前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2012年12月)

2012/12/ 1 読: ホセア書 7章~9章
選: ホセア書 9章 10節
わたしはイスラエルを、荒野のぶどうのように見、あなたがたの先祖を、いちじくの木の初なりの実のように見ていた。ところが彼らはバアル・ペオルへ行き、恥ずべきものに身をゆだね、彼らの愛している者と同じように、彼ら自身、忌むべきものとなった。
メモ: 私は何を愛しているのか。それによって、私自身の価値も問われる気がする。
2012/12/ 2 読: ホセア書 10章~12章
選: ホセア書 11章 1節~3節
イスラエルが幼いころ、わたしは彼を愛し、わたしの子をエジプトから呼び出した。
それなのに、彼らを呼べば呼ぶほど、彼らはいよいよ遠ざかり、バアルたちにいけにえをささげ、刻んだ像に香をたいた。
それでも、わたしはエフライムに歩くことを教え、彼らを腕に抱いた。しかし、彼らはわたしがいやしたのを知らなかった。
わたしは、人間の綱、愛のきずなで彼らを引いた。わたしは彼らにとっては、そのあごのくつこをはずす者のようになり、優しくこれに食べさせてきた。
メモ: 「わたしのあなたへの愛に気付いてほしい。」と、神の叫びが聞こえてくる。
2012/12/ 3 読: ホセア書 13章~14章、ヨエル書 1章
選: ホセア書 14章 9節
知恵ある者はだれか。その人はこれらのことを悟るがよい。悟りある者はだれか。その人はそれらを知るがよい。主の道は平らだ。正しい者はこれを歩み、そむく者はこれにつまずく。
メモ: 正しい者は主の道を歩み、そむく者は主の道につまずく。主の道を歩みたい。
2012/12/ 4 読: ヨエル書 2章~3章、アモス書 1章
選: ヨエル書 2章 12節~14節
「しかし、今、――主の御告げ。――心を尽くし、断食と、涙と、嘆きとをもって、わたしに立ち返れ。」
あなたがたの着物ではなく、あなたがたの心を引き裂け。あなたがたの神、主に立ち返れ。主は情け深く、あわれみ深く、怒るのにおそく、恵み豊かで、わざわいを思い直してくださるからだ。
主が思い直して、あわれみ、そのあとに祝福を残し、また、あなたがたの神、主への穀物のささげ物と注ぎのぶどう酒とを残してくださらないとだれが知ろう。
メモ: 「あなたの心を引き裂け。」自己中心を切り離し、神の思いを心に入れたい。
2012/12/ 5 読: アモス書 2章~4章
選: アモス書 4章 9節~11節
わたしは立ち枯れと黒穂病で、あなたがたを打った。あなたがたの果樹園とぶどう畑、いちじくの木とオリーブの木がふえても、かみつくいなごが食い荒らした。それでも、あなたがたはわたしのもとに帰って来なかった。――主の御告げ。――
わたしは、エジプトにしたように、疫病をあなたがたに送り、剣であなたがたの若者たちを殺し、あなたがたの馬を奪い去り、あなたがたの陣営に悪臭を上らせ、あなたがたの鼻をつかせた。それでも、あなたがたはわたしのもとに帰って来なかった。――主の御告げ。――
わたしは、あなたがたをくつがえした。神がソドムとゴモラをくつがえしたように。あなたがたは炎の中から取り出された燃えさしのようであった。それでも、あなたがたはわたしのもとに帰って来なかった。――主の御告げ。――
メモ: 主はつらいことを通してでも、私を主のもとへ帰そうとする。主の愛に感謝。
2012/12/ 6 読: アモス書 5章~7章
選: アモス書 5章 22節~24節
たとい、あなたがたが全焼のいけにえや、穀物のささげ物をわたしにささげても、わたしはこれらを喜ばない。あなたがたの肥えた家畜の和解のいけにえにも、目もくれない。
あなたがたの歌の騒ぎを、わたしから遠ざけよ。わたしはあなたがたの琴の音を聞きたくない。
公義の水のように、正義をいつも水の流れる川のように、流れさせよ。
メモ: 私の表向きの行動と私の心の思い、主はこの二つが一致することを好みます。
2012/12/ 7 読: アモス書 8章~9章、オバデヤ書 1章
選: オバデヤ書 1章 15節
主の日はすべての国々の上に近づいている。あなたがしたように、あなたにもされる。あなたの報いは、あなたの頭上に返る。
メモ: 私はイエスキリストによる喜びと思いやりを、接する人に配れることを願う。
2012/12/ 8 読: ヨナ書 1章~3章
選: ヨナ書 1章 1節~4節
アミタイの子ヨナに次のような主のことばがあった。
「立って、あの大きな町ニネベに行き、これに向かって叫べ。彼らの悪がわたしの前に上って来たからだ。」
しかしヨナは、主の御顔を避けてタルシシュへのがれようとし、立って、ヨッパに下った。彼は、タルシシュ行きの船を見つけ、船賃を払ってそれに乗り、主の御顔を避けて、みなといっしょにタルシシュへ行こうとした。
そのとき、主が大風を海に吹きつけたので、海に激しい暴風が起こり、船は難破しそうになった。
メモ: 神は私たちの居る次元に縛られていません。神から逃れることは不可能です。
2012/12/ 9 読: ヨナ書 4章、ミカ書 1章~2章
選: ヨナ書 4章 9節~11節
すると、神はヨナに仰せられた。「このとうごまのために、あなたは当然のことのように怒るのか。」ヨナは言った。「私が死ぬほど怒るのは当然のことです。」
主は仰せられた。「あなたは、自分で骨折らず、育てもせず、一夜で生え、一夜で滅びたこのとうごまを惜しんでいる。
まして、わたしは、この大きな町ニネベを惜しまないでいられようか。そこには、右も左もわきまえない十二万以上の人間と、数多くの家畜とがいるではないか。」
メモ: 神と人との奇妙な会話。しかし、神が人を救いたいことが強く伝わってくる。
2012/12/10 読: ミカ書 3章~5章
選: ミカ書 5章 2節
ベツレヘム・エフラテよ。あなたはユダの氏族の中で最も小さいものだが、あなたのうちから、わたしのために、イスラエルの支配者になる者が出る。その出ることは、昔から、永遠の昔からの定めである。
メモ: イエス・キリストについての予言。クリスマスはこれが実現したあかしです。
2012/12/11 読: ミカ書 6章~7章、ナホム書 1章
選: ミカ書 6章 8節
主はあなたに告げられた。人よ。何が良いことなのか。主は何をあなたに求めておられるのか。それは、ただ公義を行ない、誠実を愛し、へりくだってあなたの神とともに歩むことではないか。
メモ: 主は私に語られた。「へりくだって、わたしとともに歩んでください。」と。
2012/12/12 読: ナホム書 2章~3章、ハバクク書 1章
選: ハバクク書 1章 12節~13節
主よ。あなたは昔から、私の神、私の聖なる方ではありませんか。私たちは死ぬことはありません。主よ。あなたはさばきのために、彼を立て、岩よ、あなたは叱責のために、彼を据えられました。
あなたの目はあまりきよくて、悪を見ず、労苦に目を留めることができないのでしょう。なぜ、裏切り者をながめておられるのですか。悪者が自分より正しい者をのみこむとき、なぜ黙っておられるのですか。
メモ: なぜと問う時、私には見えない部分をも見て判断する神に信頼して生きたい。
2012/12/13 読: ハバクク書 2章~3章、ゼパニヤ書 1章
選: ハバクク書 3章 17節~19節
そのとき、いちじくの木は花を咲かせず、ぶどうの木は実をみのらせず、オリーブの木も実りがなく、畑は食物を出さない。羊は囲いから絶え、牛は牛舎にいなくなる。
しかし、私は主にあって喜び勇み、私の救いの神にあって喜ぼう。
私の主、神は、私の力。私の足を雌鹿のようにし、私に高い所を歩ませる。指揮者のために。弦楽器に合わせて。
メモ: 辛いこともあるでしょう。しかし、主を信じる者には揺るがない喜びがある。
2012/12/14 読: ゼパニヤ書 2章~3章、ハガイ書 1章
選: ゼパニヤ書 3 章 16節~17節
その日、エルサレムはこう言われる。シオンよ。恐れるな。気力を失うな。
あなたの神、主は、あなたのただ中におられる。救いの勇士だ。主は喜びをもってあなたのことを楽しみ、その愛によって安らぎを与える。主は高らかに歌ってあなたのことを喜ばれる。
メモ: 個人へ向けられたことばとして受け取りたい。主は、私を楽しみ喜ばれると。
2012/12/15 読: ハガイ書 2章、ゼカリヤ書 1章~2章
選: ゼカリヤ書 1章 16節~17節
それゆえ、主はこう仰せられる。『わたしは、あわれみをもってエルサレムに帰る。そこにわたしの宮が建て直される。――万軍の主の御告げ。――測りなわはエルサレムの上に張られる。』
もう一度叫んで言え。万軍の主はこう仰せられる。『わたしの町々には、再び良いものが散り乱れる。主は、再びシオンを慰め、エルサレムを再び選ぶ。』」
メモ: 神のあわれみが私に救いをくださるのであれば、それを素直に受け取りたい。
2012/12/16 読: ゼカリヤ書 3章~5章
選: ゼカリヤ書 3章 3節~4節
ヨシュアは、よごれた服を着て、御使いの前に立っていた。
御使いは、自分の前に立っている者たちに答えてこう言った。「彼のよごれた服を脱がせよ。」そして彼はヨシュアに言った。「見よ。わたしは、あなたの不義を除いた。あなたに礼服を着せよう。」
メモ: 「見よ。わたしは、あなたの不義を除いた。」クリスマスはこのためでした。
2012/12/17 読: ゼカリヤ書 6章~8章
選: ゼカリヤ書 8章 16節
これがあなたがたのしなければならないことだ。互いに真実を語り、あなたがたの町囲みのうちで、真実と平和のさばきを行なえ。
メモ: 創造主が私たちに求めていることは、私たちが互いに真実を語ることですね。
2012/12/18 読: ゼカリヤ書 9章~11章
選: ゼカリヤ書 10章 12節
彼らの力は主にあり、彼らは主の名によって歩き回る。――主の御告げ。――
メモ: 「彼の力は主にあり、彼は主の名によって歩き回る。」このようになりたい。
2012/12/19 読: ゼカリヤ書 12章~14章
選: ゼカリヤ書 12章 1節
宣告。イスラエルについての主のことば。――天を張り、地の基を定め、人の霊をその中に造られた方、主の御告げ。――
メモ: 神とは、「天を張り、地の基を定め、人の霊をその中に造られた方。」です。
2012/12/20 読: マラキ書 1章~3章
選: マラキ書 3章 10節~12節
十分の一をことごとく、宝物倉に携えて来て、わたしの家の食物とせよ。こうしてわたしをためしてみよ。――万軍の主は仰せられる。――わたしがあなたがたのために、天の窓を開き、あふれるばかりの祝福をあなたがたに注ぐかどうかをためしてみよ。
わたしはあなたがたのために、いなごをしかって、あなたがたの土地の産物を滅ぼさないようにし、畑のぶどうの木が不作とならないようにする。――万軍の主は仰せられる。――
すべての国民は、あなたがたをしあわせ者と言うようになる。あなたがたが喜びの地となるからだ。」と万軍の主は仰せられる。
メモ: 主を喜ばせたい。主は私たちの蒔く種の実をしっかり刈り取らせてくださる。
2012/12/21 読: マラキ書 4章、マタイの福音書 1章~2章
選: マタイの福音書 1章 20節~21節
彼がこのことを思い巡らしていたとき、主の使いが夢に現われて言った。「ダビデの子ヨセフ。恐れないであなたの妻マリヤを迎えなさい。その胎に宿っているものは聖霊によるのです。
マリヤは男の子を産みます。その名をイエスとつけなさい。この方こそ、ご自分の民をその罪から救ってくださる方です。」
メモ: イエス・キリストは、私たちを罪から救うために、この世に来られたのです。
2012/12/22 読: マタイの福音書 3章~5章
選: マタイの福音書 5章 45節
それでこそ、天におられるあなたがたの父の子どもになれるのです。天の父は、悪い人にも良い人にも太陽を上らせ、正しい人にも正しくない人にも雨を降らせてくださるからです。
メモ: 何の差別もなく、私たちのことを心配してくださる天のお父様がおられます。
2012/12/23 読: マタイの福音書 6章~8章
選: マタイの福音書 6章 8節~13節
だから、彼らのまねをしてはいけません。あなたがたの父なる神は、あなたがたがお願いする先に、あなたがたに必要なものを知っておられるからです。
だから、こう祈りなさい。『天にいます私たちの父よ。御名があがめられますように。
御国が来ますように。みこころが天で行なわれるように地でも行なわれますように。
私たちの日ごとの糧をきょうもお与えください。
私たちの負いめをお赦しください。私たちも、私たちに負いめのある人たちを赦しました。
私たちを試みに会わせないで、悪からお救いください。』〔国と力と栄えは、とこしえにあなたのものだからです。アーメン。〕
メモ: どのように祈ればいいのだろうかと悩む必要はありません。答えはこれです。
2012/12/24 読: マタイの福音書 9章~11章
選: マタイの福音書 11章 28節~30節
すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。
わたしは心優しく、へりくだっているから、あなたがたもわたしのくびきを負って、わたしから学びなさい。そうすればたましいに安らぎが来ます。
わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからです。」
メモ: イエス・キリストが私たちに、実行するようにと呼び掛けられたことばです。
2012/12/25 読: マタイの福音書 12章~14章
選: マタイの福音書 13章 22節~23節
また、いばらの中に蒔かれるとは、みことばを聞くが、この世の心づかいと富の惑わしとがみことばをふさぐため、実を結ばない人のことです。
ところが、良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いてそれを悟る人のことで、その人はほんとうに実を結び、あるものは百倍、あるものは六十倍、あるものは三十倍の実を結びます。」
メモ: 私は良い地でありたい。みことばを聞いて、それを悟り、良い実を結びたい。
2012/12/26 読: マタイの福音書 15章~17章
選: マタイの福音書 15章 8節~9節
『この民は、口先ではわたしを敬うが、その心は、わたしから遠く離れている。
彼らが、わたしを拝んでも、むだなことである。人間の教えを、教えとして教えるだけだから。』」
メモ: 自分のことばと心の思いを必ず一致させたい。神と人を欺くことはしません。
2012/12/27 読: マタイの福音書 18章~20章
選: マタイの福音書 20章 32節~34節
すると、イエスは立ち止まって、彼らを呼んで言われた。「わたしに何をしてほしいのか。」
彼らはイエスに言った。「主よ。この目をあけていただきたいのです。」
イエスはかわいそうに思って、彼らの目にさわられた。すると、すぐさま彼らは見えるようになり、イエスについて行った。
メモ: 「主よ。私の心の目をあけて、あなたのことをもっと分からせてください。」
2012/12/28 読: マタイの福音書 21章~23章
選: マタイの福音書 22章 37節~40節
そこで、イエスは彼に言われた。「『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。』
これがたいせつな第一の戒めです。
『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。』という第二の戒めも、それと同じようにたいせつです。
律法全体と預言者とが、この二つの戒めにかかっているのです。」
メモ: この二つの戒めが実行される時に、私たちは本当の平和を体験できると思う。
2012/12/29 読: マタイの福音書 24章~26章
選: マタイの福音書 26章 1節~2節
イエスは、これらの話をすべて終えると、弟子たちに言われた。
「あなたがたの知っているとおり、二日たつと過越の祭りになります。人の子は十字架につけられるために引き渡されます。」
メモ: イエス・キリストは、十字架上の刑罰を受けるためにこの世に来られました。
2012/12/30 読: マタイの福音書 27章~28章、マルコの福音書 1章
選: マタイの福音書 28章 5節~7節
すると、御使いは女たちに言った。「恐れてはいけません。あなたがたが十字架につけられたイエスを捜しているのを、私は知っています。
ここにはおられません。前から言っておられたように、よみがえられたからです。来て、納めてあった場所を見てごらんなさい。
ですから急いで行って、お弟子たちにこのことを知らせなさい。イエスが死人の中からよみがえられたこと、そして、あなたがたより先にガリラヤに行かれ、あなたがたは、そこで、お会いできるということです。では、これだけはお伝えしました。」
メモ: イエス・キリストは、よみがえられました。罪から来る報酬に勝利しました。
2012/12/31 読: マルコの福音書 2章~4章
選: マルコの福音書 4章 39節~41節
イエスは起き上がって、風をしかりつけ、湖に「黙れ、静まれ。」と言われた。すると風はやみ、大なぎになった。
イエスは彼らに言われた。「どうしてそんなにこわがるのです。信仰がないのは、どうしたことです。」
彼らは大きな恐怖に包まれて、互いに言った、「風や湖までが言うことをきくとは、いったいこの方はどういう方なのだろう。」
メモ: 親のそばにいる子供が恐怖におののいていたら、親はその事を悲しむと思う。
前Page