前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2012年 9月)

2012/ 9/ 1 読: 詩篇 118章~120章
選: 詩篇 119章 92節~93節
もしあなたのみおしえが私の喜びでなかったら、私は自分の悩みの中で滅んでいたでしょう。
私はあなたの戒めを決して忘れません。それによって、あなたは私を生かしてくださったからです。
メモ: 人生において揺るがない土台や規準を持つことは、すごく幸せなことと思う。
2012/ 9/ 2 読: 詩篇 121章~123章
選: 詩篇 121章 7節~8節
主は、すべてのわざわいから、あなたを守り、あなたのいのちを守られる。
主は、あなたを、行くにも帰るにも、今よりとこしえまでも守られる。
メモ: 信じますか、それとも聞き流しますか。私はこのことばを信じ、生活します。
2012/ 9/ 3 読: 詩篇 124章~126章
選: 詩篇 126章 5節~6節
涙とともに種を蒔く者は、喜び叫びながら刈り取ろう。
種入れをかかえ、泣きながら出て行く者は、束をかかえ、喜び叫びながら帰って来る。
メモ: 主に信頼する者も涙を流すのです。しかし、喜び叫びながら刈り取るのです。
2012/ 9/ 4 読: 詩篇 127章~129章
選: 詩篇 128章 1節~2節
幸いなことよ。すべて主を恐れ、主の道を歩む者は。
あなたは、自分の手の勤労の実を食べるとき、幸福で、しあわせであろう。
メモ: 神である主を恐れ、その方の道を歩むことほど幸せなことは他に無いと思う。
2012/ 9/ 5 読: 詩篇 130章~132章
選: 詩篇 130章 3節~4節
主よ。あなたがもし、不義に目を留められるなら、主よ、だれが御前に立ちえましょう。
しかし、あなたが赦してくださるからこそあなたは人に恐れられます。
メモ: 神様は、キリストによる贖いのゆえに、私たちの不義を赦してくださいます。
2012/ 9/ 6 読: 詩篇 133章~135章
選: 詩篇 135章 1節~3節
ハレルヤ。主の御名をほめたたえよ。ほめたたえよ。主のしもべたち。
主の家で仕え、私たちの神の家の大庭で仕える者よ。
ハレルヤ。主はまことにいつくしみ深い。主の御名にほめ歌を歌え。その御名はいかにも麗しい。
メモ: 主を喜ぶ主のしもべたちよ。共に声を張り上げ、主の御名をほめたたえよう。
2012/ 9/ 7 読: 詩篇 136章~138章
選: 詩篇 138章 1節
私は心を尽くしてあなたに感謝します。天使たちの前であなたをほめ歌います。
メモ: 私たちの主に向かって歌うほめ歌は、天使たちにも聞かれているみたいだね。
2012/ 9/ 8 読: 詩篇 139章~141章
選: 詩篇 139章 1節~4節
主よ。あなたは私を探り、私を知っておられます。
あなたこそは私のすわるのも、立つのも知っておられ、私の思いを遠くから読み取られます。
あなたは私の歩みと私の伏すのを見守り、私の道をことごとく知っておられます。
ことばが私の舌にのぼる前に、なんと主よ、あなたはそれをことごとく知っておられます。
メモ: 私の幸せを望んでいる方に自分のことを知られるのは、うれしいことと思う。
2012/ 9/ 9 読: 詩篇 142章~144章
選: 詩篇 143章 7節~8節
主よ。早く私に答えてください。私の霊は滅びてしまいます。どうか、御顔を私に隠さないでください。私が穴に下る者と等しくならないため。
朝にあなたの恵みを聞かせてください。私はあなたに信頼していますから。私に行くべき道を知らせてください。私のたましいはあなたを仰いでいますから。
メモ: 主よ。私はあなたを頼りにしています。私に行くべき道を知らせてください。
2012/ 9/10 読: 詩篇 145章~147章
選: 詩篇 147章 10節~11節
神は馬の力を喜ばず、歩兵を好まない。
主を恐れる者と御恵みを待ち望む者とを主は好まれる。
メモ: 主を恐れ、主の御恵みを待ち望み、主に好まれる者でありたいと心から思う。
2012/ 9/11 読: 詩篇 148章~150章
選: 詩篇 150章 3節~6節
角笛を吹き鳴らして、神をほめたたえよ。十弦の琴と立琴をかなでて、神をほめたたえよ。
タンバリンと踊りをもって、神をほめたたえよ。緒琴と笛とで、神をほめたたえよ。
音の高いシンバルで、神をほめたたえよ。鳴り響くシンバルで、神をほめたたえよ。
息のあるものはみな、主をほめたたえよ。ハレルヤ。
メモ: 神をほめたたえよ。神がいかにすばらしいかを、ことばを尽くして述べよう。
2012/ 9/12 読: 箴言 1章~3章
選: 箴言 3章 11節~12節
わが子よ。主の懲らしめをないがしろにするな。その叱責をいとうな。
父がかわいがる子をしかるように、主は愛する者をしかる。
メモ: 愛されていなければ無視されるだろう。無視されるほうがつらいことと思う。
2012/ 9/13 読: 箴言 4章~6章
選: 箴言 4章 24節~27節
偽りを言う口をあなたから取り除き、曲がったことを言うくちびるをあなたから切り離せ。
あなたの目は前方を見つめ、あなたのまぶたはあなたの前をまっすぐに見よ。
あなたの足の道筋に心を配り、あなたのすべての道を堅く定めよ。
右にも左にもそれてはならない。あなたの足を悪から遠ざけよ。
メモ: 「あなたから取り除き、切り離せ。」強い言い回しにことの重要さを感じる。
2012/ 9/14 読: 箴言 7章~9章
選: 箴言 9章 12節
もし、あなたが知恵を得れば、その知恵はあなたのものだ。もし、あなたがこれをあざけるなら、あなただけが、その責任を負うことになる。
メモ: あざける者は、その責任を負うことになる。自分の思いに注意したいと思う。
2012/ 9/15 読: 箴言 10章~12章
選: 箴言 10章 27節~30節
主を恐れることは日をふやし、悪者の年は縮められる。
正しい者の望みは喜びであり、悪者の期待は消えうせる。
主の道は、潔白な人にはとりでであり、不法を行なう者には滅びである。
正しい者はいつまでも動かされない。しかし悪者はこの地に住みつくことができない。
メモ: 私も喜びを望んでいる者の一人です。いつも正しくありたいと心底から思う。
2012/ 9/16 読: 箴言 13章~15章
選: 箴言 14章 31節
寄るべのない者をしいたげる者は自分の造り主をそしり、貧しい者をあわれむ者は造り主を敬う。
メモ: 人と創造主の間には、深い関係がある。今日出会う人も、神に愛されている。
2012/ 9/17 読: 箴言 16章~18章
選: 箴言 17章 3節
銀にはるつぼ、金には炉、人の心をためすのは主。
メモ: 主よ。私を調べ、私を試みてください。私の思いと私の心を試してください。
2012/ 9/18 読: 箴言 19章~21章
選: 箴言 19章 3節
人は自分の愚かさによってその生活を滅ぼす。しかもその心は主に向かって激しく怒る。
メモ: 人は基本的に自分で選択しながら生きる。選択に対し責任を持ちたいと思う。
2012/ 9/19 読: 箴言 22章~24章
選: 箴言 23章 17節~18節
あなたは心のうちで罪人をねたんではならない。ただ主をいつも恐れていよ。
確かに終わりがある。あなたの望みは断ち切られることはない。
ねたみながらの人生に解放感はない。主への恐れは、期待と希望を生み出す。
2012/ 9/20 読: 箴言 25章~27章
選: 箴言 25章 15節
忍耐強く説けば、首領も納得する。柔らかな舌は骨を砕く。
メモ: すぐに理解を得られないといらだつ自分がいる。忍耐強く説く者でありたい。
2012/ 9/21 読: 箴言 28章~30章
選: 箴言 28章 25節
欲の深い人は争いを引き起こす。しかし主に拠り頼む人は豊かになる。
メモ: 主に拠り頼んでの生活、これに勝るものはないと思う。安心感をも得られる。
2012/ 9/22 読: 箴言 31章、伝道者の書 1章~2章
選: 伝道者の書 2章 24節
人には、食べたり飲んだりし、自分の労苦に満足を見いだすよりほかに、何も良いことがない。これもまた、神の御手によることがわかった。
メモ: 自分の苦労に満足を見いだすと、自分も、周りにいる人も共に喜べると思う。
2012/ 9/23 読: 伝道者の書 3章~5章
選: 伝道者の書 3章 11節
神のなさることは、すべて時にかなって美しい。神はまた、人の心に永遠への思いを与えられた。しかし、人は、神が行なわれるみわざを、初めから終わりまで見きわめることができない。
メモ: 神は人の心に永遠への思いを与えた。終わりがないことを示していると思う。
2012/ 9/24 読: 伝道者の書 6章~8章
選: 伝道者の書 7章 13節~14節
神のみわざに目を留めよ。神が曲げたものをだれがまっすぐにできようか。
順境の日には喜び、逆境の日には反省せよ。これもあれも神のなさること。それは後の事を人にわからせないためである。
メモ: 自分の創造主に信頼を置く人は、後の事を心配せず、今日を味わえると思う。
2012/ 9/25 読: 伝道者の書 9章~11章
選: 伝道者の書 9章 13節~15節
私はまた、日の下で知恵についてこのようなことを見た。それは私にとって大きなことであった。
わずかな人々が住む小さな町があった。そこに大王が攻めて来て、これを包囲し、これに対して大きなとりでを築いた。
ところが、その町に、貧しいひとりの知恵ある者がいて、自分の知恵を用いてその町を解放した。しかし、だれもこの貧しい人を記憶しなかった。
メモ: 知恵について思わせられる。良い知恵には多くの可能性が隠れていると思う。
2012/ 9/26 読: 伝道者の書 12章、雅歌 1章~2章
選: 伝道者の書 12章 13節~14節
結局のところ、もうすべてが聞かされていることだ。神を恐れよ。神の命令を守れ。これが人間にとってすべてである。
神は、善であれ悪であれ、すべての隠れたことについて、すべてのわざをさばかれるからだ。
メモ: 命令の要約は、全力で神を愛し、自分の隣人を自分自身のように愛すること。
2012/ 9/27 読: 雅歌 3章~5章
選: 雅歌 5章 6節~8節
私が、愛する方のために戸をあけると、愛する方は、背を向けて去って行きました。あの方のことばで、私は気を失いました。私が捜しても、あの方は見あたりませんでした。私が呼んでも、答えはありませんでした。
町を行き巡る夜回りたちが私を見つけました。彼らは私を打ち、傷つけました。城壁を守る者たちも、私のかぶり物をはぎ取りました。
エルサレムの娘たち。誓ってください。あなたがたが私の愛する方を見つけたら、あの方に何と言ってくださるでしょう。私が愛に病んでいる、と言ってください。
メモ: 神に背を向けている私たちへの神の思いも、この聖句に似ているのだろうか。
2012/ 9/28 読: 雅歌 6章~8章
選: 雅歌 8章 7節
大水もその愛を消すことができません。洪水も押し流すことができません。もし、人が愛を得ようとして、自分の財産をことごとく与えても、ただのさげすみしか得られません。
メモ: 神の愛を消すことはできない。愛は買えない。愛は受け入れるものだと思う。
2012/ 9/29 読: イザヤ書 1章~3章
選: イザヤ書 1章 18節~20節
「さあ、来たれ。論じ合おう。」と主は仰せられる。「たとい、あなたがたの罪が緋のように赤くても、雪のように白くなる。たとい、紅のように赤くても、羊の毛のようになる。
もし喜んで聞こうとするなら、あなたがたは、この国の良い物を食べることができる。
しかし、もし拒み、そむくなら、あなたがたは剣にのまれる。」と、主の御口が語られた。
メモ: 罪とは神の基準からそれること。キリストによる赦しを素直に受け入れたい。
2012/ 9/30 読: イザヤ書 4章~6章
選: イザヤ書 6章 5節
そこで、私は言った。「ああ。私は、もうだめだ。私はくちびるの汚れた者で、くちびるの汚れた民の間に住んでいる。しかも万軍の主である王を、この目で見たのだから。」
メモ: 主を見、正当化が通用しない、自分の本当の姿を知るようになりたいと思う。
前Page