて、静かにしていなさい。恐れてはなりません。あなたは、これら二つの木切れの煙る燃えさし、レツィンすなわちアラムとレマルヤの子との燃える怒りに、心を弱らせてはなりません。
メモ: 主は語られた。「気をつけて、静かにしていなさい。恐れてはなりません。」
前Page