前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2012年11月)

2012/11/ 1 読: エレミヤ書 34章~36章
選: エレミヤ書 34章 4節~5節
ユダの王ゼデキヤ。ただ、主のことばを聞きなさい。主はあなたについてこう仰せられる。『あなたは剣で死ぬことはない。
あなたは安らかに死んで、人々は、あなたの先祖たち、あなたの先にいた王たちのために香をたいたように、あなたのためにも香をたき、ああ主君よと言ってあなたをいたむ。このことを語るのはわたしだ。』――主の御告げ。――」
メモ: -主の御告げ。-主が語られることばは真剣に受け止め、行動につなげたい。
2012/11/ 2 読: エレミヤ書 37章~39章
選: エレミヤ書 39章 16節~18節
「行って、クシュ人エベデ・メレクに話して言え。『イスラエルの神、万軍の主は、こう仰せられる。見よ。わたしはこの町にわたしのことばを実現する。幸いのためではなく、わざわいのためだ。それらは、その日、あなたの前で起こる。
しかしその日、わたしはあなたを救い出す。――主の御告げ。――あなたはあなたが恐れている者たちの手に渡されることはない。
わたしは必ずあなたを助け出す。あなたは剣に倒れず、あなたのいのちはあなたの分捕り物としてあなたのものになる。それは、あなたがわたしに信頼したからだ。――主の御告げ。――』」
メモ: 負の影響を受けることもある。しかし、主は「助け出す」と言われるのです。
2012/11/ 3 読: エレミヤ書 40章~42章
選: エレミヤ書 42章 20節~21節
あなたがたは迷い出てしまっている。あなたがたは私をあなたがたの神、主のもとに遣わして、『私たちのために、私たちの神、主に祈り、すべて私たちの神、主の仰せられるとおりに、私たちに告げてください。私たちはそれを行ないます。』と言ったのだ。
だから、私は、きょう、あなたがたに告げたのに、あなたがたは、あなたがたの神、主の御声を聞かず、すべてそのために主が私をあなたがたに遣わされたことを聞かなかった。
メモ: 迷いません。自分の望んでいた方向と違っていても、主の声に聞き従います。
2012/11/ 4 読: エレミヤ書 43章~45章
選: エレミヤ書 44章 4節~6節
それでわたしはあなたがたに、わたしのしもべであるすべての預言者たちを早くからたびたび送り、どうか、わたしの憎むこの忌みきらうべきことを行なわないように、と言ったのに、
彼らは聞かず、耳も傾けず、ほかの神々に香をたいて、その悪から立ち返らなかった。
それで、わたしの憤りと怒りが、ユダの町々とエルサレムのちまたに注がれて燃え上がり、それらは今日のように廃墟となり荒れ果ててしまった。』
メモ: 今は全世界に同様の忠告が出されていると思う。聖書を読んで解決を得たい。
2012/11/ 5 読: エレミヤ書 46章~48章
選: エレミヤ書 46章 28節
わたしのしもべヤコブよ。恐れるな。――主の御告げ。――わたしがあなたとともにいるからだ。わたしは、あなたを追いやった先のすべての国々を滅ぼし尽くすからだ。わたしはあなたを滅ぼし尽くさない。公義によって、あなたを懲らしめ、あなたを罰せずにおくことは決してないが。」
メモ: 義である神は、罰することもする。しかし、その背後にある愛に気づきたい。
2012/11/ 6 読: エレミヤ書 49章~51章
選: エレミヤ書 50章 20節
その日、その時、――主の御告げ。――イスラエルの咎は見つけようとしても、それはなく、ユダの罪も見つけることはできない。わたしが残す者の罪を、わたしが赦すからだ。」
メモ: 神が赦す罪は完全に消される。私も赦したことを思いから削除したいと思う。
2012/11/ 7 読: エレミヤ書 52章、哀歌 1章~2章
選: 哀歌 2章 14節
あなたの預言者たちは、あなたのために、むなしい、ごまかしばかりを預言して、あなたの捕われ人を返すために、あなたの咎をあばこうともせず、あなたのために、むなしい、人を惑わすことばを預言した。
メモ: 内に秘めた罪があると、本物の自由と、それに伴う喜びは得られないと思う。
2012/11/ 8 読: 哀歌 3章~5章
選: 哀歌 3章 22節~25節
私たちが滅びうせなかったのは、主の恵みによる。主のあわれみは尽きないからだ。
それは朝ごとに新しい。「あなたの真実は力強い。
主こそ、私の受ける分です。」と私のたましいは言う。それゆえ、私は主を待ち望む。
主はいつくしみ深い。主を待ち望む者、主を求めるたましいに。
メモ: 主の恵みと主のあわれみに心を向け、私はひたすら主を待ち望みたいと思う。
2012/11/ 9 読: エゼキエル書 1章~3章
選: エゼキエル書 2章 4節~7節
彼らはあつかましくて、かたくなである。わたしはあなたを彼らに遣わす。あなたは彼らに『神である主はこう仰せられる。』と言え。
彼らは反逆の家だから、彼らが聞いても、聞かなくても、彼らは、彼らのうちに預言者がいることを知らなければならない。
人の子よ。彼らや、彼らのことばを恐れるな。たとい、あざみといばらがあなたといっしょにあっても、またあなたがさそりの中に住んでも、恐れるな。彼らは反逆の家だから、そのことばを恐れるな。彼らの顔にひるむな。
彼らは反逆の家だから、彼らが聞いても、聞かなくても、あなたはわたしのことばを彼らに語れ。
メモ: 私はすぐにあきらめる。しかし、神はあきらめない。神の大きな愛を感じる。
2012/11/10 読: エゼキエル書 4章~6章
選: エゼキエル書 6章 13節~14節
彼らのうちの刺し殺された者が、彼らの偶像の間、その祭壇の回りや、すべての高い丘の上、山々のすべての頂、すべての青木の下や、すべての茂った樫の木の下、彼らがすべての偶像になだめのかおりをたいた所に横たわるとき、あなたがたは、わたしが主であることを知ろう。
わたしが彼らの上に手を伸ばし、すべて彼らの住む所、荒野からリブラまで、その地を荒れ果てさせて荒廃した地とするとき、彼らは、わたしが主であることを知ろう。」
メモ: 創造主は、だれが主であるかを知らせたがっている。私たちの幸せのために。
2012/11/11 読: エゼキエル書 7章~9章
選: エゼキエル書 7章 25節~27節
苦悩がやって来る。彼らは平和を求めるが、それはない。
災難の上に災難が来、うわさがうわさを生み、彼らは預言者に幻を求めるようになる。祭司は律法を失い、長老はさとしを失う。
王は喪に服し、君主は恐れにつつまれ、民の手はわななく。わたしが彼らの行ないにしたがって彼らに報い、彼らのやり方にしたがって彼らをさばくとき、彼らは、わたしが主であることを知ろう。」
メモ: 主の恵みの時が終わると、ここに書かれている様な苦悩がやってくると思う。
2012/11/12 読: エゼキエル書 10章~12章
選: エゼキエル書 11章 19節~20節
わたしは彼らに一つの心を与える。すなわち、わたしはあなたがたのうちに新しい霊を与える。わたしは彼らのからだから石の心を取り除き、彼らに肉の心を与える。
それは、彼らがわたしのおきてに従って歩み、わたしの定めを守り行なうためである。こうして、彼らはわたしの民となり、わたしは彼らの神となる。
メモ: 自分の心が石の心だと気づかないことがある。常に肉の心を持ちたいと思う。
2012/11/13 読: エゼキエル書 13章~15章
選: エゼキエル書 13章 21節~22節
わたしは、あなたがたのベールをはがし、わたしの民をあなたがたの手から救い出す。わなにかかった者たちは、もうあなたがたの手のうちにいなくなる。このとき、あなたがたは、わたしが主であることを知ろう。
あなたがたは、わたしが悲しませなかったのに、正しい人の心を偽りで悲しませ、悪者を力づけ、彼が悪の道から立ち返って生きるようにしなかった。
メモ: 偽りは、正しい人の心を悲しませ、悪の道を歩む人を力づける可能性がある。
2012/11/14 読: エゼキエル書 16章~18章
選: エゼキエル書 18章 29節~32節
それでも、イスラエルの家は、『主の態度は公正でない。』と言う。イスラエルの家よ。わたしの態度は公正でないのか。公正でないのはあなたがたの態度ではないのか。
それゆえ、イスラエルの家よ、わたしはあなたがたをそれぞれその態度にしたがってさばく。――神である主の御告げ。――悔い改めて、あなたがたのすべてのそむきの罪を振り捨てよ。不義に引き込まれることがないようにせよ。
あなたがたの犯したすべてのそむきの罪をあなたがたの中から放り出せ。こうして、新しい心と新しい霊を得よ。イスラエルの家よ。なぜ、あなたがたは死のうとするのか。
わたしは、だれが死ぬのも喜ばないからだ。――神である主の御告げ。――だから、悔い改めて、生きよ。
メモ: 神に不公正はありえない。神にあるのは、人を滅びから救いたいと思う心だ。
2012/11/15 読: エゼキエル書 19章~21章
選: エゼキエル書 20章 8節~9節
それでも、彼らはわたしに逆らい、わたしに聞き従おうともせず、みな、その目の慕う忌まわしいものを投げ捨てようともせず、エジプトの偶像を捨てようともしなかった。だから、わたしは、エジプトの地でわたしの憤りを彼らの上に注ぎ、彼らへのわたしの怒りを全うしようと思った。
しかし、わたしはわたしの名のために、彼らが住んでいる諸国の民の目の前で、わたしの名を汚そうとはしなかった。わたしは諸国の民の目の前で彼らをエジプトの地から連れ出す、と知らせていたからだ。
メモ: 主は今の時代においても、主が言われたことば故に多くを絶えていると思う。
2012/11/16 読: エゼキエル書 22章~24章
選: エゼキエル書 24章 23節~24節
頭に布を巻きつけ、足にサンダルをはき、嘆いたり泣いたりしないようになる。ただ、自分たちの咎のために朽ち果て、互いに嘆き合うようになる。
エゼキエルはあなたがたのためのしるしとなり、彼がしたとおりを、あなたがたもするようになる。このとき、あなたがたは、わたしが神、主であることを知ろう。
メモ: 主について多くを知りたいと思う。そのために多くの時間を使いたいと思う。
2012/11/17 読: エゼキエル書 25章~27章
選: エゼキエル書 25章 3節~5節
あなたはアモン人に言え。神である主のことばを聞け。神である主はこう仰せられる。わたしの聖所が汚されたとき、イスラエルの地が荒れ果てたとき、ユダの家が捕囚となって行ったとき、あなたは、あはは、と言ってあざけった。
それゆえ、わたしは、あなたを東の人々に渡して、彼らの所有とする。彼らはあなたのうちに宿営を張り、あなたのうちに住まいを作り、あなたの産物を食べ、あなたの乳を飲むようになる。
わたしがラバを、らくだの牧場とし、アモン人の地を羊のおりとするとき、あなたがたは、わたしが主であることを知ろう。
メモ: 主が嫌うこと、他人や他国の不幸を喜ぶことをも、私たちは絶対にしません。
2012/11/18 読: エゼキエル書 28章~30章
選: エゼキエル書 28章 6節~9節
それゆえ、神である主はこう仰せられる。あなたは自分の心を神の心のようにみなした。
それゆえ、他国人、最も横暴な異邦の民を連れて来て、あなたを攻めさせる。彼らはあなたの美しい知恵に向かって剣を抜き、あなたの輝きを汚し、
あなたを穴に投げ入れる。あなたは海の真中で、刺し殺される者の死を遂げる。
それでもあなたは、自分を殺す者の前で、『私は神だ。』と言うのか。あなたは人であって、神ではない。あなたはあなたを刺し殺す者たちの手の中にある。
メモ: 私たちは神に似た姿に神に創造された人です。神に対し高ぶることは罪です。
2012/11/19 読: エゼキエル書 31章~33章
選: エゼキエル書 33章 10節~11節
人の子よ。イスラエルの家に言え。あなたがたはこう言っている。『私たちのそむきと罪は私たちの上にのしかかり、そのため、私たちは朽ち果てた。私たちはどうして生きられよう。』と。
彼らにこう言え。『わたしは誓って言う。――神である主の御告げ。――わたしは決して悪者の死を喜ばない。かえって、悪者がその態度を悔い改めて、生きることを喜ぶ。悔い改めよ。悪の道から立ち返れ。イスラエルの家よ。なぜ、あなたがたは死のうとするのか。』
メモ: 神の本音は、「わたしは誓って言う。わたしは悪者の死を喜ばない。」です。
2012/11/20 読: エゼキエル書 34章~36章
選: エゼキエル書 34章 15節~16節
わたしがわたしの羊を飼い、わたしが彼らをいこわせる。――神である主の御告げ。――
わたしは失われたものを捜し、迷い出たものを連れ戻し、傷ついたものを包み、病気のものを力づける。わたしは、肥えたものと強いものを滅ぼす。わたしは正しいさばきをもって彼らを養う。
メモ: 失われた、迷い出た、傷ついた、病気のものを助ける神。見習いたいと思う。
2012/11/21 読: エゼキエル書 37章~39章
選: エゼキエル書 37章 13節
わたしの民よ。わたしがあなたがたの墓を開き、あなたがたを墓から引き上げるとき、あなたがたは、わたしが主であることを知ろう。
メモ: 私は毎日、「あなたは、わたしが主であることを知ろう。」を、経験したい。
2012/11/22 読: エゼキエル書 40章~42章
選: エゼキエル書 42章 13節~14節
彼は私に言った。「聖域に面している北の部屋と南の部屋は、聖なる部屋であって、主に近づく祭司たちが最も聖なるささげ物を食べる所である。その場所は神聖であるから、彼らはそこに最も聖なる物、すなわち穀物のささげ物、罪のためのいけにえ、罪過のためのいけにえを置く。
祭司たちは聖所にはいったなら、そこから外庭に出てはならない。彼らが奉仕に用いる服は神聖だから、それを脱いで他の服に着替えてから民の所に近づかなければならない。」
メモ: 今は、イエス・キリストの贖いゆえに、私も神に近づくことができる。感謝。
2012/11/23 読: エゼキエル書 43章~45章
選: エゼキエル書 43章 4節~5節
主の栄光が東向きの門を通って宮にはいって来た。
霊は私を引き上げ、私を内庭に連れて行った。なんと、主の栄光は神殿に満ちていた。
メモ: 「主の栄光」とは具体的にどういうものだろう。自分でも見てみたいと思う。
2012/11/24 読: エゼキエル書 46章~48章
選: エゼキエル書 46章 9節
しかし、一般の人々が例祭の日に主の前にはいって来るとき、北の門を通って礼拝に来る者は南の門を通って出て行き、南の門を通ってはいって来る者は北の門を通って出て行かなければならない。自分のはいって来た門を通って帰ってはならない。その反対側から出て行かなければならない。
メモ: 主に信頼するなら、後戻りはないと理解したい。主と共に力強く前進したい。
2012/11/25 読: ダニエル書 1章~3章
選: ダニエル書 2章 27節~28節
ダニエルは王に答えて言った。「王が求められる秘密は、知者、呪文師、呪法師、星占いも王に示すことはできません。
しかし、天に秘密をあらわすひとりの神がおられ、この方が終わりの日に起こることをネブカデネザル王に示されたのです。あなたの夢と、寝床であなたの頭に浮かんだ幻はこれです。
メモ: 天に「ひとりの神」がおられる。このことは空想ではなく、本当のことです。
2012/11/26 読: ダニエル書 4章~6章
選: ダニエル書 4章 24節~26節
王さま。その解き明かしは次のとおりです。これは、いと高き方の宣言であって、わが主、王さまに起こることです。
あなたは人間の中から追い出され、野の獣とともに住み、牛のように草を食べ、天の露にぬれます。こうして、七つの時が過ぎ、あなたは、いと高き方が人間の国を支配し、その国をみこころにかなう者にお与えになることを知るようになります。
ただし、木の根株は残しておけと命じられていますから、天が支配するということをあなたが知るようになれば、あなたの国はあなたのために堅く立ちましょう。
メモ: 私たちにはそう思えなくても、人間の国を支配しているのは、神ご自身です。
2012/11/27 読: ダニエル書 7章~9章
選: ダニエル書 9章 8節~9節
主よ。不面目は、あなたに罪を犯した私たちと私たちの王たち、首長たち、および先祖たちのものです。
あわれみと赦しとは、私たちの神、主のものです。これは私たちが神にそむいたからです。
メモ: あわれみと赦しとは、私たちの神、主のものです。心から感謝したいと思う。
2012/11/28 読: ダニエル書 10章~12章
選: ダニエル書 10章 18節~19節
すると、人間のように見える者が、再び私に触れ、私を力づけて、
言った。「神に愛されている人よ。恐れるな。安心せよ。強くあれ。強くあれ。」彼が私にこう言ったとき、私は奮い立って言った。「わが主よ。お話しください。あなたは私を力づけてくださいましたから。」
メモ: 「神に愛されている人よ。恐れるな。安心せよ。」私に語られていると思う。
2012/11/29 読: ホセア書 1章~3章
選: ホセア書 2章 18節~20節
その日、わたしは彼らのために、野の獣、空の鳥、地をはうものと契約を結び、弓と剣と戦いを地から絶やし、彼らを安らかに休ませる。
わたしはあなたと永遠に契りを結ぶ。正義と公義と、恵みとあわれみをもって、契りを結ぶ。
わたしは真実をもってあなたと契りを結ぶ。このとき、あなたは主を知ろう。
メモ: 「神であるわたしは、真実をもってあなたと契りを結ぶ。」返すことばなし。
2012/11/30 読: ホセア書 4章~6章
選: ホセア書 6章 1節~3節
「さあ、主に立ち返ろう。主は私たちを引き裂いたが、また、いやし、私たちを打ったが、また、包んでくださるからだ。
主は二日の後、私たちを生き返らせ、三日目に私たちを立ち上がらせる。私たちは、御前に生きるのだ。
私たちは、知ろう。主を知ることを切に追い求めよう。主は暁の光のように、確かに現われ、大雨のように、私たちのところに来、後の雨のように、地を潤される。」
メモ: 私たちを愛してくださる主に立ち返ろう。主を知ることを切に追い求めよう。
前Page