前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2013年03月)

2013/ 3/ 1 読: ヘブル人への手紙 6章~8章
選: ヘブル人への手紙 7章 24節~25節
しかし、キリストは永遠に存在されるのであって、変わることのない祭司の務めを持っておられます。
したがって、ご自分によって神に近づく人々を、完全に救うことがおできになります。キリストはいつも生きていて、彼らのために、とりなしをしておられるからです。
メモ: キリストによって神に近づく人々を、キリストは完全に救うことができます。
2013/ 3/ 2 読: ヘブル人への手紙 9章~11章
選: ヘブル人への手紙 11章 6節
信仰がなくては、神に喜ばれることはできません。神に近づく者は、神がおられることと、神を求める者には報いてくださる方であることとを、信じなければならないのです。
メモ: 私はこの目で神様を見ることはできません。しかし神様の業を体験できます。
2013/ 3/ 3 読: ヘブル人への手紙 12章~13章、ヤコブの手紙 1章
選: ヤコブの手紙 1章 2節~4節
私の兄弟たち。さまざまな試練に会うときは、それをこの上もない喜びと思いなさい。
信仰がためされると忍耐が生じるということを、あなたがたは知っているからです。
その忍耐を完全に働かせなさい。そうすれば、あなたがたは、何一つ欠けたところのない、成長を遂げた、完全な者となります。
メモ: 試練とはチャレンジである。チャレンジには常に神と共に挑戦したいと思う。
2013/ 3/ 4 読: ヤコブの手紙 2章~4章
選: ヤコブの手紙 2章 26節
たましいを離れたからだが、死んだものであるのと同様に、行ないのない信仰は、死んでいるのです。
メモ: 「信じます」だけでは知識です。私は信じたことを行う人になりたいと思う。
2013/ 3/ 5 読: ヤコブの手紙 5章、ペテロの手紙 第Ⅰ 1章~2章
選: ヤコブの手紙 5章 15節~16節
信仰による祈りは、病む人を回復させます。主はその人を立たせてくださいます。また、もしその人が罪を犯していたなら、その罪は赦されます。
ですから、あなたがたは、互いに罪を言い表わし、互いのために祈りなさい。いやされるためです。義人の祈りは働くと、大きな力があります。
メモ: 互いに罪を言い現し、互いのために祈ったら、聖霊の働きが強くなると思う。
2013/ 3/ 6 読: ペテロの手紙 第Ⅰ 3章~5章
選: ぺテロの手紙 第Ⅰ 5章 6節~7節
ですから、あなたがたは、神の力強い御手の下にへりくだりなさい。神が、ちょうど良い時に、あなたがたを高くしてくださるためです。
あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです。
メモ: 全知全能の神がこの私のことを心配してくださるなんて、何とうれしい事か。
2013/ 3/ 7 読: ペテロの手紙 第Ⅱ 1章~3章
選: ぺテロの手紙 第Ⅱ 1章 5節~8節
こういうわけですから、あなたがたは、あらゆる努力をして、信仰には徳を、徳には知識を、
知識には自制を、自制には忍耐を、忍耐には敬虔を、
敬虔には兄弟愛を、兄弟愛には愛を加えなさい。
これらがあなたがたに備わり、ますます豊かになるなら、あなたがたは、私たちの主イエス・キリストを知る点で、役に立たない者とか、実を結ばない者になることはありません。
メモ: 信仰+徳+知識+自制+忍耐+敬虔+兄弟愛+愛=役に立つ者+実を結ぶ者。
2013/ 3/ 8 読: ヨハネの手紙 第Ⅰ 1章~3章
選: ヨハネの手紙 第Ⅰ 3章 22節~24節
また求めるものは何でも神からいただくことができます。なぜなら、私たちが神の命令を守り、神に喜ばれることを行なっているからです。
神の命令とは、私たちが御子イエス・キリストの御名を信じ、キリストが命じられたとおりに、私たちが互いに愛し合うことです。
神の命令を守る者は神のうちにおり、神もまたその人のうちにおられます。神が私たちのうちにおられるということは、神が私たちに与えてくださった御霊によって知るのです。
メモ: 私は、御子イエス・キリストの御名を信じ、また、人を愛する努力をします。
2013/ 3/ 9 読: ヨハネの手紙 第Ⅰ 4章~5章、ヨハネの手紙 第Ⅱ 1章
選: ヨハネの手紙 第Ⅰ 5章 3節~5節
神を愛するとは、神の命令を守ることです。その命令は重荷とはなりません。
なぜなら、神によって生まれた者はみな、世に勝つからです。私たちの信仰、これこそ、世に打ち勝った勝利です。
世に勝つ者とはだれでしょう。イエスを神の御子と信じる者ではありませんか。
メモ: 愛する方のお願いに応えることは、むしろ嬉しく、幸せを感じる事だと思う。
2013/ 3/10 読: ヨハネの手紙 第Ⅲ 1章、ユダの手紙 1章、ヨハネの黙示録 1章
選: ユダの手紙 1章 20節~21節
しかし、愛する人々よ。あなたがたは、自分の持っている最も聖い信仰の上に自分自身を築き上げ、聖霊によって祈り、
神の愛のうちに自分自身を保ち、永遠のいのちに至らせる、私たちの主イエス・キリストのあわれみを待ち望みなさい。
メモ: 最も聖い信仰の上に自分自身を築き上げ、聖霊によって祈りたいと思います。
2013/ 3/11 読: ヨハネの黙示録 2章~4章
選: ヨハネの黙示録 3章 17節
あなたは、自分は富んでいる、豊かになった、乏しいものは何もないと言って、実は自分がみじめで、哀れで、貧しくて、盲目で、裸の者であることを知らない。
メモ: 神様は私たちをどのように見ているのだろうか。神様の規準で自分を見たい。
2013/ 3/12 読: ヨハネの黙示録 5章~7章
選: ヨハネの黙示録 5章 13節
また私は、天と地と、地の下と、海の上のあらゆる造られたもの、およびその中にある生き物がこう言うのを聞いた。「御座にすわる方と、小羊とに、賛美と誉れと栄光と力が永遠にあるように。」
メモ: 主に讃美あれ、主に誉れあれ、主に栄光あれ、主に力あれ、私の主に永遠に。
2013/ 3/13 読: ヨハネの黙示録 8章~10章
選: ヨハネの黙示録 9章 20節~21節
これらの災害によって殺されずに残った人々は、その手のわざを悔い改めないで、悪霊どもや、金、銀、銅、石、木で造られた、見ることも聞くことも歩くこともできない偶像を拝み続け、
その殺人や、魔術や、不品行や、盗みを悔い改めなかった。
メモ: なぜ人は人が作った息も無い物に頭を下げるのか。理解できない事の一つだ。
2013/ 3/14 読: ヨハネの黙示録 11章~13章
選: ヨハネの黙示録 13章 16節~17節
また、小さい者にも、大きい者にも、富んでいる者にも、貧しい者にも、自由人にも、奴隷にも、すべての人々にその右の手かその額かに、刻印を受けさせた。
また、その刻印、すなわち、あの獣の名、またはその名の数字を持っている者以外は、だれも、買うことも、売ることもできないようにした。
メモ: 情報システムで人が管理されている今は、こういう事も簡単にできると思う。
2013/ 3/15 読: ヨハネの黙示録 14章~16章
選: ヨハネの黙示録 15章 3節~4節
彼らは、神のしもべモーセの歌と小羊の歌とを歌って言った。「あなたのみわざは偉大であり、驚くべきものです。主よ。万物の支配者である神よ。あなたの道は正しく、真実です。もろもろの民の王よ。
主よ。だれかあなたを恐れず、御名をほめたたえない者があるでしょうか。ただあなただけが、聖なる方です。すべての国々の民は来て、あなたの御前にひれ伏します。あなたの正しいさばきが、明らかにされたからです。」
メモ: 「主よ。万物の支配者である聖なる神よ。あなたの道は正しく、真実です。」
2013/ 3/16 読: ヨハネの黙示録 17章~19章
選: ヨハネの黙示録 19章 5節
また、御座から声が出て言った。「すべての、神のしもべたち。小さい者も大きい者も、神を恐れかしこむ者たちよ。われらの神を賛美せよ。」
メモ: すべての、神のしもべたち。小さい者も大きい者も。われらの神を讃美せよ。
2013/ 3/17 読: ヨハネの黙示録 20章~22章
選: ヨハネの黙示録 22章 17節
御霊も花嫁も言う。「来てください。」これを聞く者は、「来てください。」と言いなさい。渇く者は来なさい。いのちの水がほしい者は、それをただで受けなさい。
メモ: いのちの水はただです。しかし、受け取るという信仰による行いが必要です。
2013/ 3/18 読: 創世記 1章~3章
選: 創世記 1章 1節
初めに、神が天と地を創造した。
メモ: 創造主が天と地を創造した。技術者の私に納得のいく理解しやすい説明です。
2013/ 3/19 読: 創世記 4章~6章
選: 創世記 6章 8節~9節
しかし、ノアは、主の心にかなっていた。
これはノアの歴史である。ノアは、正しい人であって、その時代にあっても、全き人であった。ノアは神とともに歩んだ。
メモ: しかし、私たちは神とともに歩み、主の心にかなう歩みを共にしたいと思う。
2013/ 3/20 読: 創世記 7章~9章
選: 創世記 9章 5節~6節
わたしはあなたがたのいのちのためには、あなたがたの血の価を要求する。わたしはどんな獣にでも、それを要求する。また人にも、兄弟である者にも、人のいのちを要求する。
人の血を流す者は、人によって、血を流される。神は人を神のかたちにお造りになったから。
メモ: 神は人を神のかたち(似姿)にお造りになった。人を悪く言う事も悪いと思う。
2013/ 3/21 読: 創世記 10章~12章
選: 創世記 11章 8節~9節
こうして主は人々を、そこから地の全面に散らされたので、彼らはその町を建てるのをやめた。
それゆえ、その町の名はバベルと呼ばれた。主が全地のことばをそこで混乱させたから、すなわち、主が人々をそこから地の全面に散らしたからである。
メモ: 主は目的を持って流れを変えられた。私も主の計画に沿って生きたいと思う。
2013/ 3/22 読: 創世記 13章~15章
選: 創世記 15章 5節~6節
そして、彼を外に連れ出して仰せられた。「さあ、天を見上げなさい。星を数えることができるなら、それを数えなさい。」さらに仰せられた。「あなたの子孫はこのようになる。」
彼は主を信じた。主はそれを彼の義と認められた。
メモ: 私たちも主のことばを信じ、信じた通りに行い、主の栄光を現したいと思う。
2013/ 3/23 読: 創世記 16章~18章
選: 創世記 17章 1節~2節
アブラムが九十九歳になったとき主はアブラムに現われ、こう仰せられた。「わたしは全能の神である。あなたはわたしの前を歩み、全き者であれ。
わたしは、わたしの契約を、わたしとあなたとの間に立てる。わたしは、あなたをおびただしくふやそう。」
メモ: 主は全能の神です。私たちは主の前を歩み、全き者でありたいと願う者です。
2013/ 3/24 読: 創世記 19章~21章
選: 創世記 21章 22
そのころ、アビメレクとその将軍ピコルとがアブラハムに告げて言った。「あなたが何をしても、神はあなたとともにおられる。
メモ: 「何をしても、神はあなたとともにおられる。」と言われるようになりたい。
2013/ 3/25 読: 創世記 22章~24章
選: 創世記 24章 52
アブラハムのしもべは、彼らのことばを聞くやいなや、地にひれ伏して主を礼拝した。
メモ: しもべは最初に主を礼拝した。主の導きを信じる私もこのようにしたい思う。
2013/ 3/26 読: 創世記 25章~27章
選: 創世記 26章 26節~28節
そのころ、アビメレクは友人のアフザテとその将軍ピコルと、ゲラルからイサクのところにやって来た。
イサクは彼らに言った。「なぜ、あなたがたは私のところに来たのですか。あなたがたは私を憎んで、あなたがたのところから私を追い出したのに。」
それで彼らは言った。「私たちは、主があなたとともにおられることを、はっきり見たのです。それで私たちは申し出をします。どうか、私たちの間で、すなわち、私たちとあなたとの間で誓いを立ててください。あなたと契約を結びたいのです。
メモ: 「主があなたとともにおられることを、見た。」と言われるようになりたい。
2013/ 3/27 読: 創世記 28章~30章
選: 創世記 28章 16節
ヤコブは眠りからさめて、「まことに主がこの所におられるのに、私はそれを知らなかった。」と言った。
メモ: そう感じなくても、主が常に私たちと共にいてくださる事を感謝しましょう。
2013/ 3/28 読: 創世記 31章~33章
選: 創世記 32章 26節
するとその人は言った。「わたしを去らせよ。夜が明けるから。」しかし、ヤコブは答えた。「私はあなたを去らせません。私を祝福してくださらなければ。」
メモ: 神からの祝福を重要視していたヤコブ。私は祝福の力を再認識したいと思う。
2013/ 3/29 読: 創世記 34章~36章
選: 創世記 35章 2節~3節
それでヤコブは自分の家族と、自分といっしょにいるすべての者とに言った。「あなたがたの中にある異国の神々を取り除き、身をきよめ、着物を着替えなさい。
そうして私たちは立って、ベテルに上って行こう。私はそこで、私の苦難の日に私に答え、私の歩いた道に、いつも私とともにおられた神に祭壇を築こう。」
メモ: 私たちの歩く道に、いつも私たちと共におられるイエス様に感謝しましょう。
2013/ 3/30 読: 創世記 37章~39章
選: 創世記 39章 2節~3節
主がヨセフとともにおられたので、彼は幸運な人となり、そのエジプト人の主人の家にいた。
彼の主人は、主が彼とともにおられ、主が彼のすることすべてを成功させてくださるのを見た。
メモ: ヨセフは自分を売り飛ばした兄弟達を憎まずに、主を頼りに生きたと思える。
2013/ 3/31 読: 創世記 40章~42章
選: 創世記 41章 39節~40節
パロはヨセフに言った。「神がこれらすべてのことをあなたに知らされたのであれば、あなたのように、さとくて知恵のある者はほかにいない。
あなたは私の家を治めてくれ。私の民はみな、あなたの命令に従おう。私があなたにまさっているのは王位だけだ。」
メモ: 神はヨセフを通して働かれた。ヨセフはさとくて知恵ある者として見られた。
前Page