前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2013年09月)

2013/ 9/ 1 読: 詩篇 24篇~26篇
選: 詩篇 25篇 3節
まことに、あなたを待ち望む者はだれも恥を見ません。ゆえもなく裏切る者は恥を見ます。
メモ: 私達も主を待ち望みます。私達も恥を見ることは絶対ないと確信しています。
2013/ 9/ 2 読: 詩篇 27篇~29篇
選: 詩篇 27篇 14節
待ち望め。主を。雄々しくあれ。心を強くせよ。待ち望め。主を。
メモ: 私達も「主を待ち望め。雄々しくあれ。心を強くせよ。」と勇気づけあおう。
2013/ 9/ 3 読: 詩篇 30篇~32篇
選: 詩篇 32篇 10節~11節
悪者には心の痛みが多い。しかし、主に信頼する者には、恵みが、その人を取り囲む。
正しい者たち。主にあって、喜び、楽しめ。すべて心の直ぐな人たちよ。喜びの声をあげよ。
メモ: 主に信頼し、その恵みに取り囲まれた私達は、心の底から喜び、楽しめます。
2013/ 9/ 4 読: 詩篇 33篇~35篇
選: 詩篇 33篇 18節~21節
見よ。主の目は主を恐れる者に注がれる。その恵みを待ち望む者に。
彼らのたましいを死から救い出し、ききんのときにも彼らを生きながらえさせるために。
私たちのたましいは主を待ち望む。主は、われらの助け、われらの盾。
まことに私たちの心は主を喜ぶ。私たちは、聖なる御名に信頼している。
メモ: 主の目は、主の恵みを待ち望む者に注がれる。主は、主に信頼する人を喜ぶ。
2013/ 9/ 5 読: 詩篇 36篇~38篇
選: 詩篇 37篇 30節~31節
正しい者の口は知恵を語り、その舌は公義を告げる。
心に神のみおしえがあり、彼の歩みはよろけない。
メモ: 私達は知恵を語り心には神の教えがある。私達の歩みはよろけることがない。
2013/ 9/ 6 読: 詩篇 39篇~41篇
選: 詩篇 39篇 1節
私は言った。私は自分の道に気をつけよう。私が舌で罪を犯さないために。私の口に口輪をはめておこう。悪者が私の前にいる間は。
メモ: 言葉は人を元気にする力をも持っている。人を生かす言葉を語りたいと思う。
2013/ 9/ 7 読: 詩篇 42篇~44篇
選: 詩篇 43篇 4節~5節
こうして、私は神の祭壇、私の最も喜びとする神のみもとに行き、立琴に合わせて、あなたをほめたたえましょう。神よ。私の神よ。
わがたましいよ。なぜ、おまえは絶望しているのか。なぜ、御前で思い乱れているのか。神を待ち望め。私はなおも神をほめたたえる。私の救い、私の神を。
メモ: 主の介入を待ち望んでいる間は何をしますか。私達は、神をほめたたえます。
2013/ 9/ 8 読: 詩篇 45篇~47篇
選: 詩篇 47篇 6節~7節
神にほめ歌を歌え。ほめ歌を歌え。われらの王にほめ歌を歌え。ほめ歌を歌え。
まことに神は全地の王。巧みな歌でほめ歌を歌え。
メモ: 私達も、私達の神、私達の救い主、私達の喜びである主に、ほめ歌を歌おう。
2013/ 9/ 9 読: 詩篇 48篇~50篇
選: 詩篇 48篇 1節
主は大いなる方。大いにほめたたえらるべき方。その聖なる山、われらの神の都において。
メモ: 私達の主は大いなる方です。もっと、もっと、ほめたたえられるべき方です。
2013/ 9/10 読: 詩篇 51篇~53篇
選: 詩篇 51篇 16節~17節
たとい私がささげても、まことに、あなたはいけにえを喜ばれません。全焼のいけにえを、望まれません。
神へのいけにえは、砕かれたたましい。砕かれた、悔いた心。神よ。あなたは、それをさげすまれません。
メモ: 私達の主が私達に望むものは、砕かれたたましい、砕かれた、悔いた心です。
2013/ 9/11 読: 詩篇 54篇~56篇
選: 詩篇 55篇 22節
あなたの重荷を主にゆだねよ。主は、あなたのことを心配してくださる。主は決して、正しい者がゆるがされるようにはなさらない。
メモ: 主にゆだねる私達を主は正しい者とし、私達がゆるがされないようにされる。
2013/ 9/12 読: 詩篇 57篇~59篇
選: 詩篇 57篇 7節~8節
神よ。私の心はゆるぎません。私の心はゆるぎません。私は歌い、ほめ歌を歌いましょう。
私のたましいよ。目をさませ。十弦の琴よ。立琴よ、目をさませ。私は暁を呼びさましたい。
メモ: 主によって、私達の心はゆるぎません。私達は歌い、ほめ歌を歌いましょう。
2013/ 9/13 読: 詩篇 60篇~62篇
選: 詩篇 62篇 5節~6節
私のたましいは黙って、ただ神を待ち望む。私の望みは神から来るからだ。
神こそ、わが岩。わが救い。わがやぐら。私はゆるがされることはない。
メモ: 私達の望みは、私達の土台岩である主から来ます。私達はゆるがされません。
2013/ 9/14 読: 詩篇 63篇~65篇
選: 詩篇 65篇 13節
牧草地は羊の群れを着、もろもろの谷は穀物をおおいとしています。人々は喜び叫んでいます。まことに、歌を歌っています。
メモ: 主は私達を祝福し、私達の心は喜びで満ちています。歌わずにいられません。
2013/ 9/15 読: 詩篇 66篇~68篇
選: 詩篇 66篇 8節~9節
国々の民よ。私たちの神をほめたたえよ。神への賛美の声を聞こえさせよ。
神は、私たちを、いのちのうちに保ち、私たちの足をよろけさせない。
メモ: 神は私達の足をよろけさせない。私達の神をほめたたえ、賛美の歌を歌おう。
2013/ 9/16 読: 詩篇 69篇~71篇
選: 詩篇 69篇 30節~31節
私は神の御名を歌をもってほめたたえ、神を感謝をもってあがめます。
それは雄牛、角と割れたひずめのある若い雄牛にまさって主に喜ばれるでしょう。
メモ: 神様は、どんな物質的なささげ物よりも、私達の心からの感謝を喜ぶと思う。
2013/ 9/17 読: 詩篇 72篇~74篇
選: 詩篇 73篇 28節
しかし私にとっては、神の近くにいることが、しあわせなのです。私は、神なる主を私の避け所とし、あなたのすべてのみわざを語り告げましょう。
メモ: しかし私達にとっては、主なる神に思いを寄せることが力の源になるのです。
2013/ 9/18 読: 詩篇 75篇~77篇
選: 詩篇 77篇 13節~14節
神よ。あなたの道は聖です。神のように大いなる神が、ほかにありましょうか。
あなたは奇しいわざを行なわれる神、国々の民の中に御力を現わされる方です。
メモ: 私達の主よ、あなたは奇しいわざを私達にも行われます。心から感謝します。
2013/ 9/19 読: 詩篇 78篇~80篇
選: 詩篇 78篇 38節~39節
しかし、あわれみ深い神は、彼らの咎を赦して、滅ぼさず、幾度も怒りを押え、憤りのすべてをかき立てられはしなかった。
神は、彼らが肉にすぎず、吹き去れば、返って来ない風であることを心に留めてくださった。
メモ: 神様は、私達が弱い者であることを心に留めておられます。だから安心です。
2013/ 9/20 読: 詩篇 81篇~83篇
選: 詩篇 83篇 18節
こうして彼らが知りますように。その名、主であるあなただけが、全地の上にいますいと高き方であることを。
メモ: 全地の上にいます主、いと高き方が、私達の主であることがとてもうれしい。
2013/ 9/21 読: 詩篇 84篇~86篇
選: 詩篇 84篇 1節~2節
万軍の主。あなたのお住まいはなんと、慕わしいことでしょう。
私のたましいは、主の大庭を恋い慕って絶え入るばかりです。私の心も、身も、生ける神に喜びの歌を歌います。
メモ: 私達は主によって幸せ者です。私達は生ける神に心から喜びの歌を歌います。
2013/ 9/22 読: 詩篇 87篇~89篇
選: 詩篇 89篇 1節~2節
私は、主の恵みを、とこしえに歌います。あなたの真実を代々限りなく私の口で知らせます。
私はこう言います。「御恵みは、とこしえに建てられ、あなたは、その真実を天に堅く立てられる。」と。
メモ: 私達は、主の恵みを、とこしえに歌います。私達は、主の真実を知らせます。
2013/ 9/23 読: 詩篇 90篇~92篇
選: 詩篇 91篇 14節~16節
彼がわたしを愛しているから、わたしは彼を助け出そう。彼がわたしの名を知っているから、わたしは彼を高く上げよう。
彼が、わたしを呼び求めれば、わたしは、彼に答えよう。わたしは苦しみのときに彼とともにいて、彼を救い彼に誉れを与えよう。
わたしは、彼を長いいのちで満ち足らせ、わたしの救いを彼に見せよう。
メモ: 彼とは、だれのことでしょうか。主を愛する私達のことではないでしょうか。
2013/ 9/24 読: 詩篇 93篇~95篇
選: 詩篇 95篇 1節~2節
さあ、主に向かって、喜び歌おう。われらの救いの岩に向かって、喜び叫ぼう。
感謝の歌をもって、御前に進み行き、賛美の歌をもって、主に喜び叫ぼう。
メモ: 私達の救いの岩、主に感謝の歌を歌い、賛美の歌で主に向かって喜び歌おう。
2013/ 9/25 読: 詩篇 96篇~98篇
選: 詩篇 96篇 1節~2節
新しい歌を主に歌え。全地よ。主に歌え。
主に歌え。御名をほめたたえよ。日から日へと、御救いの良い知らせを告げよ。
メモ: 主は私達に新しい事をしてくださる。新しい歌が生まれても不思議ではない。
2013/ 9/26 読: 詩篇 99篇~101篇
選: 詩篇 100篇 1節~3節
全地よ。主に向かって喜びの声をあげよ。
喜びをもって主に仕えよ。喜び歌いつつ御前に来たれ。
知れ。主こそ神。主が、私たちを造られた。私たちは主のもの、主の民、その牧場の羊である。
メモ: 主が私達を造られた。私達は私達を愛する主のもの。喜び歌おうではないか。
2013/ 9/27 読: 詩篇 102篇~104篇
選: 詩篇 104篇 33節~34節
私は生きているかぎり、主に歌い、いのちのあるかぎり、私の神にほめ歌を歌いましょう。
私の心の思いが神のみこころにかないますように。私自身は、主を喜びましょう。
メモ: 主を喜び、歌おう。そして、私達の心の思いが主の思いと一致しますように。
2013/ 9/28 読: 詩篇 105篇~107篇
選: 詩篇 105篇 1節~3節
主に感謝して、御名を呼び求めよ。そのみわざを国々の民の中に知らせよ。
主に歌え。主にほめ歌を歌え。そのすべての奇しいみわざに思いを潜めよ。
主の聖なる名を誇りとせよ。主を慕い求める者の心を喜ばせよ。
メモ: 私達は、主の聖なる名を誇ろう。そして、主を慕い求める者の心を喜ばそう。
2013/ 9/29 読: 詩篇 108篇~110篇
選: 詩篇 109篇 26節
わが神、主よ。私を助けてください。あなたの恵みによって、私を救ってください。
メモ: 主よ。私達を助けてください。私達はあなたの恵みだけを頼りにしています。
2013/ 9/30 読: 詩篇 111篇~113篇
選: 詩篇 112篇 9節
彼は貧しい人々に惜しみなく分け与えた。彼の義は永遠に堅く立つ。その角は栄光のうちに高く上げられる。
メモ: 主を恐れ、主の仰せを喜ぶ私達は、貧しい人々に分け与えることができます。
前Page