前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2013年04月)

2013/ 4/ 1 読: 創世記 43章~45章
選: 創世記 45章 6節~8節
この二年の間、国中にききんがあったが、まだあと五年は耕すことも刈り入れることもないでしょう。
それで神は私をあなたがたより先にお遣わしになりました。それは、あなたがたのために残りの者をこの地に残し、また、大いなる救いによってあなたがたを生きながらえさせるためだったのです。
だから、今、私をここに遣わしたのは、あなたがたではなく、実に、神なのです。神は私をパロには父とし、その全家の主とし、またエジプト全土の統治者とされたのです。
メモ: ヨセフが兄弟達に売り飛ばされた時、だれがこうなると思っていただろうか。
2013/ 4/ 2 読: 創世記 46章~48章
選: 創世記 46章 2節~4節
神は、夜の幻の中でイスラエルに、「ヤコブよ、ヤコブよ。」と言って呼ばれた。彼は答えた。「はい。ここにいます。」
すると仰せられた。「わたしは神、あなたの父の神である。エジプトに下ることを恐れるな。わたしはそこで、あなたを大いなる国民にするから。
わたし自身があなたといっしょにエジプトに下り、また、わたし自身が必ずあなたを再び導き上る。ヨセフの手はあなたの目を閉じてくれるであろう。」
メモ: 神様は神様が良しとするタイミングで私たちに語り、方向を示してくださる。
2013/ 4/ 3 読: 創世記 49章~50章、出エジプト記 1章
選: 創世記 49章 8節~10節
ユダよ。兄弟たちはあなたをたたえ、あなたの手は敵のうなじの上にあり、あなたの父の子らはあなたを伏し拝む。
ユダは獅子の子。わが子よ。あなたは獲物によって成長する。雄獅子のように、また雌獅子のように、彼はうずくまり、身を伏せる。だれがこれを起こすことができようか。
王権はユダを離れず、統治者の杖はその足の間を離れることはない。ついにはシロが来て、国々の民は彼に従う。
メモ: この民族に王の影も形もない時に、「王権はユダを離れず」と予言している。
2013/ 4/ 4 読: 出エジプト記 2章~4章
選: 出エジプト記 4章 30節~31節
アロンは、主がモーセに告げられたことばをみな告げ、民の目の前でしるしを行なったので、
民は信じた。彼らは、主がイスラエル人を顧み、その苦しみをご覧になったことを聞いて、ひざまずいて礼拝した。
メモ: 神様を知れば知るほど、ひざまずいて神様を礼拝したい気持ちになると思う。
2013/ 4/ 5 読: 出エジプト記 5章~7章
選: 出エジプト記 5章 21節~23節
彼らはふたりに言った。「主があなたがたを見て、さばかれますように。あなたがたはパロやその家臣たちに私たちを憎ませ、私たちを殺すために彼らの手に剣を渡したのです。」
それでモーセは主のもとに戻り、そして申し上げた。「主よ。なぜあなたはこの民に害をお与えになるのですか。何のために、私を遣わされたのですか。
私がパロのところに行って、あなたの御名によって語ってからこのかた、彼はこの民に害を与えています。それなのにあなたは、あなたの民を少しも救い出そうとはなさいません。」
メモ: ここまで状態が悪くなれば、後は神様の救いの御手に頼る道しかないと思う。
2013/ 4/ 6 読: 出エジプト記 8章~10章
選: 出エジプト記 9章 29節~30節
モーセは彼に言った。「私が町を出たら、すぐに主に向かって手を伸べ広げましょう。そうすれば雷はやみ、雹はもう降らなくなりましょう。この地が主のものであることをあなたが知るためです。
しかし、あなたとあなたの家臣が、まだ、神である主を恐れていないことを、私は知っています。」
メモ: この地は創造主である神様のものです。主に喜ばれる使い方をしたいと思う。
2013/ 4/ 7 読: 出エジプト記 11章~13章
選: 出エジプト記 12章 28節
こうしてイスラエル人は行って、行なった。主がモーセとアロンに命じられたとおりに行なった。
メモ: 神様は私たちを愛しています。私を愛する神様の望むことを行いたいと思う。
2013/ 4/ 8 読: 出エジプト記 14章~16章
選: 出エジプト記 15章 25節~26節
モーセは主に叫んだ。すると、主は彼に一本の木を示されたので、モーセはそれを水に投げ入れた。すると、水は甘くなった。その所で主は彼に、おきてと定めを授け、その所で彼を試みられた。
そして、仰せられた。「もし、あなたがあなたの神、主の声に確かに聞き従い、主が正しいと見られることを行ない、またその命令に耳を傾け、そのおきてをことごとく守るなら、わたしはエジプトに下したような病気を何一つあなたの上に下さない。わたしは主、あなたをいやす者である。」
メモ: 主が示すものを使うことによって主の業が成された。主の示しを見極めたい。
2013/ 4/ 9 読: 出エジプト記 17章~19章
選: 出エジプト記 17章 7節
それで、彼はその所をマサ、またはメリバと名づけた。それは、イスラエル人が争ったからであり、また彼らが、「主は私たちの中におられるのか、おられないのか。」と言って、主を試みたからである。
メモ: 「主は私たちの中におられるのか、おられないのか。」主は常におられます。
2013/ 4/10 読: 出エジプト記 20章~22章
選: 出エジプト記 22章 9節
すべての横領事件に際し、牛でも、ろばでも、羊でも、着物でも、どんな紛失物でも、一方が、『それは自分のものだ。』と言う場合、その双方の言い分を、神の前に持ち出さなければならない。そして、神が罪に定めた者は、それを二倍にして相手に償わなければならない。
メモ: 「神の前に持ち出す。」神様は私たちに分かるように、答えてくださいます。
2013/ 4/11 読: 出エジプト記 23章~25章
選: 出エジプト記 25章 40節
よく注意して、あなたが山で示される型どおりに作れ。
メモ: 「よく注意して、神があなたに示す通りに行いなさい。」と受け止めました。
2013/ 4/12 読: 出エジプト記 26章~28章
選: 出エジプト記 28章 1節
あなたは、イスラエル人の中から、あなたの兄弟アロンとその子、すなわち、アロンとその子のナダブとアビフ、エルアザルとイタマルを、あなたのそばに近づけ、祭司としてわたしに仕えさせよ。
メモ: 人を聖職に任命するのは、神ご自身である。それは現代も変わらないようだ。
2013/ 4/13 読: 出エジプト記 29章~31章
選: 出エジプト記 29章 45節~46節
わたしはイスラエル人の間に住み、彼らの神となろう。
彼らは、わたしが彼らの神、主であり、彼らの間に住むために、彼らをエジプトの地から連れ出した者であることを知るようになる。わたしは彼らの神、主である。
メモ: 主は言われる。「わたしはあなたがたの主であり、あなたがたの間に住む。」
2013/ 4/14 読: 出エジプト記 32章~34章
選: 出エジプト記 34章 14節
あなたはほかの神を拝んではならないからである。その名がねたみである主は、ねたむ神であるから。
メモ: 私は、愛する主に忠誠を尽くします。私は、愛する人にも忠誠を尽くします。
2013/ 4/15 読: 出エジプト記 35章~37章
選: 出エジプト記 35章 34節~35節
また、彼の心に人を教える力を授けられた。彼とダン部族のアヒサマクの子オホリアブとに、そうされた。
主は彼らをすぐれた知恵で満たされた。それは彼らが、あらゆる仕事と巧みな設計をなす者として、彫刻する者、設計する者、および、青色、紫色、緋色の撚り糸や亜麻布で刺繍する者、また機織りする者の仕事を成し遂げるためである。
メモ: 私たちの持つ能力は、主からの賜物。感謝しつつ、最大限に用いたいと思う。
2013/ 4/16 読: 出エジプト記 38章~40章
選: 出エジプト記 39章 42節~43節
イスラエル人は、すべて、主がモーセに命じられたとおりに、そのすべての奉仕を行なった。
モーセが、すべての仕事を彼らが、まことに主が命じられたとおりに、したのを見たとき、モーセは彼らを祝福した。
メモ: 私たちも聖書を規準に歩み、主に喜ばれ、主に祝福していただきたいと思う。
2013/ 4/17 読: レビ記 1章~3章
選: レビ記 1章 3節
もしそのささげ物が、牛の全焼のいけにえであれば、傷のない雄牛をささげなければならない。それを、主に受け入れられるために会見の天幕の入口の所に連れて来なければならない。
メモ: 自分の主に対する姿勢を問い直す。常にベストを尽くしているのだろうかと。
2013/ 4/18 読: レビ記 4章~6章
選: レビ記 5章 17節
また、もし人が罪を犯し、主がするなと命じたすべてのうち一つでも行なったときは、たといそれを知らなくても、罪に定められ、その咎を負う。
メモ: 気付かず、知らなかったからと言って、汚れた服がきれいになることはない。
2013/ 4/19 読: レビ記 7章~9章
選: レビ記 8章 36節
こうしてアロンとその子らは、主がモーセを通して命じられたことを残らず行なった。
メモ: 愛する主の望まれることを残らず行えば、主はきっと喜んでくださると思う。
2013/ 4/20 読: レビ記 10章~12章
選: レビ記 11章 45節
わたしは、あなたがたの神となるために、あなたがたをエジプトの地から導き出した主であるから。あなたがたは聖なる者となりなさい。わたしが聖であるから。」
メモ: 私たちの神は、私たちに、「聖なる者となりなさい。」命令しておられます。
2013/ 4/21 読: レビ記 13章~15章
選: レビ記 13章 59節
以上は、羊毛あるいは亜麻布の衣服、織物、編物、あるいはすべての皮製品のらい病の患部についてのおしえであり、それをきよい、あるいは汚れている、と宣言するためである。
メモ: 聖書は私たちにいろいろと教えているので、取扱説明書みたいな物だと思う。
2013/ 4/22 読: レビ記 16章~18章
選: レビ記 18章 30節
あなたがたは、わたしの戒めを守り、あなたがたの先に行なわれていた忌みきらうべき風習を決して行なわないようにしなさい。それによって身を汚してはならない。わたしはあなたがたの神、主である。」
メモ: 身を汚し被害を被るのは私たち自身。神の愛は私たちに注意を呼びかけます。
2013/ 4/23 読: レビ記 19章~21章
選: レビ記 19章 9節~10節
あなたがたの土地の収穫を刈り入れるときは、畑の隅々まで刈ってはならない。あなたの収穫の落ち穂を集めてはならない。
またあなたのぶどう畑の実を取り尽くしてはならない。あなたのぶどう畑の落ちた実を集めてはならない。貧しい者と在留異国人のために、それらを残しておかなければならない。わたしはあなたがたの神、主である。
メモ: 困っている人に求められたら、与える余裕を持つようにと諭しているようだ。
2013/ 4/24 読: レビ記 22章~24章
選: レビ記 22章 21節~22節
また、人が特別の誓願を果たすため、あるいは進んでささげるささげ物として、牛か羊の中から和解のいけにえを主にささげるときは、それが受け入れられるためには傷のないものでなければならない。それにはどのような欠陥もあってはならない。
盲のもの、折れたところのあるもの、傷のあるもの、あるいは、うみの出るもの、湿疹のあるもの、かさぶたのあるもの、あなたがたはこれらのものを主にささげてはならない。また、これらのものを主への火によるささげ物として祭壇の上にささげてはならない。
メモ: 良品のプレゼントは普通のこと。神様への最上のささげものも、普通のこと。
2013/ 4/25 読: レビ記 25章~27章
選: レビ記 26章 3節~5節
もし、あなたがたがわたしのおきてに従って歩み、わたしの命令を守り、それらを行なうなら、
わたしはその季節にしたがってあなたがたに雨を与え、地は産物を出し、畑の木々はその実を結び、
あなたがたの麦打ちは、ぶどうの取り入れ時まで続き、ぶどうの取り入れ時は、種蒔きの時まで続く。あなたがたは満ち足りるまでパンを食べ、安らかにあなたがたの地に住む。
メモ: 神様は私たちの仕事を大いに祝福したいと願っておられる。主の道を歩もう。
2013/ 4/26 読: 民数記 1章~3章
選: 民数記 1章 54節
イスラエルの人々は、このようにし、すべて主がモーセに命じられたとおりに行なった。
メモ: 「頭で分かっている」のと「行う」とは別のこと。行う者でありたいと思う。
2013/ 4/27 読: 民数記 4章~6章
選: 民数記 6章 24節~26節
『主があなたを祝福し、あなたを守られますように。
主が御顔をあなたに照らし、あなたを恵まれますように。
主が御顔をあなたに向け、あなたに平安を与えられますように。』
メモ: 創造主は私たちを祝福したいのです。創造主が定めた範囲を歩みたいと思う。
2013/ 4/28 読: 民数記 7章~9章
選: 民数記 9章 23節
彼らは主の命令によって宿営し、主の命令によって旅立った。彼らはモーセを通して示された主の命令によって、主の戒めを守った。
メモ: 私も、私たちを導き、祝福してくださる神様の指示に従って歩みたいと思う。
2013/ 4/29 読: 民数記 10章~12章
選: 民数記 10章 32節
私たちといっしょに行ってくだされば、主が私たちに下さるしあわせを、あなたにもおわかちしたいのです。」
メモ: 「主が私たちに下さる幸せを、あなたにも分かちたい。」と誘えたらいいね。
2013/ 4/30 読: 民数記 13章~15章
選: 民数記 13章 30節~31節
そのとき、カレブがモーセの前で、民を静めて言った。「私たちはぜひとも、上って行って、そこを占領しよう。必ずそれができるから。」
しかし、彼といっしょに上って行った者たちは言った。「私たちはあの民のところに攻め上れない。あの民は私たちより強いから。」
メモ: 主に信頼し、その力に頼るか、自分の力だけに頼るか、結果は大きく変わる。
前Page