前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2012年10月)

2012/10/ 1 読: イザヤ書 7章~9章
選: イザヤ書 8章 11節~13節
まことに主は強い御手をもって私を捕え、私にこう仰せられた。この民の道に歩まないよう、私を戒めて仰せられた。
「この民が謀反と呼ぶことをみな、謀反と呼ぶな。この民の恐れるものを恐れるな。おののくな。
万軍の主、この方を、聖なる方とし、この方を、あなたがたの恐れ、この方を、あなたがたのおののきとせよ。
メモ: 規準は、「多くの人がやっている」ことではなく、聖書にある神の定めです。
2012/10/ 2 読: イザヤ書 10章~12章
選: イザヤ書 10章 15節
斧は、それを使って切る人に向かって高ぶることができようか。のこぎりは、それをひく人に向かっておごることができようか。それは棒が、それを振り上げる人を動かし、杖が、木でない人を持ち上げるようなものではないか。
メモ: 主客転倒のようなもの。創造主に対しての自分の態度はどうか。吟味したい。
2012/10/ 3 読: イザヤ書 13章~15章
選: イザヤ書 13章 3節~4節
わたしは怒りを晴らすために、わたしに聖別された者たちに命じ、またわたしの勇士、わたしの勝利を誇る者たちを呼び集めた。
聞け。おびただしい民にも似た山々のとどろきを。聞け。寄り合った王国、国々のどよめきを。万軍の主が、軍隊を召集しておられるのだ。
メモ: 愛であり、義である神。人の悪を放置できる方ではない。主の道を歩みたい。
2012/10/ 4 読: イザヤ書 16章~18章
選: イザヤ書 16章 3節
助言を与え、事を決めよ。昼のさなかにも、あなたの影を夜のようにせよ。散らされた者をかくまい、のがれて来る者を渡すな。
メモ: 助けを求めて来た者に、全身全力で対応し、解決が得られるまで見放さない。
2012/10/ 5 読: イザヤ書 19章~21章
選: イザヤ書 19章 21節
そのようにして主はエジプト人にご自身を示し、その日、エジプト人は主を知り、いけにえとささげ物をもって仕え、主に誓願を立ててこれを果たす。
メモ: 「これを果たす。」主を軽視し、時には主への約束を破ることを残念に思う。
2012/10/ 6 読: イザヤ書 22章~24章
選: イザヤ書 23章 8節~9節
だれが、王冠をいただくツロに対してこれを計ったのか。その商人は君主たち、そのあきゅうどは世界で最も尊ばれていたのに。
万軍の主がそれを計り、すべての麗しい誇りを汚し、すべて世界で最も尊ばれている者を卑しめられた。
メモ: 私はだれを恐れ敬うべきでしょうか。すべてを支配しておられる主のみです。
2012/10/ 7 読: イザヤ書 25章~27章
選: イザヤ書 25章 9節
その日、人は言う。「見よ。この方こそ、私たちが救いを待ち望んだ私たちの神。この方こそ、私たちが待ち望んだ主。その御救いを楽しみ喜ぼう。」
メモ: イエス・キリストのあがないを信じた者たちよ。この御救いを楽しみ喜ぼう。
2012/10/ 8 読: イザヤ書 28章~30章
選: イザヤ書 29章 13節~16節
そこで主は仰せられた。「この民は口先で近づき、くちびるでわたしをあがめるが、その心はわたしから遠く離れている。彼らがわたしを恐れるのは、人間の命令を教え込まれてのことにすぎない。
それゆえ、見よ、わたしはこの民に再び不思議なこと、驚き怪しむべきことをする。この民の知恵ある者の知恵は滅び、悟りある者の悟りは隠される。」
ああ。主に自分のはかりごとを深く隠す者たち。彼らはやみの中で事を行ない、そして言う。「だれが、私たちを見ていよう。だれが、私たちを知っていよう。」と。
ああ、あなたがたは、物をさかさに考えている。陶器師を粘土と同じにみなしてよかろうか。造られた者が、それを造った者に、「彼は私を造らなかった。」と言い、陶器が陶器師に、「彼はわからずやだ。」と言えようか。
メモ: 主は人の心を見られる。私は人目を気にしないで主の目を気にしたいと思う。
2012/10/ 9 読: イザヤ書 31章~33章
選: イザヤ書 31章 1節~3節
ああ。助けを求めてエジプトに下る者たち。彼らは馬にたより、多数の戦車と、非常に強い騎兵隊とに拠り頼み、イスラエルの聖なる方に目を向けず、主を求めない。
しかし主は、知恵ある方、わざわいをもたらし、みことばを取り消さない。主は、悪を行なう者の家と、不法を行なう者を助ける者とを攻めたてられる。
エジプト人は人間であって神ではなく、彼らの馬も、肉であって霊ではない。主が御手を伸ばすと、助ける者はつまずき、助けられる者は倒れて、みな共に滅び果てる。
メモ: イエス・キリストを受け入れた者は、天地を造られた創造主に助けを求める。
2012/10/10 読: イザヤ書 34章~36章
選: イザヤ書 36章 18節~19節
おまえたちは、ヒゼキヤが、主がわれわれを救い出してくださると言っているのに、そそのかされないようにせよ。国々の神々が、だれか、自分の国をアッシリヤの王の手から救い出しただろうか。
ハマテやアルパデの神々は今、どこにいるのか。セファルワイムの神々はどこにいるのか。彼らはサマリヤを私の手から救い出したか。
メモ: 創造主である神は存在する。救い出すこともできる。彼を侮ってはいけない。
2012/10/11 読: イザヤ書 37章~39章
選: イザヤ書 37章 33節~36節
それゆえ、アッシリヤの王について、主はこう仰せられる。彼はこの町に侵入しない。また、ここに矢を放たず、これに盾をもって迫らず、塁を築いてこれを攻めることもない。
彼はもと来た道から引き返し、この町には、はいらない。――主の御告げ。――
わたしはこの町を守って、これを救おう。わたしのために、わたしのしもべダビデのために。」
主の使いが出て行って、アッシリヤの陣営で、十八万五千人を打ち殺した。人々が翌朝早く起きて見ると、なんと、彼らはみな、死体となっていた。
メモ: 「主の使いが出て行って彼らを殺した。」主を恐れ、主に信頼したいと思う。
2012/10/12 読: イザヤ書 40章~42章
選: イザヤ書 40章 29節~31節
疲れた者には力を与え、精力のない者には活気をつける。
若者も疲れ、たゆみ、若い男もつまずき倒れる。
しかし、主を待ち望む者は新しく力を得、鷲のように翼をかって上ることができる。走ってもたゆまず、歩いても疲れない。
メモ: 「しかし、主を待ち望む私は」の前に並ぶ心配ごとに、私は振り回されない。
2012/10/13 読: イザヤ書 43章~45章
選: イザヤ書 43章 14節~17節
彼は杉の木を切り、あるいはうばめがしや樫の木を選んで、林の木の中で自分のために育てる。また、月桂樹を植えると、大雨が育てる。
それは人間のたきぎになり、人はそのいくらかを取って暖まり、また、これを燃やしてパンを焼く。また、これで神を造って拝み、それを偶像に仕立てて、これにひれ伏す。
その半分は火に燃やし、その半分で肉を食べ、あぶり肉をあぶって満腹する。また、暖まって、『ああ、暖まった。熱くなった。』と言う。
その残りで神を造り、自分の偶像とし、それにひれ伏して拝み、それに祈って『私を救ってください。あなたは私の神だから。』と言う。
メモ: 木は木。生きている自分が動きもしない物に頭を下げるなんて、ありえない。
2012/10/14 読: イザヤ書 46章~48章
選: イザヤ書 46章 6節~7節
袋から金を惜しげなく出し、銀をてんびんで量る者たちは、金細工人を雇って、それで神を造り、これにひざまずいて、すぐ拝む。
彼らはこれを肩にかついで運び、下に置いて立たせる。これはその場からもう動けない。これに叫んでも答えず、悩みから救ってもくれない。
メモ: 金は金。生きている自分が人に運ばれる物に頭を下げるなんて、ありえない。
2012/10/15 読: イザヤ書 49章~51章
選: イザヤ書 49章 3節
そして、私に仰せられた。「あなたはわたしのしもべ、イスラエル。わたしはあなたのうちに、わたしの栄光を現わす。」
メモ: あなたはわたしのしもべ、わたしはあなたのうちに、わたしの栄光を現わす。
2012/10/16 読: イザヤ書 52章~54章
選: イザヤ書 53章 10節~12節
しかし、彼を砕いて、痛めることは主のみこころであった。もし彼が、自分のいのちを罪過のためのいけにえとするなら、彼は末長く、子孫を見ることができ、主のみこころは彼によって成し遂げられる。
彼は、自分のいのちの激しい苦しみのあとを見て、満足する。わたしの正しいしもべは、その知識によって多くの人を義とし、彼らの咎を彼がになう。
それゆえ、わたしは、多くの人々を彼に分け与え、彼は強者たちを分捕り物としてわかちとる。彼が自分のいのちを死に明け渡し、そむいた人たちとともに数えられたからである。彼は多くの人の罪を負い、そむいた人たちのためにとりなしをする。
メモ: 彼(神の子イエス・キリスト)は、私たちを贖うために苦しみを受けられた。
2012/10/17 読: イザヤ書 55章~57章
選: イザヤ書 55章 6節~9節
主を求めよ。お会いできる間に。近くにおられるうちに、呼び求めよ。
悪者はおのれの道を捨て、不法者はおのれのはかりごとを捨て去れ。主に帰れ。そうすれば、主はあわれんでくださる。私たちの神に帰れ。豊かに赦してくださるから。
「わたしの思いは、あなたがたの思いと異なり、わたしの道は、あなたがたの道と異なるからだ。――主の御告げ。――
天が地よりも高いように、わたしの道は、あなたがたの道よりも高く、わたしの思いは、あなたがたの思いよりも高い。
メモ: この主の招きと愛とそのなさる業を受け入れるか拒むかは、私が選択します。
2012/10/18 読: イザヤ書 58章~60章
選: イザヤ書 58章 6節~9節
わたしの好む断食は、これではないか。悪のきずなを解き、くびきのなわめをほどき、しいたげられた者たちを自由の身とし、すべてのくびきを砕くことではないか。
飢えた者にはあなたのパンを分け与え、家のない貧しい人々を家に入れ、裸の人を見て、これに着せ、あなたの肉親の世話をすることではないか。
そのとき、暁のようにあなたの光がさしいで、あなたの傷はすみやかにいやされる。あなたの義はあなたの前に進み、主の栄光が、あなたのしんがりとなられる。
メモ: 主が喜ばない、行動の伴わないことばや見せかけの行動は、避けたいと思う。
2012/10/19 読: イザヤ書 61章~63章
選: イザヤ書 63章 8節~10節
主は仰せられた。「まことに彼らはわたしの民、偽りのない子たちだ。」と。こうして、主は彼らの救い主になられた。
彼らが苦しむときには、いつも主も苦しみ、ご自身の使いが彼らを救った。その愛とあわれみによって主は彼らを贖い、昔からずっと、彼らを背負い、抱いて来られた。
しかし、彼らは逆らい、主の聖なる御霊を痛ませたので、主は彼らの敵となり、みずから彼らと戦われた。
メモ: 私が苦しむとき、主も苦しむ。創造主の愛をもっともっと理解したいと思う。
2012/10/20 読: イザヤ書 64章~66章
選: イザヤ書 65章 1節~2節
わたしに問わなかった者たちに、わたしは尋ねられ、わたしを捜さなかった者たちに、見つけられた。わたしは、わたしの名を呼び求めなかった国民に向かって、「わたしはここだ、わたしはここだ。」と言った。
わたしは、反逆の民、自分の思いに従って良くない道を歩む者たちに、一日中、わたしの手を差し伸べた。
メモ: 「主よ、私に向かって差し伸べられた手を握ります。私を導いてください。」
2012/10/21 読: エレミヤ書 1章~3章
選: エレミヤ書 2章 27節~28節
彼らは木に向かっては、『あなたは私の父。』、石に向かっては、『あなたは私を生んだ。』と言っている。実に、彼らはわたしに背を向けて、顔を向けなかった。それなのに、わざわいのときには、『立って、私たちを救ってください。』と言う。
では、あなたが造った神々はどこにいるのか。あなたのわざわいのときには、彼らが立って救えばよい。ユダよ。あなたの神々は、あなたの町の数ほどもいるからだ。
メモ: 人の身勝手さが描写されている。人に赦しと平安を与えるのは生ける神です。
2012/10/22 読: エレミヤ書 4章~6章
選: エレミヤ書 4章 1節~2節
「イスラエルよ。もし帰るのなら、――主の御告げ。――わたしのところに帰って来い。もし、あなたが忌むべき物をわたしの前から除くなら、あなたは迷うことはない。
あなたが真実と公義と正義とによって『主は生きておられる。』と誓うなら、国々は主によって互いに祝福し合い、主によって誇り合う。」
メモ: 「主によって互いに祝福し合い、主によって誇り合う」生活をしたいと思う。
2012/10/23 読: エレミヤ書 7章~9章
選: エレミヤ書 7章 23節
ただ、次のことを彼らに命じて言った。『わたしの声に聞き従え。そうすれば、わたしは、あなたがたの神となり、あなたがたは、わたしの民となる。あなたがたをしあわせにするために、わたしが命じるすべての道を歩め。』
メモ: 私の幸せを喜ぶ創造主。私は、その声に聞き従い、その道を歩みたいと思う。
2012/10/24 読: エレミヤ書 10章~12章
選: エレミヤ書 10章 21節
牧者たちは愚かで、主を求めなかった。それで彼らは栄えず、彼らの飼うものはみな散らされる。
メモ: 主を求めない者は愚か者。主を求める私たちは、主の規準によると、賢い者。
2012/10/25 読: エレミヤ書 13章~15章
選: エレミヤ書 15章 6節
おまえがわたしを捨てたのだ、――主の御告げ。――おまえはわたしに背を向けた。わたしはおまえに手を伸ばし、おまえを滅ぼす。わたしはあわれむのに飽いた。
メモ: 「わたしはあわれむのに飽いた。」主の忍耐と愛が強く伝わってくると思う。
2012/10/26 読: エレミヤ書 16章~18章
選: エレミヤ書 16章 17節~18節
わたしの目は彼らのすべての行ないを見ているからだ。彼らはわたしの前から隠れることはできない。また、彼らの咎もわたしの目の前から隠されはしない。
わたしはまず、彼らの咎と罪に対し二倍の報復をする。それは彼らがわたしの国を忌むべきもののしかばねで汚し、忌みきらうべきものを、わたしの与えた相続地に、満たしたからである。」
メモ: 私は神に与えられた心や住まいを、神の喜びとなるもので満たしたいと思う。
2012/10/27 読: エレミヤ書 19章~21章
選: エレミヤ書 20章 9節
私は、「主のことばを宣べ伝えまい。もう主の名で語るまい。」と思いましたが、主のみことばは私の心のうちで、骨の中に閉じ込められて燃えさかる火のようになり、私はうちにしまっておくのに疲れて耐えられません。
メモ: キリストによる救いのことばを、伝えずにいられない状態になりたいと思う。
2012/10/28 読: エレミヤ書 22章~24章
選: エレミヤ書 23章 35節
あなたがたは互いに「主は何と答えられたか。主は何と語られたか。」と言うがよい。
メモ: 聖書は人の取扱説明書。その中で「主は何と語っているか」を基準にしたい。
2012/10/29 読: エレミヤ書 25章~27章
選: エレミヤ書 26章 3節
彼らがそれを聞いて、それぞれ悪の道から立ち返るかもしれない。そうすれば、わたしは、彼らの悪い行ないのために彼らに下そうと考えていたわざわいを思い直そう。
メモ: 神は、私が罪を捨て、幸せに生きることを願っている。神の忍耐に感動です。
2012/10/30 読: エレミヤ書 28章~30章
選: エレミヤ書 29章 7節
わたしがあなたがたを引いて行ったその町の繁栄を求め、そのために主に祈れ。そこの繁栄は、あなたがたの繁栄になるのだから。」
メモ: 仕事をさせていただいている場所や会社の繁栄を求め、主に祈りたいと思う。
2012/10/31 読: エレミヤ書 31章~33章
選: エレミヤ書 31章 4節~5節
おとめイスラエルよ。わたしは再びあなたを建て直し、あなたは建て直される。再びあなたはタンバリンで身を飾り、喜び笑う者たちの踊りの輪に出て行こう。
再びあなたはサマリヤの山々にぶどう畑を作り、植える者たちは植えて、その実を食べることができる。
メモ: 私たちには不可能と思えても、主の思いや主のことばは、絶対に実現します。
前Page