前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2013年01月)

2013/ 1/ 1 読: マルコの福音書 5章~7章
選: マルコの福音書 6章 49節~52節
しかし、弟子たちは、イエスが湖の上を歩いておられるのを見て、幽霊だと思い、叫び声をあげた。
というのは、みなイエスを見ておびえてしまったからである。しかし、イエスはすぐに彼らに話しかけ、「しっかりしなさい。わたしだ。恐れることはない。」と言われた。
そして舟に乗り込まれると、風がやんだ。彼らの心中の驚きは非常なものであった。
というのは、彼らはまだパンのことから悟るところがなく、その心は堅く閉じていたからである。
メモ: 「主よ。あなたがどのような方であるかを悟ることのできる心をください。」
2013/ 1/ 2 読: マルコの福音書 8章~10章
選: マルコの福音書 10章 43節~44節
しかし、あなたがたの間では、そうでありません。あなたがたの間で偉くなりたいと思う者は、みなに仕える者になりなさい。
あなたがたの間で人の先に立ちたいと思う者は、みなのしもべになりなさい。
メモ: まったく逆のことを語っているこの言葉。実践して理解するしかないと思う。
2013/ 1/ 3 読: マルコの福音書 11章~13章
選: マルコの福音書 12章 14節
彼らはイエスのところに来て、言った。「先生。私たちは、あなたが真実な方で、だれをもはばからない方だと存じています。あなたは人の顔色を見ず、真理に基づいて神の道を教えておられるからです。ところで、カイザルに税金を納めることは律法にかなっていることでしょうか、かなっていないことでしょうか。納めるべきでしょうか、納めるべきでないのでしょうか。」
メモ: 「人の顔色を見ず、真理に基づいて」語る。私もいつもそうありたいと思う。
2013/ 1/ 4 読: マルコの福音書 14章~16章
選: マルコの福音書 14章 22節~25節
それから、みなが食事をしているとき、イエスはパンを取り、祝福して後、これを裂き、彼らに与えて言われた。「取りなさい。これはわたしのからだです。」
また、杯を取り、感謝をささげて後、彼らに与えられた。彼らはみなその杯から飲んだ。
イエスは彼らに言われた。「これはわたしの契約の血です。多くの人のために流されるものです。」
まことに、あなたがたに告げます。神の国で新しく飲むその日までは、わたしはもはや、ぶどうの実で造った物を飲むことはありません。」
メモ: イエス様がこのことを語った時の気持ちや思いに少しでも近づきたいと思う。
2013/ 1/ 5 読: ルカの福音書 1章~3章
選: ルカの福音書 1章 35節~37節
御使いは答えて言った。「聖霊があなたの上に臨み、いと高き方の力があなたをおおいます。それゆえ、生まれる者は、聖なる者、神の子と呼ばれます。
ご覧なさい。あなたの親類のエリサベツも、あの年になって男の子を宿しています。不妊の女といわれていた人なのに、今はもう六か月です。
神にとって不可能なことは一つもありません。」
メモ: 「神にとって不可能なことは一つもない」ことを、数多く経験したいと思う。
2013/ 1/ 6 読: ルカの福音書 4章~6章
選: ルカの福音書 6章 43節~45節
悪い実を結ぶ良い木はないし、良い実を結ぶ悪い木もありません。
木はどれでも、その実によってわかるものです。いばらからいちじくは取れず、野ばらからぶどうを集めることはできません。
良い人は、その心の良い倉から良い物を出し、悪い人は、悪い倉から悪い物を出します。なぜなら人の口は、心に満ちているものを話すからです。
メモ: 「主よ。私を調べ、私の心と思いを正し、良い実を結ぶ者にしてください。」
2013/ 1/ 7 読: ルカの福音書 7章~9章
選: ルカの福音書 8章 23節~55節
舟で渡っている間にイエスはぐっすり眠ってしまわれた。ところが突風が湖に吹きおろして来たので、弟子たちは水をかぶって危険になった。
そこで、彼らは近寄って行ってイエスを起こし、「先生、先生。私たちはおぼれて死にそうです。」と言った。イエスは、起き上がって、風と荒波とをしかりつけられた。すると風も波も治まり、なぎになった。
イエスは彼らに、「あなたがたの信仰はどこにあるのです。」と言われた。弟子たちは驚き恐れて互いに言った。「風も水も、お命じになれば従うとは、いったいこの方はどういう方なのだろう。」
メモ: 共にいるイエス様に完全に信頼し、失礼な態度は取りたくないと改めて思う。
2013/ 1/ 8 読: ルカの福音書 10章~12章
選: ルカの福音書 11章 9節~10節
わたしは、あなたがたに言います。求めなさい。そうすれば与えられます。捜しなさい。そうすれば見つかります。たたきなさい。そうすれば開かれます。
だれであっても、求める者は受け、捜す者は見つけ出し、たたく者には開かれます。
メモ: 与えられます。見つかります。開かれます。このイエス様の言葉を信じます。
2013/ 1/ 9 読: ルカの福音書 13章~15章
選: ルカの福音書 15章 4節~7節
「あなたがたのうちに羊を百匹持っている人がいて、そのうちの一匹をなくしたら、その人は九十九匹を野原に残して、いなくなった一匹を見つけるまで捜し歩かないでしょうか。
見つけたら、大喜びでその羊をかついで、
帰って来て、友だちや近所の人たちを呼び集め、『いなくなった羊を見つけましたから、いっしょに喜んでください。』と言うでしょう。
あなたがたに言いますが、それと同じように、ひとりの罪人が悔い改めるなら、悔い改める必要のない九十九人の正しい人にまさる喜びが天にあるのです。
メモ: 天に喜びを起こさせるためのお手伝いをしたいと思う。切りのない仕事だな。
2013/ 1/10 読: ルカの福音書 16章~18章
選: ルカの福音書 16章 14節~15節
さて、金の好きなパリサイ人たちが、一部始終を聞いて、イエスをあざ笑っていた。
イエスは彼らに言われた。「あなたがたは、人の前で自分を正しいとする者です。しかし神は、あなたがたの心をご存じです。人間の間であがめられる者は、神の前で憎まれ、きらわれます。
メモ: 神は私の心をご存じです。このことは私にとってはすごくうれしいことです。
2013/ 1/11 読: ルカの福音書 19章~21章
選: ルカの福音書 20章 37節~38節
それに、死人がよみがえることについては、モーセも柴の個所で、主を、『アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神。』と呼んで、このことを示しました。
神は死んだ者の神ではありません。生きている者の神です。というのは、神に対しては、みなが生きているからです。」
メモ: 肉体はなくなっても、人にはその後があるということを説明していると思う。
2013/ 1/12 読: ルカの福音書 22章~24章
選: ルカの福音書 24章 44節~47節
さて、そこでイエスは言われた。「わたしがまだあなたがたといっしょにいたころ、あなたがたに話したことばはこうです。わたしについてモーセの律法と預言者と詩篇とに書いてあることは、必ず全部成就するということでした。」
そこで、イエスは、聖書を悟らせるために彼らの心を開いて、
こう言われた。「次のように書いてあります。キリストは苦しみを受け、三日目に死人の中からよみがえり、
その名によって、罪の赦しを得させる悔い改めが、エルサレムから始まってあらゆる国の人々に宣べ伝えられる。
メモ: 「主よ。私も聖書についてもっと悟りたいです。私の心を開いてください。」
2013/ 1/13 読: ヨハネの福音書 1章~3章
選: ヨハネの福音書 3章 16節~17節
神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。
神が御子を世に遣わされたのは、世をさばくためではなく、御子によって世が救われるためである。
メモ: 神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、私たちを愛しています。
2013/ 1/14 読: ヨハネの福音書 4章~6章
選: ヨハネの福音書 6章 28節~29節
すると彼らはイエスに言った。「私たちは、神のわざを行なうために、何をすべきでしょうか。」
イエスは答えて言われた。「あなたがたが、神が遣わした者を信じること、それが神のわざです。」
メモ: 人がイエス・キリストを心に受け入れ救われることは、最大の奇跡だと思う。
2013/ 1/15 読: ヨハネの福音書 7章~9章
選: ヨハネの福音書 8章 31節~32節
そこでイエスは、その信じたユダヤ人たちに言われた。「もしあなたがたが、わたしのことばにとどまるなら、あなたがたはほんとうにわたしの弟子です。
そして、あなたがたは真理を知り、真理はあなたがたを自由にします。」
メモ: 神のことばは私たちに真理を教え、真理に基づく行いは私たちを解放します。
2013/ 1/16 読: ヨハネの福音書 10章~12章
選: ヨハネの福音書 11章 25節~26節
イエスは言われた。「わたしは、よみがえりです。いのちです。わたしを信じる者は、死んでも生きるのです。
また、生きていてわたしを信じる者は、決して死ぬことがありません。このことを信じますか。」
メモ: イエス・キリストを信じるだけでいいのです。何かをする必要はありません。
2013/ 1/17 読: ヨハネの福音書 13章~15章
選: ヨハネの福音書 15章 4節~5節
わたしにとどまりなさい。わたしも、あなたがたの中にとどまります。枝がぶどうの木についていなければ、枝だけでは実を結ぶことができません。同様にあなたがたも、わたしにとどまっていなければ、実を結ぶことはできません。
わたしはぶどうの木で、あなたがたは枝です。人がわたしにとどまり、わたしもその人の中にとどまっているなら、そういう人は多くの実を結びます。わたしを離れては、あなたがたは何もすることができないからです。
メモ: イエス・キリストの内にとどまるためにも、神の望むことを学びたいと思う。
2013/ 1/18 読: ヨハネの福音書 16章~18章
選: ヨハネの福音書 18章 36節~38節
イエスは答えられた。「わたしの国はこの世のものではありません。もしこの世のものであったなら、わたしのしもべたちが、わたしをユダヤ人に渡さないように、戦ったことでしょう。しかし、事実、わたしの国はこの世のものではありません。」
そこでピラトはイエスに言った。「それでは、あなたは王なのですか。」イエスは答えられた。「わたしが王であることは、あなたが言うとおりです。わたしは、真理のあかしをするために生まれ、このことのために世に来たのです。真理に属する者はみな、わたしの声に聞き従います。
ピラトはイエスに言った。「真理とは何ですか。」彼はこう言ってから、またユダヤ人たちのところに出て行って、彼らに言った。「私は、あの人には罪を認めません。
メモ: 真理は不変。真理を土台にしていると、振り回されない人生を歩めると思う。
2013/ 1/19 読: ヨハネの福音書 19章~21章
選: ヨハネの福音書 20章 17節
イエスは彼女に言われた。「わたしにすがりついていてはいけません。わたしはまだ父のもとに上っていないからです。わたしの兄弟たちのところに行って、彼らに『わたしは、わたしの父またあなたがたの父、わたしの神またあなたがたの神のもとに上る。』と告げなさい。」
メモ: イエス様の父は私の父、イエス様の神は私の神。何とすばらしい事かと思う。
2013/ 1/20 読: 使徒の働き 1章~3章
選: 使徒の働き 1章 9節~11節
こう言ってから、イエスは彼らが見ている間に上げられ、雲に包まれて、見えなくなられた。
イエスが上って行かれるとき、弟子たちは天を見つめていた。すると、見よ、白い衣を着た人がふたり、彼らのそばに立っていた。
そして、こう言った。「ガリラヤの人たち。なぜ天を見上げて立っているのですか。あなたがたを離れて天に上げられたこのイエスは、天に上って行かれるのをあなたがたが見たときと同じ有様で、またおいでになります。」
メモ: イエス様は、天に上って行かれたのと同じ有様で、また地上に戻って来ます。
2013/ 1/21 読: 使徒の働き 4章~6章
選: 使徒の働き 4章 10節~12節
皆さんも、またイスラエルのすべての人々も、よく知ってください。この人が直って、あなたがたの前に立っているのは、あなたがたが十字架につけ、神が死者の中からよみがえらせたナザレ人イエス・キリストの御名によるのです。
『あなたがた家を建てる者たちに捨てられた石が、礎の石となった。』というのはこの方のことです。
この方以外には、だれによっても救いはありません。世界中でこの御名のほかには、私たちが救われるべき名としては、どのような名も、人間に与えられていないからです。」
メモ: イエス・キリスト以外には、だれによっても救いはないと聖書は断言します。
2013/ 1/22 読: 使徒の働き 7章~9章
選: 使徒の働き 9章 3節~6節
ところが、道を進んで行って、ダマスコの近くまで来たとき、突然、天からの光が彼を巡り照らした。
彼は地に倒れて、「サウロ、サウロ。なぜわたしを迫害するのか。」という声を聞いた。
彼が、「主よ。あなたはどなたですか。」と言うと、お答えがあった。「わたしは、あなたが迫害しているイエスである。
立ち上がって、町にはいりなさい。そうすれば、あなたのしなければならないことが告げられるはずです。」
メモ: 私の、人に対しての行いは、神様の目にはどのように写っているのだろうか。
2013/ 1/23 読: 使徒の働き 10章~12章
選: 使徒の働き 11章 17節~18節
こういうわけですから、私たちが主イエス・キリストを信じたとき、神が私たちに下さったのと同じ賜物を、彼らにもお授けになったのなら、どうして私などが神のなさることを妨げることができましょう。」
人々はこれを聞いて沈黙し、「それでは、神は、いのちに至る悔い改めを異邦人にもお与えになったのだ。」と言って、神をほめたたえた。
メモ: 神様がなさることを見て、神様をほめたたえる毎日を送りたいと心から願う。
2013/ 1/24 読: 使徒の働き 13章~15章
選: 使徒の働き 13章 37節~38節
しかし、神がよみがえらせた方は、朽ちることがありませんでした。
ですから、兄弟たち。あなたがたに罪の赦しが宣べられているのはこの方によるということを、よく知っておいてください。
メモ: 罪の赦しは朽ちることのない方、イエス・キリストによる以外にありません。
2013/ 1/25 読: 使徒の働き 16章~18章
選: 使徒の働き 16章 13節~15節
安息日に、私たちは町の門を出て、祈り場があると思われた川岸に行き、そこに腰をおろして、集まった女たちに話した。
テアテラ市の紫布の商人で、神を敬う、ルデヤという女が聞いていたが、主は彼女の心を開いて、パウロの語る事に心を留めるようにされた。
そして、彼女も、またその家族もバプテスマを受けたとき、彼女は、「私を主に忠実な者とお思いでしたら、どうか、私の家に来てお泊まりください。」と言って頼み、強いてそうさせた。
メモ: 「主よ。私たちの心を開いてください。あなたをもっと理解したいのです。」
2013/ 1/26 読: 使徒の働き 19章~21章
選: 使徒の働き 21章 11節~14節
彼は私たちのところに来て、パウロの帯を取り、自分の両手と両足を縛って、「『この帯の持ち主は、エルサレムでユダヤ人に、こんなふうに縛られ、異邦人の手に渡される。』と聖霊がお告げになっています。」と言った。
私たちはこれを聞いて、土地の人たちといっしょになって、パウロに、エルサレムには上らないよう頼んだ。
するとパウロは、「あなたがたは、泣いたり、私の心をくじいたりして、いったい何をしているのですか。私は、主イエスの御名のためなら、エルサレムで縛られることばかりでなく、死ぬことさえも覚悟しています。」と答えた。
彼が聞き入れようとしないので、私たちは、「主のみこころのままに。」と言って、黙ってしまった。
メモ: パウロの主イエスへの燃えるような愛。私もこのような愛を持ちたいと思う。
2013/ 1/27 読: 使徒の働き 22章~24章
選: 使徒の働き 22章 6節~8節
ところが、旅を続けて、真昼ごろダマスコに近づいたとき、突然、天からまばゆい光が私の回りを照らしたのです。
私は地に倒れ、『サウロ、サウロ。なぜわたしを迫害するのか。』という声を聞きました。
そこで私が答えて、『主よ。あなたはどなたですか。』と言うと、その方は、『わたしは、あなたが迫害しているナザレのイエスだ。』と言われました。
メモ: パウロの行いは、イエス様に見られていた。私の行いも見られていると思う。
2013/ 1/28 読: 使徒の働き 25章~27章
選: 使徒の働き 26章 25節
するとパウロは次のように言った。「フェスト閣下。気は狂っておりません。私は、まじめな真理のことばを話しています。
メモ: 聖書にあることばは、まじめな真理のことばです。私はこれを土台にします。
2013/ 1/29 読: 使徒の働き 28章、ローマ人への手紙 1章~2章
選: ローマ人への手紙 1章 16節
私は福音を恥とは思いません。福音は、ユダヤ人をはじめギリシヤ人にも、信じるすべての人にとって、救いを得させる神の力です。
メモ: 福音とは、それを信じるすべての人にとって、救いを得させる、神の力です。
2013/ 1/30 読: ローマ人への手紙 3章~5章
選: ローマ人への手紙 3章 21節~24節
しかし、今は、律法とは別に、しかも律法と預言者によってあかしされて、神の義が示されました。
すなわち、イエス・キリストを信じる信仰による神の義であって、それはすべての信じる人に与えられ、何の差別もありません。
すべての人は、罪を犯したので、神からの栄誉を受けることができず、
ただ、神の恵みにより、キリスト・イエスによる贖いのゆえに、価なしに義と認められるのです。
メモ: 私は、神の恵みによる、イエス様による贖いのゆえに、義と認められました。
2013/ 1/31 読: ローマ人への手紙 6章~8章
選: ローマ人への手紙 6章 23節
罪から来る報酬は死です。しかし、神の下さる賜物は、私たちの主キリスト・イエスにある永遠のいのちです。
メモ: 私は神の下さる賜物を感謝し、素直に受け入れ、永遠のいのちを頂きました。
前Page