前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2012年 2月)

2012/ 2/ 1 読: ヘブル人への手紙 13章、ヤコブの手紙 1章~2章
選: ヤコブの手紙 2章 14節
私の兄弟たち。だれかが自分には信仰があると言っても、その人に行ないがないなら、何の役に立ちましょう。そのような信仰がその人を救うことができるでしょうか。
メモ: 信仰には必ず行動が伴う。イエスの救いを信じ受け入れた人の行動も変わる。
2012/ 2/ 2 読: ヤコブの手紙 3章~5章
選: ヤコブの手紙 3章 17節
しかし、上からの知恵は、第一に純真であり、次に平和、寛容、温順であり、また、あわれみと良い実とに満ち、えこひいきがなく、見せかけのないものです。
メモ: 見せかけには、恐れとむなしさが伴う。神からの知恵を頂き、賢くありたい。
2012/ 2/ 3 読: ペテロの手紙 第Ⅰ 1章~3章
選: ペテロの手紙 第Ⅰ 2章 13節~14節
人の立てたすべての制度に、主のゆえに従いなさい。それが主権者である王であっても、
また、悪を行なう者を罰し、善を行なう者をほめるように王から遣わされた総督であっても、そうしなさい。
メモ: 善を行う者をほめる。ほめことばは喜びになるので、もっと発したいと思う。
2012/ 2/ 4 読: ペテロの手紙 第Ⅰ 4章~5章、ペテロの手紙 第Ⅱ 1章
選: ペテロの手紙 第Ⅱ 1章 11節
このようにあなたがたは、私たちの主であり救い主であるイエス・キリストの永遠の御国にはいる恵みを豊かに加えられるのです。
メモ: イエス・キリストは、私の救い主、私の主です。私はこの方に聴き従います。
2012/ 2/ 5 読: ペテロの手紙 第Ⅱ 2章~3章、ヨハネの手紙 第Ⅰ 1章
選: ヨハネの手紙 第Ⅰ 1章 11節
もし、私たちが自分の罪を言い表わすなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、すべての悪から私たちをきよめてくださいます。
メモ: 心底に潜んで私を悩ませる罪。言い表しにより赦された罪は、その力を失う。
2012/ 2/ 6 読: ヨハネの手紙 第Ⅰ 2章~4章
選: ヨハネの手紙 第Ⅰ 3章 17節~18節
世の富を持ちながら、兄弟が困っているのを見ても、あわれみの心を閉ざすような者に、どうして神の愛がとどまっているでしょう。
子どもたちよ。私たちは、ことばや口先だけで愛することをせず、行ないと真実をもって愛そうではありませんか。
メモ: 「主よ、私のことばと行いとの間に隔たりがないように、お導きください。」
2012/ 2/ 7 読: ヨハネの手紙 第Ⅰ 5、ヨハネの手紙 第Ⅱ、ヨハネの手紙 第Ⅲ
選: ヨハネの手紙 第Ⅰ 5章 1節
イエスがキリストであると信じる者はだれでも、神によって生まれたのです。生んでくださった方を愛する者はだれでも、その方によって生まれた者をも愛します。
メモ: 父親、母親を愛していますか。そうであれば、自分の兄弟も愛してますよね。
2012/ 2/ 8 読: ユダの手紙、ヨハネの黙示録 1章~2章
選: ヨハネの黙示録 1章 17節~18節
それで私は、この方を見たとき、その足もとに倒れて死者のようになった。しかし彼は右手を私の上に置いてこう言われた。「恐れるな。わたしは、最初であり、最後であり、
生きている者である。わたしは死んだが、見よ、いつまでも生きている。また、死とハデスとのかぎを持っている。
メモ: 最初であり最後である私の主を無視すれば、私は自分を語ることもできない。
2012/ 2/ 9 読: ヨハネの黙示録 3章~5章
選: ヨハネの黙示録 3章 17節~18節
あなたは、自分は富んでいる、豊かになった、乏しいものは何もないと言って、実は自分がみじめで、哀れで、貧しくて、盲目で、裸の者であることを知らない。
わたしはあなたに忠告する。豊かな者となるために、火で精練された金をわたしから買いなさい。また、あなたの裸の恥を現わさないために着る白い衣を買いなさい。また、目が見えるようになるため、目に塗る目薬を買いなさい。
メモ: 「主よ、私をあわれみ、実態を見ることができる神の視覚を与えて下さい。」
2012/ 2/10 読: ヨハネの黙示録 6章~8章
選: ヨハネの黙示録 7章 11節~12節
御使いたちはみな、御座と長老たちと四つの生き物との回りに立っていたが、彼らも御座の前にひれ伏し、神を拝して、
言った。「アーメン。賛美と栄光と知恵と感謝と誉れと力と勢いが、永遠に私たちの神にあるように。アーメン。」
メモ: 「ひれ伏して礼拝する」という姿勢で、神に祈りと感謝をささげたいと思う。
2012/ 2/11 読: ヨハネの黙示録 9章~11章
選: ヨハネの黙示録 9章 4節~6節
そして彼らは、地の草やすべての青草や、すべての木には害を加えないで、ただ、額に神の印を押されていない人間にだけ害を加えるように言い渡された。
しかし、人間を殺すことは許されず、ただ五か月の間苦しめることだけが許された。その与えた苦痛は、さそりが人を刺したときのような苦痛であった。
その期間には、人々は死を求めるが、どうしても見いだせず、死を願うが、死が彼らから逃げて行くのである。
メモ: 自分の意志で死ねるような気がする。しかし、命を支配しているのは神です。
2012/ 2/12 読: ヨハネの黙示録 12章~14章
選: ヨハネの黙示録 13章 13節
また、人々の前で、火を天から地に降らせるような大きなしるしを行なった。
メモ: 大きなしるしを行ったからといって、ついて行くでしょうか。答えは否です。
2012/ 2/13 読: ヨハネの黙示録 15章~17章
選: ヨハネの黙示録 17章 14節
この者どもは小羊と戦いますが、小羊は彼らに打ち勝ちます。なぜならば、小羊は主の主、王の王だからです。また彼とともにいる者たちは、召された者、選ばれた者、忠実な者だからです。」
メモ: 私の主は、主の主、王の王です。私はこの主に導かれ従いたいと本気で思う。
2012/ 2/14 読: ヨハネの黙示録 18章~20章
選: ヨハネの黙示録 19章 11節
また、私は開かれた天を見た。見よ。白い馬がいる。それに乗った方は、「忠実また真実。」と呼ばれる方であり、義をもってさばきをし、戦いをされる。
メモ: 忠実また真実である方に習って、忠実で、うそやかざりのない者でありたい。
2012/ 2/15 読: ヨハネの黙示録 21章~22章、創世記 1章
選: ヨハネの黙示録 22章 8節~9節
これらのことを聞き、また見たのは私ヨハネである。私が聞き、また見たとき、それらのことを示してくれた御使いの足もとに、ひれ伏して拝もうとした。
すると、彼は私に言った。「やめなさい。私は、あなたや、あなたの兄弟である預言者たちや、この書のことばを堅く守る人々と同じしもべです。神を拝みなさい。」
メモ: 私たちは御使いと同じ神のしもべです。主を信じる自分の立場に感動します。
2012/ 2/16 読: 創世記 2章~4章
選: 創世記 3章 17節
また、アダムに仰せられた。「あなたが、妻の声に聞き従い、食べてはならないとわたしが命じておいた木から食べたので、土地は、あなたのゆえにのろわれてしまった。あなたは、一生、苦しんで食を得なければならない。
メモ: 「神様、いつでもあなたの御声に聞き従い、あなたを第一としますように。」
2012/ 2/17 読: 創世記 5章~7章
選: 創世記 6章 8節~9節
しかし、ノアは、主の心にかなっていた。
これはノアの歴史である。ノアは、正しい人であって、その時代にあっても、全き人であった。ノアは神とともに歩んだ。
メモ: 「主よ、私も主の心にかなう者、神とともに歩む、全き者でありたいです。」
2012/ 2/18 読: 創世記 8章~10章
選: 創世記 10章 9節
彼は主のおかげで、力ある猟師になったので、「主のおかげで、力ある猟師ニムロデのようだ。」と言われるようになった。
メモ: 彼は主のおかげで何々になった。何々である。と、言われるようになりたい。
2012/ 2/19 読: 創世記 11章~13章
選: 創世記 11章 6節~9節
主は仰せになった。「彼らがみな、一つの民、一つのことばで、このようなことをし始めたのなら、今や彼らがしようと思うことで、とどめられることはない。
さあ、降りて行って、そこでの彼らのことばを混乱させ、彼らが互いにことばが通じないようにしよう。」
こうして主は人々を、そこから地の全面に散らされたので、彼らはその町を建てるのをやめた。
それゆえ、その町の名はバベルと呼ばれた。主が全地のことばをそこで混乱させたから、すなわち、主が人々をそこから地の全面に散らしたからである。
メモ: 創造者である主は、人のプログラムに変更を加えた。何と分かりやすい説明。
2012/ 2/20 読: 創世記 14章~16章
選: 創世記 14章 17節~20節
こうして、アブラムがケドルラオメルと、彼といっしょにいた王たちとを打ち破って帰って後、ソドムの王は、王の谷と言われるシャベの谷まで、彼を迎えに出て来た。
また、シャレムの王メルキゼデクはパンとぶどう酒を持って来た。彼はいと高き神の祭司であった。
彼はアブラムを祝福して言った。「祝福を受けよ。アブラム。天と地を造られた方、いと高き神より。
あなたの手に、あなたの敵を渡されたいと高き神に、誉れあれ。」アブラムはすべての物の十分の一を彼に与えた。
メモ: 大きな神の業がなされたら、「あなたに業をなされた神に誉れあれ。」です。
2012/ 2/21 読: 創世記 17章~19章
選: 創世記 18章 13節~14節
そこで、主がアブラハムに仰せられた。「サラはなぜ『私はほんとうに子を産めるだろうか。こんなに年をとっているのに。』と言って笑うのか。
主に不可能なことがあろうか。わたしは来年の今ごろ、定めた時に、あなたのところに戻って来る。そのとき、サラには男の子ができている。」
メモ: 「主に不可能なことがあろうか。」主は、かたくな私をも変えられる方です。
2012/ 2/22 読: 創世記 20章~22章
選: 創世記 22章 2節~3節
神は仰せられた。「あなたの子、あなたの愛しているひとり子イサクを連れて、モリヤの地に行きなさい。そしてわたしがあなたに示す一つの山の上で、全焼のいけにえとしてイサクをわたしにささげなさい。」
翌朝早く、アブラハムはろばに鞍をつけ、ふたりの若い者と息子イサクとをいっしょに連れて行った。彼は全焼のいけにえのためのたきぎを割った。こうして彼は、神がお告げになった場所へ出かけて行った。
メモ: アブラハムは神に対して先ず「話しが違う」と、心中の戦いがあったと思う。
2012/ 2/23 読: 創世記 23章~25章
選: 創世記 24章 12節~15節
そうして言った。「私の主人アブラハムの神、主よ。きょう、私のためにどうか取り計らってください。私の主人アブラハムに恵みを施してください。
ご覧ください。私は泉のほとりに立っています。この町の人々の娘たちが、水を汲みに出てまいりましょう。
私が娘に『どうかあなたの水がめを傾けて私に飲ませてください。』と言い、その娘が『お飲みください。私はあなたのらくだにも水を飲ませましょう。』と言ったなら、その娘こそ、あなたがしもべイサクのために定めておられたのです。このことで私は、あなたが私の主人に恵みを施されたことを知ることができますように。」
こうして彼がまだ言い終わらないうちに、見よ、リベカが水がめを肩に載せて出て来た。リベカはアブラハムの兄弟ナホルの妻ミルカの子ベトエルの娘であった。
メモ: 思い悩む必要はない。私も、この弟子のように、素直に主に祈りたいと思う。
2012/ 2/24 読: 創世記 26章~28章
選: 創世記 26章 28節~29節
それで彼らは言った。「私たちは、主があなたとともにおられることを、はっきり見たのです。それで私たちは申し出をします。どうか、私たちの間で、すなわち、私たちとあなたとの間で誓いを立ててください。あなたと契約を結びたいのです。
それは、私たちがあなたに手出しをせず、ただ、あなたに良いことだけをして、平和のうちにあなたを送り出したように、あなたも私たちに害を加えないということです。あなたは今、主に祝福されています。」
メモ: 「主があなたとともにおられることを、はっきり見ました。」と言われたい。
2012/ 2/25 読: 創世記 29章~31章
選: 創世記 31章 41節~42節
私はこの二十年間、あなたの家で過ごしました。十四年間はあなたのふたりの娘たちのために、六年間はあなたの群れのために、あなたに仕えてきました。それなのに、あなたは幾度も私の報酬を変えたのです。
もし、私の父の神、アブラハムの神、イサクの恐れる方が、私についておられなかったなら、あなたはきっと何も持たせずに私を去らせたことでしょう。神は私の悩みとこの手の苦労とを顧みられて、昨夜さばきをなさったのです。」
メモ: ヤコブの波乱万丈の二十年間。この間に、イスラエルの族長たちが生まれた。
2012/ 2/26 読: 創世記 32章~34章
選: 創世記 33章 11節
どうか、私が持って来たこの祝いの品を受け取ってください。神が私を恵んでくださったので、私はたくさん持っていますから。」ヤコブがしきりに勧めたので、エサウは受け取った。
メモ: 「神が私を恵まれたので、私は持っています。」いつも神をほめたたえたい。
2012/ 2/27 読: 創世記 35章~37章
選: 創世記 37章 19節~22節
彼らは互いに言った。「見ろ。あの夢見る者がやって来る。
さあ、今こそ彼を殺し、どこかの穴に投げ込んで、悪い獣が食い殺したと言おう。そして、あれの夢がどうなるかを見ようではないか。」
しかし、ルベンはこれを聞き、彼らの手から彼を救い出そうとして、「あの子のいのちを打ってはならない。」と言った。
ルベンはさらに言った。「血を流してはならない。彼を荒野のこの穴に投げ込みなさい。彼に手を下してはならない。」ヨセフを彼らの手から救い出し、父のところに返すためであった。
メモ: 兄弟達は普通に会話をした。しかし、背後では、主がその計画を進めていた。
2012/ 2/28 読: 創世記 38章~40章
選: 創世記 39章 20節~22節
ヨセフの主人は彼を捕え、王の囚人が監禁されている監獄に彼を入れた。こうして彼は監獄にいた。
しかし、主はヨセフとともにおられ、彼に恵みを施し、監獄の長の心にかなうようにされた。
それで監獄の長は、その監獄にいるすべての囚人をヨセフの手にゆだねた。ヨセフはそこでなされるすべてのことを管理するようになった。
メモ: ヨセフは監獄に入れられたことで、更に管理を学び、王により近くもなった。
2012/ 1/29 読: 創世記 41章~43章
選: 創世記 41章 15節~16節
パロはヨセフに言った。「私は夢を見たが、それを解き明かす者がいない。あなたについて言われていることを聞いた。あなたは夢を聞いて、それを解き明かすということだが。」
ヨセフはパロに答えて言った。「私ではありません。神がパロの繁栄を知らせてくださるのです。」
メモ: 神が「パロの繁栄を」知らせるのです。尊敬を表す、見習いたい答えかただ。
前Page