前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2013年07月)

2013/ 7/ 1 読: 列王記 第Ⅱ 3章~5章
選: 列王記 第Ⅱ 3章 17節~18節
主がこう仰せられるからだ。『風も見ず、大雨も見ないのに、この谷には水があふれる。あなたがたも、あなたがたの家畜も、獣もこれを飲む。』
これは主の目には小さなことだ。主はモアブをあなたがたの手に渡される。
メモ: 私達にとって不可能と思える事も、主にとっては小さな事。主に期待します。
2013/ 7/ 2 読: 列王記 第Ⅱ 6章~8章
選: 列王記 第Ⅱ 7章 1節~2節
エリシャは言った。「主のことばを聞きなさい。主はこう仰せられる。『あすの今ごろ、サマリヤの門で、上等の小麦粉一セアが一シェケルで、大麦二セアが一シェケルで売られるようになる。』」
しかし、侍従で、王がその腕に寄りかかっていた者が、神の人に答えて言った。「たとい、主が天に窓を作られるにしても、そんなことがあるだろうか。」そこで、彼は言った。「確かに、あなたは自分の目でそれを見るが、それを食べることはできない。」
メモ: 私達の考える可能性には限界があります。主の可能性には限界がありません。
2013/ 7/ 3 読: 列王記 第Ⅱ 9章~11章
選: 列王記 第Ⅱ 9章 17節
イズレエルのやぐらの上に、ひとりの見張りが立っていたが、エフーの軍勢がやって来るのを見て、「軍勢が見える。」と言った。ヨラムは、「騎兵ひとりを選んで彼らを迎えにやり、お元気ですかと、尋ねさせなさい。」と言った。
メモ: 私達の主よ。私達の思いと行いを見張って、私達を義の道に導いてください。
2013/ 7/ 4 読: 列王記 第Ⅱ 12章~14章
選: 列王記 第Ⅱ 13章 5節~6節
主がイスラエル人にひとりの救い手を与えられたとき、イスラエルの人々はアラムの支配を脱し、以前のように、自分たちの天幕に住むようになった。
それにもかかわらず、彼らはイスラエルに罪を犯させたヤロブアム家の罪を離れず、なおそれを行ない続け、アシェラ像もサマリヤに立ったままであった。
メモ: 主のなさった業を、偶然の出来事とするのは、主に対して非常に失礼なこと。
2013/ 7/ 5 読: 列王記 第Ⅱ 15章~17章
選: 列王記 第Ⅱ 15章 3節
彼はすべて父アマツヤが行なったとおりに、主の目にかなうことを行なった。
メモ: 私達が気にしたいのは、人の評価ではなく、主が私達をどう評価するかです。
2013/ 7/ 6 読: 列王記 第Ⅱ 18章~20章
選: 列王記 第Ⅱ 19章 12節
私の先祖たちはゴザン、カラン、レツェフ、および、テラサルにいたエデンの人々を滅ぼしたが、その国々の神々は彼らを救い出したのか。
メモ: 聖書では全ての物を創った創造主のことを神と呼んでいる。創造主が神です。
2013/ 7/ 7 読: 列王記 第Ⅱ 21章~23章
選: 列王記 第Ⅱ 23章 21節~23節
王は民全体に命じて言った。「この契約の書にしるされているとおりに、あなたがたの神、主に、過越のいけにえをささげなさい。」
事実、さばきつかさたちがイスラエルをさばいた時代からこのかた、イスラエルの王たちとユダの王たちのどの時代にも、このような過越のいけにえがささげられたことはなかった。
ただ、ヨシヤ王の第十八年に、イスラエルでこの過越のいけにえが主にささげられただけであった。
メモ: 契約の書が守られていない間も、神から注がれる愛が絶えることはなかった。
2013/ 7/ 8 読: 列王記 第Ⅱ 24章~25章、歴代誌 第Ⅰ 1章
選: 列王記 第Ⅱ 24章 2節
そこで主は、カルデヤ人の略奪隊、アラムの略奪隊、モアブの略奪隊、アモン人の略奪隊を遣わしてエホヤキムを攻められた。ユダを攻めて、これを滅ぼすために彼らを遣わされた。主がそのしもべである預言者たちによって告げられたことばのとおりであった。
メモ: 私だったら、とっくに滅ぼしていただろう。神の愛と忍耐に感動するばかり。
2013/ 7/ 9 読: 歴代誌 第Ⅰ 2章~4章
選: 歴代誌 第Ⅰ 4章 9節~10節
ヤベツは彼の兄弟たちよりも重んじられた。彼の母は、「私が悲しみのうちにこの子を産んだから。」と言って、彼にヤベツという名をつけた。
ヤベツはイスラエルの神に呼ばわって言った。「私を大いに祝福し、私の地境を広げてくださいますように。御手が私とともにあり、わざわいから遠ざけて私が苦しむことのないようにしてくださいますように。」そこで神は彼の願ったことをかなえられた。
メモ: ヤベツは兄弟達に憎まれていたのか。彼に責任はない。主は彼を助けられた。
2013/ 7/10 読: 歴代誌 第Ⅰ 5章~7章
選: 歴代誌 第Ⅰ 6章 31節~32節
箱が安置所に納められて後、ダビデが主の宮の歌をつかさどらせるために立てた人々は次のとおりである。
彼らはソロモンがエルサレムに主の宮を建てるまでは、会見の天幕である幕屋の前で、歌をもって仕え、おのおのその定めに従って、奉仕を担当した。
メモ: 主の宮の歌をつかさどるために立てられた人々。私の教会にもいたらいいな。
2013/ 7/11 読: 歴代誌 第Ⅰ 8章~10章
選: 歴代誌 第Ⅰ 9章 27節~30節
彼らは神の宮の回りで夜を過ごした。彼らには任務が課せられており、彼らは朝ごとにかぎをあけた。
彼らの中のある者は、務めの器具をつかさどった。数を合わせてこれらを運び入れ、数を合わせてこれらを運び出した。
彼らの中のある者は、器具、すなわち聖所のすべての器具と、小麦粉、ぶどう酒、油、乳香、バルサム油の管理を割り当てられた。
祭司の子の中には、バルサム油の香料を調合する者たちもいた。
メモ: 聖霊の宮である私達自身の管理にもっと時間をかけ良い状態にしたいと思う。
2013/ 7/12 読: 歴代誌 第Ⅰ 11章~13章
選: 歴代誌 第Ⅰ 11章 1節~2節
全イスラエルは、ヘブロンのダビデのもとに集まって来て言った。「ご覧のとおり、私たちはあなたの骨肉です。
これまで、サウルが王であった時でさえ、イスラエルを動かしていたのは、あなたでした。しかもあなたの神、主は、あなたに言われました。『あなたがわたしの民イスラエルを牧し、あなたがわたしの民イスラエルの君主となる。』」
メモ: 王様は君主ですが、牧者として働くことも彼の神から求められていたのです。
2013/ 7/13 読: 歴代誌 第Ⅰ 14章~16章
選: 歴代誌 第Ⅰ 14章 1節~2節
ツロの王ヒラムは、ダビデのもとに使者を送り、ダビデの王宮を建てるために杉材、石工、大工を送った。
ダビデは、主が彼をイスラエルの王として堅く立て、主の民イスラエルのために、彼の王権がいよいよ盛んにされているのを知った。
メモ: 振り返ってみると、神様がその業を成していたのだなと気が付くこともある。
2013/ 7/14 読: 歴代誌 第Ⅰ 17章~19章
選: 歴代誌 第Ⅰ 18章 6節
ダビデはダマスコのアラムに守備隊を置いた。アラムはダビデのしもべとなり、みつぎものを納める者となった。こうして主は、ダビデの行く先々で、彼に勝利を与えられた。
メモ: 私達は様々な経験で強くなります。しかし、私達に勝利を下さるのは主です。
2013/ 7/15 読: 歴代誌 第Ⅰ 20章~22章
選: 歴代誌 第Ⅰ 22章 18節~19節
「あなたがたの神、主は、あなたがたとともにおられ、周囲の者から守ってあなたがたに安息を与えられたではありませんか。主はこの地の住民を私の手に渡され、この地は主の前とその民の前に服したからです。
そこで今、あなたがたは心を尽くし、精神を尽くして、あなたがたの神、主に求めなさい。立ち上がって、神である主の聖所を建て上げ、主の御名のために建てられた宮に、主の契約の箱と神の聖なる器具を運び入れなさい。」
メモ: 心を尽くし、精神を尽くし、私の神、主に求めます。そして、建て上げます。
2013/ 7/16 読: 歴代誌 第Ⅰ 23章~25章
選: 歴代誌 第Ⅰ 25章 6節~7節
これらはみな、その父の指揮下にあって、シンバル、十弦の琴、立琴を手に、主の宮で歌を歌って、王の指揮の下に神の宮の奉仕に当たる者たちである。アサフ、エドトン、ヘマン、
彼らおよび主にささげる歌の訓練を受けた彼らの同族――彼らはみな達人であった。――の人数は二百八十八人であった。
メモ: 神の宮の奉仕に関することは、王の指揮下に置かれるほど重要なことだった。
2013/ 7/17 読: 歴代誌 第Ⅰ 26章~28章
選: 歴代誌 第Ⅰ 28章 9節
わが子ソロモンよ。今あなたはあなたの父の神を知りなさい。全き心と喜ばしい心持ちをもって神に仕えなさい。主はすべての心を探り、すべての思いの向かうところを読み取られるからである。もし、あなたが神を求めるなら、神はあなたにご自分を現わされる。もし、あなたが神を離れるなら、神はあなたをとこしえまでも退けられる。
メモ: あなたの神を知りなさい。私も私達の創造主についてもっと知りたいと思う。
2013/ 7/18 読: 歴代誌 第Ⅰ 29、歴代誌 第Ⅱ 1章~2章
選: 歴代誌 第Ⅰ 29章 11節~12節
主よ。偉大さと力と栄えと栄光と尊厳とはあなたのものです。天にあるもの地にあるものはみなそうです。主よ。王国もあなたのものです。あなたはすべてのものの上に、かしらとしてあがむべき方です。
富と誉れは御前から出ます。あなたはすべてのものの支配者であられ、御手には勢いと力があり、あなたの御手によって、すべてが偉大にされ、力づけられるのです。
メモ: すべてが偉大にされ、力づけられて行くのは、私達の主の御手によるのです。
2013/ 7/19 読: 歴代誌 第Ⅱ 3章~5章
選: 歴代誌 第Ⅱ 5章 13節~14節
ラッパを吹き鳴らす者、歌うたいたちが、まるでひとりででもあるかのように一致して歌声を響かせ、主を賛美し、ほめたたえた。そして、ラッパとシンバルとさまざまの楽器をかなでて声をあげ、「主はまことにいつくしみ深い。その恵みはとこしえまで。」と主に向かって賛美した。そのとき、その宮、すなわち主の宮は雲で満ちた。
祭司たちは、その雲にさえぎられ、そこに立って仕えることができなかった。主の栄光が神の宮に満ちたからである。
メモ: まるで一人ででもあるかのように一致して歌声を響かせる聖歌隊を作りたい。
2013/ 7/20 読: 歴代誌 第Ⅱ 6章~8章
選: 歴代誌 第Ⅱ 7章 10節
第七の月の二十三日に、彼は民をおのおのの天幕に帰した。彼らは主がダビデと、ソロモンと、その民イスラエルに下さった恵みを喜び、心楽しく帰って行った。
メモ: 主がその民、主を信じる者に下さる恵みを喜び、共に心楽しくなりましょう。
2013/ 7/21 読: 歴代誌 第Ⅱ 9章~11章
選: 歴代誌 第Ⅱ 9章 7節~8節
なんとしあわせなことでしょう。あなたにつく人たちは。なんとしあわせなことでしょう。いつもあなたの前に立って、あなたの知恵を聞くことのできるこの、あなたの家来たちは。
あなたを喜ばれ、その王座にあなたを着かせて、あなたの神、主のために王とされたあなたの神、主はほむべきかな。あなたの神はイスラエルを愛して、これをとこしえにゆるがぬものとされたので、彼らの上にあなたを王として与え、公正と正義とを行なわせられるのです。」
メモ: 私達を喜ばれ、私達の神、主のための働きに私達を召して下さった主に感謝。
2013/ 7/22 読: 歴代誌 第Ⅱ 12章~14章
選: 歴代誌 第Ⅱ 14章 11節
アサはその神、主に叫び求めて言った。「主よ。力の強い者を助けるのも、力のない者を助けるのも、あなたにあっては変わりはありません。私たちの神、主よ。私たちを助けてください。私たちはあなたに拠り頼み、御名によってこの大軍に当たります。主よ。あなたは私たちの神です。人間にすぎない者に、あなたに並ぶようなことはできないようにしてください。」
メモ: 「主よ、私達はあなたに拠り頼み、御名によってこの仕事に取り組みます。」
2013/ 7/23 読: 歴代誌 第Ⅱ 15章~17章
選: 歴代誌 第Ⅱ 15章 7節
しかし、あなたがたこそ強くあってほしいのです。力を落としてはなりません。あなたがたの働きには報いが伴っているからです。」
メモ: 強くあってほしい、力を落としてはいけない。その働きには報いが伴います。
2013/ 7/24 読: 歴代誌 第Ⅱ 18章~20章
選: 歴代誌 第Ⅱ 20章 20節~22節
こうして、彼らは翌朝早く、テコアの荒野へ出陣した。出陣のとき、ヨシャパテは立ち上がって言った。「ユダおよびエルサレムの住民よ。私の言うことを聞きなさい。あなたがたの神、主を信じ、忠誠を示しなさい。その預言者を信じ、勝利を得なさい。」
それから、彼は民と相談し、主に向かって歌う者たち、聖なる飾り物を着けて賛美する者たちを任命した。彼らが武装した者の前に出て行って、こう歌うためであった。「主に感謝せよ。その恵みはとこしえまで。」
彼らが喜びの声、賛美の声をあげ始めたとき、主は伏兵を設けて、ユダに攻めて来たアモン人、モアブ人、セイル山の人々を襲わせたので、彼らは打ち負かされた。
メモ: 私は、私達の神、主を信じ、忠誠を示します。そして、主を喜び賛美します。
2013/ 7/25 読: 歴代誌 第Ⅱ 21章~23章
選: 歴代誌 第Ⅱ 21章 6節~7節
彼はアハブの家の者がしたように、イスラエルの王たちの道に歩んだ。アハブの娘が彼の妻であったからである。彼は主の目の前に悪を行なったが、
主は、ダビデと結ばれた契約のゆえに、ダビデの家を滅ぼすことを望まれなかった。主はダビデとその子孫にいつまでもともしびを与えようと、約束されたからである。
メモ: 神は人との約束を守ろうとしているが、人は神を無視し自分勝手な事をする。
2013/ 7/26 読: 歴代誌 第Ⅱ 24章~26章
選: 歴代誌 第Ⅱ 24章 19節~20節
主は、彼らを主に立ち返らせようと預言者たちを彼らの中に遣わし、預言者たちは彼らを戒めたが、彼らは耳を貸さなかった。
神の霊が祭司エホヤダの子ゼカリヤを捕えたので、彼は民よりも高い所に立って、彼らにこう言った。「神はこう仰せられる。『あなたがたは、なぜ、主の命令を犯して、繁栄を取り逃がすのか。』あなたがたが主を捨てたので、主もあなたがたを捨てられた。」
メモ: 創造主は私達の繁栄を望んでいるのに、私達は私達を造られた神を無視する。
2013/ 7/27 読: 歴代誌 第Ⅱ 27章~29章
選: 歴代誌 第Ⅱ 29章 25節~27節
さらに、彼は、ダビデおよび王の先見者ガド、預言者ナタンの命令のとおりに、レビ人にシンバルと十弦の琴と立琴を持たせて、主の宮に立たせた。この命令は主から出たものであり、その預言者たちを通して与えられたものだからである。
こうして、レビ人はダビデの楽器を手にし、祭司はラッパを手にして立った。
そこで、ヒゼキヤは全焼のいけにえを、祭壇でささげるよう命じた。全焼のいけにえをささげ始めた時に、主の歌が始まり、ラッパがイスラエルの王ダビデの楽器とともに鳴り始めた。
メモ: 楽器を伴なわせ主の歌を歌うことは、主が望まれ、主が命令されたことです。
2013/ 7/28 読: 歴代誌 第Ⅱ 30章~32章
選: 歴代誌 第Ⅱ 32章 6節~8節
彼は、民の上に戦時の隊長たちを立て、彼らを町の門の広場に召集し、彼らに励ましのことばを与えて言った。
「強くあれ。雄々しくあれ。アッシリヤの王に、彼とともにいるすべての大軍に、恐れをなしてはならない。おびえてはならない。彼とともにいる者よりも大いなる方が私たちとともにおられるからである。
彼とともにいる者は肉の腕であり、私たちとともにおられる方は、私たちの神、主、私たちを助け、私たちの戦いを戦ってくださる方である。」民はユダの王ヒゼキヤのことばによって奮い立った。
メモ: 大いなる方が私達と共におられることを、私達は常に自覚しているだろうか。
2013/ 7/29 読: 歴代誌 第Ⅱ 33章~35章
選: 歴代誌 第Ⅱ 34章 2節
彼は主の目にかなうことを行なって、先祖ダビデの道に歩み、右にも左にもそれなかった。
メモ: 私達も主の目にかなうことを行い、主の道を歩み、右にも左にもそれません。
2013/ 7/30 読: 歴代誌 第Ⅱ 36章、エズラ記 1章~2章
選: 歴代誌 第Ⅱ 36章 22節~23節
ペルシヤの王クロスの第一年に、エレミヤにより告げられた主のことばを実現するために、主はペルシヤの王クロスの霊を奮い立たせたので、王は王国中におふれを出し、文書にして言った。
「ペルシヤの王クロスは言う。『天の神、主は、地のすべての王国を私に賜わった。この方はユダにあるエルサレムに、ご自分のために宮を建てることを私にゆだねられた。あなたがた、すべて主の民に属する者はだれでも、その神、主がその者とともにおられるように。その者は上って行くようにせよ。』」
メモ: 神にとって、その言葉を実現するために、妨げになるものは何もありません。
2013/ 7/31 読: エズラ記 3章~5章
選: エズラ記 3章 10節~11節
建築師たちが主の神殿の礎を据えたとき、イスラエルの王ダビデの規定によって主を賛美するために、祭服を着た祭司たちはラッパを持ち、アサフの子らのレビ人たちはシンバルを持って出て来た。
そして、彼らは主を賛美し、感謝しながら、互いに、「主はいつくしみ深い。その恵みはとこしえまでもイスラエルに。」と歌い合った。こうして、主の宮の礎が据えられたので、民はみな、主を賛美して大声で喜び叫んだ。
メモ: 私達は、主を賛美し、感謝しながら「主はいつくしみ深い。」と歌い合った。
前Page