前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2011年11月)

2011/11/ 1 読: ホセア書 8章~10章
選: ホセア書 9章 10節~12節
わたしはイスラエルを、荒野のぶどうのように見、あなたがたの先祖を、いちじくの木の初なりの実のように見ていた。ところが彼らはバアル・ペオルへ行き、恥ずべきものに身をゆだね、彼らの愛している者と同じように、彼ら自身、忌むべきものとなった。
エフライムの栄光は鳥のように飛び去り、もう産むことも、みごもることも、はらむこともない。
たとい彼らが子を育てても、わたしはひとり残らずその子を失わせる。わたしが彼らを離れるとき、まことに、彼らにわざわいが来る。
メモ: 主が背を向けたのではない。私たちが主から離れたので、主も離れたのです。
2011/11/ 2 読: ホセア書 11章~13章
選: ホセア書 11章 10節~11節
彼らは主のあとについて来る。主は獅子のようにほえる。まことに、主がほえると、子らは西から震えながらやって来る。
彼らは鳥のようにエジプトから、鳩のようにアッシリヤの地から、震えながらやって来る。わたしは、彼らを自分たちの家に住ませよう。――主の御告げ。――
メモ: 逆らってばかりいる者に、「わたしは、彼らを自分たちの家に住ませよう。」
2011/11/ 3 読: ホセア書 14章、ヨエル書 1章~2章
選: ヨエル書 2章 11節
主は、ご自身の軍勢の先頭に立って声をあげられる。その隊の数は非常に多く、主の命令を行なう者は力強い。主の日は偉大で、非常に恐ろしい。だれがこの日に耐えられよう。
メモ: 「主の命令を行う者は力強い。」主の命令を行う力強い者になりたいと思う。
2011/11/ 4 読: ヨエル書 1章、アモス書 1章~2章
選: アモス書 2章 11節
わたしは、あなたがたの子たちから預言者を起こし、あなたがたの若者から、ナジル人を起こした。イスラエルの子らよ。そうではなかったのか。――主の御告げ。――
メモ: 「わたしは起こした。」偶然ではなく、主の計画がその背後にあったのです。
2011/11/ 5 読: アモス書 3章~5章
選: アモス書 5章 14節~15節
善を求めよ。悪を求めるな。そうすれば、あなたがたは生き、あなたがたが言うように、万軍の神、主が、あなたがたとともにおられよう。
悪を憎み、善を愛し、門で正しいさばきをせよ。万軍の神、主は、もしや、ヨセフの残りの者をあわれまれるかもしれない。
メモ: 善を求めよ。悪を求めるな。悪を憎み、善を愛し、正しいさばきをしなさい。
2011/11/ 6 読: アモス書 6章~8章
選: アモス書 8章 11節~13節
見よ。その日が来る。――神である主の御告げ。――その日、わたしは、この地にききんを送る。パンのききんではない。水に渇くのでもない。実に、主のことばを聞くことのききんである。
彼らは海から海へとさまよい歩き、北から東へと、主のことばを捜し求めて、行き巡る。しかしこれを見いだせない。
その日には、美しい若い女も、若い男も、渇きのために衰え果てる。
メモ: 今は恵みの時、今は救いの日です。聖書を読み、創造主を知るチャンスです。
2011/11/ 7 読: アモス書 9章、オバデヤ書、ヨナ書 1章
選: オバデヤ書 11節~13節
他国人がエルサレムの財宝を奪い去り、外国人がその門に押し入り、エルサレムをくじ引きにして取った日、あなたもまた彼らのうちのひとりのように、知らぬ顔で立っていた。
あなたの兄弟の日、その災難の日を、あなたはただ、ながめているな。ユダの子らの滅びの日に、彼らのことで喜ぶな。その苦難の日に大口を開くな。
彼らのわざわいの日に、あなたは、私の民の門に、はいるな。そのわざわいの日に、あなたは、その困難をながめているな。そのわざわいの日に、彼らの財宝に手を伸ばすな。
メモ: あなたも彼らのように、知らぬ顔で立っていた。人事で済ませない気がする。
2011/11/ 8 読: ヨナ書 2章~4章
選: ヨナ書 4章 10節~11節
主は仰せられた。「あなたは、自分で骨折らず、育てもせず、一夜で生え、一夜で滅びたこのとうごまを惜しんでいる。
まして、わたしは、この大きな町ニネベを惜しまないでいられようか。そこには、右も左もわきまえない十二万以上の人間と、数多くの家畜とがいるではないか。」
メモ: 自分の狭い視野を捨て、神の視野、神の思い、神の気持ちを学びたいと思う。
2011/11/ 9 読: ミカ書 1章~3章
選: ミカ書 3章 11節
そのかしらたちはわいろを取ってさばき、その祭司たちは代金を取って教え、その預言者たちは金を取って占いをする。しかもなお、彼らは主に寄りかかって、「主は私たちの中におられるではないか。わざわいは私たちの上にかかって来ない。」と言う。
メモ: わいろは影響力のある人に贈られる。上に立つ人が間違うと、すべてが狂う。
2011/11/10 読: ミカ書 4章~6章
選: ミカ書 6章 11節
不正なはかりと、欺きの重り石の袋を使っている者を罪なしとすることがわたしにできようか。
メモ: 正しい基準を使わない人間関係も偽りになる。神の目から見れば、これも罪。
2011/11/11 読: ミカ書 7章、ナホム書 1章~2章
選: ミカ書 7章 8節
私の敵。私のことで喜ぶな。私は倒れても起き上がり、やみの中にすわっていても、主が私の光であるからだ。
メモ: 主の光によって照らし出されるものは何でしょうか。これからの楽しみです。
2011/11/12 読: ナホム書 3章、ハバクク書 1章~2章
選: ハバクク書 1章 10節~11節
彼らは王たちをあざけり、君主たちをあざ笑う。彼らはすべての要塞をあざ笑い、土を積み上げて、それを攻め取る。
それから、風のように移って来て、過ぎて行く。自分の力を自分の神とする者は罰せられる。
メモ: 自分の力を自分の神とする者は罰せられる。与えてくださった主に感謝せよ。
2011/11/13 読: ハバクク書 3章、ゼパニヤ書 1章~2章
選: ゼパニヤ書 1章 6節
また、主に従うことをやめ、主を尋ね求めず、主を求めない者どもを断ち滅ぼす。
メモ: 主が私に願うことは、主に従うこと。主を尋ね求めること。主を求めること。
2011/11/14 読: ゼパニヤ書 3章、ハガイ書 1章~2章
選: ハガイ書 1章 7節~9節
万軍の主はこう仰せられる。あなたがたの現状をよく考えよ。
山に登り、木を運んで来て、宮を建てよ。そうすれば、わたしはそれを喜び、わたしの栄光を現わそう。主は仰せられる。
あなたがたは多くを期待したが、見よ、わずかであった。あなたがたが家に持ち帰ったとき、わたしはそれを吹き飛ばした。それはなぜか。――万軍の主の御告げ。――それは、廃墟となったわたしの宮のためだ。あなたがたがみな、自分の家のために走り回っていたからだ。
メモ: 神の国とその義をまず第一に求めなさい。聖書のことばを行う者でありたい。
2011/11/15 読: ゼカリヤ書 1章~3章
選: ゼカリヤ書 2章 10節~11節
シオンの娘よ。喜び歌え。楽しめ。見よ。わたしは来て、あなたのただ中に住む。――主の御告げ。――
その日、多くの国々が主につき、彼らはわたしの民となり、わたしはあなたのただ中に住む。あなたは、万軍の主が私をあなたに遣わされたことを知ろう。
メモ: 万軍の主に遣わされた者が私たちのただ中に住み、私たちは喜び歌い楽しむ。
2011/11/16 読: ゼカリヤ書 4章~6章
選: ゼカリヤ書 4章 10節
だれが、その日を小さな事としてさげすんだのか。これらは、ゼルバベルの手にある下げ振りを見て喜ぼう。これらの七つは、全地を行き巡る主の目である。」
メモ: 「全地を行き巡る主の目である。」聖書にある基準で正しく判断する主の目。
2011/11/17 読: ゼカリヤ書 7章~9章
選: ゼカリヤ書 7章 6節
あなたがたが食べたり飲んだりするとき、食べるのも飲むのも、自分たちのためではなかったか。
メモ: 欲を満たすために食べるのか、神に与えられた体を思って、感謝しながらか。
2011/11/18 読: ゼカリヤ書 10章~12章
選: ゼカリヤ書 12章 10節
わたしは、ダビデの家とエルサレムの住民の上に、恵みと哀願の霊を注ぐ。彼らは、自分たちが突き刺した者、わたしを仰ぎ見、ひとり子を失って嘆くように、その者のために嘆き、初子を失って激しく泣くように、その者のために激しく泣く。
メモ: 恵と哀願の霊ゆえに、あなたは、あなたが突き刺したイエスを仰ぎ見、嘆く。
2011/11/19 読: ゼカリヤ書 13章~14章、マラキ書 1章
選: ゼカリヤ書 13章 9節
わたしは、その三分の一を火の中に入れ、銀を練るように彼らを練り、金をためすように彼らをためす。彼らはわたしの名を呼び、わたしは彼らに答える。わたしは「これはわたしの民。」と言い、彼らは「主は私の神。」と言う。
メモ: 試練は、「彼はわたしの名を呼び、わたしは彼に答える。」のためだと思う。
2011/11/20 読: マラキ書 2章~4章
選: マラキ書 3章 10節~11節
十分の一をことごとく、宝物倉に携えて来て、わたしの家の食物とせよ。こうしてわたしをためしてみよ。――万軍の主は仰せられる。――わたしがあなたがたのために、天の窓を開き、あふれるばかりの祝福をあなたがたに注ぐかどうかをためしてみよ。
わたしはあなたがたのために、いなごをしかって、あなたがたの土地の産物を滅ぼさないようにし、畑のぶどうの木が不作とならないようにする。――万軍の主は仰せられる。――
メモ: 仕事に無駄がなかったら、どれだけ収入を増やせるだろうかと考えてみたい。
2011/11/21 読: マタイの福音書 1章~3章
選: マタイの福音書 2章 13節
彼らが帰って行ったとき、見よ、主の使いが夢でヨセフに現われて言った。「立って、幼子とその母を連れ、エジプトへ逃げなさい。そして、私が知らせるまで、そこにいなさい。ヘロデがこの幼子を捜し出して殺そうとしています。」
メモ: 自分で思い悩む必要はない。神の計画の時が来れば、神が知らせてくださる。
2011/11/22 読: マタイの福音書 4章~6章
選: マタイの福音書 5章 15節~16節
また、あかりをつけて、それを枡の下に置く者はありません。燭台の上に置きます。そうすれば、家にいる人々全部を照らします。
このように、あなたがたの光を人々の前で輝かせ、人々があなたがたの良い行ないを見て、天におられるあなたがたの父をあがめるようにしなさい。
メモ: 「人々が、天におられるあなたの父をあがめるようになるため」が目的です。
2011/11/23 読: マタイの福音書 7章~9章
選: マタイの福音書 7章 7節~8節
求めなさい。そうすれば与えられます。捜しなさい。そうすれば見つかります。たたきなさい。そうすれば開かれます。
だれであれ、求める者は受け、捜す者は見つけ出し、たたく者には開かれます。
メモ: あきらめるのが早すぎるかもしれない。選ばれた人にだけとは書いていない。
2011/11/24 読: マタイの福音書 10章~12章
選: マタイの福音書 12章 14節
パリサイ人は出て行って、どのようにしてイエスを滅ぼそうかと相談した。
メモ: 神から与えられたものと確信し、自信と力を持つ権力者は、善行に気を使う。
2011/11/25 読: マタイの福音書 13章~15章
選: マタイの福音書 13章 11節~13節
イエスは答えて言われた。「あなたがたには、天の御国の奥義を知ることが許されているが、彼らには許されていません。
というのは、持っている者はさらに与えられて豊かになり、持たない者は持っているものまでも取り上げられてしまうからです。
わたしが彼らにたとえで話すのは、彼らは見てはいるが見ず、聞いてはいるが聞かず、また、悟ることもしないからです。
メモ: 「悟った!」と言えるためには、心の目を開く神の哀れみが必要な気がする。
2011/11/26 読: マタイの福音書 16章~18章
選: マタイの福音書 16章 22節~23節
するとペテロは、イエスを引き寄せて、いさめ始めた。「主よ。神の御恵みがありますように。そんなことが、あなたに起こるはずはありません。」
しかし、イエスは振り向いて、ペテロに言われた。「下がれ。サタン。あなたはわたしの邪魔をするものだ。あなたは神のことを思わないで、人のことを思っている。」
メモ: 今は理解できなくても、神の計画を邪魔する者にはなりたくないと強く思う。
2011/11/27 読: マタイの福音書 19章~21章
選: マタイの福音書 20章 11節~13節
そこで、彼らはそれを受け取ると、主人に文句をつけて、
言った。『この最後の連中は一時間しか働かなかったのに、あなたは私たちと同じにしました。私たちは一日中、労苦と焼けるような暑さを辛抱したのです。』
しかし、彼はそのひとりに答えて言った。『私はあなたに何も不当なことはしていない。あなたは私と一デナリの約束をしたではありませんか。
メモ: 神に与えられたものを他と比較し、不満や満足に振り回されたくないと思う。
2011/11/28 読: マタイの福音書 22章~24章
選: マタイの福音書 23章 11節~12節
あなたがたのうちの一番偉大な者は、あなたがたに仕える人でなければなりません。
だれでも、自分を高くする者は低くされ、自分を低くする者は高くされます。
メモ: 「偉大な者は、仕える人でなければなりません。」具体化するにはどうする。
2011/11/29 読: マタイの福音書 25章~27章
選: マタイの福音書 25章 19節~21節
さて、よほどたってから、しもべたちの主人が帰って来て、彼らと清算をした。
すると、五タラント預かった者が来て、もう五タラント差し出して言った。『ご主人さま。私に五タラント預けてくださいましたが、ご覧ください。私はさらに五タラントもうけました。』
その主人は彼に言った。『よくやった。良い忠実なしもべだ。あなたは、わずかな物に忠実だったから、私はあなたにたくさんの物を任せよう。主人の喜びをともに喜んでくれ。』
メモ: 神から預けられた能力であるならば、それを使わないことは罪になると思う。
2011/11/30 読: マタイの福音書 28章、マルコの福音書 1章~2章
選: マルコの福音書 2章 14節
イエスは、道を通りながら、アルパヨの子レビが収税所にすわっているのをご覧になって、「わたしについて来なさい。」と言われた。すると彼は立ち上がって従った。
メモ: イエス様が求めている働き手は、彼の要求に対し、素直に応じる人だと思う。
前Page