前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2012年 5月)

2012/ 5/ 1 読: 士師記 16章~18章
選: 士師記 17章 13節
そこで、ミカは言った。「私は主が私をしあわせにしてくださることをいま知った。レビ人を私の祭司に得たから。」
メモ: しあわせは主からのもの。主のみこころに従って歩むことがしあわせと思う。
2012/ 5/ 2 読: 士師記 19章~21章
選: 士師記 19章 20節~21節
すると、この老人は言った。「安心なさい。ただ、足りないものはみな、私に任せて。ただ広場では夜を過ごさないでください。」
こうして彼は、この人を自分の家に連れて行き、ろばに、まぐさをやった。彼らは足を洗って、食べたり飲んだりした。
メモ: 旅人を受け入れる。分け隔てなく、だれをも受け入れる者でありたいと思う。
2012/ 5/ 3 読: ルツ記 1章~3章
選: ルツ記 2章 22節
ナオミは嫁のルツに言った。「娘よ。あの方のところの若い女たちといっしょに出かけるのは、けっこうなことです。ほかの畑でいじめられなくても済みます。」
メモ: 昔も「いじめ」があった。今も「いじめ」がある。人に進化は期待できない。
2012/ 5/ 4 読: ルツ記 4章、サムエル記 第Ⅰ 1章~2章
選: ルツ記 4章 9節~12節
そこでボアズは、長老たちとすべての民に言った。「あなたがたは、きょう、私がナオミの手から、エリメレクのすべてのもの、それからキルヨンとマフロンのすべてのものを買い取ったことの証人です。
さらに、死んだ者の名をその相続地に起こすために、私はマフロンの妻であったモアブの女ルツを買って、私の妻としました。死んだ者の名を、その身内の者たちの間から、また、その町の門から絶えさせないためです。きょう、あなたがたはその証人です。」
すると、門にいた人々と長老たちはみな、言った。「私たちは証人です。どうか、主が、あなたの家にはいる女を、イスラエルの家を建てたラケルとレアのふたりのようにされますように。あなたはエフラテで力ある働きをし、ベツレヘムで名をあげなさい。
また、主がこの若い女を通してあなたに授ける子孫によって、あなたの家が、タマルがユダに産んだペレツの家のようになりますように。」
メモ: 授かった子孫が後の王家になるとは、その時、だれも思わなかったでしょう。
2012/ 5/ 5 読: サムエル記 第Ⅰ 3章~5章
選: サムエル記 第Ⅰ 3章 8節~9節
主が三度目にサムエルを呼ばれたとき、サムエルは起きて、エリのところに行き、「はい。ここにおります。私をお呼びになったので。」と言った。そこでエリは、主がこの少年を呼んでおられるということを悟った。
それで、エリはサムエルに言った。「行って、おやすみ。今度呼ばれたら、『主よ。お話しください。しもべは聞いております。』と申し上げなさい。」サムエルは行って、自分の所で寝た。
メモ: 「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」と、身を低くしたい。
2012/ 5/ 6 読: サムエル記 第Ⅰ 6章~8章
選: サムエル記 第Ⅰ 7章 3節~4節
そのころ、サムエルはイスラエルの全家に次のように言った。「もし、あなたがたが心を尽くして主に帰り、あなたがたの間から外国の神々やアシュタロテを取り除き、心を主に向け、主にのみ仕えるなら、主はあなたがたをペリシテ人の手から救い出されます。」
そこでイスラエル人は、バアルやアシュタロテを取り除き、主にのみ仕えた。
メモ: 主の助けを得るには、主の要求をのまなければなりません。当然のことです。
2012/ 5/ 7 読: サムエル記 第Ⅰ 9章~11章
選: サムエル記 第Ⅰ 9章 5節~6節
彼らがツフの地に来たとき、サウルは連れの若い者に言った。「さあ、もう帰ろう。父が雌ろばのことはさておき、私たちのことを心配するといけないから。」
すると、彼は言った。「待ってください。この町には神の人がいます。この人は敬われている人です。この人の言うことはみな、必ず実現します。今そこへまいりましょう。たぶん、私たちの行くべき道を教えてくれるでしょう。」
メモ: 「待ってください。」少し待って、神の声に耳を傾ける。成功への秘訣かも。
2012/ 5/ 8 読: サムエル記 第Ⅰ 12章~14章
選: サムエル記 第Ⅰ 12章 21節
役にも立たず、救い出すこともできないむなしいものに従って、わきへそれてはならない。それはむなしいものだ。
メモ: 「むなしいものに従って、わきへそれてはならない。」思いに刻み込みたい。
2012/ 5/ 9 読: サムエル記 第Ⅰ 15章~17章
選: サムエル記 第Ⅰ 15章 24節
サウルはサムエルに言った。「私は罪を犯しました。私は主の命令と、あなたのことばにそむいたからです。私は民を恐れて、彼らの声に従ったのです。
メモ: 頼りになる指導者は、神の声に聞き従い、人の欲望に振り回されないと思う。
2012/ 5/10 読: サムエル記 第Ⅰ 18章~20章
選: サムエル記 第Ⅰ 20章 42節
ヨナタンはダビデに言った。「では、安心して行きなさい。私たちふたりは、『主が、私とあなた、また、私の子孫とあなたの子孫との間の永遠の証人です。』と言って、主の御名によって誓ったのです。」こうしてダビデは立ち去った。ヨナタンは町へ帰って行った。
メモ: 「主が、私とあなたの間の永遠の証人です。」生ける神を証人に立てました。
2012/ 5/11 読: サムエル記 第Ⅰ 21章~23章
選: サムエル記 第Ⅰ 23章 14節
ダビデは荒野や要害に宿ったり、ジフの荒野の山地に宿ったりした。サウルはいつもダビデを追ったが、神はダビデをサウルの手に渡さなかった。
メモ: 神に見放されたのかなと思うときもある。しかし、創造主は守ってくださる。
2012/ 5/12 読: サムエル記 第Ⅰ 24章~26章
選: サムエル記 第Ⅰ 25章 32節~34節
ダビデはアビガイルに言った。「きょう、あなたを私に会わせるために送ってくださったイスラエルの神、主がほめたたえられますように。
あなたの判断が、ほめたたえられるように。また、きょう、私が血を流す罪を犯し、私自身の手で復讐しようとしたのをやめさせたあなたに、誉れがあるように。
私をとどめて、あなたに害を加えさせられなかったイスラエルの神、主は生きておられる。もし、あなたが急いで私に会いに来なかったなら、確かに、明け方までにナバルには小わっぱひとりも残らなかったであろう。」
メモ: 主は、人が過ちを犯さないために、他の人の助言を用いることが多いと思う。
2012/ 5/13 読: サムエル記 第Ⅰ 27章~29章
選: サムエル記 第Ⅰ 28章 5節~7節
サウルはペリシテ人の陣営を見て恐れ、その心はひどくわなないた。
それで、サウルは主に伺ったが、主が夢によっても、ウリムによっても、預言者によっても答えてくださらなかったので、
サウルは自分の家来たちに言った。「霊媒をする女を捜して来い。私がその女のところに行って、その女に尋ねてみよう。」家来たちはサウルに言った。「エン・ドルに霊媒をする女がいます。」
メモ: 神を無視した結果、このような行動をとる指導者は、現在も多くいると思う。
2012/ 5/14 読: サムエル記 第Ⅰ 27章~29章、サムエル記 第Ⅱ 1章
選: サムエル記 第Ⅰ 30章 6節
ダビデは非常に悩んだ。民がみな、自分たちの息子、娘たちのことで心を悩まし、ダビデを石で打ち殺そうと言いだしたからである。しかし、ダビデは彼の神、主によって奮い立った。
メモ: しかし、彼は彼の神、主によって奮い立った。「主によって」がキーワード。
2012/ 5/15 読: サムエル記 第Ⅱ 2章~4章
選: サムエル記 第Ⅱ 3章 17節~18節
アブネルはイスラエルの長老たちと話してこう言った。「あなたがたは、かねてから、ダビデを自分たちの王とすることを願っていたが、
今、それをしなさい。主がダビデについて、『わたしのしもべダビデの手によって、わたしはわたしの民イスラエルをペリシテ人の手、およびすべての敵の手から救う。』と仰せられているからだ。」
メモ: 結局、主が言われたこと、計画したことが実現するのです。安心しましょう。
2012/ 5/16 読: サムエル記 第Ⅱ 5章~7章
選: サムエル記 第Ⅱ 5章 12節
ダビデは、主が彼をイスラエルの王として堅く立て、ご自分の民イスラエルのために、彼の王国を盛んにされたのを知った。
メモ: 「主がされた。」と知ることをきっかけに、生き方も大きく変わる気がする。
2012/ 5/17 読: サムエル記 第Ⅱ 8章~10章
選: サムエル記 第Ⅱ 10章 11節~12節
ヨアブは言った。「もし、アラムが私より強ければ、おまえが私を救ってくれ。もし、アモン人がおまえより強かったら、私がおまえを救いに行こう。
強くあれ。われわれの民のため、われわれの神の町々のために全力を尽くそう。主はみこころにかなうことをされる。」
メモ: 「主はみこころにかなうことをされる。」私たちは、主の助けを期待しよう。
2012/ 5/18 読: サムエル記 第Ⅱ 11章~13章
選: サムエル記 第Ⅱ 12章 13節~14節
ダビデはナタンに言った。「私は主に対して罪を犯した。」ナタンはダビデに言った。「主もまた、あなたの罪を見過ごしてくださった。あなたは死なない。
しかし、あなたはこのことによって、主の敵に大いに侮りの心を起こさせたので、あなたに生まれる子は必ず死ぬ。」
メモ: 「あなたは、主の敵に大いに侮りの心を起こさせた。」人ごととは思えない。
2012/ 5/19 読: サムエル記 第Ⅱ 14章~16章
選: サムエル記 第Ⅱ 16章 11節~12節
ダビデはアビシャイと彼のすべての家来たちに言った。「見よ。私の身から出た私の子さえ、私のいのちをねらっている。今、このベニヤミン人としては、なおさらのことだ。ほうっておきなさい。彼にのろわせなさい。主が彼に命じられたのだから。
たぶん、主は私の心をご覧になり、主は、きょうの彼ののろいに代えて、私にしあわせを報いてくださるだろう。」
メモ: 人は、うわべを見る。しかし、主は、人の内面をも見る。だから安心できる。
2012/ 5/20 読: サムエル記 第Ⅱ 17章~19章
選: サムエル記 第Ⅱ 17章 14節
アブシャロムとイスラエルの民はみな言った。「アルキ人フシャイのはかりごとは、アヒトフェルのはかりごとよりも良い。」これは主がアブシャロムにわざわいをもたらそうとして、主がアヒトフェルのすぐれたはかりごとを打ちこわそうと決めておられたからであった。
メモ: 主を信じる者は、窮境に立たされても心配せず、すべてを主に任せましょう。
2012/ 5/21 読: サムエル記 第Ⅱ 20章~22章
選: サムエル記 第Ⅱ 21章 3節
ダビデはギブオン人たちに言った。「あなたがたのために、私は何をしなければならないのか。私が何を償ったら、あなたがたは主のゆずりの地を祝福できるのか。」
メモ: 未解決のことが残っている場合、それが祝福の妨げになる可能性があるのか。
2012/ 5/22 読: サムエル記 第Ⅱ 23章~24章、列王記 第Ⅰ 1章
選: サムエル記 第Ⅱ 23章 3節~4節
イスラエルの神は仰せられた。イスラエルの岩は私に語られた。『義をもって人を治める者、神を恐れて治める者は、
太陽の上る朝の光、雲一つない朝の光のようだ。雨の後に、地の若草を照らすようだ。』
メモ: 創造主である神、不動の岩がダビデに語られたことば。人事ではないと思う。
2012/ 5/23 読: 列王記 第Ⅰ 2章~4章
選: 列王記 第Ⅰ 3章 28節
イスラエル人はみな、王が下したさばきを聞いて、王を恐れた。神の知恵が彼のうちにあって、さばきをするのを見たからである。
メモ: 私も、神の知恵によって物事を判断し、解決できるようになりたいと思った。
2012/ 5/24 読: 列王記 第Ⅰ 5章~7章
選: 列王記 第Ⅰ 5章 12節
主は約束どおり、ソロモンに知恵を賜わったので、ヒラムとソロモンとの間には平和が保たれ、ふたりは契約を結んだ。
メモ: 平和を望まない人はいないと思う。神の知恵が働くところには、平和がある。
2012/ 5/25 読: 列王記 第Ⅰ 8章~10章
選: 列王記 第Ⅰ 10章 3節~5節
ソロモンは、彼女のすべての質問を説き明かした。王がわからなくて、彼女に説き明かせなかったことは何一つなかった。
シェバの女王は、ソロモンのすべての知恵と、彼が建てた宮殿と、
その食卓の料理、列席の家来たち従者たちが仕えている態度とその服装、彼の献酌官たち、および、彼が主の宮でささげた全焼のいけにえを見て、息も止まるばかりであった。
メモ: 「あなたの民をさばくために聞き分ける心を与えてください。」で始まった。
2012/ 5/26 読: 列王記 第Ⅰ 11章~13章
選: 列王記 第Ⅰ 12章 26節~28節
ヤロブアムは心に思った。「今のままなら、この王国はダビデの家に戻るだろう。
この民が、エルサレムにある主の宮でいけにえをささげるために上って行くことになっていれば、この民の心は、彼らの主君、ユダの王レハブアムに再び帰り、私を殺し、ユダの王レハブアムのもとに帰るだろう。」
そこで、王は相談して、金の子牛を二つ造り、彼らに言った。「もう、エルサレムに上る必要はない。イスラエルよ。ここに、あなたをエジプトから連れ上ったあなたの神々がおられる。」
メモ: 主が彼を王にしたのに、彼は恐れた。私の主への信頼に揺れはないだろうか。
2012/ 5/27 読: 列王記 第Ⅰ 14章~16章
選: 列王記 第Ⅰ 15章 13節~14節
彼はまた、彼の母マアカがアシェラのために憎むべき像を造ったので、彼女を王母の位から退けた。アサはその憎むべき像を切り倒し、これをキデロン川で焼いた。
高き所は取り除かれなかったが、アサの心は一生涯、主と全く一つになっていた。
メモ: 「彼の心は一生涯、主と全く一つになっていた。」と言われる人になりたい。
2012/ 5/28 読: 列王記 第Ⅰ 17章~19章
選: 列王記 第Ⅰ 18章 37節~38節
私に答えてください。主よ。私に答えてください。この民が、あなたこそ、主よ、神であり、あなたが彼らの心を翻してくださることを知るようにしてください。」
すると、主の火が降って来て、全焼のいけにえと、たきぎと、石と、ちりとを焼き尽くし、みぞの水もなめ尽くしてしまった。
メモ: 主が働かれると、主の火が降ると、私たちに想像できる以上のことが起きる。
2012/ 5/29 読: 列王記 第Ⅰ 20章~22章
選: 列王記 第Ⅰ 22章 13節~14節
さて、ミカヤを呼びに行った使いの者はミカヤに告げて言った。「いいですか。お願いです。預言者たちは口をそろえて、王に対し良いことを述べています。お願いですから、あなたもみなと全く同じように語り、良いことを述べてください。」
すると、ミカヤは答えた。「主は生きておられる。主が私に告げられることを、そのまま述べよう。」
メモ: 人を恐れたりしません。「主が私に告げられることを、そのまま述べよう。」
2012/ 5/30 読: 列王記 第Ⅱ 1章~3章
選: 列王記 第Ⅱ 3章 14節
エリシャは言った。「私が仕えている万軍の主は生きておられる。もし私がユダの王ヨシャパテのためにするのでなかったなら、私は決してあなたに目も留めず、あなたに会うこともしなかったでしょう。
メモ: 創造主を信じている多くのクリスチャンは、他の人の祝福になっているかも。
2012/ 5/31 読: 列王記 第Ⅱ 4章~6章
選: 列王記 第Ⅱ 6章 16節~17節
すると彼は、「恐れるな。私たちとともにいる者は、彼らとともにいる者よりも多いのだから。」と言った。
そして、エリシャは祈って主に願った。「どうぞ、彼の目を開いて、見えるようにしてください。」主がその若い者の目を開かれたので、彼が見ると、なんと、火の馬と戦車がエリシャを取り巻いて山に満ちていた。
メモ: 主よ、私たちの目を開き、創造主である神の業を見えるようにしてください。
前Page