前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2012年 3月)

2012/ 3/ 1 読: 創世記 44章~46章
選: 創世記 44章 8節
私たちが、袋の口から見つけた銀でさえ、カナンの地からあなたのもとへ返しに来たではありませんか。どうしてあなたのご主人の家から銀や金を盗んだりいたしましょう。
メモ: 誤解の背後にも神の業がなされていると信じます。主に道をゆだね進みます。
2012/ 3/ 2 読: 創世記 47章~49章
選: 創世記 47章 5節~7節
その後、パロはヨセフに言った。「あなたの父と兄弟たちとがあなたのところに来た。
エジプトの地はあなたの前にある。最も良い地にあなたの父と兄弟たちとを住ませなさい。彼らはゴシェンの地に住むようにしなさい。もし彼らの中に力のある者がいるのを知っていたら、その者を私の家畜の係長としなさい。」
それから、ヨセフは父ヤコブを連れて来て、パロの前に立たせた。ヤコブはパロにあいさつした。
メモ: 数年前までは、監獄にいたヨセフ。神のなさることは、時にかなって美しい。
2012/ 3/ 3 読: 創世記 50章、出エジプト記 1章~2章
選: 創世記 50章 19節~20節
ヨセフは彼らに言った。「恐れることはありません。どうして、私が神の代わりでしょうか。
あなたがたは、私に悪を計りましたが、神はそれを、良いことのための計らいとなさいました。それはきょうのようにして、多くの人々を生かしておくためでした。
メモ: 大権力者のヨセフを見習いたい。「どうして、私が神の代わりでしょうか。」
2012/ 3/ 4 読: 出エジプト記 3章~5章
選: 出エジプト記 5章 17節~19節
パロは言った。「おまえたちはなまけ者だ。なまけ者なのだ。だから『私たちの主にいけにえをささげに行かせてください。』と言っているのだ。
さあ、すぐに行って働け。わらは与えないが、おまえたちは割り当てどおりれんがを納めるのだ。」
イスラエル人の人夫がしらたちは、「おまえたちのれんがのその日その日の数を減らしてはならない。」と聞かされたとき、これは、悪いことになったと思った。
メモ: 期待と喜びで始まり、いきなりクールダウン。冷静に主の業を見たいと思う。
2012/ 3/ 5 読: 出エジプト記 6章~8章
選: 出エジプト記 7章 19節~21節
主はまたモーセに仰せられた。「あなたはアロンに言え。あなたの杖を取り、手をエジプトの水の上、その川、流れ、池、その他すべて水の集まっている所の上に差し伸ばしなさい。そうすれば、それは血となる。また、エジプト全土にわたって、木の器や石の器にも、血があるようになる。」
モーセとアロンは主が命じられたとおりに行なった。彼はパロとその家臣の目の前で杖を上げ、ナイルの水を打った。すると、ナイルの水はことごとく血に変わった。
ナイルの魚は死に、ナイルは臭くなり、エジプト人はナイルの水を飲むことができなくなった。エジプト全土にわたって血があった。
メモ: たまたま水が赤くなる自然現象が起きたのなら、器内の水に変化はないはず。
2012/ 3/ 6 読: 出エジプト記 9章~11章
選: 出エジプト記 9章 17節
あなたはまだわたしの民に対して高ぶっており、彼らを行かせようとしない。
メモ: 「主よ、私があなたの民に対して高ぶることがないよう、お守りください。」
2012/ 3/ 7 読: 出エジプト記 12章~14章
選: 出エジプト記 12章 17節
あなたがたは種を入れないパンの祭りを守りなさい。それは、ちょうどこの日に、わたしがあなたがたの集団をエジプトの地から連れ出すからである。あなたがたは永遠のおきてとして代々にわたって、この日を守りなさい。
メモ: 主が私たちに特別な事をされた日を、「主の記念日」にしていきたいと思う。
2012/ 3/ 8 読: 出エジプト記 15章~17章
選: 出エジプト記 16章 8節
モーセはまた言った。「夕方には、主があなたがたに食べる肉を与え、朝には満ち足りるほどパンを与えてくださるのは、あなたがたが主に対してつぶやく、そのつぶやきを主が聞かれたからです。いったい私たちは何なのだろうか。あなたがたのつぶやきは、この私たちに対してではなく、主に対してなのです。」
メモ: 「主の計画だったよ。つぶやかなければよかった。」主を悲しませたくない。
2012/ 3/ 9 読: 出エジプト記 18章~20章
選: 出エジプト記 19章 5節
今、もしあなたがたが、まことにわたしの声に聞き従い、わたしの契約を守るなら、あなたがたはすべての国々の民の中にあって、わたしの宝となる。全世界はわたしのものであるから。
メモ: 主に、「あなたは、わたしの宝です。」と言われたら、従うのが普通と思う。
2012/ 3/10 読: 出エジプト記 21章~23章
選: 出エジプト記 23章 24節~25節
あなたは彼らの神々を拝んではならない。仕えてはならない。また、彼らの風習にならってはならない。これらを徹底的に打ちこわし、その石の柱を粉々に打ち砕かなければならない。
あなたがたの神、主に仕えなさい。主はあなたのパンと水を祝福してくださる。わたしはあなたの間から病気を除き去ろう。
メモ: 「あなたの神、主に仕えなさい。」愛され、愛したい主の熱い思いを感じる。
2012/ 3/11 読: 出エジプト記 24章~26章
選: 出エジプト記 25章 10節~11節
アカシヤ材の箱を作らなければならない。長さは二キュビト半、幅は一キュビト半、高さは一キュビト半。
これに純金をかぶせる。それは、その内側と外側とにかぶせなければならない。その回りには金の飾り縁を作る。
メモ: 最高の材料を使って造られた神の幕屋とその用具。大いに見習いたいと思う。
2012/ 3/12 読: 出エジプト記 27章~29章
選: 出エジプト記 28章 13節~14節
あなたは金のわくを作り、
また、二つの純金の鎖を作り、これを編んで、撚ったひもとし、この撚った鎖を、先のわくに、取りつけなければならない。
メモ: 主は、示してくださった。主は、私にも、行ってほしい事を示してくださる。
2012/ 3/13 読: 出エジプト記 30章~32章
選: 出エジプト記 32章 1節
民はモーセが山から降りて来るのに手間取っているのを見て、アロンのもとに集まり、彼に言った。「さあ、私たちに先立って行く神を、造ってください。私たちをエジプトの地から連れ上ったあのモーセという者が、どうなったのか、私たちにはわからないから。」
メモ: 主は始めた業を途中で止めたりはしない。遅れることもない。疑いたくない。
2012/ 3/14 読: 出エジプト記 33章~35章
選: 出エジプト記 33章 19節
主は仰せられた。「わたし自身、わたしのあらゆる善をあなたの前に通らせ、主の名で、あなたの前に宣言しよう。わたしは、恵もうと思う者を恵み、あわれもうと思う者をあわれむ。」
メモ: 「主よ、私を恵み、私をあわれみ、私の歩む道を喜びで満たしてください。」
2012/ 3/15 読: 出エジプト記 36章~38章
選: 出エジプト記 36章 1節
ベツァルエルとオホリアブ、および、聖所の奉仕のすべての仕事をすることのできる知恵と英知を主に与えられた、心に知恵のある者はみな、主が命じられたすべてのことを成し遂げなければならない。」
メモ: 主に与えられた仕事は、感情や気分に振り回されずに、成し遂げたいと思う。
2012/ 3/16 読: 出エジプト記 39章~40章、レビ記 1章
選: 出エジプト記 40章 34節~35節
そのとき、雲は会見の天幕をおおい、主の栄光が幕屋に満ちた。
モーセは会見の天幕にはいることができなかった。雲がその上にとどまり、主の栄光が幕屋に満ちていたからである。
メモ: もし同様に、主の栄光が教会堂に満ちたら、会堂に入れなくなるのだろうか。
2012/ 3/17 読: レビ記 2章~4章
選: レビ記 2章 4節~5節
あなたがかまどで焼いた穀物のささげ物をささげるときは、それは油を混ぜた小麦粉の、種を入れない輪型のパン、あるいは油を塗った、種を入れないせんべいでなければならない。
また、もしあなたのささげ物が、平なべの上で焼いた穀物のささげ物であれば、それは油を混ぜた小麦粉の、種を入れないものでなければならない。
メモ: パン種を入れると膨らむ。ありのまま、見せかけのない姿で主の前に出たい。
2012/ 3/18 読: レビ記 5章~7章
選: レビ記 6章 12節~13節
祭壇の火はそのまま燃え続けさせ、それを消してはならない。かえって、祭司は朝ごとに、その上にたきぎをくべ、その上に全焼のいけにえを整え、和解のいけにえの脂肪をその上で焼いて煙にしなさい。
火は絶えず祭壇の上で燃え続けさせなければならない。消してはならない。
メモ: 主への思いを朝ごとに強めていきたい。讃美と感謝と祈りで一日を始めたい。
2012/ 3/19 読: レビ記 8章~10章
選: レビ記 8章 10節~12節
ついで、モーセはそそぎの油を取って、幕屋とその中にあるすべてのものに油をそそいだ。こうしてこれらを聖別した。
さらにそれを祭壇の上に七たび振りかけ、祭壇とその用具全部、また洗盤とその台に油をそそいで、これらを聖別した。
また、そそぎの油をアロンの頭にそそぎ、油をそそいでアロンを聖別した。
メモ: イエス・キリストの救いを受入れた私は、聖別された者。忘れてはいけない。
2012/ 3/20 読: レビ記 11章~13章
選: レビ記 11章 46節~47節
以上が動物と鳥、また水の中をうごめくすべての生き物と、地に群生するすべての生き物についてのおしえであり、
それで、汚れたものときよいもの、食べてよい生き物と食べてはならない生き物とが区別される。
メモ: 食べてはいけないというからには、体に悪影響の物質が含まれているのかな。
2012/ 3/21 読: レビ記 14章~16章
選: レビ記 14章 21節~22節
その者が貧しくて、それを手に入れることができないなら、自分を贖う奉献物とするために、雄の子羊一頭を罪過のためのいけにえとして取り、また穀物のささげ物として油を混ぜた小麦粉十分の一エパと油一ログを取り、
また、手に入れることのできる山鳩二羽か家鳩のひな二羽を取らなければならない。その一羽は罪のためのいけにえ、他の一羽は全焼のいけにえとする。
メモ: 無理を強いらないけど、守るべきことは守って欲しい神の愛を感じ取ります。
2012/ 3/22 読: レビ記 17章~19章
選: レビ記 18章 4節~5節
あなたがたは、わたしの定めを行ない、わたしのおきてを守り、それに従わなければならない。わたしは、あなたがたの神、主である。
あなたがたは、わたしのおきてとわたしの定めを守りなさい。それを行なう人は、それによって生きる。わたしは主である。
メモ: 「わたしは、あなたの神、主である。」何とエキサイティングな私への発言。
2012/ 3/23 読: レビ記 20章~22章
選: レビ記 20章 7節~8節
あなたがたが自分の身を聖別するなら、あなたがたは聖なる者となる。わたしがあなたがたの神、主であるからだ。
あなたがたは、わたしのおきてを守るなら、それを行なうであろう。わたしはあなたがたを聖なる者とする主である。
メモ: 創造主が私の主でありたいという強い思いが伝わってくる。それに応えたい。
2012/ 3/24 読: レビ記 23章~25章
選: レビ記 25章 17節
あなたがたは互いに害を与えてはならない。あなたの神を恐れなさい。わたしはあなたの神、主である。
メモ: 「互いに害を与えてはならない。」この主の命令をもっと意識したいと思う。
2012/ 3/25 読: レビ記 26章~27章、民数記 1章
選: レビ記 26章 11節~12節
わたしはあなたがたの間にわたしの住まいを建てよう。わたしはあなたがたを忌みきらわない。
わたしはあなたがたの間を歩もう。わたしはあなたがたの神となり、あなたがたはわたしの民となる。
メモ: 創造主なる神にこのように言われたら、興奮と喜びで心が満たされると思う。
2012/ 3/26 読: 民数記 2章~4章
選: 民数記 3章 11節~12節
主はモーセに告げて仰せられた。
「わたしはイスラエル人のうちで最初に生まれたすべての初子の代わりに、今これからイスラエル人の中からレビ人を取ることにした。レビ人はわたしのものである。
メモ: 「レビ人はわたしのものである。」と、神が喜んで語っているように思える。
2012/ 3/27 読: 民数記 5章~7章
選: 民数記 5章 6節~7節
「イスラエル人に告げよ。男にせよ、女にせよ、主に対して不信の罪を犯し、他人に何か一つでも罪を犯し、自分でその罪を認めたときは、
自分の犯した罪を告白しなければならない。その者は罪過のために総額を弁償する。また、それにその五分の一を加えて、当の被害者に支払わなければならない。
メモ: 告白によって得られるものは、自由と解放感です。告白は重要なことと思う。
2012/ 3/28 読: 民数記 8章~10章
選: 民数記 10章 9節
また、あなたがたの国で、あなたがたを襲う侵略者との戦いに出る場合は、ラッパを短く吹き鳴らす。あなたがたが、あなたがたの神、主の前に覚えられ、あなたがたの敵から救われるためである。
メモ: 戦うことにより、神からの助けを得られ、神の臨在を感じ取ることができる。
2012/ 3/29 読: 民数記 11章~13章
選: 民数記 11章 21節~23節
しかしモーセは申し上げた。「私といっしょにいる民は徒歩の男子だけで六十万です。しかもあなたは、彼らに肉を与え、一月の間食べさせる、と言われます。
彼らのために羊の群れ、牛の群れをほふっても、彼らに十分でしょうか。彼らのために海の魚を全部集めても、彼らに十分でしょうか。」
主はモーセに答えられた。「主の手は短いのだろうか。わたしのことばが実現するかどうかは、今わかる。」
メモ: 「主よ、あなたの可能性を疑うことがないように、私を教育してください。」
2012/ 3/30 読: 民数記 14章~16章
選: 民数記 14章 2節~4節
イスラエル人はみな、モーセとアロンにつぶやき、全会衆は彼らに言った。「私たちはエジプトの地で死んでいたらよかったのに。できれば、この荒野で死んだほうがましだ。
なぜ主は、私たちをこの地に導いて来て、剣で倒そうとされるのか。私たちの妻子は、さらわれてしまうのに。エジプトに帰ったほうが、私たちにとって良くはないか。」
そして互いに言った。「さあ、私たちは、ひとりのかしらを立ててエジプトに帰ろう。」
メモ: 主のなさる業を疑い、進んで来た道を戻ることは、絶対にしたくありません。
2012/ 3/31 読: 民数記 17章~19章
選: 民数記 17章 11節
モーセはそうした。主が命じられたとおりにした。
メモ: 「私はそうした。主が望まれたとおりにした。」と言える人になりたいのだ。
前Page