前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2012年 4月)

2012/ 4/ 1 読: 民数記 20章~22章
選: 民数記 20章 3節~5節
民はモーセと争って言った。「ああ、私たちの兄弟たちが主の前で死んだとき、私たちも死んでいたのなら。
なぜ、あなたがたは主の集会をこの荒野に引き入れて、私たちと、私たちの家畜をここで死なせようとするのか。
なぜ、あなたがたは私たちをエジプトから上らせて、この悪い所に引き入れたのか。ここは穀物も、いちじくも、ぶどうも、ざくろも育つような所ではない。そのうえ、飲み水さえない。」
メモ: 「主よ。あなたからの祝福を忘れ、不満に陥りやすい私を赦してください。」
2012/ 4/ 2 読: 民数記 23章~25章
選: 民数記 23章 24節
見よ。この民は雌獅子のように起き、雄獅子のように立ち上がり、獲物を食らい、殺したものの血を飲むまでは休まない。」
メモ: 私の人生を密かに狙い狂わす罪に対して取るべき態度を描写していると思う。
2012/ 4/ 3 読: 民数記 26章~28章
選: 民数記 27章 15節~17節
それでモーセは主に申し上げた。
「すべての肉なるもののいのちの神、主よ。ひとりの人を会衆の上に定め、
彼が、彼らに先立って出て行き、彼らに先立ってはいり、また彼らを連れ出し、彼らをはいらせるようにしてください。主の会衆を、飼う者のいない羊のようにしないでください。」
メモ: 逆らってばかりいた人々を愛し、その人々を思う広い心を私も得たいと思う。
2012/ 4/ 4 読: 民数記 29章~31章
選: 民数記 30章 2節
人がもし、主に誓願をし、あるいは、物断ちをしようと誓いをするなら、そのことばを破ってはならない。すべて自分の口から出たとおりのことを実行しなければならない。
メモ: いずれにせよ、自分の口から出たことばには責任を持ち、行動したいと思う。
2012/ 4/ 5 読: 民数記 32章~34章
選: 民数記 32章 11節~12節
『エジプトから上って来た者たちで二十歳以上の者はだれも、わたしがアブラハム、イサク、ヤコブに誓った地を見ることはできない。彼らはわたしに従い通さなかった。
ただ、ケナズ人エフネの子カレブと、ヌンの子ヨシュアは別である。彼らは主に従い通したからである。』
メモ: 主が私に求めていることは、従い通すことです。喜びと平安が与えられます。
2012/ 4/ 6 読: 民数記 35章~36章、申命記 1章
選: 申命記 1章 16節~17節
またそのとき、私はあなたがたのさばきつかさたちに命じて言った。「あなたがたの身内の者たちの間の事をよく聞きなさい。ある人と身内の者たちとの間、また在留異国人との間を正しくさばきなさい。
さばきをするとき、人をかたよって見てはならない。身分の低い人にも高い人にもみな、同じように聞かなければならない。人を恐れてはならない。さばきは神のものである。あなたがたにとってむずかしすぎる事は、私のところに持って来なさい。私がそれを聞こう。」
メモ: 人をかたよって見てはならない。人を恐れてはならない。さばきは神のもの。
2012/ 4/ 7 読: 申命記 2章~4章
選: 申命記 3章 21節~22節
私は、そのとき、ヨシュアに命じて言った。「あなたは、あなたがたの神、主が、これらふたりの王になさったすべてのことをその目で見た。主はあなたがたがこれから渡って行くすべての国々にも、同じようにされる。
彼らを恐れてはならない。あなたがたのために戦われるのはあなたがたの神、主であるからだ。」
メモ: 戦いが無いわけではない。しかし、主が共に戦ってくださるので、安心です。
2012/ 4/ 8 読: 申命記 5章~7章
選: 申命記 5章 32節~33節
あなたがたは、あなたがたの神、主が命じられたとおりに守り行ないなさい。右にも左にもそれてはならない。
あなたがたの神、主が命じられたすべての道を歩まなければならない。あなたがたが生き、しあわせになり、あなたがたが所有する地で、長く生きるためである。
メモ: 何のために主の命じる道を歩むのですか。私たちがしあわせになるためです。
2012/ 4/ 9 読: 申命記 8章~10章
選: 申命記 10章 17節~18節
あなたがたの神、主は、神の神、主の主、偉大で、力あり、恐ろしい神。かたよって愛することなく、わいろを取らず、
みなしごや、やもめのためにさばきを行ない、在留異国人を愛してこれに食物と着物を与えられる。
メモ: 神は、だれをも、平等に愛している。その愛を受入れ、その愛にこたえたい。
2012/ 4/10 読: 申命記 11章~13章
選: 申命記 13章 18節
あなたは、必ずあなたの神、主の御声に聞き従い、私が、きょう、あなたに命じるすべての主の命令を守り、あなたの神、主が正しいと見られることを行なわなければならない。
メモ: 創造主は絶対的な方。幸せを得るために、私が彼の都合に生活を合わせます。
2012/ 4/11 読: 申命記 14章~16章
選: 申命記 16章 19節~20節
あなたはさばきを曲げてはならない。人をかたよって見てはならない。わいろを取ってはならない。わいろは知恵のある者の目をくらませ、正しい人の言い分をゆがめるからである。
正義を、ただ正義を追い求めなければならない。そうすれば、あなたは生き、あなたの神、主が与えようとしておられる地を、自分の所有とすることができる。
メモ: 「ただ正義を追い求めなければならない。」このことばを実行したいと思う。
2012/ 4/12 読: 申命記 17章~19章
選: 申命記 17章 19節~20節
自分の手もとに置き、一生の間、これを読まなければならない。それは、彼の神、主を恐れ、このみおしえのすべてのことばとこれらのおきてとを守り行なうことを学ぶためである。
それは、王の心が自分の同胞の上に高ぶることがないため、また命令から、右にも左にもそれることがなく、彼とその子孫とがイスラエルのうちで、長くその王国を治めることができるためである。
メモ: 聖書を手元に置きこれを読み、主を恐れ、正しく歩み、幸せを得たいと思う。
2012/ 4/13 読: 申命記 20章~22章
選: 申命記 20章 1節
あなたが敵と戦うために出て行くとき、馬や戦車や、あなたよりも多い軍勢を見ても、彼らを恐れてはならない。あなたをエジプトの地から導き上られたあなたの神、主が、あなたとともにおられる。
メモ: 私の神、主が、私とともにおられるので、恐れる必要がまったくありません。
2012/ 4/14 読: 申命記 23章~25章
選: 申命記 23章 19節~20節
金銭の利息であれ、食物の利息であれ、すべて利息をつけて貸すことのできるものの利息を、あなたの同胞から取ってはならない。
外国人から利息を取ってもよいが、あなたの同胞からは利息を取ってはならない。それは、あなたが、はいって行って、所有しようとしている地で、あなたの神、主が、あなたの手のわざのすべてを祝福されるためである。
メモ: 「あなたの神、主が、あなたの手のわざのをすべて祝福されるためである。」
2012/ 4/15 読: 申命記 26章~28章
選: 申命記 26章 17節~19節
きょう、あなたは、主が、あなたの神であり、あなたは、主の道に歩み、主のおきてと、命令と、定めとを守り、御声に聞き従うと断言した。
きょう、主は、こう明言された。あなたに約束したとおり、あなたは主の宝の民であり、あなたが主のすべての命令を守るなら、
主は、賛美と名声と栄光とを与えて、あなたを主が造られたすべての国々の上に高くあげる。そして、約束のとおり、あなたは、あなたの神、主の聖なる民となる。
メモ: 「あなたは主の宝の人である。」と主に言われたら、私はどうするだろうか。
2012/ 4/16 読: 申命記 29章~31章
選: 申命記 31章 17節~18節
その日、わたしの怒りはこの民に対して燃え上がり、わたしも彼らを捨て、わたしの顔を彼らから隠す。彼らが滅ぼし尽くされ、多くのわざわいと苦難が彼らに降りかかると、その日、この民は、『これらのわざわいが私たちに降りかかるのは、私たちのうちに、私たちの神がおられないからではないか。』と言うであろう。
彼らがほかの神々に移って行って行なったすべての悪のゆえに、わたしはその日、必ずわたしの顔を隠そう。
メモ: 創造主である神が先に顔を隠すことはない。私の神に対する態度が問題です。
2012/ 4/17 読: 申命記 32章~34章
選: 申命記 32章 10節~12節
主は荒野で、獣のほえる荒地で彼を見つけ、これをいだき、世話をして、ご自分のひとみのように、これを守られた。
わしが巣のひなを呼びさまし、そのひなの上を舞いかけり、翼を広げてこれを取り、羽に載せて行くように。
ただ主だけでこれを導き、主とともに外国の神は、いなかった。
メモ: 主だけに導かれ、主と共に舞い上がり、主だけに守られて生活を楽しみたい。
2012/ 4/18 読: ヨシュア記 1章~3章
選: ヨシュア記 3章 7節
主はヨシュアに仰せられた。「きょうから、わたしはイスラエル全体の見ている前で、あなたを大いなる者としよう。それは、わたしがモーセとともにいたように、あなたとともにいることを、彼らが知るためである。
メモ: 「私が事を決める主であることを、彼らが知るためだ。」と、聞こえてくる。
2012/ 4/19 読: ヨシュア記 4章~6章
選: ヨシュア記 6章 27節
主がヨシュアとともにおられたので、そのうわさは地にあまねく広まった。
メモ: 「主が彼とともにおられるからだ。」と言われるような人になれたらいいな。
2012/ 4/20 読: ヨシュア記 7章~9章
選: ヨシュア記 7章 7節
ヨシュアは言った。「ああ、神、主よ。あなたはどうしてこの民にヨルダン川をあくまでも渡らせて、私たちをエモリ人の手に渡して、滅ぼそうとされるのですか。私たちは心を決めてヨルダン川の向こう側に居残ればよかったのです。
メモ: 神の導きと信じ進んだのに、困難に遭遇すると思いが揺らぐが、心配は不要。
2012/ 4/21 読: ヨシュア記 10章~12章
選: ヨシュア記 10章 8節
主はヨシュアに仰せられた。「彼らを恐れてはならない。わたしが彼らをあなたの手に渡したからだ。彼らのうち、ひとりとしてあなたの前に立ち向かうことのできる者はいない。」
メモ: 主を頼る私たちも、主の道を歩むなら、何かを恐れる必要は全くないと思う。
2012/ 4/22 読: ヨシュア記 13章~15章
選: ヨシュア記 14章 13節~14節
それでヨシュアは、エフネの子カレブを祝福し、彼にヘブロンを相続地として与えた。
それで、ヘブロンは、ケナズ人エフネの子カレブの相続地となった。今日もそうである。それは、彼がイスラエルの神、主に従い通したからである。
メモ: 「彼が主に従い通したからである。」カレブの信仰を見習い、進み続けたい。
2012/ 4/23 読: ヨシュア記 16章~18章
選: ヨシュア記 17章 17節~18節
するとヨシュアは、ヨセフ家の者、エフライムとマナセにこう言った。「あなたは数の多い民で、大きな力を持っている。あなたは、ただ一つのくじによる割り当て地だけを持っていてはならない。
山地もあなたのものとしなければならない。それが森であっても、切り開いて、その終わる所まで、あなたのものとしなければならない。カナン人は鉄の戦車を持っていて、強いのだから、あなたは彼らを追い払わなければならないのだ。」
メモ: やり遂げなければならないことが困難と思われても、あきらめずに、進もう。
2012/ 4/24 読: ヨシュア記 19章~21章
選: ヨシュア記 21章 45節
主がイスラエルの家に約束されたすべての良いことは、一つもたがわず、みな実現した。
メモ: こうならない場合は、主に理由があるのではなく、私たちの側にあると思う。
2012/ 4/25 読: ヨシュア記 22章~24章
選: ヨシュア記 22章 30節
祭司ピネハス、および会衆の上に立つ族長たち、すなわち彼とともにいたイスラエルの分団のかしらたちは、ルベン族、ガド族、およびマナセ族が語ったことばを聞いて、それに満足した。
メモ: 相手の話しを注意深く聞き、理解することによって、争いを減らせると思う。
2012/ 4/26 読: 士師記 1章~3章
選: 士師記 3章 27節~28節
エフデは行って、エフライムの山地で角笛を吹き鳴らした。すると、イスラエル人は彼といっしょに山地から下って行き、彼はその先頭に立った。
エフデは彼らに言った。「私を追って来なさい。主はあなたがたの敵モアブ人をあなたがたの手に渡された。」それで、彼らはエフデのあとについて下って行き、モアブへのヨルダン川の渡し場を攻め取って、ひとりも渡らせなかった。
メモ: 「私が解決する。」ではなく、「主が解決します。」と信じ、歩み続けたい。
2012/ 4/27 読: 士師記 4章~6章
選: 士師記 4章 7節
わたしはヤビンの将軍シセラとその戦車と大軍とをキション川のあなたのところに引き寄せ、彼をあなたの手に渡す。』」
メモ: 「わたしは、戦車と大軍を引き寄せる。」主の戦略です。恐れる必要はない。
2012/ 4/28 読: 士師記 7章~9章
選: 士師記 7章 2節
そのとき、主はギデオンに仰せられた。「あなたといっしょにいる民は多すぎるから、わたしはミデヤン人を彼らの手に渡さない。イスラエルが『自分の手で自分を救った。』と言って、わたしに向かって誇るといけないから。
メモ: 「自分の手で自分を救った。」と言いたくなるのは、私も持っている弱みだ。
2012/ 4/29 読: 士師記 10章~12章
選: 士師記 10章 15節~16節
すると、イスラエル人は主に言った。「私たちは罪を犯しました。あなたがよいと思われることを何でも私たちにしてください。ただ、どうか、きょう、私たちを救い出してください。」
彼らが自分たちのうちから外国の神々を取り去って、主に仕えたので、主は、イスラエルの苦しみを見るに忍びなくなった。
メモ: 実存する神に対し、正しく歩んでいなかったことを認め、悔い改めたのです。
2012/ 4/30 読: 士師記 13章~15章
選: 士師記 15章 18節~19節
そのとき、彼はひどく渇きを覚え、主に呼び求めて言った。「あなたは、しもべの手で、この大きな救いを与えられました。しかし、今、私はのどが渇いて死にそうで、無割礼の者どもの手に落ちようとしています。」
すると、神はレヒにあるくぼんだ所を裂かれ、そこから水が出た。サムソンは水を飲んで元気を回復して生き返った。それゆえその名は、エン・ハコレと呼ばれた。それは今日もレヒにある。
メモ: 彼は、実存する神に叫び求めたので、救われた。誰に叫び求めるかが重要だ。
前Page