前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2011年12月)

2011/12/ 1 読: マルコの福音書 3章~5章
選: マルコの福音書 5章 15節~17節
そして、イエスのところに来て、悪霊につかれていた人、すなわちレギオンを宿していた人が、着物を着て、正気に返ってすわっているのを見て、恐ろしくなった。
見ていた人たちが、悪霊につかれていた人に起こったことや、豚のことを、つぶさに彼らに話して聞かせた。
すると、彼らはイエスに、この地方から離れてくださるよう願った。
メモ: 神のなさる業を見ながら不都合を感じ、かかわりたくないと思うこともある。
2011/12/ 2 読: マルコの福音書 6章~8章
選: マルコの福音書 8章 17節~19節
それに気づいてイエスは言われた。「なぜ、パンがないといって議論しているのですか。まだわからないのですか、悟らないのですか。心が堅く閉じているのですか。
目がありながら見えないのですか。耳がありながら聞こえないのですか。あなたがたは、覚えていないのですか。
わたしが五千人に五つのパンを裂いて上げたとき、パン切れを取り集めて、幾つのかごがいっぱいになりましたか。」彼らは答えた。「十二です。」
メモ: まだわからないのですか、悟らないのですか。心が堅く閉じているのですか。
2011/12/ 3 読: マルコの福音書 9章~11章
選: マルコの福音書 11章 11節
こうして、イエスはエルサレムに着き、宮にはいられた。そして、すべてを見て回った後、時間ももうおそかったので、十二弟子といっしょにベタニヤに出て行かれた。
メモ: その日は帰ったけど、明日の行動のための情報はしっかり手に入れたと思う。
2011/12/ 4 読: マルコの福音書 12章~14章
選: マルコの福音書 13章 14節
『荒らす憎むべきもの』が、自分の立ってはならない所に立っているのを見たならば(読者はよく読み取るように。)ユダヤにいる人々は山へ逃げなさい。
メモ: 「読者はよく読み取るように。」しかし、人事のように捕らえるのが常です。
2011/12/ 5 読: マルコの福音書 15章~16章、ルカの福音書 1章
選: マルコの福音書 15章 17節~19節
そしてイエスに紫の衣を着せ、いばらの冠を編んでかぶらせ、
それから、「ユダヤ人の王さま。ばんざい。」と叫んであいさつをし始めた。
また、葦の棒でイエスの頭をたたいたり、つばきをかけたり、ひざまずいて拝んだりしていた。
メモ: 彼は、心の内にたまっていた不満や憎しみをも身代わりに引き受けてくれた。
2011/12/ 6 読: ルカの福音書 2章~4章
選: ルカの福音書 3章 16節~17節
ヨハネはみなに答えて言った。「私は水であなたがたにバプテスマを授けています。しかし、私よりもさらに力のある方がおいでになります。私などは、その方のくつのひもを解く値うちもありません。その方は、あなたがたに聖霊と火とのバプテスマをお授けになります。
また手に箕を持って脱穀場をことごとくきよめ、麦を倉に納め、殻を消えない火で焼き尽くされます。」
メモ: 主よ、私の内の汚れた不要な部分をことごとく焼き付くし、清めてください。
2011/12/ 7 読: ルカの福音書 5章~7章
選: ルカの福音書 7章 14節~16節
そして近寄って棺に手をかけられると、かついでいた人たちが立ち止まったので、「青年よ。あなたに言う、起きなさい。」と言われた。
すると、その死人が起き上がって、ものを言い始めたので、イエスは彼を母親に返された。
人々は恐れを抱き、「大預言者が私たちのうちに現われた。」とか、「神がその民を顧みてくださった。」などと言って、神をあがめた。
メモ: 私たちにとってはありえない事も、人を創造された神にとってはありうる事。
2011/12/ 8 読: ルカの福音書 8章~10章
選: ルカの福音書 9章 16節~17節
するとイエスは、五つのパンと二匹の魚を取り、天を見上げて、それらを祝福して裂き、群衆に配るように弟子たちに与えられた。
人々はみな、食べて満腹した。そして、余ったパン切れを取り集めると、十二かごあった。
メモ: 主は、私が今持っている物を使って、それを有り余るほど増やす事ができる。
2011/12/ 9 読: ルカの福音書 11章~13章
選: ルカの福音書 13章 11節~13節
すると、そこに十八年も病の霊につかれ、腰が曲がって、全然伸ばすことのできない女がいた。
イエスは、その女を見て、呼び寄せ、「あなたの病気はいやされました。」と言って、
手を置かれると、女はたちどころに腰が伸びて、神をあがめた。
メモ: 病気だった女性はいやされてから何をしましたか。彼女は神をあがめました。
2011/12/10 読: ルカの福音書 14章~16章
選: ルカの福音書 14章 12節~14節
また、イエスは、自分を招いてくれた人にも、こう話された。「昼食や夕食のふるまいをするなら、友人、兄弟、親族、近所の金持ちなどを呼んではいけません。でないと、今度は彼らがあなたを招いて、お返しすることになるからです。
祝宴を催すばあいには、むしろ、貧しい人、不具の人、足なえ、盲人たちを招きなさい。
その人たちはお返しができないので、あなたは幸いです。義人の復活のときお返しを受けるからです。」
メモ: 本当にそうなるのだろうかと疑いたくなる事に対して行動できるでしょうか。
2011/12/11 読: ルカの福音書 17章~19章
選: ルカの福音書 18章 11節~14節
パリサイ人は、立って、心の中でこんな祈りをした。『神よ。私はほかの人々のようにゆする者、不正な者、姦淫する者ではなく、ことにこの取税人のようではないことを、感謝します。
私は週に二度断食し、自分の受けるものはみな、その十分の一をささげております。』
ところが、取税人は遠く離れて立ち、目を天に向けようともせず、自分の胸をたたいて言った。『神さま。こんな罪人の私をあわれんでください。』
あなたがたに言うが、この人が、義と認められて家に帰りました。パリサイ人ではありません。なぜなら、だれでも自分を高くする者は低くされ、自分を低くする者は高くされるからです。」
メモ: 神から見れば、皆救いが必要です。比較は自分を知らない人がすることです。
2011/12/12 読: ルカの福音書 20章~22章
選: ルカの福音書 21章 10節~11節
それから、イエスは彼らに言われた。「民族は民族に、国は国に敵対して立ち上がり、
大地震があり、方々に疫病やききんが起こり、恐ろしいことや天からのすさまじい前兆が現われます。
メモ: 大地震があり、疫病やききんが起こり、天からのすさまじい前兆が現われる。
2011/12/13 読: ルカの福音書 23章~24章、ヨハネの福音書 1章
選: ルカの福音書 23章 23節~25節
ところが、彼らはあくまで主張し続け、十字架につけるよう大声で要求した。そしてついにその声が勝った。
ピラトは、彼らの要求どおりにすることを宣告した。
すなわち、暴動と人殺しのかどで牢にはいっていた男を願いどおりに釈放し、イエスを彼らに引き渡して好きなようにさせた。
メモ: ピラトに信念はなかった。だから折れた。はたして、私は大丈夫でしょうか。
2011/12/14 読: ヨハネの福音書 2章~4章
選: ヨハネの福音書 3章 11節~12節
まことに、まことに、あなたに告げます。わたしたちは、知っていることを話し、見たことをあかししているのに、あなたがたは、わたしたちのあかしを受け入れません。
あなたがたは、わたしが地上のことを話したとき、信じないくらいなら、天上のことを話したとて、どうして信じるでしょう。
メモ: 私たちはなぜ信じないのか。なぜ行動が伴わないのか。何を恐れているのか。
2011/12/15 読: ヨハネの福音書 5章~7章
選: ヨハネの福音書 6章 17節~20節
そして、舟に乗り込み、カペナウムのほうへ湖を渡っていた。すでに暗くなっていたが、イエスはまだ彼らのところに来ておられなかった。
湖は吹きまくる強風に荒れ始めた。
こうして、四、五キロメートルほどこぎ出したころ、彼らは、イエスが湖の上を歩いて舟に近づいて来られるのを見て、恐れた。
しかし、イエスは彼らに言われた。「わたしだ。恐れることはない。」
メモ: 多くの嵐に遭うことによって、より多くの神の偉大な業を経験できると思う。
2011/12/16 読: ヨハネの福音書 8章~10章
選: ヨハネの福音書 9章 10節~11節
そこで、彼らは言った。「それでは、あなたの目はどのようにしてあいたのですか。」
彼は答えた。「イエスという方が、泥を作って、私の目に塗り、『シロアムの池に行って洗いなさい。』と私に言われました。それで、行って洗うと、見えるようになりました。」
メモ: イエスという方が目をあけてくださいました。その時代は終わっていません。
2011/12/17 読: ヨハネの福音書 11章~13章
読: ヨハネの福音書 13章 11節
イエスはご自分を裏切る者を知っておられた。それで、「みながきよいのではない。」と言われたのである。
メモ: イエス様、あなたとの信頼関係を裏切ることがないように、助けてください。
2011/12/18 読: ヨハネの福音書 14章~16章
読: ヨハネの福音書 15章 17節
あなたがたが互いに愛し合うこと、これが、わたしのあなたがたに与える戒めです。
メモ: イエス様に与えられた戒めです。イエス様は実行不可能な戒めを与えません。
2011/12/19 読: ヨハネの福音書 17章~19章
読: ヨハネの福音書 18章 11節
そこで、イエスはぺテロに言われた。「剣をさやに収めなさい。父がわたしに下さった杯を、どうして飲まずにいられよう。」
メモ: イエス様、感謝します。おかげで私には、永遠の命と自由が与えられました。
2011/12/20 読: ヨハネの福音書 20章~21章、使徒の働き 1章
読: ヨハネの福音書 21章 19節
これは、ペテロがどのような死に方をして、神の栄光を現わすかを示して、言われたことであった。こうお話しになってから、ペテロに言われた。「わたしに従いなさい。」
メモ: イエス様に聴き従い続ければ、死ぬ時でさえ神の栄光を現すことになります。
2011/12/21 読: 使徒の働き 2章~4章
選: 使徒の働き 4章 16節~18節
彼らは言った。「あの人たちをどうしよう。あの人たちによって著しいしるしが行なわれたことは、エルサレムの住民全部に知れ渡っているから、われわれはそれを否定できない。
しかし、これ以上民の間に広がらないために、今後だれにもこの名によって語ってはならないと、彼らをきびしく戒めよう。」
そこで彼らを呼んで、いっさいイエスの名によって語ったり教えたりしてはならない、と命じた。
メモ: 反対者は、この名を封じ込めようと何世紀も頑張っているが、無駄な努力だ。
2011/12/22 読: 使徒の働き 5章~7章
選: 使徒の働き 7章 13節~14節
二回目のとき、ヨセフは兄弟たちに、自分のことを打ち明け、ヨセフの家族のことがパロに明らかになりました。
そこで、ヨセフは人をやって、父ヤコブと七十五人の全親族を呼び寄せました。
メモ: ヨセフは、家族を救いたかっただけ。しかし、その中には神の計画があった。
2011/12/23 読: 使徒の働き 8章~10章
選: 使徒の働き 9章 17節~19節
そこでアナニヤは出かけて行って、その家にはいり、サウロの上に手を置いてこう言った。「兄弟サウロ。あなたが来る途中でお現われになった主イエスが、私を遣わされました。あなたが再び見えるようになり、聖霊に満たされるためです。」
するとただちに、サウロの目からうろこのような物が落ちて、目が見えるようになった。彼は立ち上がって、バプテスマを受け、
食事をして元気づいた。サウロは数日の間、ダマスコの弟子たちとともにいた。
メモ: 私の思い違いが見えなくしていることが多い。主よ、真理を見せてください。
2011/12/24 読: 使徒の働き 11章~13章
選: 使徒の働き 12章 12節~14節
こうとわかったので、ペテロは、マルコと呼ばれているヨハネの母マリヤの家へ行った。そこには大ぜいの人が集まって、祈っていた。
彼が入口の戸をたたくと、ロダという女中が応対に出て来た。
ところが、ペテロの声だとわかると、喜びのあまり門を開けもしないで、奥へ駆け込み、ペテロが門の外に立っていることをみなに知らせた。
メモ: ロダはなぜそんなに喜んだのだろうか。彼女は素直な心を持っていたと思う。
2011/12/25 読: 使徒の働き 14章~16章
選: 使徒の働き 15章 16節~17節
『この後、わたしは帰って来て、倒れたダビデの幕屋を建て直す。すなわち、廃墟と化した幕屋を建て直し、それを元どおりにする。
それは、残った人々、すなわち、わたしの名で呼ばれる異邦人がみな、主を求めるようになるためである。
大昔からこれらのことを知らせておられる主が、こう言われる。』
メモ: 「主を求めるようになるためである。」キーワードは、「主を求める」です。
2011/12/26 読: 使徒の働き 17章~19章
選: 使徒の働き 19章 17節~18節
このことがエペソに住むユダヤ人とギリシヤ人の全部に知れ渡ったので、みな恐れを感じて、主イエスの御名をあがめるようになった。
そして、信仰にはいった人たちの中から多くの者がやって来て、自分たちのしていることをさらけ出して告白した。
メモ: 主イエスの名には権威がある。だから恐れを感じて、御名をあがめるのです。
2011/12/27 読: 使徒の働き 20章~22章
選: 使徒の働き 21章 13節
するとパウロは、「あなたがたは、泣いたり、私の心をくじいたりして、いったい何をしているのですか。私は、主イエスの御名のためなら、エルサレムで縛られることばかりでなく、死ぬことさえも覚悟しています。」と答えた。
メモ: 聖書と照らし合わせ、私はいったい何をしているのでしょうと多く問いたい。
2011/12/28 読: 使徒の働き 23章~25章
選: 使徒の働き 24章 22節~23節
しかしペリクスは、この道について相当詳しい知識を持っていたので、「千人隊長ルシヤが下って来るとき、あなたがたの事件を解決することにしよう。」と言って、裁判を延期した。
そして百人隊長に、パウロを監禁するように命じたが、ある程度の自由を与え、友人たちが世話をすることを許した。
メモ: 「囚人にある程度の自由を与えた。」不思議だね。背後に主の導きを感じる。
2011/12/29 読: 使徒の働き 26章~28章
選: 使徒の働き 27章 13節~15節
おりから、穏やかな南風が吹いて来ると、人々はこの時とばかり錨を上げて、クレテの海岸に沿って航行した。
ところが、まもなくユーラクロンという暴風が陸から吹きおろして来て、
船はそれに巻き込まれ、風に逆らって進むことができないので、しかたなく吹き流されるままにした。
メモ: 人生には多くの「ところが」がある。その時、心は創造主に向いていますか。
2011/12/30 読: ローマ人への手紙 1章~3章
選: ローマ人への手紙 3章 15節~17節
「彼らの足は血を流すのに速く、
彼らの道には破壊と悲惨がある。
また、彼らは平和の道を知らない。」
メモ: 平和をつくる者は幸です。その人は神の子どもと呼ばれるからです。(聖書)
2011/12/31 読: ローマ人への手紙 4章~6章
選: ローマ人への手紙 章 14節
というのは、罪はあなたがたを支配することがないからです。なぜなら、あなたがたは律法の下にはなく、恵みの下にあるからです。
メモ: 神の恵みの下にいれば、罪に支配されることがないという自由を感謝します。
前Page