前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2013年08月)

2013/ 8/ 1 読: エズラ記 6章~8章
選: エズラ記 6章 14節
ユダヤ人の長老たちは、預言者ハガイとイドの子ゼカリヤの預言によって、これを建てて成功した。彼らはイスラエルの神の命令により、また、クロスと、ダリヨスと、ペルシヤの王アルタシャスタの命令によって、これを建て終えた。
メモ: 神が王達などの心を動かし命令を出させたのは、すごい助けになったと思う。
2013/ 8/ 2 読: エズラ記 9章~10章、ネヘミヤ記 1章
選: ネヘミヤ記 1章 7節~9節
私たちは、あなたに対して非常に悪いことをして、あなたのしもべモーセにお命じになった命令も、おきても、定めも守りませんでした。
しかしどうか、あなたのしもべモーセにお命じになったことばを、思い起こしてください。『あなたがたが不信の罪を犯すなら、わたしはあなたがたを諸国民の間に散らす。
あなたがたがわたしに立ち返り、わたしの命令を守り行なうなら、たとい、あなたがたのうちの散らされた者が天の果てにいても、わたしはそこから彼らを集め、わたしの名を住ませるためにわたしが選んだ場所に、彼らを連れて来る。』と。
メモ: 自分勝手に生きている人への神様の憐れみにただ感動と感謝するばかりです。
2013/ 8/ 3 読: ネヘミヤ記 2章~4章
選: ネヘミヤ記 4章 19節~21節
私はおもだった人々や、代表者たち、およびその他の人々に言った。「この工事は大きく、また広がっている。私たちは城壁の上で互いに遠く離れ離れになっている。
どこででも、あなたがたが角笛の鳴るのを聞いたら、私たちのところに集まって来なさい。私たちの神が私たちのために戦ってくださるのだ。」
こうして、私たちはこの工事を進めたが、その半分の者は、夜明けから星の現われる時まで、槍を手に取っていた。
メモ: 私達の神が私達のために戦ってくださる。神の言葉を使いながら、神に頼る。
2013/ 8/ 4 読: ネヘミヤ記 5章~7章
選: ネヘミヤ記 6章 15節~16節
こうして、城壁は五十二日かかって、エルルの月の二十五日に完成した。
私たちの敵がみな、これを聞いたとき、私たちの回りの諸国民はみな恐れ、大いに面目を失った。この工事が、私たちの神によってなされたことを知ったからである。
メモ: 神様によってなされた仕事には、人々は普通ではない何かを感じ取るようだ。
2013/ 8/ 5 読: ネヘミヤ記 8章~10章
選: ネヘミヤ記 9章 17節
彼らは聞き従うことを拒み、あなたが彼らの間で行なわれた奇しいみわざを記憶もせず、かえってうなじをこわくし、ひとりのかしらを立ててエジプトでの奴隷の身に戻ろうとしました。それにもかかわらず、あなたは赦しの神であり、情け深く、あわれみ深く、怒るのにおそく、恵み豊かであられるので、彼らをお捨てになりませんでした。
メモ: 神は赦し、情け深く、あわれみ深く、怒るのにおそく、恵み豊かであられる。
2013/ 8/ 6 読: ネヘミヤ記 11章~13章
選: ネヘミヤ記 11章 22節~23節
エルサレムにいるレビ人の監督者はバニの子ウジであった。バニはハシャブヤの子、ハシャブヤはマタヌヤの子、マタヌヤはミカの子である。ウジはアサフの子孫の歌うたいのひとりで、神の宮の礼拝を指導していた。
彼らについては王の命令があり、歌うたいたちには日課が定められていた。
メモ: 歌うたい達について多く書かれている。神様は賛美を重要視していると思う。
2013/ 8/ 7 読: エステル記 1章~3章
選: エステル記 3章 1節~2節
この出来事の後、アハシュエロス王は、アガグ人ハメダタの子ハマンを重んじ、彼を昇進させて、その席を、彼とともにいるすべての首長たちの上に置いた。
それで、王の門のところにいる王の家来たちはみな、ハマンに対してひざをかがめてひれ伏した。王が彼についてこのように命じたからである。しかし、モルデカイはひざもかがめず、ひれ伏そうともしなかった。
メモ: 王の命令を無視しても、創造主以外の何をも伏し拝まなかった彼は強い人だ。
2013/ 8/ 8 読: エステル記 4章~6章
選: エステル記 6章 11節~13節
それで、ハマンは王服と馬を取って来て、モルデカイに着せ、彼を馬に乗せて町の広場に導き、その前で「王が栄誉を与えたいと思われる人はこのとおりである。」と叫んだ。
それからモルデカイは王の門に戻ったが、ハマンは嘆いて、頭をおおい、急いで家に帰った。
そして、ハマンは自分の身に起こった一部始終を妻ゼレシュとすべての友人たちに話した。すると、彼の知恵のある者たちと、妻ゼレシュは彼に言った。「あなたはモルデカイに負けかけておいでですが、このモルデカイが、ユダヤ民族のひとりであるなら、あなたはもう彼に勝つことはできません。きっと、あなたは彼に負けるでしょう。」
メモ: 創造主を礼拝する神の民は、悪の攻撃を受けても、負けることはありません。
2013/ 8/ 9 読: エステル記 7章~9章
選: エステル記 8章 15節~16節
モルデカイは、青色と白色の王服を着、大きな金の冠をかぶり、白亜麻布と紫色のマントをまとって、王の前から出て来た。するとシュシャンの町は喜びの声にあふれた。
ユダヤ人にとって、それは光と、喜びと、楽しみと、栄誉であった。
メモ: 創造主のみに頭を下げた彼は、神の恵みにより、王の次に位する者となった。
2013/ 8/10 読: エステル記 10章、ヨブ記 1章~2章
選: ヨブ記 1章 20節~22節
このとき、ヨブは立ち上がり、その上着を引き裂き、頭をそり、地にひれ伏して礼拝し、
そして言った。「私は裸で母の胎から出て来た。また、裸で私はかしこに帰ろう。主は与え、主は取られる。主の御名はほむべきかな。」
ヨブはこのようになっても罪を犯さず、神に愚痴をこぼさなかった。
メモ: 彼は心の中で神の成す事に間違いはないと信じていた。この信仰を持ちたい。
2013/ 8/11 読: ヨブ記 3章~5章
選: ヨブ記 3章 11節~12節
なぜ、私は、胎から出たとき、死ななかったのか。なぜ、私は、生まれ出たとき、息絶えなかったのか。
なぜ、ひざが私を受けたのか。なぜ、私の吸う乳房があったのか。
メモ: このように思う時もあるでしょう。しかし、創造主は私達を忘れていません。
2013/ 8/12 読: ヨブ記 6章~8章
選: ヨブ記 6章 11節~12節
私にどんな力があるからといって、私は待たなければならないのか。私にどんな終わりがあるからといって、私は耐え忍ばなければならないのか。
私の力は石の力であろうか。私の肉は青銅であろうか。
メモ: 先が見えない時の思いでしょうが、神に鍛えられている最中かもしれません。
2013/ 8/13 読: ヨブ記 9章~11章
選: ヨブ記 9章 11節
たとい神が私のそばを通り過ぎても、私には見えない。神が進んで行っても、私は認めることができない。
メモ: 創造主である神は存在するが、通常、私達の視力で認識することはできない。
2013/ 8/14 読: ヨブ記 12章~14章
選: ヨブ記 12章 11節
口が食物の味を知るように、耳はことばを聞き分けないだろうか。
メモ: 真実なことや正しい行動を促すことを聞き分け、それに動かされたいと思う。
2013/ 8/15 読: ヨブ記 15章~17章
選: ヨブ記 17章 15節
私の望みはいったいどこにあるのか。だれが、私の望みを見つけよう。
メモ: 私達がいちばん望んでいる事は何だろうか。そして、その動機は何だろうか。
2013/ 8/16 読: ヨブ記 18章~20章
選: ヨブ記 19章 4節
もし、私がほんとうにあやまって罪を犯したとしても、私のあやまって犯した罪が私のうちにとどまっているだろうか。
メモ: 神に罪を赦されたと確信する人は、自信を持って、このように語れると思う。
2013/ 8/17 読: ヨブ記 21章~23章
選: ヨブ記 23章 3節~5節
ああ、できれば、どこで神に会えるかを知り、その御座にまで行きたい。
私は御前に訴えを並べたて、ことばの限り討論したい。
私は神が答えることばを知り、私に言われることが何であるかを悟りたい。
メモ: 私達の願いも、「神が私達に言われることが何であるかを悟りたい。」です。
2013/ 8/18 読: ヨブ記 24章~26章
選: ヨブ記 26章 14節
見よ。これらはただ神の道の外側にすぎない。私たちはただ、神についてのささやきしか聞いていない。だれが、その力ある雷を聞き分けえようか。
メモ: 私達が神について知り得る事はわずかです。神の前にへりくだりたいと思う。
2013/ 8/19 読: ヨブ記 27章~29章
選: ヨブ記 28章 28節
こうして、神は人に仰せられた。「見よ。主を恐れること、これが知恵である。悪から離れることは悟りである。」
メモ: 見よ。主を恐れること、これが知恵である。悪から離れることは悟りである。
2013/ 8/20 読: ヨブ記 30章~32章
選: ヨブ記 31章 4節
神は私の道を見られないのだろうか。私の歩みをことごとく数えられないのだろうか。
メモ: 感謝なことに、神は私達の思いを知っておられ、私達の行いを見ておられる。
2013/ 8/21 読: ヨブ記 33章~35章
選: ヨブ記 33章 14節
神はある方法で語られ、また、ほかの方法で語られるが、人はそれに気づかない。
メモ: 創造主の語られることに気が付かない者でありたくないと、心の底から思う。
2013/ 8/22 読: ヨブ記 36章~38章
選: ヨブ記 38章 36節
だれが心のうちに知恵を置いたか。だれが心の奥に悟りを与えたか。
メモ: 知恵はどこから来るのか、真の悟りはどうやって得るのか。神からだと思う。
2013/ 8/23 読: ヨブ記 39章~41章
選: ヨブ記 40章 1節~2節
主はさらに、ヨブに答えて仰せられた。
非難する者が全能者と争おうとするのか。神を責める者は、それを言いたててみよ。
メモ: 主は答えて仰せられた。神が人に答えるなんて、考えてみればすごいことだ。
2013/ 8/24 読: ヨブ記 42章、詩篇 1篇~2篇
選: ヨブ記 42章 12節
主はヨブの前の半生よりあとの半生をもっと祝福された。それで彼は羊一万四千頭、らくだ六千頭、牛一千くびき、雌ろば一千頭を持つことになった。
メモ: 主が祝福すれば、想像もつかなかったことが現実に起こる可能性があるのだ。
2013/ 8/25 読: 詩篇 3篇~5篇
選: 詩篇 3篇 3節
しかし、主よ。あなたは私の回りを囲む盾、私の栄光、そして私のかしらを高く上げてくださる方です。
メモ: 私達には、主に期待しながらの「しかし」がある。これは心に平安を与える。
2013/ 8/26 読: 詩篇 6篇~8篇
選: 詩篇 7篇 17節
その義にふさわしく、主を、私はほめたたえよう。いと高き方、主の御名をほめ歌おう。
メモ: 私達はもっともっと主をほめたたえ、主の御名をほめ歌う必要があると思う。
2013/ 8/27 読: 詩篇 9篇~11篇
選: 詩篇 9篇 1節~2節
私は心を尽くして主に感謝します。あなたの奇しいわざを余すことなく語り告げます。
私は、あなたを喜び、誇ります。いと高き方よ。あなたの御名をほめ歌います。
メモ: 「あなたの奇しいわざを余すことなく語り告げる。」できていない気がする。
2013/ 8/28 読: 詩篇 12篇~14篇
選: 詩篇 13篇 5節~6節
私はあなたの恵みに拠り頼みました。私の心はあなたの救いを喜びます。
私は主に歌を歌います。主が私を豊かにあしらわれたゆえ。
メモ: 私達は主の恵みに拠り頼み、主の救いを喜びます。私達は主に歌を歌います。
2013/ 8/29 読: 詩篇 15篇~17篇
選: 詩篇 15篇 1節~3節
主よ。だれが、あなたの幕屋に宿るのでしょうか。だれが、あなたの聖なる山に住むのでしょうか。
正しく歩み、義を行ない、心の中の真実を語る人。
その人は、舌をもってそしらず、友人に悪を行なわず、隣人への非難を口にしない。
メモ: 話を合わせるための偽りは語りたくない。心の中の真実を語る者でありたい。
2013/ 8/30 読: 詩篇 18篇~20篇
選: 詩篇 18篇 30節~32節
神、その道は完全。主のみことばは純粋。主はすべて彼に身を避ける者の盾。
まことに、主のほかにだれが神であろうか。私たちの神を除いて、だれが岩であろうか。
この神こそ、私に力を帯びさせて私の道を完全にされる。
メモ: 主のみことばは純粋。その中にまじりけはない。そのまま受け入れるがよい。
2013/ 8/31 読: 詩篇 21篇~23篇
選: 詩篇 22篇 4節~5節
私たちの先祖は、あなたに信頼しました。彼らは信頼し、あなたは彼らを助け出されました。
彼らはあなたに叫び、彼らは助け出されました。彼らはあなたに信頼し、彼らは恥を見ませんでした。
メモ: 私達も宣言します。「私達は主に信頼し、私達は恥を見ることはない。」と。
前Page