前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2013年05月)

2013/ 5/ 1 読: 民数記 16章~18章
選: 民数記 18章 29節
あなたがたへのすべての贈り物のうち、それぞれ最上の部分で聖別される分のうちから主へのすべての奉納物を供えなさい。
メモ: 神様こそ、私たちを救うために、最上の方イエス・キリストをささげられた。
2013/ 5/ 2 読: 民数記 19章~21章
選: 民数記 21章 34節
しかし、主はモーセに言われた。「彼を恐れてはならない。わたしは彼とそのすべての民とその地とをあなたの手のうちに与えた。あなたがヘシュボンに住んでいたエモリ人の王シホンに対して行なったように、彼に対しても行なえ。」
メモ: 「彼を恐れてはならない。」主は私たちにも同じように語ってくださるのだ。
2013/ 5/ 3 読: 民数記 22章~24章
選: 民数記 23章 11節~12節
バラクはバラムに言った。「あなたは私になんということをしたのですか。私の敵をのろってもらうためにあなたを連れて来たのに、今、あなたはただ祝福しただけです。」
バラムは答えて言った。「主が私の口に置かれること、それを私は忠実に語らなければなりません。」
メモ: バラムは、主の言葉を忠実に伝えた。私は神の言葉、聖書に忠実でありたい。
2013/ 5/ 4 読: 民数記 25章~27章
選: 民数記 25章 11節~13節
「祭司アロンの子エルアザルの子ピネハスは、わたしのねたみをイスラエル人の間で自分のねたみとしたことで、わたしの憤りを彼らから引っ込めさせた。わたしは、わたしのねたみによってイスラエル人を絶ち滅ぼすことはしなかった。
それゆえ、言え。『見よ。わたしは彼にわたしの平和の契約を与える。
これは、彼とその後の彼の子孫にとって、永遠にわたる祭司職の契約となる。それは彼がおのれの神のためにねたみを表わし、イスラエル人の贖いをしたからである。』」
メモ: 平和を望む私たちも、主が喜ぶことを喜び、主が嫌うことを嫌いたいと思う。
2013/ 5/ 5 読: 民数記 28章~30章
選: 民数記 28章 31節
あなたがたは、常供の全焼のいけにえとその穀物のささげ物のほかに、これらのものと――これらは傷のないものでなければならない。――それらにつく注ぎのささげ物とをささげなければならない。
メモ: 私が賛美歌を歌うとき、他のことを考えながら歌っている。傷ついた賛美だ。
2013/ 5/ 6 読: 民数記 31章~33章
選: 民数記 32章 11節~12節
『エジプトから上って来た者たちで二十歳以上の者はだれも、わたしがアブラハム、イサク、ヤコブに誓った地を見ることはできない。彼らはわたしに従い通さなかった。
ただ、ケナズ人エフネの子カレブと、ヌンの子ヨシュアは別である。彼らは主に従い通したからである。』
メモ: 私は弱い。だから力が欲しい。「主よ、私にあなたに従い通す力を下さい。」
2013/ 5/ 7 読: 民数記 34章~36章
選: 民数記 36章 13節
これらは、エリコに近いヨルダンのほとりのモアブの草原で、主がモーセを通してイスラエル人に命じた命令と定めである。
メモ: 神の定めはすべて、人への深い愛によるものです。正しく理解したいと思う。
2013/ 5/ 8 読: 申命記 1章~3章
選: 申命記 2章 7節
事実、あなたの神、主は、あなたのしたすべてのことを祝福し、あなたの、この広大な荒野の旅を見守ってくださったのだ。あなたの神、主は、この四十年の間あなたとともにおられ、あなたは、何一つ欠けたものはなかった。」
メモ: 長い荒野の旅は主に従わなかったからだ。しかし、主は彼らを守られたのだ。
2013/ 5/ 9 読: 申命記 4章~6章
選: 申命記 6章 4節~5節
聞きなさい。イスラエル。主は私たちの神。主はただひとりである。
心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くして、あなたの神、主を愛しなさい。
メモ: 「主は私たちの神。主はただひとりである。」私たちの主を心から喜びます。
2013/ 5/10 読: 申命記 7章~9章
選: 申命記 8章 5節
あなたは、人がその子を訓練するように、あなたの神、主があなたを訓練されることを、知らなければならない。
メモ: 訓練は決して楽なことではない。しかし、成長にはどうしても訓練が必要だ。
2013/ 5/11 読: 申命記 10章~12章
選: 申命記 10章 12節~13節
イスラエルよ。今、あなたの神、主が、あなたに求めておられることは何か。それは、ただ、あなたの神、主を恐れ、主のすべての道に歩み、主を愛し、心を尽くし、精神を尽くしてあなたの神、主に仕え、
あなたのしあわせのために、私が、きょう、あなたに命じる主の命令と主のおきてとを守ることである。
メモ: 主は私たちの幸せを望んでいます。主を恐れ、主を愛し、主の道を歩みたい。
2013/ 5/12 読: 申命記 13章~15章
選: 申命記 13章 4節
あなたがたの神、主に従って歩み、主を恐れなければならない。主の命令を守り、御声に聞き従い、主に仕え、主にすがらなければならない。
メモ: 主は言う。「私に仕え、私にすがりなさい。」と。この主に甘えましょうか。
2013/ 5/13 読: 申命記 16章~18章
選: 申命記 16章 20節
正義を、ただ正義を追い求めなければならない。そうすれば、あなたは生き、あなたの神、主が与えようとしておられる地を、自分の所有とすることができる。
メモ: 神の約束を実現させるためにも、聖書を規準とした正義を追い求めたいのだ。
2013/ 5/14 読: 申命記 19章~21章
選: 申命記 20章 1節
あなたが敵と戦うために出て行くとき、馬や戦車や、あなたよりも多い軍勢を見ても、彼らを恐れてはならない。あなたをエジプトの地から導き上られたあなたの神、主が、あなたとともにおられる。
メモ: 彼らを恐れてはならない。私たちの神、主が、私たちとともにおられるのだ。
2013/ 5/15 読: 申命記 22章~24章
選: 申命記 20章 1節
人が新妻をめとったときは、その者をいくさに出してはならない。これに何の義務をも負わせてはならない。彼は一年の間、自分の家のために自由の身になって、めとった妻を喜ばせなければならない。
メモ: 「めとった妻を喜ばせなければならない。」この命の限りそのようにします。
2013/ 5/16 読: 申命記 25章~27章
選: 申命記 26章 11節
あなたの神、主が、あなたとあなたの家とに与えられたすべての恵みを、あなたは、レビ人およびあなたがたのうちの在留異国人とともに喜びなさい。
メモ: 「ともに喜びなさい。」多く頂いた時は、分け与えることも考えたいと思う。
2013/ 5/17 読: 申命記 28章~30章
選: 申命記 29章 5節~6節
私は、四十年の間、あなたがたに荒野を行かせたが、あなたがたが身に着けている着物はすり切れず、その足のくつもすり切れなかった。
あなたがたはパンも食べず、また、ぶどう酒も強い酒も飲まなかった。それは、「わたしが、あなたがたの神、主である。」と、あなたがたが知るためであった。
メモ: 主の業にその時は気付かなくても、気付かされた時点で主に感謝しましょう。
2013/ 5/18 読: 申命記 31章~33章
選: 申命記 31章 23節
ついで主は、ヌンの子ヨシュアに命じて言われた。「強くあれ。雄々しくあれ。あなたはイスラエル人を、わたしが彼らに誓った地に導き入れなければならないのだ。わたしが、あなたとともにいる。」
メモ: 「私が、あなたと共にいる。」何と心強い言葉でしょう。主よ、感謝します。
2013/ 5/19 読: 申命記 34章、ヨシュア記 1章~2章
選: ヨシュア記 2章 22節
彼らは去って山地のほうへ行き、追っ手が引き返すまで三日間、そこにとどまった。追っ手は彼らを道中くまなく捜したが、見つけることができなかった。
メモ: 追っ手はだまされて捜しに行った。無い物を捜しに行く事は虚しい事と思う。
2013/ 5/20 読: ヨシュア記 3章~5章
選: ヨシュア記 3章 6節
ヨシュアは祭司たちに命じて言った。「契約の箱をかつぎ、民の先頭に立って渡りなさい。」そこで、彼らは契約の箱をかつぎ、民の先頭に立って行った。
メモ: 私はだれを先に行かせ、だれの後について行くのか。イエス・キリストです。
2013/ 5/21 読: ヨシュア記 6章~8章
選: ヨシュア記 7章 1節
しかしイスラエルの子らは、聖絶のもののことで罪を犯し、ユダ部族のゼラフの子ザブディの子であるカルミの子アカンが、聖絶のもののいくらかを取った。そこで、主の怒りはイスラエル人に向かって燃え上がった。
メモ: だれも見ていないから大丈夫と思ったのだろう。しかし、主は見ているのだ。
2013/ 5/22 読: ヨシュア記 9章~11章
選: ヨシュア記 11章 11節
彼らは、その中のすべての者を剣の刃で打ち、彼らを聖絶した。息のあるものは、何も残さなかった。彼はハツォルを火で焼いた。
メモ: 私に戦いを挑んでくる悪、少しくらいは良いだろうと気を許すと、やられる。
2013/ 5/23 読: ヨシュア記 12章~14章
選: ヨシュア記 14章 14節
それで、ヘブロンは、ケナズ人エフネの子カレブの相続地となった。今日もそうである。それは、彼がイスラエルの神、主に従い通したからである。
メモ: 私たちも幸せを得たいと思う。そのためにも、主である神様に従い通します。
2013/ 5/24 読: ヨシュア記 15章~17章
選: ヨシュア記 17章 12節~13節
しかしマナセ族は、これらの町々を占領することができなかった。カナン人はこの土地に住みとおした。
イスラエル人は、強くなってから、カナン人に苦役を課したが、彼らを追い払ってしまうことはなかった。
メモ: 強いうちは支配できるかもしれない。しかし、弱くなったら支配されるのだ。
2013/ 5/25 読: ヨシュア記 18章~20章
選: ヨシュア記 20章 2節~3節
「イスラエル人に告げて言え。わたしがモーセを通してあなたがたに告げておいた、のがれの町をあなたがたのために定め、
あやまって、知らずに人を殺した殺人者が、そこに逃げ込むことのできるようにしなさい。その町々は、あなたがたが血の復讐をする者からのがれる場所となる。
メモ: モーセを通してだろうが、神がいったん語った言葉は無効になることはない。
2013/ 5/26 読: ヨシュア記 21章~23章
選: ヨシュア記 23章 11節
あなたがたは、十分に気をつけて、あなたがたの神、主を愛しなさい。
私たちは、私たちを先に愛してくださった主を愛することを常に心掛けます。
2013/ 5/27 読: ヨシュア記 24章、士師記 1章~2章
選: ヨシュア記 24章 16節~18節
すると、民は答えて言った。「私たちが主を捨てて、ほかの神々に仕えるなど、絶対にそんなことはありません。
私たちの神、主は、私たちと私たちの先祖たちを、エジプトの地、奴隷の家から導き上られた方、私たちの目の前で、あの数々の大きなしるしを行ない、私たちの行くすべての道で、私たちの通ったすべての民の中で、私たちを守られた方だからです。
主はまた、すべての民、この地に住んでいたエモリ人をも、私たちの前から追い払われました。私たちもまた、主に仕えます。主が私たちの神だからです。」
メモ: 私たちは、私たちを哀れみ、導き、守っていてくださる主に心から仕えます。
2013/ 5/28 読: 士師記 3章~5章
選: 士師記 3章 2節
――これはただイスラエルの次の世代の者、これまで戦いを知らない者たちに、戦いを教え、知らせるためである。――
メモ: 主よ、私たちに忍び寄り、支配をたくらむ罪に対する戦いを教えてください。
2013/ 5/29 読: 士師記 6章~8章
選: 士師記 6章 11節~12節
さて主の使いが来て、アビエゼル人ヨアシュに属するオフラにある樫の木の下にすわった。このとき、ヨアシュの子ギデオンはミデヤン人からのがれて、酒ぶねの中で小麦を打っていた。
主の使いが彼に現われて言った。「勇士よ。主があなたといっしょにおられる。」
メモ: 予告はなかった。主の使いは突然現われた。私は主の「突然」が待ち遠しい。
2013/ 5/30 読: 士師記 9章~11章
選: 士師記 10章 15節~16節
すると、イスラエル人は主に言った。「私たちは罪を犯しました。あなたがよいと思われることを何でも私たちにしてください。ただ、どうか、きょう、私たちを救い出してください。」
彼らが自分たちのうちから外国の神々を取り去って、主に仕えたので、主は、イスラエルの苦しみを見るに忍びなくなった。
メモ: 創造者を無視し自分勝手に生きた人も、悔い改めれば、神の赦しを得られる。
2013/ 5/31 読: 士師記 12章~14章
選: 士師記 14章 3節~4節
すると、父と母は彼に言った。「あなたの身内の娘たちのうちに、または、私の民全体のうちに、女がひとりもいないというのか。割礼を受けていないペリシテ人のうちから、妻を迎えるとは。」サムソンは父に言った。「あの女を私にもらってください。あの女が私の気に入ったのですから。」
彼の父と母は、それが主によることだとは知らなかった。主はペリシテ人と事を起こす機会を求めておられたからである。そのころはペリシテ人がイスラエルを支配していた。
メモ: 「主によること」は、私たちの思いや考えをはるかに超えていることが多い。
前Page