前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2012年 6月)

2012/ 6/ 1 読: 列王記 第Ⅱ 7章~9章
選: 列王記 第Ⅱ 7章 2節
しかし、侍従で、王がその腕に寄りかかっていた者が、神の人に答えて言った。「たとい、主が天に窓を作られるにしても、そんなことがあるだろうか。」そこで、彼は言った。「確かに、あなたは自分の目でそれを見るが、それを食べることはできない。」
メモ: 全能の神に不可能はない。今日もその神に期待をかけ、歩ませてもらいます。
2012/6/ 2 読: 列王記 第Ⅱ 10章~12章
選: 列王記 第Ⅱ 12章 14節~15節
ただ、これを工事する者に渡し、これを主の宮の修理に当てた。
また、工事する者に支払うように金を渡した人々と、残高を勘定することもしなかった。彼らが忠実に働いていたからである。
メモ: 主も私たちと残高勘定をしない。主に忠実に従い、主の願うことを行いたい。
2012/ 6/ 3 読: 列王記 第Ⅱ 13章~15章
選: 列王記 第Ⅱ 15章 27節~28節
15:27 ユダの王アザルヤの第五十二年に、レマルヤの子ペカがサマリヤでイスラエルの王となり、二十年間、王であった。
15:28 彼は主の目の前に悪を行ない、イスラエルに罪を犯させたネバテの子ヤロブアムの罪を離れなかった。
メモ: この王についての創造主からの最終報告。神がどう見られるかが重要と思う。
2012/ 6/ 4 読: 列王記 第Ⅱ 16章~18章
選: 列王記 第Ⅱ 18章 22
おまえたちは私に『われわれは、われわれの神、主に拠り頼む。』と言う。その主とは、ヒゼキヤが高き所と祭壇を取り除いておいて、ユダとエルサレムに向かい『エルサレムにあるこの祭壇の前で拝め。』と言ったそういう主ではないか、と。
メモ: 私は神に拠り頼むと言い、神にのみ信頼すれば、その信仰は報われると思う。
2012/ 6/ 5 読: 列王記 第Ⅱ 19章~21章
選: 列王記 第Ⅱ 19章 6節~7節
イザヤは彼らに言った。「あなたがたの主君にこう言いなさい。主はこう仰せられる。『あなたが聞いたあのことば、アッシリヤの王の若い者たちがわたしを冒涜したあのことばを恐れるな。
今、わたしは彼のうちに一つの霊を入れる。彼は、あるうわさを聞いて、自分の国に引き揚げる。わたしは、その国で彼を剣で倒す。』」
メモ: 創造主である神は生きておられる。神に対してのことばに注意したいと思う。
2012/ 6/ 6 読: 列王記 第Ⅱ 22章~24章
選: 列王記 第Ⅱ 22章 1節~2節
ヨシヤは八歳で王となり、エルサレムで三十一年間、王であった。彼の母の名はエディダといい、ボツカテの出のアダヤの娘であった。
彼は主の目にかなうことを行なって、先祖ダビデのすべての道に歩み、右にも左にもそれなかった。
メモ: この王についての創造主からの最終報告。神が良しとされる人生でありたい。
2012/ 6/ 7 読: 列王記 第Ⅱ 25章、歴代誌 第Ⅰ 1章~2章
選: 列王記 第Ⅱ 25章 8節~10節
第五の月の七日――それは、バビロンの王ネブカデネザル王の第十九年であった。――バビロンの王の家来、侍従長ネブザルアダンがエルサレムに来て、
主の宮と王宮とエルサレムのすべての家を焼き、そのおもだった建物をことごとく火で焼いた。
侍従長といっしょにいたカルデヤの全軍勢は、エルサレムの回りの城壁を取りこわした。
メモ: 予言者を通して語られたことが実現した。聖書のことばを真剣に受止めたい。
2012/ 6/ 8 読: 歴代誌 第Ⅰ 3章~5章
選: 歴代誌 第Ⅰ 4章 10節
ヤベツはイスラエルの神に呼ばわって言った。「私を大いに祝福し、私の地境を広げてくださいますように。御手が私とともにあり、わざわいから遠ざけて私が苦しむことのないようにしてくださいますように。」そこで神は彼の願ったことをかなえられた。
メモ: 私たちも遠慮なく創造主に呼ばわって、願いごとをかなえてもらいましょう。
2012/ 6/ 9 読: 歴代誌 第Ⅰ 6章~8章
選: 歴代誌 第Ⅰ 6章 31節~32節
箱が安置所に納められて後、ダビデが主の宮の歌をつかさどらせるために立てた人々は次のとおりである。
彼らはソロモンがエルサレムに主の宮を建てるまでは、会見の天幕である幕屋の前で、歌をもって仕え、おのおのその定めに従って、奉仕を担当した。
メモ: 「彼らは、歌をもって仕え、」主を讃美することがどれほど重要かが分かる。
2012/ 6/10 読: 歴代誌 第Ⅰ 9章~11章
選: 歴代誌 第Ⅰ 9章 19節~20節
コラの子エブヤサフの子コレの子シャルム、その父の家に属する彼の兄弟たち、すなわちコラ人は、その奉仕の仕事につき、天幕の入口を守る者となった。彼らの一族は主の宿営をつかさどり、その門口を守る者であった。
かつてはエルアザルの子ピネハスが彼らのつかさであり、主は彼とともにおられた。
メモ: 「主は彼とともにおられる。」と言われるような成功者になれたらうれしい。
2012/ 6/11 読: 歴代誌 第Ⅰ 12章~14章
選: 歴代誌 第Ⅰ 12章 39節~40節
彼らはそこに、ダビデとともに三日間とどまり、飲み食いした。彼らの兄弟たちが彼らのために用意したからである。
彼らに近い者たちも、イッサカル、ゼブルン、ナフタリに至るまで、ろば、らくだ、騾馬、牛に載せて食べ物を運んで来た。小麦粉の菓子、干しいちじく、干しぶどう、ぶどう酒、油、牛、羊などがたくさん運ばれた。イスラエルに喜びがあったからである。
メモ: 「彼らは飲み食いした。喜びがあったからである。」喜ぶことは良いことだ。
2012/ 6/12 読: 歴代誌 第Ⅰ 15章~17章
選: 歴代誌 第Ⅰ 15章 11節~14節
ダビデは祭司ツァドクとエブヤタル、それにレビ人たち、ウリエルとアサヤ、ヨエルとシェマヤ、エリエル、アミナダブを呼び、
彼らに言った。「あなたがたはレビ人の家のかしらです。あなたがた自身も、あなたがたの同族の者たちも、身を聖別し、イスラエルの神、主の箱を、私がそのために定めておいた所に運び上りなさい。
最初の時には、あなたがたがいなかったため、私たちの神、主が、私たちに怒りを発せられたのです。私たちがこの方を定めのとおりに求めなかったからです。」
そこで、祭司たちとレビ人たちは、イスラエルの神、主の箱を運び上るために身を聖別した。
メモ: 創造主の定めを求め守ることは、創造主が私たちに望んでいることだと思う。
2012/ 6/13 読: 歴代誌 第Ⅰ 18章~20章
選: 歴代誌 第Ⅰ 19章 12節~13節
ヨアブは言った。「もし、アラムが私より強ければ、おまえが私を救ってくれ。もし、アモン人がおまえより強かったら、私がおまえを救おう。
強くあれ。われわれの民のため、われわれの神の町々のために全力を尽くそう。主はみこころにかなうことをされる。」
メモ: 選択肢は無い。戦うか、やられるかだ。戦うのであれば、全力を尽くしたい。
2012/ 6/14 読: 歴代誌 第Ⅰ 21章~23章
選: 歴代誌 第Ⅰ 21章 13節
ダビデはガドに言った。「それは私には非常につらいことです。私を主の手に陥らせてください。主のあわれみは深いからです。人の手には陥りたくありません。」
メモ: 主は、あわれみ深い方です。主のように、あわれみ深い人になりたいと思う。
2012/ 6/15 読: 歴代誌 第Ⅰ 24章~26章
選: 歴代誌 第Ⅰ 26章 32節
彼の同族の者たちは勇者であって、二千七百人いたが、一族のかしらたちであった。ダビデ王は彼らを、ルベン人、ガド人、マナセ人の半部族の上に任命し、すべて神に関する事がら、王に関する事がらに当たらせた。
メモ: 順番を間違えてはいけない。最初に、神に関する事がら、それから自分の事。
2012/ 6/16 読: 歴代誌 第Ⅰ 27章~29章
選: 歴代誌 第Ⅰ 29章 16節~17節
私たちの神、主よ。あなたの聖なる御名のために家をお建てしようと私たちが用意をしたこれらすべてのおびただしいものは、あなたの御手から出たものであり、すべてはあなたのものです。
私の神。あなたは心をためされる方で、直ぐなことを愛されるのを私は知っています。私は直ぐな心で、これらすべてをみずから進んでささげました。今、ここにいるあなたの民が、みずから進んであなたにささげるのを、私は喜びのうちに見ました。
メモ: 私の神は、心をためされる方で、直なことを愛されるのを私は知っています。
2012/ 6/17 読: 歴代誌 第Ⅱ 1章~3章
選: 歴代誌 第Ⅱ 1章 1節
さて、ダビデの子ソロモンは、ますます王権を強固にした。彼の神、主は彼とともにおられ、彼を並みはずれて偉大な者とされた。
メモ: 「主は彼とともにおられ、彼を並外れて偉大な者とされた。」を経験したい。
2012/ 6/18 読: 歴代誌 第Ⅱ 4章~6章
選: 歴代誌 第Ⅱ 5章 12節~13節
また、歌うたいであるレビ人全員も、すなわち、アサフもヘマンもエドトンも彼らの子らも彼らの兄弟たちも、白亜麻布を身にまとい、シンバル、十弦の琴および立琴を手にして、祭壇の東側に立ち、百二十人の祭司たちも彼らとともにいて、ラッパを吹き鳴らしていた。――
ラッパを吹き鳴らす者、歌うたいたちが、まるでひとりででもあるかのように一致して歌声を響かせ、主を賛美し、ほめたたえた。そして、ラッパとシンバルとさまざまの楽器をかなでて声をあげ、「主はまことにいつくしみ深い。その恵みはとこしえまで。」と主に向かって賛美した。そのとき、その宮、すなわち主の宮は雲で満ちた。
メモ: 主を賛美し、ほめたたえる専任者がいた。教会にも賛美の専任者を置きたい。
2012/ 6/19 読: 歴代誌 第Ⅱ 7章~9章
選: 歴代誌 第Ⅱ 9章 5節~8節
彼女は王に言った。「私が国であなたの事績とあなたの知恵とについて聞き及んでおりましたことはほんとうでした。
実は、私は、自分で来て、自分の目で見るまでは、彼らの言うことを信じなかったのですが、驚いたことに、私にはあなたの知恵の半分も知らされていなかったのです。あなたは、私の聞いていたうわさを上回る方でした。
なんとしあわせなことでしょう。あなたにつく人たちは。なんとしあわせなことでしょう。いつもあなたの前に立って、あなたの知恵を聞くことのできるこの、あなたの家来たちは。
あなたを喜ばれ、その王座にあなたを着かせて、あなたの神、主のために王とされたあなたの神、主はほむべきかな。あなたの神はイスラエルを愛して、これをとこしえにゆるがぬものとされたので、彼らの上にあなたを王として与え、公正と正義とを行なわせられるのです。」
メモ: 「あなたを喜ばれる、あなたの神、主はほむべきかな。」と言われてみたい。
2012/ 6/20 読: 歴代誌 第Ⅱ 10章~12章
選: 歴代誌 第Ⅱ 12章 14節
彼は悪事を行なった。すなわち、その心を定めて常に主を求めることをしなかった。
メモ: 豊かな実を結ぶには、心を定めて、常に主を求めることが重要なことと思う。
2012/ 6/21 読: 歴代誌 第Ⅱ 13章~15章
選: 歴代誌 第Ⅱ 15章 7節~8節
しかし、あなたがたこそ強くあってほしいのです。力を落としてはなりません。あなたがたの働きには報いが伴っているからです。」
アサは、これらのことばと預言者オデデによって預言されたことを聞いたとき、奮い立って、ユダとベニヤミンの全地から、また彼がエフライムの山地で攻め取った町々から、忌むべき物を除いた。そして、主の玄関の前にあった主の祭壇を新しくした。
メモ: 豊かな実を結ぶには、奮い立って、忌むべき物を排除する必要があると思う。
2012/ 6/22 読: 歴代誌 第Ⅱ 16章~18章
選: 歴代誌 第Ⅱ 17章 15節~16節
王の指揮下に、隊長ヨハナン。その配下には二十八万人。
その指揮下に、みずから進んで主に身をささげたジクリの子アマスヤ。その配下には二十万人の勇士。
メモ: 豊かな実を結ぶには、みずから進んで主に身をささげることも必要だと思う。
2012/ 6/23 読: 歴代誌 第Ⅱ 19章~21章
選: 歴代誌 第Ⅱ 19章 6節~8節
ヨシャパテはエルサレムに住んだ。それから、彼はもう一度ベエル・シェバからエフライムの山地に至る民の中へ出て行き、彼らをその父祖の神、主に立ち返らせた。
さらに、彼はこの地、すなわち、ユダにあるすべての城壁のある町々にさばきつかさを立て、町ごとにこれを任命し、
さばきつかさたちにこう言った。「あなたがたは自分のする事に注意しなさい。あなたがたがさばくのは、人のためではなく、主のためだからです。この方は、さばきが行なわれるとき、あなたがたとともにおられるのです。
今、主への恐れがあなたがたにあるように。忠実に行ないなさい。私たちの神、主には、不正も、えこひいきも、わいろを取ることもないからです。」
メモ: 豊かな実を結ぶには、第一に、「主のために。」という思いが必要だと思う。
2012/ 6/24 読: 歴代誌 第Ⅱ 22章~24章
選: 歴代誌 第Ⅱ 24章 20節
神の霊が祭司エホヤダの子ゼカリヤを捕えたので、彼は民よりも高い所に立って、彼らにこう言った。「神はこう仰せられる。『あなたがたは、なぜ、主の命令を犯して、繁栄を取り逃がすのか。』あなたがたが主を捨てたので、主もあなたがたを捨てられた。」
メモ: 繁栄が約束されている。主の命令を犯して、繁栄を取り逃がしてはならない。
2012/ 6/25 読: 歴代誌 第Ⅱ 25章~27章
選: 歴代誌 第Ⅱ 25章 7節~9節
神の人が彼のもとに来て言った。「王よ。イスラエルの軍勢をあなたとともに行かせてはなりません。主は、イスラエル、すなわち、すべてのエフライム族とは、共におられないからです。
それでも、あなたが行くと言われるのなら、そうしなさい。雄々しく戦いなさい。神は敵の前にあなたをつまずかせられます。神には、助ける力があり、つまずかせる力もあるからです。」
アマツヤは神の人に言った。「では、イスラエルの軍勢に与えた百タラントはどうしたらよいのか。」神の人は答えた。「主はそれよりも多くのものをあなたに与えることがおできになります。」
メモ: 豊かな実を結ぶには、主の望まないものをきっぱり捨てることが必要と思う。
2012/ 6/26 読: 歴代誌 第Ⅱ 28章~30章
選: 歴代誌 第Ⅱ 29章 25節~27節
さらに、彼は、ダビデおよび王の先見者ガド、預言者ナタンの命令のとおりに、レビ人にシンバルと十弦の琴と立琴を持たせて、主の宮に立たせた。この命令は主から出たものであり、その預言者たちを通して与えられたものだからである。
こうして、レビ人はダビデの楽器を手にし、祭司はラッパを手にして立った。
そこで、ヒゼキヤは全焼のいけにえを、祭壇でささげるよう命じた。全焼のいけにえをささげ始めた時に、主の歌が始まり、ラッパがイスラエルの王ダビデの楽器とともに鳴り始めた。
メモ: 彼らは楽器を使って、主をたたえた。「この命令は主から出たものである。」
2012/ 6/27 読: 歴代誌 第Ⅱ 31章~33章
選: 歴代誌 第Ⅱ 32章 19節~21節
このように、彼らは、エルサレムの神について、人の手で造ったこの地の民の神々についてと同じように、語ったのである。
そこで、ヒゼキヤ王とアモツの子預言者イザヤは、このことのゆえに、祈りをささげ、天に叫び求めた。
すると、主はひとりの御使いを遣わし、アッシリヤの王の陣営にいたすべての勇士、隊長、首長を全滅させた。そこで、彼は恥じて国へ帰り、彼の神の宮にはいったが、自分の身から出た子どもたちが、その所で、彼を剣にかけて倒した。
メモ: 私は創造主そのものを信じています。他の物に頭を下げることは不可能です。
2012/ 6/28 読: 歴代誌 第Ⅱ 34章~36章
選: 歴代誌 第Ⅱ 35章 15節
アサフの子らである歌うたいたちは、ダビデ、アサフ、ヘマン、および、王の先見者エドトンの命令のとおりに、その役目についていた。また、門衛たちは、それぞれの門を守っていた。彼らのうちだれも、その奉仕を離れる必要がなかった。彼らの同族であるレビ人が彼らのための用意をしたからである。
メモ: 私の役目は何だろう。また、私はどのように他の人の助けになれるだろうか。
2012/ 6/29 読: エズラ記 1章~3章
選: エズラ記 3章 10節~11節
建築師たちが主の神殿の礎を据えたとき、イスラエルの王ダビデの規定によって主を賛美するために、祭服を着た祭司たちはラッパを持ち、アサフの子らのレビ人たちはシンバルを持って出て来た。
そして、彼らは主を賛美し、感謝しながら、互いに、「主はいつくしみ深い。その恵みはとこしえまでもイスラエルに。」と歌い合った。こうして、主の宮の礎が据えられたので、民はみな、主を賛美して大声で喜び叫んだ。
メモ: 豊かな実を結ぶには、もっともっと主を賛美し、感謝することが必要と思う。
2012/ 6/30 読: エズラ記 4章~6章
選: エズラ記 6章 21節~22節
捕囚から戻って来たイスラエル人と、イスラエルの神、主を求めて、この国の異邦人の汚れから縁を絶って彼らに加わったすべての者たちとは、これを食べた。
そして、彼らは七日間、種を入れないパンの祭りを喜んで守った。これは、主が彼らを喜ばせ、また、アッシリヤの王の心を彼らに向かわせて、イスラエルの神である神の宮の工事にあたって、彼らを力づけるようにされたからである。
メモ: 彼らは主を求めた。そして、主は彼らを喜ばせた。主は、今も、同じ主です。
前Page