前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2012年 7月)

2012/ 7/ 1 読: エズラ記 7章~9章
選: エズラ記 6章 21節~22節
私たちの父祖の神、主はほむべきかな。主はエルサレムにある主の宮に栄光を与えるために、このようなことを王の心に起こさせ、
王と、その議官と、すべての王の有力な首長の好意を私に得させてくださった。私の神、主の御手が私の上にあったので、私は奮い立って、私といっしょに上るイスラエル人のかしらたちを集めることができた。
メモ: 主は、必要であれば、主を信じない者も、御自分の栄光のために使われます。
2012/ 7/ 2 読: エズラ記 10章、ネヘミヤ記 1章~2章
選: ネヘミヤ記 2章 20節
そこで、私は彼らにことばを返して言った。「天の神ご自身が、私たちを成功させてくださる。だから、そのしもべである私たちは、再建に取りかかっているのだ。しかし、あなたがたにはエルサレムの中に何の分け前も、権利も、記念もないのだ。」
メモ: 「天の神ご自身が、私たちを成功させてくださる」と信じ、歩みたいと思う。
2012/ 7/ 3 読: ネヘミヤ記 3章~5章
選: ネヘミヤ記 4章 8節~9節
彼らはみな共にエルサレムに攻め入り、混乱を起こそうと陰謀を企てた。
しかし私たちは、私たちの神に祈り、彼らに備えて日夜見張りを置いた。
メモ: しかし私たちは、私たちの神に祈り、困難を乗り越え、豊かに実を結びます。
2012/ 7/ 4 読: ネヘミヤ記 6章~8章
選: ネヘミヤ記 8章 5節~6節
エズラはすべての民の面前で、その書を開いた。彼はすべての民よりも高い所にいたからである。彼がそれを開くと、民はみな立ち上がった。
エズラが大いなる神、主をほめたたえると、民はみな、手を上げながら、「アーメン、アーメン。」と答えてひざまずき、地にひれ伏して主を礼拝した。
メモ: 手を上げながら、「アーメン。」と答えて、地にひれ伏して、主を礼拝した。
2012/ 7/ 5 読: ネヘミヤ記 9章~11章
選: ネヘミヤ記 9章 31節
しかし、あなたは大いなるあわれみをかけて、彼らを滅ぼし尽くさず、彼らを捨てられませんでした。あなたは、情け深く、あわれみ深い神であられますから。
メモ: 創造主は、情け深く、あわれみ深い神です。だから滅ぼし尽くしていません。
2012/ 7/ 6 読: ネヘミヤ記 12章~13章、エステル記 1章
選: ネヘミヤ記 13章 22節
私はレビ人に命じて、身をきよめさせ、安息日をきよく保つために、門の守りにつかせた。私の神。どうか、このことにおいてもまた、私を覚えていてください。そして、あなたの大いなるいつくしみによって私をあわれんでください。
メモ: 「主よ、あなたの大いなるいつくしみによって、私をあわれんでください。」
2012/ 7/ 7 読: エステル記 2章~4章
選: エステル記 3章 2節
それで、王の門のところにいる王の家来たちはみな、ハマンに対してひざをかがめてひれ伏した。王が彼についてこのように命じたからである。しかし、モルデカイはひざもかがめず、ひれ伏そうともしなかった。
メモ: 彼は、創造された者を恐れず、創造主以外の何ものにも、頭を下げなかった。
2012/ 7/ 8 読: エステル記 5章~7章
選: エステル記 6章 13節
そして、ハマンは自分の身に起こった一部始終を妻ゼレシュとすべての友人たちに話した。すると、彼の知恵のある者たちと、妻ゼレシュは彼に言った。「あなたはモルデカイに負けかけておいでですが、このモルデカイが、ユダヤ民族のひとりであるなら、あなたはもう彼に勝つことはできません。きっと、あなたは彼に負けるでしょう。」
メモ: 天地万物を創造した神を頼りとしている者は、勝利を逃すことはありません。
2012/ 7/ 9 読: エステル記 8章~10章
選: エステル記 9章 20節~22節
モルデカイは、これらのことを書いて、アハシュエロス王のすべての州の、近い所や、遠い所にいるユダヤ人全部に手紙を送った。
それは、ユダヤ人が毎年アダルの月の十四日と十五日を、
自分たちの敵を除いて休みを得た日、悲しみが喜びに、喪の日が祝日に変わった月として、祝宴と喜びの日、互いにごちそうを贈り、貧しい者に贈り物をする日と定めるためであった。
メモ: 「悲しみが喜びに変わった。」創造主を心から信じ、頼り、生きていきたい。
2012/ 7/10 読: ヨブ記 1章~3章
選: ヨブ記 1章 20節~22節
このとき、ヨブは立ち上がり、その上着を引き裂き、頭をそり、地にひれ伏して礼拝し、
そして言った。「私は裸で母の胎から出て来た。また、裸で私はかしこに帰ろう。主は与え、主は取られる。主の御名はほむべきかな。」
ヨブはこのようになっても罪を犯さず、神に愚痴をこぼさなかった。
メモ: 自分を完全に神にゆだねる人が、苦境のときにも壊れない土台を持つと思う。
2012/ 7/11 読: ヨブ記 4章~6章
選: ヨブ記 6章 12節~14節
私の力は石の力であろうか。私の肉は青銅であろうか。
私のうちには、何の助けもないではないか。すぐれた知性も私から追い散らされているではないか。
落胆している者には、その友から友情を。さもないと、彼は全能者への恐れを捨てるだろう。
メモ: 「落胆している者には、その友から友情を。」心に留めておきたい言葉です。
2012/ 7/12 読: ヨブ記 7章~9章
選: ヨブ記 9章 5節
神が山々を移されるが、だれもこれに気づかない。神は怒ってこれをくつがえされる。
メモ: 神のなさる業にいつも気がつけば、神に対する畏れと感謝が耐えないと思う。
2012/ 7/13 読: ヨブ記 10章~12章
選: ヨブ記 12章 11節
口が食物の味を知るように、耳はことばを聞き分けないだろうか。
メモ: 多くあることばの中から、ためになることばだけを受入れ生活したいと思う。
2012/ 7/14 読: ヨブ記 13章~15章
選: ヨブ記 13章 8節
神の顔を、あなたがたは立てるつもりなのか。神の代わりに言い争うのか。
メモ: 気をつけないと、自分に都合のいいように、「神の代わり」をやってしまう。
2012/ 7/15 読: ヨブ記 16章~18章
選: ヨブ記 16章 19節~20節
今でも天には、私の証人がおられます。私を保証してくださる方は高い所におられます。
私の友は私をあざけります。しかし、私の目は神に向かって涙を流します。
メモ: 何があっても、創造主の存在を疑わないヨブの姿、これが普通のことと思う。
2012/ 7/16 読: ヨブ記 19章~21章
選: ヨブ記 19章 3節~4節
もう、十度もあなたがたは私に恥ずかしい思いをさせ、恥知らずにも私をいじめる。
もし、私がほんとうにあやまって罪を犯したとしても、私のあやまって犯した罪が私のうちにとどまっているだろうか。
メモ: 神は罪を赦してくださると信じていたヨブに、信仰のふらつきは見られない。
2012/ 7/17 読: ヨブ記 22章~24章
選: ヨブ記 23章 9節~10節
左に向かって行っても、私は神を見ず、右に向きを変えても、私は会うことができない。
しかし、神は、私の行く道を知っておられる。神は私を調べられる。私は金のように、出て来る。
メモ: 「しかし、神は、私の行く道を知っておられる。」と言える人は何と幸いか。
2012/ 7/18 読: ヨブ記 25章~27章
選: ヨブ記 26章 12節~14節
神は御力によって海をかき立て、神の英知をもってラハブを打ち砕く。
その息によって天は晴れ渡り、御手は逃げる蛇を刺し通す。
見よ。これらはただ神の道の外側にすぎない。私たちはただ、神についてのささやきしか聞いていない。だれが、その力ある雷を聞き分けえようか。
メモ: 思い上がるな。私たちはただ、神についてのささやきしか聞いていないのだ。
2012/ 7/19 読: ヨブ記 28章~30章
選: ヨブ記 29章 1節~3節
ヨブはまた、自分の格言を取り上げて言った。
ああ、できれば、私は、昔の月日のようであったらよいのに。神が私を守ってくださった日々のようであったらよいのに。
あのとき、神のともしびが私の頭を照らし、その光によって私はやみを歩いた。
メモ: ヨブのよりどころは、「神が私を守ってくださる」でした。私のもそうです。
2012/ 7/20 読: ヨブ記 31章~33章
選: ヨブ記 31章 29節~30節
あるいは、私を憎む者の衰えているのを私が見て喜び、彼にわざわいが下ったとき、喜び勇んだことがあろうか。
私は自分の口に罪を犯させなかった。のろって彼のいのちを求めようともしなかった。
メモ: 私を嫌うその人も創造主に愛されている。神を愛する私は同じようにしたい。
2012/ 7/21 読: ヨブ記 34章~36章
選: ヨブ記 34章 10節~12節
だから、あなたがた分別のある人々よ。私に聞け。神が悪を行なうなど、全能者が不正をするなど、絶対にそういうことはない。
神は、人の行ないをその身に報い、人に、それぞれ自分の道を見つけるようにされる。
神は決して悪を行なわない。全能者は公義を曲げない。
メモ: 神はすべてのことにおいて正しい。生活をその規準に合わせ、幸せを得よう。
2012/ 7/22 読: ヨブ記 37章~39章
選: ヨブ記 38章 2節~4節
知識もなく言い分を述べて、摂理を暗くするこの者はだれか。
さあ、あなたは勇士のように腰に帯を締めよ。わたしはあなたに尋ねる。わたしに示せ。
わたしが地の基を定めたとき、あなたはどこにいたのか。あなたに悟ることができるなら、告げてみよ。
メモ: 創造主が地の基を定めたとき、私たちはいなかったので、何も見ていません。
2012/ 7/23 読: ヨブ記 40章~42章
選: ヨブ記 42章 7節~8節
さて、主がこれらのことばをヨブに語られて後、主はテマン人エリファズに仰せられた。「わたしの怒りはあなたとあなたのふたりの友に向かって燃える。それは、あなたがたがわたしについて真実を語らず、わたしのしもべヨブのようではなかったからだ。
今、あなたがたは雄牛七頭、雄羊七頭を取って、わたしのしもべヨブのところに行き、あなたがたのために全焼のいけにえをささげよ。わたしのしもべヨブはあなたがたのために祈ろう。わたしは彼を受け入れるので、わたしはあなたがたの恥辱となることはしない。あなたがたはわたしについて真実を語らず、わたしのしもべヨブのようではなかったが。」
メモ: 私たちは主を知っているだろうか。主についての真実を語っているだろうか。
2012/ 7/24 読: 詩篇 1章~3章
選: 詩篇 1章 1節~3節
幸いなことよ。悪者のはかりごとに歩まず、罪人の道に立たず、あざける者の座に着かなかった、その人。
まことに、その人は主のおしえを喜びとし、昼も夜もそのおしえを口ずさむ。
その人は、水路のそばに植わった木のようだ。時が来ると実がなり、その葉は枯れない。その人は、何をしても栄える。
メモ: 豊かに実を結ぶ人は、主のおしえを喜びとし、いつもそのおしえを口ずさむ。
2012/ 7/25 読: 詩篇 4章~6章
選: 詩篇 4章 1節
私が呼ぶとき、答えてください。私の義なる神。あなたは、私の苦しみのときにゆとりを与えてくださいました。私をあわれみ、私の祈りを聞いてください。
メモ: 「私の神様。私をあわれみ、私の祈りを聞いてください。」と心底から願う。
2012/ 7/26 読: 詩篇 7章~9章
選: 詩篇 8章 5節~6節
あなたは、人を、神よりいくらか劣るものとし、これに栄光と誉れの冠をかぶらせました。
あなたの御手の多くのわざを人に治めさせ、万物を彼の足の下に置かれました。
メモ: 人は神よりいくらか劣るものらしい。きっと大きな力が隠れているのだろう。
2012/ 7/27 読: 詩篇 10章~12章
選: 詩篇 12章 6節
主のみことばは混じりけのないことば。土の炉で七回もためされて、純化された銀。
メモ: 私たちのことばはどのくらい純粋だろうか。純粋なことばを語りたいと思う。
2012/ 7/28 読: 詩篇 13章~15章
選: 詩篇 15章 1節~3節
主よ。だれが、あなたの幕屋に宿るのでしょうか。だれが、あなたの聖なる山に住むのでしょうか。
正しく歩み、義を行ない、心の中の真実を語る人。
その人は、舌をもってそしらず、友人に悪を行なわず、隣人への非難を口にしない。
メモ: 友人に悪を行わず、隣人への非難を口にしない人になりたいと強く願います。
2012/ 7/29 読: 詩篇 16章~18章
選: 詩篇 18章 17節~19節
主は私の強い敵と、私を憎む者とから私を救い出された。彼らは私より強かったから。
彼らは私のわざわいの日に私に立ち向かった。だが、主は私のささえであった。
主は私を広い所に連れ出し、私を助け出された。主が私を喜びとされたから。
メモ: 「主が私を喜びとされたから。」純粋で素直な思いから出ることばだと思う。
2012/ 7/30 読: 詩篇 19章~21章
選: 詩篇 19章 7節~9節
主のみおしえは完全で、たましいを生き返らせ、主のあかしは確かで、わきまえのない者を賢くする。
主の戒めは正しくて、人の心を喜ばせ、主の仰せはきよくて、人の目を明るくする。
主への恐れはきよく、とこしえまでも変わらない。主のさばきはまことであり、ことごとく正しい。
メモ: 主に心を向け、主のことばを受け入れると、自然と豊かな実を結ぶでしょう。
2012/ 7/31 読: 詩篇 22章~24章
選: 詩篇 24章 3節~5節
だれが、主の山に登りえようか。だれが、その聖なる所に立ちえようか。
手がきよく、心がきよらかな者、そのたましいをむなしいことに向けず、欺き誓わなかった人。
その人は主から祝福を受け、その救いの神から義を受ける。
メモ: 主からの祝福を受け、私の救いの神から義を受けたいと、心底から願います。
前Page