前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2013年02月)

2013/ 2/ 1 読: ローマ人への手紙 9章~11章
選: ローマ人への手紙 9章 2節~3節
私には大きな悲しみがあり、私の心には絶えず痛みがあります。
もしできることなら、私の同胞、肉による同国人のために、この私がキリストから引き離されて、のろわれた者となることさえ願いたいのです。
メモ: 私にはこのパウロのような、自分の身近な人たちに対する愛があるだろうか。
2013/ 2/ 2 読: ローマ人への手紙 12章~14章
選: ローマ人への手紙 12章 4節~5節
一つのからだには多くの器官があって、すべての器官が同じ働きはしないのと同じように、
大ぜいいる私たちも、キリストにあって一つのからだであり、ひとりひとり互いに器官なのです。
メモ: 私には私の役目があります。役目を果たす時に、それが大きな力となります。
2013/ 2/ 3 読: ローマ人への手紙 15章~16章、コリント人への手紙 第Ⅰ 1章
選: ローマ人への手紙 15章 7節
こういうわけですから、キリストが神の栄光のために、私たちを受け入れてくださったように、あなたがたも互いに受け入れなさい。
メモ: キリストが私たちを受け入れたのは、神様の栄光のため。すごい事だと思う。
2013/ 2/ 4 読: コリント人への手紙 第Ⅰ 2章~4章
選: コリント人への手紙 第Ⅰ 2章 9節
まさしく、聖書に書いてあるとおりです。「目が見たことのないもの、耳が聞いたことのないもの、そして、人の心に思い浮かんだことのないもの。神を愛する者のために、神の備えてくださったものは、みなそうである。」
メモ: 私たちの知っていることは、神様の目から見れば無に等しいのでは、と思う。
2013/ 2/ 5 読: コリント人への手紙 第Ⅰ 5章~7章
選: コリント人への手紙 第Ⅰ 6章 19節~20節
あなたがたのからだは、あなたがたのうちに住まれる、神から受けた聖霊の宮であり、あなたがたは、もはや自分自身のものではないことを、知らないのですか。
あなたがたは、代価を払って買い取られたのです。ですから自分のからだをもって、神の栄光を現わしなさい。
メモ: 私はイエス様に買い取られました。だから神様の栄光を現したいと思います。
2013/ 2/ 6 読: コリント人への手紙 第Ⅰ 8章~10章
選: コリント人への手紙 第Ⅰ 10章 23節~24節
すべてのことは、してもよいのです。しかし、すべてのことが有益とはかぎりません。すべてのことは、してもよいのです。しかし、すべてのことが徳を高めるとはかぎりません。
だれでも、自分の利益を求めないで、他人の利益を心がけなさい。
メモ: 私は、自分の利益をよりも他人の利益を心がけ、仕事に打ち込みたいと思う。
2013/ 2/ 7 読: コリント人への手紙 第Ⅰ 11章~13章
選: コリント人への手紙 第Ⅰ 13章 4節~7節
愛は寛容であり、愛は親切です。また人をねたみません。愛は自慢せず、高慢になりません。
礼儀に反することをせず、自分の利益を求めず、怒らず、人のした悪を思わず、
不正を喜ばずに真理を喜びます。
すべてをがまんし、すべてを信じ、すべてを期待し、すべてを耐え忍びます。
メモ: イエス様の助けを得、神様の望まれる愛を自然に現せる人になりたいと思う。
2013/ 2/ 8 読: コリント人への手紙 第Ⅰ 14章~16章
選: コリント人への手紙 第Ⅰ 15章 19節
もし、私たちがこの世にあってキリストに単なる希望を置いているだけなら、私たちは、すべての人の中で一番哀れな者です。
メモ: 私にとってキリストは、あなたが存在するのと同じように、存在する者です。
2013/ 2/ 9 読: コリント人への手紙 第Ⅱ 1章~3章
選: コリント人への手紙 第Ⅱ 1章 11節
あなたがたも祈りによって、私たちを助けて協力してくださるでしょう。それは、多くの人々の祈りにより私たちに与えられた恵みについて、多くの人々が感謝をささげるようになるためです。
メモ: 祈りによって助けられ恵まれ、分かち合う恵みによって感謝。祈りの好循環。
2013/ 2/10 読: コリント人への手紙 第Ⅱ 4章~6章
選: コリント人への手紙 第Ⅱ 5章 17節
だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。
メモ: キリストを心に受入れた人は、新しく造られた者です。成長はそれからです。
2013/ 2/11 読: コリント人への手紙 第Ⅱ 7章~9章
選: コリント人への手紙 第Ⅱ 7章 14節~16節
私はテトスに、あなたがたのことを少しばかり誇りましたが、そのことで恥をかかずに済みました。というのは、私たちがあなたがたに語ったことがすべて真実であったように、テトスに対して誇ったことも真実となったからです。
彼は、あなたがたがみなよく言うことを聞き、恐れおののいて、自分を迎えてくれたことを思い出して、あなたがたへの愛情をますます深めています。
私は、あなたがたに全幅の信頼を寄せることができるのを喜んでいます。
メモ: 真実は、人対人の関係を深みのあるものにし、愛情を深め、喜びとなります。
2013/ 2/12 読: コリント人への手紙 第Ⅱ 10章~12章
選: コリント人への手紙 第Ⅱ 10章 3節~4節
私たちは肉にあって歩んではいても、肉に従って戦ってはいません。
私たちの戦いの武器は、肉の物ではなく、神の御前で、要塞をも破るほどに力のあるものです。
メモ: 神の言葉に反する流れにはついて行かない。戦いになる可能性もあると思う。
2013/ 2/13 読: コリント人への手紙 第Ⅱ 13章、ガラテヤ人への手紙 1章~2章
選: ガラテヤ人への手紙 2章 16節
しかし、人は律法の行ないによっては義と認められず、ただキリスト・イエスを信じる信仰によって義と認められる、ということを知ったからこそ、私たちもキリスト・イエスを信じたのです。これは、律法の行ないによってではなく、キリストを信じる信仰によって義と認められるためです。なぜなら、律法の行ないによって義と認められる者は、ひとりもいないからです。
メモ: 私たちは、ただイエス様を信じる信仰によって、神様に義と認められました。
2013/ 2/14 読: ガラテヤ人への手紙 3章~5章
選: ガラテヤ人への手紙 4章 19節
私の子どもたちよ。あなたがたのうちにキリストが形造られるまで、私は再びあなたがたのために産みの苦しみをしています。
メモ: キリスト信者の成長の目的は、その者の内にキリストが形造られることです。
2013/ 2/15 読: ガラテヤ人への手紙 6章、エペソ人への手紙 1章~2章
選: ガラテヤ人への手紙 6章 13節~14節
なぜなら、割礼を受けた人たちは、自分自身が律法を守っていません。それなのに彼らがあなたがたに割礼を受けさせようとするのは、あなたがたの肉を誇りたいためなのです。
しかし私には、私たちの主イエス・キリストの十字架以外に誇りとするものが決してあってはなりません。この十字架によって、世界は私に対して十字架につけられ、私も世界に対して十字架につけられたのです。
メモ: 私が誇りとしているもの、あるいは誇りとしたいものはいったい何だろうか。
2013/ 2/16 読: エペソ人への手紙 3章~5章
選: エペソ人への手紙 5章 19節~20節
詩と賛美と霊の歌とをもって、互いに語り、主に向かって、心から歌い、また賛美しなさい。
いつでも、すべてのことについて、私たちの主イエス・キリストの名によって父なる神に感謝しなさい。
メモ: イエス様もそのことを喜んでいるので、彼の名を使って感謝するのだと思う。
2013/ 2/17 読: エペソ人への手紙 6章、ピリピ人への手紙 1章~2章
選: ピリピ人への手紙 2章 13節~14節
神は、みこころのままに、あなたがたのうちに働いて志を立てさせ、事を行なわせてくださるのです。
すべてのことを、つぶやかず、疑わずに行ないなさい。
メモ: 神様は、私たちのうちに働いて志を立てさせ、事を行わせてくださるのです。
2013/ 2/18 読: ピリピ人への手紙 3章~4章、コロサイ人への手紙 1章
選: ピリピ人への手紙 4章 6節~7節
何も思い煩わないで、あらゆるばあいに、感謝をもってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。
そうすれば、人のすべての考えにまさる神の平安が、あなたがたの心と思いをキリスト・イエスにあって守ってくれます。
メモ: 人のすべての考えにまさる神の平安を常に持つことができたら幸せだと思う。
2013/ 2/19 読: コロサイ人への手紙 2章~4章
選: コロサイ人への手紙 2章 6節~7節
あなたがたは、このように主キリスト・イエスを受け入れたのですから、彼にあって歩みなさい。
キリストの中に根ざし、また建てられ、また、教えられたとおり信仰を堅くし、あふれるばかり感謝しなさい。
メモ: 「あふれるばかり感謝しなさい。」私は神様に向かってこの通りに行います。
2013/ 2/20 読: テサロニケ人への手紙 第Ⅰ 1章~3章
選: テサロニケ人への手紙 第Ⅰ 2章 3節~4節
私たちの勧めは、迷いや不純な心から出ているものではなく、だましごとでもありません。
私たちは神に認められて福音をゆだねられた者ですから、それにふさわしく、人を喜ばせようとしてではなく、私たちの心をお調べになる神を喜ばせようとして語るのです。
メモ: 私は、私の心をお調べになる神様が喜んでくださる言葉を語ることにします。
2013/ 2/21 読: テサロニケ人への手紙 第Ⅰ 4章~5章、テサロニケ人への手紙 第Ⅱ 1章
選: テサロニケ人への手紙 第Ⅰ 5章 16節~18節
いつも喜んでいなさい。
絶えず祈りなさい。
すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。
メモ: いつも喜ぶ、絶えず祈る、すべての事について感謝する。これを実行します。
2013/ 2/22 読: テサロニケ人への手紙 第Ⅱ 2章~3章、テモテへの手紙 第Ⅰ 1章
選: テモテへの手紙 第Ⅰ 1章 15節~16節
「キリスト・イエスは、罪人を救うためにこの世に来られた。」ということばは、まことであり、そのまま受け入れるに値するものです。私はその罪人のかしらです。
しかし、そのような私があわれみを受けたのは、イエス・キリストが、今後彼を信じて永遠のいのちを得ようとしている人々の見本にしようと、まず私に対してこの上ない寛容を示してくださったからです。
メモ: キリスト・イエスは、罪人を救うためにこの世に来られた。これが真実です。
2013/ 2/23 読: テモテへの手紙 第Ⅰ 2章~4章
選: テモテへの手紙 第Ⅰ 2章 5節~6節
神は唯一です。また、神と人との間の仲介者も唯一であって、それは人としてのキリスト・イエスです。
キリストは、すべての人の贖いの代価として、ご自身をお与えになりました。これが時至ってなされたあかしなのです。
メモ: 神とは万物の創造主のことです。神は唯一です。たくさんいなくて良かった。
2013/ 2/24 読: テモテへの手紙 第Ⅰ 5章~6章、テモテへの手紙 第Ⅱ 1章
選: テモテへの手紙 第Ⅱ 1章 7節
神が私たちに与えてくださったものは、おくびょうの霊ではなく、力と愛と慎みとの霊です。
メモ: 神が私たちに与えて下さる力と愛と慎みを惜しみなく使っていきたいと思う。
2013/ 2/25 読: テモテへの手紙 第Ⅱ 2章~4章
選: テモテへの手紙 第Ⅱ 2章 11節~13節
次のことばは信頼すべきことばです。「もし私たちが、彼とともに死んだのなら、彼とともに生きるようになる。
もし耐え忍んでいるなら、彼とともに治めるようになる。もし彼を否んだなら、彼もまた私たちを否まれる。
2:13 私たちは真実でなくても、彼は常に真実である。彼にはご自身を否むことができないからである。」
メモ: 常に真実で、ご自身を否むことができないキリスト・イエスに私は従います。
2013/ 2/26 読: テトスへの手紙 1章~3章
選: テトスへの手紙 2章 14節
キリストが私たちのためにご自身をささげられたのは、私たちをすべての不法から贖い出し、良いわざに熱心なご自分の民を、ご自分のためにきよめるためでした。
メモ: キリストがご自身をささげたのは、私をご自分のためにきよめるためでした。
2013/ 2/27 読: ピレモンへの手紙 1章、ヘブル人への手紙 1章~2章
選: ヘブル人への手紙 2章 18節
主は、ご自身が試みを受けて苦しまれたので、試みられている者たちを助けることがおできになるのです。
メモ: イエス様は私のよき理解者です。心から頼れるのでうれしく思い、感謝です。
2013/ 2/28 読: ヘブル人への手紙 3章~5章
選: ヘブル人への手紙 4章 14節~16節
さて、私たちのためには、もろもろの天を通られた偉大な大祭司である神の子イエスがおられるのですから、私たちの信仰の告白を堅く保とうではありませんか。
私たちの大祭司は、私たちの弱さに同情できない方ではありません。罪は犯されませんでしたが、すべての点で、私たちと同じように、試みに会われたのです。
ですから、私たちは、あわれみを受け、また恵みをいただいて、おりにかなった助けを受けるために、大胆に恵みの御座に近づこうではありませんか。
メモ: 私は、神様の助けを受けるために、大胆に恵みの御座に近づくことにします。
前Page