前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2011年 9月)

2011/ 9/ 1 読: イザヤ書 8章~10章
選: イザヤ書 8章 11節~13節
「この民が謀反と呼ぶことをみな、謀反と呼ぶな。この民の恐れるものを恐れるな。おののくな。
万軍の主、この方を、聖なる方とし、この方を、あなたがたの恐れ、この方を、あなたがたのおののきとせよ。
メモ: 私の人生の基準を決めるのは、聖なる方、万軍の主です。この方を恐れます。
2011/ 9/ 2 読: イザヤ書 11章~13章
選: イザヤ書 12章 4節~5節
その日、あなたがたは言う。「主に感謝せよ。その御名を呼び求めよ。そのみわざを、国々の民の中に知らせよ。御名があがめられていることを語り告げよ。
主をほめ歌え。主はすばらしいことをされた。これを、全世界に知らせよ。
メモ: 主をほめ歌おう。主はすばらしいことをされた。これを、みんなに知らせよ。
2011/ 9/ 3 読: イザヤ書 14章~16章
選: イザヤ書 14章 1節~2節
まことに、主はヤコブをあわれみ、再びイスラエルを選び、彼らを自分たちの土地にいこわせる。在留異国人も彼らに連なり、ヤコブの家に加わる。
国々の民は彼らを迎え、彼らの所に導き入れる。イスラエルの家は主の土地でこの異国人を奴隷、女奴隷として所有し、自分たちをとりこにした者をとりこにし、自分たちをしいたげた者を支配するようになる。
メモ: 事は、主のあわれみや導きによって起こる。この主に信頼して、生活します。
2011/ 9/ 4 読: イザヤ書 17章~19章
選: イザヤ書 17章 7節~8節
その日、人は自分を造られた方に目を向け、その目はイスラエルの聖なる方を見、
自分の手で造った祭壇に目を向けず、自分の指で造ったもの、アシェラ像や香の台を見もしない。
メモ: 人が自分を造られた方に目を向けると、基準が変わり、判断も大きく変わる。
2011/ 9/ 5 読: イザヤ書 20章~22章
選: イザヤ書 20章 4節~6節
アッシリヤの王は、エジプトのとりことクシュの捕囚の民を、若い者も年寄りも裸にし、はだしにし、尻をまくり、エジプトの隠しどころをむき出しにして連れて行く。
人々は、クシュを頼みとし、エジプトを栄えとしていたので、おののき恥じる。
その日、この海辺の住民は言う。『見よ。アッシリヤの王の手から救ってもらおうと、助けを求めて逃げて来た私たちの拠り所は、この始末だ。私たちはどうしてのがれることができようか。』」
メモ: 私は、絶対に変わらない方を頼みとします。それは、イエス・キリストです。
2011/ 9/ 6 読: イザヤ書 23章~25章
選: イザヤ書 24章 23節
月ははずかしめを受け、日も恥を見る。万軍の主がシオンの山、エルサレムで王となり、栄光がその長老たちの前に輝くからである。
メモ: 主なる神以外の者を心の頼りにすると、いずれは恥じ入ることになると思う。
2011/ 9/ 7 読: イザヤ書 26章~28章
選: イザヤ書 28章 16節~17節
だから、神である主は、こう仰せられる。「見よ。わたしはシオンに一つの石を礎として据える。これは、試みを経た石、堅く据えられた礎の、尊いかしら石。これを信じる者は、あわてることがない。
わたしは公正を、測りなわとし、正義を、おもりとする。雹は、まやかしの避け所を一掃し、水は隠れ家を押し流す。
メモ: 試みを経た石、堅く据えられた礎の尊いかしら石とは、イエス様のことです。
2011/ 9/ 8 読: イザヤ書 29章~31章
選: イザヤ書 29章 16節
ああ、あなたがたは、物をさかさに考えている。陶器師を粘土と同じにみなしてよかろうか。造られた者が、それを造った者に、「彼は私を造らなかった。」と言い、陶器が陶器師に、「彼はわからずやだ。」と言えようか。
メモ: このような考え方をするのは人だけ。正しい順番を取り戻すと、見えてくる。
2011/ 9/ 9 読: イザヤ書 32章~34章
選: イザヤ書 33章 6節
あなたの時代は堅く立つ。知恵と知識とが、救いの富である。主を恐れることが、その財宝である。
メモ: 「あなたの時代は堅く立つと。」言われたら、主の時を待つことを学びたい。
2011/ 9/10 読: イザヤ書 35章~37章
選: イザヤ書 35章 4節~6節
心騒ぐ者たちに言え。「強くあれ、恐れるな。見よ、あなたがたの神を。復讐が、神の報いが来る。神は来て、あなたがたを救われる。」
そのとき、盲人の目は開かれ、耳しいた者の耳はあけられる。
そのとき、足なえは鹿のようにとびはね、おしの舌は喜び歌う。荒野に水がわき出し、荒地に川が流れるからだ。
メモ: その時、神が行うことは、私たちの思いをはるかに超えたことになると思う。
2011/ 9/11 読: イザヤ書 38章~40章
選: イザヤ書 40章 28節~31節
あなたは知らないのか。聞いていないのか。主は永遠の神、地の果てまで創造された方。疲れることなく、たゆむことなく、その英知は測り知れない。
疲れた者には力を与え、精力のない者には活気をつける。
若者も疲れ、たゆみ、若い男もつまずき倒れる。
しかし、主を待ち望む者は新しく力を得、鷲のように翼をかって上ることができる。走ってもたゆまず、歩いても疲れない。
メモ: 主を信じる私には「しかし」がある。気落ちは、主に対し失礼な態度と思う。
2011/ 9/12 読: イザヤ書 41章~43章
選: イザヤ書 43章 4節~5節
わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。だからわたしは人をあなたの代わりにし、国民をあなたのいのちの代わりにするのだ。
恐れるな。わたしがあなたとともにいるからだ。わたしは東から、あなたの子孫を来させ、西から、あなたを集める。
メモ: このように語りかけてくださる神は他にあるだろか。無視できないでしょう。
2011/ 9/13 読: イザヤ書 44章~46章
選: イザヤ書 46章 13節
わたしは、わたしの勝利を近づける。それは遠くはない。わたしの救いは遅れることがない。わたしはシオンに救いを与え、イスラエルにわたしの光栄を与える。」
メモ: 「わたしの救いは遅れることがない。」と主は言われる。主よ、感謝します。
2011/ 9/14 読: イザヤ書 47章~49章
選: イザヤ書 48章 11節~13節
わたしのため、わたしのために、わたしはこれを行なう。どうしてわたしの名が汚されてよかろうか。わたしはわたしの栄光を他の者には与えない。
わたしに聞け。ヤコブよ。わたしが呼び出したイスラエルよ。わたしがそれだ。わたしは初めであり、また、終わりである。
まことに、わたしの手が地の基を定め、わたしの右の手が天を引き延ばした。わたしがそれらに呼びかけると、それらはこぞって立ち上がる。
メモ: この方に歩調を合わせることが私にとってベストなことに、まちがいはない。
2011/ 9/15 読: イザヤ書 50章~52章
選: イザヤ書 51章 11節~13節
主に贖われた者たちは帰って来る。彼らは喜び歌いながらシオンにはいり、その頭にはとこしえの喜びをいただく。楽しみと喜びがついて来、悲しみと嘆きとは逃げ去る。
わたし、このわたしが、あなたがたを慰める。あなたは、何者なのか。死ななければならない人間や、草にも等しい人の子を恐れるとは。
天を引き延べ、地の基を定め、あなたを造った主を、あなたは忘れ、一日中、絶えず、しいたげる者の憤りを恐れている。まるで滅びに定められているかのようだ。そのしいたげる者の憤りはどこにあるのか。
メモ: なぜ、死ななければならない人間や、草にも等しい人の子を恐れるのだろう。
2011/ 9/16 読: イザヤ書 53章~55章
選: イザヤ書 53章 10節~12節
しかし、彼を砕いて、痛めることは主のみこころであった。もし彼が、自分のいのちを罪過のためのいけにえとするなら、彼は末長く、子孫を見ることができ、主のみこころは彼によって成し遂げられる。
彼は、自分のいのちの激しい苦しみのあとを見て、満足する。わたしの正しいしもべは、その知識によって多くの人を義とし、彼らの咎を彼がになう。
それゆえ、わたしは、多くの人々を彼に分け与え、彼は強者たちを分捕り物としてわかちとる。彼が自分のいのちを死に明け渡し、そむいた人たちとともに数えられたからである。彼は多くの人の罪を負い、そむいた人たちのためにとりなしをする。
メモ: 彼とはだれのことですか。彼とは、私の救い主キリスト・イエスのことです。
2011/ 9/17 読: イザヤ書 56章~58章
選: イザヤ書 57章 11節~13節
あなたは、だれにおじけ、だれを恐れて、まやかしを言うのか。あなたはわたしを思い出さず、心にも留めなかった。わたしが久しく、黙っていたので、わたしを恐れないのではないか。
わたしは、あなたの義と、あなたのした事どもを告げよう。しかし、それはあなたの益にはならない。
あなたが叫ぶとき、あなたが集めたものどもに、あなたを救わせよ。風が、それらをみな運び去り、息がそれらを連れ去ってしまう。しかし、わたしに身を寄せる者は、地を受け継ぎ、わたしの聖なる山を所有することができる。
メモ: 恐れから来る判断や行動は過ちにつながる。主を見つめ、正しく判断したい。
2011/ 9/18 読: イザヤ書 59章~61章
選: イザヤ書 59章 20節~21節
「しかし、シオンには贖い主として来る。ヤコブの中のそむきの罪を悔い改める者のところに来る。」――主の御告げ。――
「これは、彼らと結ぶわたしの契約である。」と主は仰せられる。「あなたの上にあるわたしの霊、わたしがあなたの口に置いたわたしのことばは、あなたの口からも、あなたの子孫の口からも、すえのすえの口からも、今よりとこしえに離れない。」と主は仰せられる。
メモ: 契約とはお互いにかわすもの。私が契約を守らなければ、結果は得られない。
2011/ 9/19 読: イザヤ書 62章~64章
選: イザヤ書 63章 13節
荒野の中を行く馬のように、つまずくことなく彼らに深みの底を歩ませた方は、どこにおられるのか。
メモ: 私たちの人生には荒野もあります。しかし、主を信じる者はつまずきません。
2011/ 9/20 読: イザヤ書 65章~66章、エレミヤ書 1章
選: イザヤ書 66章 12節~14節
主はこう仰せられる。「見よ。わたしは川のように繁栄を彼女に与え、あふれる流れのように国々の富を与える。あなたがたは乳を飲み、わきに抱かれ、ひざの上でかわいがられる。
母に慰められる者のように、わたしはあなたがたを慰め、エルサレムであなたがたは慰められる。
あなたがたはこれを見て、心喜び、あなたがたの骨は若草のように生き返る。主の御手は、そのしもべたちに知られ、その憤りは敵たちに向けられる。」
メモ: 主は仰せられた。「わたしはあなたがたを慰め、あなたがたは慰められる。」
2011/ 9/21 読: エレミヤ書 2章~4章
選: エレミヤ書 2章 13節
わたしの民は二つの悪を行なった。湧き水の泉であるわたしを捨てて、多くの水ためを、水をためることのできない、こわれた水ためを、自分たちのために掘ったのだ。
メモ: 神は、人が潤されることを望んでいる。どうして人はそれを拒むのだろうか。
2011/ 9/22 読: エレミヤ書 5章~7章
選: エレミヤ書 7章 23節
ただ、次のことを彼らに命じて言った。『わたしの声に聞き従え。そうすれば、わたしは、あなたがたの神となり、あなたがたは、わたしの民となる。あなたがたをしあわせにするために、わたしが命じるすべての道を歩め。』
メモ: 神様は、私たちをしあわせにしたいのです。それを拒んでいるのは、私です。
2011/ 9/23 読: エレミヤ書 8章~10章
選: エレミヤ書 10章 23節~24節
主よ。私は知っています。人間の道は、その人によるのでなく、歩くことも、その歩みを確かにすることも、人によるのではないことを。
主よ。御怒りによらず、ただ公義によって、私を懲らしてください。そうでないと、私は無に帰してしまうでしょう。
メモ: 主よ、私の歩みが確かなものとなるために、私をしっかり教育してください。
2011/ 9/24 読: エレミヤ書 11章~13章
選: エレミヤ書 13章 11節
なぜなら、帯が人の腰に結びつくように、わたしは、イスラエルの全家とユダの全家をわたしに結びつけた。――主の御告げ。――それは、彼らがわたしの民となり、名となり、栄誉となり、栄えとなるためだったのに、彼らがわたしに聞き従わなかったからだ。
メモ: あなたがわたしの人となり、名となり、栄誉となり、栄えとなるためだった。
2011/ 9/25 読: エレミヤ書 14章~16章
選: エレミヤ書 16章 14節~15節
それゆえ、見よ、その日が来る。――主の御告げ。――その日にはもはや、『イスラエルの子らをエジプトの国から上らせた主は生きておられる。』とは言わないで、
ただ『イスラエルの子らを北の国や、彼らの散らされたすべての地方から上らせた主は生きておられる。』と言うようになる。わたしは彼らの先祖に与えた彼らの土地に彼らを帰らせる。
メモ: 主は昨日も、今日も、明日も生きておられる。これは否定できない事実です。
2011/ 9/26 読: エレミヤ書 17章~19章
選: エレミヤ書 17章 24節~25節
もし、あなたがたが、ほんとうにわたしに聞き従い、――主の御告げ。――安息日にこの町の門のうちに荷物を持ち込まず、安息日をきよく保ち、この日に何の仕事もしないなら、
ダビデの王座に着く王たちや、車や馬に乗る首長たち、すなわち王たちとその首長たち、ユダの人、エルサレムの住民は、この町の門のうちにはいり、この町はとこしえに人の住む所となる。
メモ: 週に一日くらいは、私(主)のことだけを考えて欲しいと言うことでしょうね。
2011/ 9/27 読: エレミヤ書 20章~22章
選: エレミヤ書 22章 15節~16節
あなたは杉の木で競って、王になるのか。あなたの父は飲み食いしたが、公義と正義を行なったではないか。そのとき、彼は幸福だった。
彼はしいたげられた人、貧しい人の訴えをさばき、そのとき、彼は幸福だった。それが、わたしを知ることではなかったのか。――主の御告げ。――
メモ: 主を知ると、それが公議や正義を行うことにつながり、さらに幸福になれる。
2011/ 9/28 読: エレミヤ書 23章~25章
選: エレミヤ書 23章 23節~24節
わたしは近くにいれば、神なのか。――主の御告げ。――遠くにいれば、神ではないのか。
人が隠れた所に身を隠したら、わたしは彼を見ることができないのか。――主の御告げ。――天にも地にも、わたしは満ちているではないか。――主の御告げ。――
メモ: 神様はどこにでもおられる。人に見られたくないことも、隠されてはいない。
2011/ 9/29 読: エレミヤ書 26章~28章
選: エレミヤ書 22章 15節~16節
どうして、あなたとあなたの民は、バビロンの王に仕えない国について主が語られたように、剣とききんと疫病で死んでよかろうか。
『バビロンの王に仕えることはない。』とあなたがたに語る預言者たちのことばに聞くな。彼らはあなたがたに偽りを預言しているからだ。」
「わたしは彼らを遣わさなかったのに、――主の御告げ。――彼らは、わたしの名によって偽りを預言している。それでわたしはあなたがたを追い散らし、あなたがたも、あなたがたに預言している預言者たちも滅びるようにする。」
メモ: いんちき預言者かどうかをどう見分けようか。愛があるか無いかで見分ける。
2011/ 9/30 読: エレミヤ書 29章~31章
選: エレミヤ書 29章 14節
わたしはあなたがたに見つけられる。――主の御告げ。――わたしは、あなたがたの捕われ人を帰らせ、わたしがあなたがたを追い散らした先のすべての国々と、すべての場所から、あなたがたを集める。――主の御告げ。――わたしはあなたがたを引いて行った先から、あなたがたをもとの所へ帰らせる。」
メモ: 強い権限を感じる。神の計画に対し、逆らうことはできないが、愛も感じる。
前Page