前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2012年 1月)

2012/ 1/ 1 読: ローマ人への手紙 7章~9章
選: ローマ人への手紙 9章 15節~16節
神はモーセに、「わたしは自分のあわれむ者をあわれみ、自分のいつくしむ者をいつくしむ。」と言われました。
したがって、事は人間の願いや努力によるのではなく、あわれんでくださる神によるのです。
メモ: 神様、私をあわれみ、私をいつくしみ、私の道を確かなものにしてください。
2012/ 1/ 2 読: ローマ人への手紙 10章~12章
選: ローマ人への手紙 11章 17節~18節
もしも、枝の中のあるものが折られて、野生種のオリーブであるあなたがその枝に混じってつがれ、そしてオリーブの根の豊かな養分をともに受けているのだとしたら、
あなたはその枝に対して誇ってはいけません。誇ったとしても、あなたが根をささえているのではなく、根があなたをささえているのです。
メモ: 神にささえられている私は、比べて誇るのではなく、感謝すればよいのです。
2012/ 1/ 3 読: ローマ人への手紙 13章~15章
選: ローマ人への手紙 15章 14節
私の兄弟たちよ。あなたがた自身が善意にあふれ、すべての知恵に満たされ、また互いに訓戒し合うことができることを、この私は確信しています。
メモ: お互いに訓戒し合うには、相手への神の祝福を思うことが前提になると思う。
2012/ 1/ 4 読: ローマ人への手紙 16章、コリント人への手紙 第Ⅰ 1章~2章
選: ローマ人への手紙 16章 17節
兄弟たち。私はあなたがたに願います。あなたがたの学んだ教えにそむいて、分裂とつまずきを引き起こす人たちを警戒してください。彼らから遠ざかりなさい。
メモ: キリスト・イエスを信じる者の規準は聖書。愛ある行動をとるはずだと思う。
2012/ 1/ 5 読: コリント人への手紙 第Ⅰ 3章~5章
選: コリント人への手紙 第Ⅰ 4章 17節
そのために、私はあなたがたのところへテモテを送りました。テモテは主にあって私の愛する、忠実な子です。彼は、私が至る所のすべての教会で教えているとおりに、キリスト・イエスにある私の生き方を、あなたがたに思い起こさせてくれるでしょう。
メモ: 「キリスト・イエスにある私の生き方を見てください」と言えるでしょうか。
2012/ 1/ 6 読: コリント人への手紙 第Ⅰ 6章~8章
選: コリント人への手紙 第Ⅰ 7章 14節
なぜなら、信者でない夫は妻によって聖められており、また、信者でない妻も信者の夫によって聖められているからです。そうでなかったら、あなたがたの子どもは汚れているわけです。ところが、現に聖いのです。
メモ: 結果が聖いから、二人とも聖いはずだ。結果から割り出した一つの真理です。
2012/ 1/ 7 読: コリント人への手紙 第Ⅰ 9章~11章
選: コリント人への手紙 第Ⅰ 11章 7節
男はかぶり物を着けるべきではありません。男は神の似姿であり、神の栄光の現われだからです。女は男の栄光の現われです。
メモ: 「男は神の似姿であり、神の栄光の現われです。」自覚しているでしょうか。
2012/ 1/ 8 読: コリント人への手紙 第Ⅰ 12章~14章
選: コリント人への手紙 第Ⅰ 12章 17節
もし、からだ全体が目であったら、どこで聞くのでしょう。もし、からだ全体が聞くところであったら、どこでかぐのでしょう。
メモ: 神は、私にも、あなたにも役割を与えられました。皆が同じではないのです。
2012/ 1/ 9 読: コリント人への手紙 第Ⅰ 15章~16章、コリント人への手紙 第Ⅱ 1章
選: コリント人への手紙 第Ⅰ 15章 17節
そして、もしキリストがよみがえらなかったのなら、あなたがたの信仰はむなしく、あなたがたは今もなお、自分の罪の中にいるのです。
メモ: キリストはよみがえりました。だから、私の信仰は、現実的なものなのです。
2012/ 1/10 読: コリント人への手紙 第Ⅱ 2章~4章
選: コリント人への手紙 第Ⅱ 3章 17節
主は御霊です。そして、主の御霊のあるところには自由があります。
メモ: これが必要とされる自由でしょう。私はこの自由を存分に経験したいと思う。
2012/ 1/11 読: コリント人への手紙 第Ⅱ 5章~7章
選: コリント人への手紙 第Ⅱ 5章 17節
だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。
メモ: クリスチャンであれば、だれもが知っている聖句。行う者でありたいと思う。
2012/ 1/12 読: コリント人への手紙 第Ⅱ 8章~10章
選: コリント人への手紙 第Ⅱ 9章 15節
ことばに表せないほどの賜物のゆえに、神に感謝します。
メモ: 感動に満ちあふれ、このことばをパウロと同じ心で表現できる者になりたい。
2012/ 1/13 読: コリント人への手紙 第Ⅱ 11章~13章
選: コリント人への手紙 第Ⅱ 11章 13節~14節
こういう者たちは、にせ使徒であり、人を欺く働き人であって、キリストの使徒に変装しているのです。
しかし、驚くには及びません。サタンさえ光の御使いに変装するのです。
メモ: 見分けられますか。心から相手の祝福を祈る愛が有るか無いかで分かります。
2012/ 1/14 読: ガラテヤ人への手紙 1章~3章
選: ガラテヤ人への手紙 2章 12節~14節
なぜなら、彼は、ある人々がヤコブのところから来る前は異邦人といっしょに食事をしていたのに、その人々が来ると、割礼派の人々を恐れて、だんだんと異邦人から身を引き、離れて行ったからです。
そして、ほかのユダヤ人たちも、彼といっしょに本心を偽った行動をとり、バルナバまでもその偽りの行動に引き込まれてしまいました。
しかし、彼らが福音の真理についてまっすぐに歩んでいないのを見て、私はみなの面前でケパにこう言いました。「あなたは、自分がユダヤ人でありながらユダヤ人のようには生活せず、異邦人のように生活していたのに、どうして異邦人に対して、ユダヤ人の生活を強いるのですか。
メモ: 恐れは人生を不安定にします。福音の真理を規準にぶれずに歩みたいと思う。
2012/ 1/15 読: ガラテヤ人への手紙 4章~6章
選: ガラテヤ人への手紙 5章 16節~17節
私は言います。御霊によって歩みなさい。そうすれば、決して肉の欲望を満足させるようなことはありません。
なぜなら、肉の願うことは御霊に逆らい、御霊は肉に逆らうからです。この二つは互いに対立していて、そのためあなたがたは、自分のしたいと思うことをすることができないのです。
メモ: 御霊によって歩み、人生を笑顔と喜びと満足感で過ごしたいと心底から思う。
2012/ 1/16 読: エペソ人への手紙 1章~3章
選: エペソ人への手紙 3章 17節~19節
こうしてキリストが、あなたがたの信仰によって、あなたがたの心のうちに住んでいてくださいますように。また、愛に根ざし、愛に基礎を置いているあなたがたが、
すべての聖徒とともに、その広さ、長さ、高さ、深さがどれほどであるかを理解する力を持つようになり、
人知をはるかに越えたキリストの愛を知ることができますように。こうして、神ご自身の満ち満ちたさまにまで、あなたがたが満たされますように。
メモ: 「愛に根ざし、愛に基礎を置いているあなた。」と言われる人物になりたい。
2012/ 1/17 読: エペソ人への手紙 4章~6章
選: エペソ人への手紙 5章 17節~19節
ですから、愚かにならないで、主のみこころは何であるかを、よく悟りなさい。
また、酒に酔ってはいけません。そこには放蕩があるからです。御霊に満たされなさい。
詩と賛美と霊の歌とをもって、互いに語り、主に向かって、心から歌い、また賛美しなさい。
メモ: 主のみこころを悟らない人は愚か者ということか。愚か者にはなりたくない。
2012/ 1/18 読: ピリピ人への手紙 1章~3章
選: ピリピ人への手紙 2章 13節~14節
神は、みこころのままに、あなたがたのうちに働いて志を立てさせ、事を行なわせてくださるのです。
すべてのことを、つぶやかず、疑わずに行ないなさい。
メモ: つぶやきと不要の疑いは、人生を停滞させる。常に全力で前進したいと思う。
2012/ 1/19 読: ピリピ人への手紙 4章、コロサイ人への手紙 1章~2章
選: ピリピ人への手紙 4章 4節
いつも主にあって喜びなさい。もう一度言います。喜びなさい。
メモ: いつも喜んでいられるでしょうか。このことばの秘けつを発見したいと思う。
2012/ 1/20 読: コロサイ人への手紙 3章~4章、テサロニケ人への手紙 第Ⅰ 1章
選: コロサイ人への手紙 3章 9節~10節
互いに偽りを言ってはいけません。あなたがたは、古い人をその行ないといっしょに脱ぎ捨てて、
新しい人を着たのです。新しい人は、造り主のかたちに似せられてますます新しくされ、真の知識に至るのです。
メモ: 偽りのあるところに本物はありえない。ますます真の知識に至りたいと思う。
2012/ 1/21 読: テサロニケ人への手紙 第Ⅰ 2章~4章
選: テサロニケ人への手紙 第Ⅰ 4章 16節~17節
主は、号令と、御使いのかしらの声と、神のラッパの響きのうちに、ご自身天から下って来られます。それからキリストにある死者が、まず初めによみがえり、
次に、生き残っている私たちが、たちまち彼らといっしょに雲の中に一挙に引き上げられ、空中で主と会うのです。このようにして、私たちは、いつまでも主とともにいることになります。
メモ: いつ起こるか分からない。しかし、常に、裏表のない人生を歩みたいと思う。
2012/ 1/22 読: テサロニケ人への手紙 第Ⅰ 5章、テサロニケ人への手紙 第Ⅱ 1章~2章
選: テサロニケ人への手紙 第Ⅰ 5章 9節~11節
神は、私たちが御怒りに会うようにお定めになったのではなく、主イエス・キリストにあって救いを得るようにお定めになったからです。
主が私たちのために死んでくださったのは、私たちが、目ざめていても、眠っていても、主とともに生きるためです。
ですから、あなたがたは、今しているとおり、互いに励まし合い、互いに徳を高め合いなさい。
メモ: 主とともに生きる人生が平凡な人生じゃないことは確かだ。毎日が楽しみだ。
2012/ 1/23 読: テサロニケ人への手紙 第Ⅱ 3章、テモテへの手紙 第Ⅰ 1章~2章
選: テサロニケ人への手紙 第Ⅱ 3章 3節
しかし、主は真実な方ですから、あなたがたを強くし、悪い者から守ってくださいます。
メモ: はたして人は、真実ではないものを生活の土台として、強く生きられるのか。
2012/ 1/24 読: テモテへの手紙 第Ⅰ 3章~5章
選: テモテへの手紙 第Ⅰ 4章 12節
年が若いからといって、だれにも軽く見られないようにしなさい。かえって、ことばにも、態度にも、愛にも、信仰にも、純潔にも信者の模範になりなさい。
メモ: 聖霊様、ことば、態度、愛、信仰と純潔において、私を助け導いてください。
2012/ 1/25 読: テモテへの手紙 第Ⅰ 6章、テモテへの手紙 第Ⅱ 1章~2章
選: テモテへの手紙 第Ⅱ 1章 16節~17節
オネシポロの家族を主があわれんでくださるように。彼はたびたび私を元気づけてくれ、また私が鎖につながれていることを恥とも思わず、
ローマに着いたときには、熱心に私を捜して見つけ出してくれたのです。
メモ: あなたが心を尽くしてわたし主を探し求めるなら、わたしを見つけるだろう。
2012/ 1/26 読: テモテへの手紙 第Ⅱ 3章~4章、テトスへの手紙 1章
選: テトスへの手紙 1章 16節
彼らは、神を知っていると口では言いますが、行ないでは否定しています。実に忌まわしく、不従順で、どんな良いわざにも不適格です。
メモ: 口から出ることばと、行いが一致する者でありたい。聖霊の助けが必要です。
2012/ 1/27 読: テトスへの手紙 2章~3章、ピレモンへの手紙
選: テトスへの手紙 2章 11節~13節
というのは、すべての人を救う神の恵みが現われ、
私たちに、不敬虔とこの世の欲とを捨て、この時代にあって、慎み深く、正しく、敬虔に生活し、
祝福された望み、すなわち、大いなる神であり私たちの救い主であるキリスト・イエスの栄光ある現われを待ち望むようにと教えさとしたからです。
メモ: 「すべての人を救う神の恵が現われた。」恵を現した神に心から感謝します。
2012/ 1/28 読: ヘブル人への手紙 1章~3章
選: ヘブル人への手紙 2章 14節~15節
そこで、子たちはみな血と肉とを持っているので、主もまた同じように、これらのものをお持ちになりました。これは、その死によって、悪魔という、死の力を持つ者を滅ぼし、
一生涯死の恐怖につながれて奴隷となっていた人々を解放してくださるためでした。
メモ: イエス様は、死の力を持つ者を滅ぼし、私を解放してくださいました。感謝。
2012/ 1/29 読: ヘブル人への手紙 4章~6章
選: ヘブル人への手紙 4章 2節
福音を説き聞かされていることは、私たちも彼らと同じなのです。ところが、
その聞いたみことばも、彼らには益になりませんでした。みことばが、それを
聞いた人たちに、信仰によって、結びつけられなかったからです。
メモ: 「いい話しでした。」と「信じて、自分のものにします。」とは別世界です。
2012/ 1/30 読: ヘブル人への手紙 7章~9章
選: ヘブル人への手紙 9章 27節~28節
そして、人間には、一度死ぬことと死後にさばきを受けることが定まっているように、
キリストも、多くの人の罪を負うために一度、ご自身をささげられましたが、二度目は、罪を負うためではなく、彼を待ち望んでいる人々の救いのために来られるのです。
メモ: 「彼に罪はない。」とキリスト故の判決が下される幸せは、何にも代え難い。
2012/ 1/31 読: ヘブル人への手紙 10章~12章
選: ヘブル人への手紙 12章 14節
すべての人との平和を追い求め、また、聖められることを追い求めなさい。聖くなければ、だれも主を見ることができません。
メモ: 平和を、聖められることをどこまでも求め続けます。助け主の助けを頂いて。
前Page