前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2013年06月)

2013/ 6/ 1 読: 士師記 15章~17章
選: 士師記 15章 18節~19節
そのとき、彼はひどく渇きを覚え、主に呼び求めて言った。「あなたは、しもべの手で、この大きな救いを与えられました。しかし、今、私はのどが渇いて死にそうで、無割礼の者どもの手に落ちようとしています。」
すると、神はレヒにあるくぼんだ所を裂かれ、そこから水が出た。サムソンは水を飲んで元気を回復して生き返った。それゆえその名は、エン・ハコレと呼ばれた。それは今日もレヒにある。
メモ: 神様はサムソンの願いを聞かれた。神様は私たちの願いをも聞いてくださる。
2013/ 6/ 2 読: 士師記 18章~20章
選: 士師記 19章 20節~21節
すると、この老人は言った。「安心なさい。ただ、足りないものはみな、私に任せて。ただ広場では夜を過ごさないでください。」
こうして彼は、この人を自分の家に連れて行き、ろばに、まぐさをやった。彼らは足を洗って、食べたり飲んだりした。
メモ: 休む所を捜している人のために休む所を提供する。これも良い仕事だと思う。
2013/ 6/ 3 読: 士師記 21章、ルツ記 1章~2章
選: ルツ記 1章 18節
ナオミは、ルツが自分といっしょに行こうと堅く決心しているのを見ると、もうそれ以上は何も言わなかった。
メモ: この堅い決心は後に大きな祝福となった。堅い決心は貫き通す力の基になる。
2013/ 6/ 4 読: ルツ記 3章~4章、サムエル記 第Ⅰ 1章
選: ルツ記 3章 16節~17節
彼女がしゅうとめのところに行くと、しゅうとめは尋ねた。「娘よ。どうでしたか。」ルツは、その人が自分にしたことをみな、しゅうとめに告げて、
言った。「あなたのしゅうとめのところに素手で帰ってはならないと言って、あの方は、この大麦六杯を私に下さいました。」
メモ: ボアズはルツに身内のためのプレゼントを持たせた。この行為を見習いたい。
2013/ 6/ 5 読: サムエル記 第Ⅰ 2章~4章
選: サムエル記 第Ⅰ 2章 16節~17節
人が、「まず、脂肪をすっかり焼いて煙にし、好きなだけお取りなさい。」と言うと、祭司の子は、「いや、いま渡さなければならない。でなければ、私は力ずくで取る。」と言った。
このように、子たちの罪は、主の前で非常に大きかった。主へのささげ物を、この人たちが侮ったからである。
メモ: 私たちの主へのささげ物を、主は重く受け止めておられることがよく分かる。
2013/ 6/ 6 読: サムエル記 第Ⅰ 5章~7章
選: サムエル記 第Ⅰ 7章 8節
そこでイスラエル人はサムエルに言った。「私たちの神、主に叫ぶのをやめないでください。私たちをペリシテ人の手から救ってくださるように。」
メモ: 私たちの身内や仲間の救いのために、主に叫び求めることをしたいと思った。
2013/ 6/ 7 読: サムエル記 第Ⅰ 8章~10章
選: サムエル記 第Ⅰ 10章 26節
サウルもまた、ギブアの自分の家へ帰った。神に心を動かされた勇者は、彼について行った。
メモ: 私たちはだれに心を動かされるのだろう。神に心を動かされる者でありたい。
2013/ 6/ 8 読: サムエル記 第Ⅰ 11章~13章
選: サムエル記 第Ⅰ 12章 24節
ただ、主を恐れ、心を尽くし、誠意をもって主に仕えなさい。主がどれほど偉大なことをあなたがたになさったかを見分けなさい。
メモ: 主がどれほど偉大なことを私たちになさったかを見分け、感謝したいと思う。
2013/ 6/ 9 読: サムエル記 第Ⅰ 14章~16章
選: サムエル記 第Ⅰ 15章 22節~23節
するとサムエルは言った。「主は主の御声に聞き従うことほどに、全焼のいけにえや、その他のいけにえを喜ばれるだろうか。見よ。聞き従うことは、いけにえにまさり、耳を傾けることは、雄羊の脂肪にまさる。
まことに、そむくことは占いの罪、従わないことは偶像礼拝の罪だ。あなたが主のことばを退けたので、主もあなたを王位から退けた。」
メモ: 主は何を望んでおられるのか。このことを見極めて実行していきたいと思う。
2013/ 6/10 読: サムエル記 第Ⅰ 17章~19章
選: サムエル記 第Ⅰ 17章 36節~37節
このしもべは、獅子でも、熊でも打ち殺しました。あの割礼を受けていないペリシテ人も、これらの獣の一匹のようになるでしょう。生ける神の陣をなぶったのですから。」
ついで、ダビデは言った。「獅子や、熊の爪から私を救い出してくださった主は、あのペリシテ人の手からも私を救い出してくださいます。」サウルはダビデに言った。「行きなさい。主があなたとともにおられるように。」
メモ: 今まで私を救い出してくださった主は、今後も私を救い出してくださいます。
2013/ 6/11 読: サムエル記 第Ⅰ 20章~22章
選: サムエル記 第Ⅰ 22章 1節~2節
ダビデはそこを去って、アドラムのほら穴に避難した。彼の兄弟たちや、彼の父の家のみなの者が、これを聞いて、そのダビデのところに下って来た。
また、困窮している者、負債のある者、不満のある者たちもみな、彼のところに集まって来たので、ダビデは彼らの長となった。こうして、約四百人の者が彼とともにいるようになった。
メモ: 彼は試練の中で、この複雑な集団をまとめる管理能力を身に付けたのだろう。
2013/ 6/12 読: サムエル記 第Ⅰ 23章~25章
選: サムエル記 第Ⅰ 25章 32節~34節
ダビデはアビガイルに言った。「きょう、あなたを私に会わせるために送ってくださったイスラエルの神、主がほめたたえられますように。
あなたの判断が、ほめたたえられるように。また、きょう、私が血を流す罪を犯し、私自身の手で復讐しようとしたのをやめさせたあなたに、誉れがあるように。
私をとどめて、あなたに害を加えさせられなかったイスラエルの神、主は生きておられる。もし、あなたが急いで私に会いに来なかったなら、確かに、明け方までにナバルには小わっぱひとりも残らなかったであろう。」
メモ: 主が私たちの背後で私たちを導いている事を発見しながら人生を楽しみたい。
2013/ 6/13 読: サムエル記 第Ⅰ 26章~28章
選: サムエル記 第Ⅰ 26章 12節
こうしてダビデはサウルの枕もとの槍と水差しとを取り、ふたりは立ち去ったが、だれひとりとしてこれを見た者も、気づいた者も、目をさました者もなかった。主が彼らを深い眠りに陥れられたので、みな眠りこけていたからである。
メモ: 私たちには普通の出来事と思えるが、実際は、「主によって」も多いと思う。
2013/ 6/14 読: サムエル記 第Ⅰ 29章~31章
選: サムエル記 第Ⅰ 30章 23節~24節
ダビデは言った。「兄弟たちよ。主が私たちに賜わった物を、そのようにしてはならない。主が私たちを守り、私たちを襲った略奪隊を私たちの手に渡されたのだ。
だれが、このことについて、あなたがたの言うことを聞くだろうか。戦いに下って行った者への分け前も、荷物のそばにとどまっていた者への分け前も同じだ。共に同じく分け合わなければならない。」
メモ: 主の助けにより手に入れたので、主が賜った物です。私たちの物もそうです。
2013/ 6/15 読: サムエル記 第Ⅱ 1章~3章
選: サムエル記 第Ⅱ 1章 16節
そのとき、ダビデは彼に言った。「おまえの血は、おまえの頭にふりかかれ。おまえ自身の口で、『私は主に油そそがれた方を殺した。』と言って証言したからである。」
メモ: 神は人を創造され愛しておられる。人を言葉で殺すこともあってはならない。
2013/ 6/16 読: サムエル記 第Ⅱ 4章~6章
選: サムエル記 第Ⅱ 5章 12節
ダビデは、主が彼をイスラエルの王として堅く立て、ご自分の民イスラエルのために、彼の王国を盛んにされたのを知った。
メモ: 主がなしてくださっている事に気が付く。この時、喜びに満たされると思う。
2013/ 6/17 読: サムエル記 第Ⅱ 7章~9章
選: サムエル記 第Ⅱ 7章 8節~9節
今、わたしのしもべダビデにこう言え。万軍の主はこう仰せられる。わたしはあなたを、羊の群れを追う牧場からとり、わたしの民イスラエルの君主とした。
そして、あなたがどこに行っても、あなたとともにおり、あなたの前であなたのすべての敵を断ち滅ぼした。わたしは地上の大いなる者の名に等しい大いなる名をあなたに与える。
メモ: 「あなたがどこに行っても、あなたとともにおる。」と万軍の主は言われた。
2013/ 6/18 読: サムエル記 第Ⅱ 10章~12章
選: サムエル記 第Ⅱ 10章 11節~12節
ヨアブは言った。「もし、アラムが私より強ければ、おまえが私を救ってくれ。もし、アモン人がおまえより強かったら、私がおまえを救いに行こう。
強くあれ。われわれの民のため、われわれの神の町々のために全力を尽くそう。主はみこころにかなうことをされる。」
メモ: 「主の戦いだから、様子を見ていましょう。」では、何も起こらないと思う。
2013/ 6/19 読: サムエル記 第Ⅱ 13章~15章
選: サムエル記 第Ⅱ 15章 25節~26節
王はツァドクに言った。「神の箱を町に戻しなさい。もし、私が主の恵みをいただくことができれば、主は、私を連れ戻し、神の箱とその住まいとを見せてくださろう。
もし主が、『あなたはわたしの心にかなわない。』と言われるなら、どうか、この私に主が良いと思われることをしてくださるように。」
メモ: 主の恵みに重きを置いていた彼は、主からの多くの祝福を得ることになった。
2013/ 6/20 読: サムエル記 第Ⅱ 16章~17章
選: サムエル記 第Ⅱ 17章 14節
アブシャロムとイスラエルの民はみな言った。「アルキ人フシャイのはかりごとは、アヒトフェルのはかりごとよりも良い。」これは主がアブシャロムにわざわいをもたらそうとして、主がアヒトフェルのすぐれたはかりごとを打ちこわそうと決めておられたからであった。
メモ: 戦略会議での出来事でした。しかし、手綱を握っていたのは主ご自身でした。
2013/ 6/21 読: サムエル記 第Ⅱ 19章~21章
選: サムエル記 第Ⅱ 19章 21節
ツェルヤの子アビシャイは口をはさんで言った。「シムイは、主に油そそがれた方をのろったので、そのために死に値するのではありませんか。」
メモ: 主の指示により成り立っている事に逆らうほど愚かな事はしたくないと思う。
2013/ 6/22 読: サムエル記 第Ⅱ 22章~24章
選: サムエル記 第Ⅱ 23章 10節~12節
彼は立ち上がり、自分の手が疲れて、手が剣について離れなくなるまでペリシテ人を打ち殺した。主はその日、大勝利をもたらされ、兵士たちが彼のところに引き返して来たのは、ただ、はぎ取るためであった。
彼の次はハラル人アゲの子シャマ。ペリシテ人が隊をなして集まったとき、そこにはレンズ豆の密生した一つの畑があり、民はペリシテ人の前から逃げたが、
彼はその畑の真中に踏みとどまって、これを救い、ペリシテ人を打ち殺した。こうして、主は大勝利をもたらされた。
メモ: 「主は大勝利をもたらされた。」私たちも主に栄光を帰しているでしょうか。
2013/ 6/23 読: 列王記 第Ⅰ 1章~3章
選: 列王記 第Ⅰ 3章 28節
イスラエル人はみな、王が下したさばきを聞いて、王を恐れた。神の知恵が彼のうちにあって、さばきをするのを見たからである。
メモ: 私達は、主への畏れを生じさせるような主の働き人になれたら嬉しいと思う。
2013/ 6/24 読: 列王記 第Ⅰ 4章~6章
選: 列王記 第Ⅰ 6章 12節~13節
「あなたが建てているこの神殿については、もし、あなたがわたしのおきてに歩み、わたしの定めを行ない、わたしのすべての命令を守り、これによって歩むなら、わたしがあなたの父ダビデにあなたについて約束したことを成就しよう。
わたしはイスラエルの子らのただ中に住み、わたしの民イスラエルを捨てることはしない。」
メモ: 「あなたがたは互いに愛し合いなさい。」イエス様が私達に与えた戒めです。
2013/ 6/25 読: 列王記 第Ⅰ 7章~9章
選: 列王記 第Ⅰ 8章 17節
それで私の父ダビデは、イスラエルの神、主の名のために宮を建てることをいつも心がけていた。
メモ: 私達がいつも心がけている事は何でしょうか。神様を喜ばせる事でしょうか。
2013/ 6/26 読: 列王記 第Ⅰ 10章~12章
選: 列王記 第Ⅰ 11章 9節~10節
主はソロモンに怒りを発せられた。それは彼の心がイスラエルの神、主から移り変わったからである。主は二度も彼に現われ、
このことについて、ほかの神々に従って行ってはならないと命じておられたのに、彼は主の命令を守らなかったからである。
メモ: 「主は二度も彼に現われた。」訂正のない神の言葉だから、二度は多いかも。
2013/ 6/27 読: 列王記 第Ⅰ 13章~15章
選: 列王記 第Ⅰ 15章 3節~5節
彼は父がかつて犯したすべての罪を行ない、彼の心は父ダビデの心のようには、彼の神、主と全く一つにはなっていなかった。
しかし、ダビデに免じて、彼の神、主は、エルサレムにおいて彼に一つのともしびを与え、彼の跡を継ぐ子を起こし、エルサレムを堅く立てられた。
それはダビデが主の目にかなうことを行ない、ヘテ人ウリヤのことのほかは、一生の間、主が命じられたすべてのことにそむかなかったからである。
メモ: 主の目にかなう事を行い、主の命令に背かないことを、主と心が一つと言う。
2013/ 6/28 読: 列王記 第Ⅰ 16章~18章
選: 列王記 第Ⅰ 17章 22節~23節
主はエリヤの願いを聞かれたので、子どものいのちはその子のうちに返り、その子は生き返った。
そこで、エリヤはその子を抱いて、屋上の部屋から家の中に降りて来て、その子の母親に渡した。そして、エリヤは言った。「ご覧、あなたの息子は生きている。」
メモ: 私とあなたの創造主である主に、嘘をつく以外に、できない事はありません。
2013/ 6/29 読: 列王記 第Ⅰ 19章~21章
選: 列王記 第Ⅰ 19章 19節~21節
エリヤはそこを立って行って、シャファテの子エリシャを見つけた。エリシャは、十二くびきの牛を先に立て、その十二番目のくびきのそばで耕していた。エリヤが彼のところを通り過ぎて自分の外套を彼に掛けたので、
エリシャは牛をほうっておいて、エリヤのあとを追いかけて行って言った。「私の父と母とに口づけさせてください。それから、あなたに従って行きますから。」エリヤは彼に言った。「行って来なさい。私があなたに何をしたというのか。」
エリシャは引き返して来て、一くびきの牛を取り、それを殺し、牛の用具でその肉を調理し、家族の者たちに与えてそれを食べさせた。それから、彼は立って、エリヤについて行って、彼に仕えた。
メモ: 明日はどんな日になるか分からなくても、私達は主に信頼し従って生きます。
2013/ 6/30 読: 列王記 第Ⅰ 22章、列王記 第Ⅱ 1章~2章
選: 列王記 第Ⅰ 22章 51節~53節
アハブの子アハズヤは、ユダの王ヨシャパテの第十七年にサマリヤでイスラエルの王となり、二年間、イスラエルの王であった。
彼は主の目の前に悪を行ない、彼の父の道と彼の母の道、それに、イスラエルに罪を犯させたネバテの子ヤロブアムの道に歩んだ。
すなわち、彼はバアルに仕え、それを拝み、彼の父が行なったと全く同じように行なって、イスラエルの神、主の怒りを引き起こした。
メモ: 神ではない物を神として崇める伝統よりも、真理に歩む勇気を得たいと思う。
前Page