前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2011年10月)

2011/10/ 1 読: エレミヤ書 32章~34章
選: エレミヤ書 33章 11節
楽しみの声と喜びの声、花婿の声と花嫁の声、『万軍の主に感謝せよ。主はいつくしみ深く、その恵みはとこしえまで。』と言って、主の宮に感謝のいけにえを携えて来る人たちの声が再び聞こえる。それは、わたしがこの国の捕われ人を帰らせ、初めのようにするからである。」と主は仰せられる。
メモ: 万軍の主に感謝せよ。主はいつくしみ深く、その恵みはとこしえまでも続く。
2011/10/ 2 読: エレミヤ書 35章~37章
選: エレミヤ書 35章 13節~14節
「イスラエルの神、万軍の主は、こう仰せられる。行って、ユダの人とエルサレムの住民に言え。『あなたがたはわたしのことばを聞いて懲らしめを受けようとしないのか。――主の御告げ。――
レカブの子ヨナダブが、酒を飲むなと子らに命じた命令は守られた。彼らは先祖の命令に聞き従ったので、今日まで飲まなかった。ところが、わたしがあなたがたにたびたび語っても、あなたがたはわたしに聞かなかった。
メモ: 何のために懲らしめるのか。悪いことを繰り返さないためだ。ありがたいな。
2011/10/ 3 読: エレミヤ書 38章~40章
選: エレミヤ書 38章 17節~18節
するとエレミヤはゼデキヤに言った。「イスラエルの神、万軍の神、主は、こう仰せられる。『もし、あなたがバビロンの王の首長たちに降伏するなら、あなたのいのちは助かり、この町も火で焼かれず、あなたも、あなたの家族も生きのびる。
あなたがバビロンの王の首長たちに降伏しないなら、この町はカルデヤ人の手に渡され、彼らはこれを火で焼き、あなたも彼らの手からのがれることができない。』」
メモ: 主はどのような状況の中でも、救いの道を備えている。神の愛に気づきたい。
2011/10/ 4 読: エレミヤ書 41章~43章
選: エレミヤ書 42章 10節~12節
『もし、あなたがたがこの国にとどまるなら、わたしはあなたがたを建てて、倒さず、あなたがたを植えて、引き抜かない。わたしはあなたがたに下したあのわざわいを思い直したからだ。
あなたがたが恐れているバビロンの王を恐れるな。彼をこわがるな。――主の御告げ。――わたしはあなたがたとともにいて、彼の手からあなたがたを救い、彼の手からあなたがたを救い出すからだ。
わたしがあなたがたにあわれみを施すので、彼は、あなたがたをあわれみ、あなたがたをあなたがたの土地に帰らせる。』
メモ: 彼らは主のあわれみを信用せず滅びた。私はあわれみを素直に受け入れます。
2011/10/ 5 読: エレミヤ書 44章~46章
選: エレミヤ書 44章 22節~23節
主は、あなたがたの悪い行ない、あなたがたが行なったあの忌みきらうべきことのために、もう耐えられず、それであなたがたの国は今日のように、住む者もなく、廃墟となり、恐怖、ののしりとなった。
あなたがたがいけにえをささげ、主に罪を犯して、主の御声に聞き従わず、主の律法と定めとあかしに歩まなかったために、あなたがたに、このわざわいが今日のように来たのだ。」
メモ: 「もう耐えられず、」に神様の深い愛と忍耐を感じる。この主に喜ばれたい。
2011/10/ 6 読: エレミヤ書 47章~49章
選: エレミヤ書 49章 37節~39節
わたしは、エラムを敵の前におののかせ、そのいのちをねらう者たちの前におののかせ、彼らの上にわざわいを下し、わたしの燃える怒りをその上に下す。――主の御告げ。――わたしは、彼らのうしろに剣を送って、彼らを絶ち滅ぼす。
わたしはエラムにわたしの王座を置き、王や首長たちをそこから滅ぼす。――主の御告げ。――
しかし、終わりの日になると、わたしはエラムの捕われ人を帰らせる。――主の御告げ。――」
メモ: エレミヤの口を通して、「わたしは」と語っているのは、創造主なる神です。
2011/10/ 7 読: エレミヤ書 50章~52章
選: エレミヤ書 52章 2節~3節
彼は、すべてエホヤキムがしたように、主の目の前に悪を行なった。
エルサレムとユダにこのようなことが起こったのは、主の怒りによるもので、ついに主は彼らを御前から投げ捨てられたのである。そののち、ゼデキヤはバビロンの王に反逆した。
メモ: 「ついに、主は彼らを御前から投げ捨てられた。」忠告として受け止めたい。
2011/10/ 8 読: 哀歌 1章~3章
選: 哀歌 3章 42節~45節
「私たちはそむいて逆らいました。あなたは私たちを赦してくださいませんでした。
あなたは、御怒りを身にまとい、私たちを追い、容赦なく殺されました。
あなたは雲を身にまとい、私たちの祈りをさえぎり、
私たちを国々の民の間で、あくたとし、いとわれる者とされました。」
メモ: この訴えの中に神に対する敵意はない。自分の罪を認めることが幸せへの道。
2011/10/ 9 読: 哀歌 4章~5章、エゼキエル書 1章
選: 哀歌 5章 7節
私たちの先祖は罪を犯しました。彼らはもういません。彼らの咎を私たちが背負いました。
メモ: 私たちは解決されていない問題を、無責任に、後世へ残してはならないのだ。
2011/10/10 読: エゼキエル書 2章~4章
選: エゼキエル書 2章 5節~7節
彼らは反逆の家だから、彼らが聞いても、聞かなくても、彼らは、彼らのうちに預言者がいることを知らなければならない。
人の子よ。彼らや、彼らのことばを恐れるな。たとい、あざみといばらがあなたといっしょにあっても、またあなたがさそりの中に住んでも、恐れるな。彼らは反逆の家だから、そのことばを恐れるな。彼らの顔にひるむな。
彼らは反逆の家だから、彼らが聞いても、聞かなくても、あなたはわたしのことばを彼らに語れ。
メモ: 神様が、神のことばと共に歩む者に言われていることは、「恐れるな」です。
2011/10/11 読: エゼキエル書 5章~7章
選: エゼキエル書 5章 13節
わたしの怒りが全うされると、わたしは彼らに対するわたしの憤りを静めて満足する。わたしが彼らに対する憤りを全うするとき、彼らは、主であるわたしが熱心に語ったことを知ろう。
メモ: 主は、私たちを立ち返らすために、多くの人を通し、熱心に語ってくださる。
2011/10/12 読: エゼキエル書 8章~10章
選: エゼキエル書 9章 9節~10節
すると、主は私に仰せられた。「イスラエルとユダの家の咎は非常に大きく、この国は虐殺の血で満ち、町も罪悪で満ちている。それは、彼らが、『主はこの国を見捨てられた。主は見ておられない。』と言ったからだ。
だから、わたしも惜しまず、あわれまない。わたしは彼らの頭上に彼らの行ないを返す。」
メモ: 人は蒔いたものを刈り取る。罪に関する刈り取りが死後になれば、遅すぎる。
2011/10/13 読: エゼキエル書 11章~13章
選: エゼキエル書 13章 14節
あなたがたがしっくいで上塗りした壁を、わたしが打ちこわし、地に倒してしまうので、その土台までもあばかれてしまう。それが倒れ落ちて、あなたがたがその中で滅びるとき、あなたがたは、わたしが主であることを知ろう。
メモ: 見せかけは嵐の日には弱い。見せかけを必要としない、誠実な人でありたい。
2011/10/14 読: エゼキエル書 14章~16章
選: エゼキエル書 14章 11節
それは、イスラエルの家が、二度とわたしから迷い出ず、重ねて自分たちのそむきの罪によって自分自身を汚さないためであり、彼らがわたしの民となり、わたしも彼らの神となるためである。――神である主の御告げ。――」
メモ: 聖書を読むと、神の愛が伝わってくる。どうしてそんなに愛するのだろうか。
2011/10/15 読: エゼキエル書 17章~19章
選: エゼキエル書 18章 21節~23節
しかし、悪者でも、自分の犯したすべての罪から立ち返り、わたしのすべてのおきてを守り、公義と正義を行なうなら、彼は必ず生きて、死ぬことはない。
彼が犯したすべてのそむきの罪は覚えられることはなく、彼が行なった正しいことのために、彼は生きる。
わたしは悪者の死を喜ぶだろうか。――神である主の御告げ。――彼がその態度を悔い改めて、生きることを喜ばないだろうか。
メモ: 神は愛です。神は、罪の重さに関係なく、人が救われることを望んでいます。
2011/10/16 読: エゼキエル書 20章~22章
選: エゼキエル書 20章 12節
わたしはまた、彼らにわたしの安息日を与えてわたしと彼らとの間のしるしとし、わたしが彼らを聖別する主であることを彼らが知るようにした。
メモ: 私は主から安息日を与えられています。自分をしっかり休ませる日にします。
2011/10/17 読: エゼキエル書 23章~25章
選: エゼキエル書 24章 13節
あなたのみだらな汚れを見て、わたしはあなたをきよめようとしたが、あなたはきよくなろうともしなかった。それでわたしがあなたに対するわたしの憤りを静めるまで、あなたは決してきよめられない。
メモ: きよめられれば、愛と平和の世界に暮らせる。拒んでいるのは、私たちです。
2011/10/18 読: エゼキエル書 26章~28章
選: エゼキエル書 28章 5節~8節
商いに多くの知恵を使って財宝をふやし、あなたの心は、財宝で高ぶった。
それゆえ、神である主はこう仰せられる。あなたは自分の心を神の心のようにみなした。
それゆえ、他国人、最も横暴な異邦の民を連れて来て、あなたを攻めさせる。彼らはあなたの美しい知恵に向かって剣を抜き、あなたの輝きを汚し、
あなたを穴に投げ入れる。あなたは海の真中で、刺し殺される者の死を遂げる。
メモ: どんなに知恵を得ても、人は神ではない。神の領域に踏み込んではならない。
2011/10/19 読: エゼキエル書 29章~31章
選: エゼキエル書 31章 11節
わたしは、これを諸国の民のうちの力ある者の手に渡した。彼はこれをひどく罰し、わたしも、その悪行に応じてこれを追い出した。
メモ: その時、歴史が動いた。動かしていたのは、行いを報いる主なる神であった。
2011/10/20 読: エゼキエル書 32章~34章
選: エゼキエル書 33章 10節~11節
人の子よ。イスラエルの家に言え。あなたがたはこう言っている。『私たちのそむきと罪は私たちの上にのしかかり、そのため、私たちは朽ち果てた。私たちはどうして生きられよう。』と。
彼らにこう言え。『わたしは誓って言う。――神である主の御告げ。――わたしは決して悪者の死を喜ばない。かえって、悪者がその態度を悔い改めて、生きることを喜ぶ。悔い改めよ。悪の道から立ち返れ。イスラエルの家よ。なぜ、あなたがたは死のうとするのか。』
メモ: 「わたしは誓って言う。わたしは決して悪者の死を喜ばない。」と主は語る。
2011/10/21 読: エゼキエル書 35章~37章
選: エゼキエル書 36章 10節~11節
わたしは、おまえたちの上に人をふやし、イスラエルの全家に人をふやす。町々には人が住みつき、廃墟は建て直される。
わたしは、おまえたちの上に人と獣をふやす。彼らはふえ、多くの子を生む。わたしはおまえたちのところに、昔のように人を住まわせる。いや、以前よりも栄えさせる。このとき、おまえたちは、わたしが主であることを知ろう。
メモ: 主が成さるのだ。このとき、おまえたちは、わたしが主であることを知ろう。
2011/10/22 読: エゼキエル書 38章~40章
選: エゼキエル書 39章 17節~20節
神である主はこう仰せられる。人の子よ。あらゆる種類の鳥と、あらゆる野の獣に言え。集まって来い。わたしがおまえたちのために切り殺した者、イスラエルの山々の上にある多くの切り殺された者に、四方から集まって来い。おまえたちはその肉を食べ、その血を飲め。
勇士たちの肉を食べ、国の君主たちの血を飲め。雄羊、子羊、雄やぎ、雄牛、すべてバシャンの肥えたものをそうせよ。
わたしがおまえたちのために切り殺したものの脂肪を飽きるほど食べ、その血を酔うほど飲むがよい。
おまえたちはわたしの食卓で、馬や、騎手や、勇士や、すべての戦士に食べ飽きる。――神である主の御告げ。――
メモ: 私は行いを報われる神を恐れる。神の愛の招きに応え、神の基準を歩みたい。
2011/10/23 読: エゼキエル書 41章~43章
選: エゼキエル書 43章 12節
宮に関する律法は次のとおりである。山の頂のその回りの全地域は最も神聖である。これが宮に関する律法である。
メモ: 土足で踏み込んではならない神の領域がある。履物を棄てて神に近づきます。
2011/10/24 読: エゼキエル書 44章~46章
選: エゼキエル書 46章 13節~15節
あなたは毎日、傷のない一歳の子羊一頭を全焼のいけにえとして、主にささげなければならない。これを毎朝ささげなければならない。
それに添えて、毎朝、六分の一エパの穀物のささげ物、上等の小麦粉に振りかけるための油三分の一ヒンをささげなければならない。これが主への穀物のささげ物であり、永遠に続く定めである。
こうして、子羊や穀物のささげ物や油を、常供の全焼のいけにえとして、毎朝ささげなければならない。
メモ: 毎朝、働き始める前に、聖書を読み感謝と祈りをささげることを常としたい。
2011/10/25 読: エゼキエル書 47章~47章、ダニエル書 1章
選: ダニエル書 1章 12節~15節
「どうか十日間、しもべたちをためしてください。私たちに野菜を与えて食べさせ、水を与えて飲ませてください。
そのようにして、私たちの顔色と、王さまの食べるごちそうを食べている少年たちの顔色とを見比べて、あなたの見るところに従ってこのしもべたちを扱ってください。」
世話役は彼らのこの申し出を聞き入れて、十日間、彼らをためしてみた。
十日の終わりになると、彼らの顔色は、王の食べるごちそうを食べているどの少年よりも良く、からだも肥えていた。
メモ: 野菜を主に食べると、顔色が良くなり健康体なるかも。試してみたいと思う。
2011/10/26 読: ダニエル書 2章~4章
選: ダニエル書 4章 9節
「呪法師の長ベルテシャツァル。私は、聖なる神の霊があなたにあり、どんな秘密もあなたにはむずかしくないことを知っている。私の見た夢の幻はこうだ。その解き明かしをしてもらいたい。
メモ: 彼ダニエルは、神を完全に信頼していた。神が働かれることも期待していた。
2011/10/27 読: ダニエル書 5章~7章
選: ダニエル書 6章 13節~14節
そこで、彼らは王に告げて言った。「ユダからの捕虜のひとりダニエルは、王よ、あなたとあなたの署名された禁令とを無視して、日に三度、祈願をささげています。」
このことを聞いて、王は非常に憂え、ダニエルを救おうと決心し、日暮れまで彼を助けようと努めた。
メモ: 大臣なのに「ユダからの捕虜のひとり」。発言者の心の内が現われています。
2011/10/28 読: ダニエル書 8章~10章
選: ダニエル書 9章 13節
このわざわいはすべて、モーセの律法に書かれているように、私たちの上に下りましたが、私たちは、不義から立ち返り、あなたの真理を悟れるよう、私たちの神、主に、お願いもしませんでした。
メモ: このわざわいはすべて聖書に書かれているように、私たちの上に下りました。
2011/10/29 読: ダニエル書 11章~12章、ホセア書 1章
選: ダニエル書 11章 2節
今、私は、あなたに真理を示す。見よ。なお三人の王がペルシヤに起こり、第四の者は、ほかのだれよりも、はるかに富む者となる。この者がその富によって強力になったとき、すべてのものを扇動してギリシヤの国に立ち向かわせる。
メモ: 安心できる、絶対揺るがない真理はどこにあるのか。それは聖書の中にある。
2011/10/30 読: ホセア書 2章~4章
選: ホセア書 2章 14節~15節
それゆえ、見よ、わたしは彼女をくどいて荒野に連れて行き、優しく彼女に語ろう。
わたしはその所を彼女のためにぶどう畑にし、アコルの谷を望みの門としよう。彼女が若かった日のように、彼女がエジプトの国から上って来たときのように、彼女はその所で答えよう。
メモ: 「荒野」に連れて行き、そこを「ぶどう畑」にする。神様の業に期待します。
2011/10/31 読: ホセア書 5章~7章
選: ホセア書 5章 14節~15節
わたしは、エフライムには、獅子のように、ユダの家には、若い獅子のようになるからだ。このわたしが引き裂いて去る。わたしがかすめ去るが、だれも助け出す者はいない。
彼らが自分の罪を認め、わたしの顔を慕い求めるまで、わたしはわたしの所に戻っていよう。彼らは苦しみながら、わたしを捜し求めよう。
メモ: すべては、私が神を慕い求めるため。何ゆえ、私をそこまで愛するのですか。
前Page