前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2013年10月)

2013/10/ 1 読: 詩篇 114篇~116篇
選: 詩篇 116篇 1節~2節
私は主を愛する。主は私の声、私の願いを聞いてくださるから。
主は、私に耳を傾けられるので、私は生きるかぎり主を呼び求めよう。
メモ: 私達の愛する主は、私達に耳を傾けられ、私達の願いを聞いてくださいます。
2013/10/ 2 読: 詩篇 117篇~119篇
選: 詩篇 119篇 71節
苦しみに会ったことは、私にとってしあわせでした。私はそれであなたのおきてを学びました。
メモ: 時には辛いことも、私達にとっては喜びです。私達はそれで主の業を見ます。
2013/10/ 3 読: 詩篇 120篇~122篇
選: 詩篇 121篇 7節~8節
主は、すべてのわざわいから、あなたを守り、あなたのいのちを守られる。
主は、あなたを、行くにも帰るにも、今よりとこしえまでも守られる。
メモ: 主は、すべてのわざわいから私達を守り、行くにも帰るにも私達を守られる。
2013/10/ 4 読: 詩篇 123篇~125篇
選: 詩篇 124篇 6節~8節
ほむべきかな。主。主は私たちを彼らの歯のえじきにされなかった。
私たちは仕掛けられたわなから鳥のように助け出された。わなは破られ、私たちは助け出された。
私たちの助けは、天地を造られた主の御名にある。
メモ: 主は、私達を助け出される。私達の助けは、天地を造られた主の御名にある。
2013/10/ 5 読: 詩篇 126篇~128篇
選: 詩篇 126篇 5節~6節
涙とともに種を蒔く者は、喜び叫びながら刈り取ろう。
種入れをかかえ、泣きながら出て行く者は、束をかかえ、喜び叫びながら帰って来る。
メモ: 種蒔きは時には辛いもの。しかし、刈り取りの喜びが私達に約束されている。
2013/10/ 6 読: 詩篇 129篇~131篇
選: 詩篇 131篇 1節
主よ。私の心は誇らず、私の目は高ぶりません。及びもつかない大きなことや、奇しいことに、私は深入りしません。
メモ: 主よ。あなたの心の思いと、あなたの人を見る目を私達にも与えてください。
2013/10/ 7 読: 詩篇 132篇~134篇
選: 詩篇 132篇 15節~16節
わたしは豊かにシオンの食物を祝福し、その貧しい者をパンで満ち足らせよう。
その祭司らに救いを着せよう。その聖徒らは大いに喜び歌おう。
メモ: 私達への祝福は主から来る。私達の救いは主から来る。私達は主を喜びます。
2013/10/ 8 読: 詩篇 135篇~137篇
選: 詩篇 137篇 5節~6節
エルサレムよ。もしも、私がおまえを忘れたら、私の右手がその巧みさを忘れるように。
もしも、私がおまえを思い出さず、私がエルサレムを最上の喜びにもまさってたたえないなら、私の舌が上あごについてしまうように。
メモ: こんなにも故郷を思う気持ちを、理解できないまでも、想像できたらと思う。
2013/10/ 9 読: 詩篇 138篇~140篇
選: 詩篇 139篇 7節~8節
私はあなたの御霊から離れて、どこへ行けましょう。私はあなたの御前を離れて、どこへのがれましょう。
たとい、私が天に上っても、そこにあなたはおられ、私がよみに床を設けても、そこにあなたはおられます。
メモ: 神様は、私達がどこへ行こうとも、そこにおられる。ありがたい事だと思う。
2013/10/10 読: 詩篇 141篇~143篇
選: 詩篇 143篇 10節
あなたのみこころを行なうことを教えてください。あなたこそ私の神であられますから。あなたのいつくしみ深い霊が、平らな地に私を導いてくださるように。
メモ: 私達も心から「あなたのみこころを行うことを教えてください」と祈ります。
2013/10/11 読: 詩篇 144篇~146篇
選: 詩篇 146篇 1節~2節
ハレルヤ。私のたましいよ。主をほめたたえよ。
私は生きているかぎり、主をほめたたえよう。いのちのあるかぎり、私の神に、ほめ歌を歌おう。
メモ: 私達は生きているかぎり、いのちのあるかぎり、私達の神にほめ歌を歌おう。
2013/10/12 読: 詩篇 147篇~149篇
選: 詩篇 147篇 3節
主は心の打ち砕かれた者をいやし彼らの傷を包む。
メモ: 「主は心の打ち砕かれた者をいやし彼らの傷を包む。」彼らとは私達ですよ。
2013/10/13 読: 詩篇 150篇、箴言 1章~2章
選: 詩篇 150篇 3節~5節
角笛を吹き鳴らして、神をほめたたえよ。十弦の琴と立琴をかなでて、神をほめたたえよ。
タンバリンと踊りをもって、神をほめたたえよ。緒琴と笛とで、神をほめたたえよ。
音の高いシンバルで、神をほめたたえよ。鳴り響くシンバルで、神をほめたたえよ。
メモ: 楽器の響きと共に神をほめたたえることに喜びを感じる者でありたいと思う。
2013/10/14 読: 箴言 3章~5章
選: 箴言 3章 6節
あなたの行く所どこにおいても、主を認めよ。そうすれば、主はあなたの道をまっすぐにされる。
メモ: 私達は主が整えた道を歩みたい。主の働きを認めなければ、それはできない。
2013/10/15 読: 箴言 6章~8章
選: 箴言 8章 35節
なぜなら、わたしを見いだす者は、いのちを見いだし、主から恵みをいただくからだ。
メモ: 主を見いだした私達は、いのちを見いだしており、主からの恵みをいただく。
2013/10/16 読: 箴言 9章~11章
選: 箴言 11章 20節
心の曲がった者は主に忌みきらわれる。しかしまっすぐに道を歩む者は主に喜ばれる。
メモ: 真理に基づく歩みは、回り道を必要としない。主に喜ばれる私達でありたい。
2013/10/17 読: 箴言 12章~14章
選: 箴言 12章 15節
愚か者は自分の道を正しいと思う。しかし知恵のある者は忠告を聞き入れる。
メモ: 「互いに人を自分よりもすぐれた者と思いなさい。」と聖書は教えています。
2013/10/18 読: 箴言 15章~17章
選: 箴言 17章 1節
一切れのかわいたパンがあって、平和であるのは、ごちそうと争いに満ちた家にまさる。
メモ: 争いは心を病ませる。そんな時、豪勢な食事もおいしく食べられないと思う。
2013/10/19 読: 箴言 18章~20章
選: 箴言 19章 21節
人の心には多くの計画がある。しかし主のはかりごとだけが成る。
メモ: 主のはかりごとと私達の計画が同じであれば、それは達成されることになる。
2013/10/20 読: 箴言 21章~23章
選: 箴言 21章 2節~3節
人は自分の道はみな正しいと思う。しかし主は人の心の値うちをはかられる。
正義と公義を行なうことは、いけにえにまさって主に喜ばれる。
メモ: 私達の主は常に心を見ておられる。裏表のない正直な人生を送りたいと思う。
2013/10/21 読: 箴言 24章~26章
選: 箴言 25章 21節~22節
もしあなたを憎む者が飢えているなら、パンを食べさせ、渇いているなら、水を飲ませよ。
あなたはこうして彼の頭に燃える炭火を積むことになり、主があなたに報いてくださる。
メモ: 主はすべての人に救いを用意された。主に喜ばれることは、人を愛すること。
2013/10/22 読: 箴言 27章~29章
選: 箴言 25章 25節~26節
人を恐れるとわなにかかる。しかし主に信頼する者は守られる。
支配者の顔色をうかがう者は多い。しかし人をさばくのは主である。
メモ: 上司を恐れ彼の顔色をうかがい、偽りの行動をとると、心に自由がなくなる。
2013/10/23 読: 箴言 30章~31章、伝道者の書 1章
選: 伝道者の書 1章 18節
実に、知恵が多くなれば悩みも多くなり、知識を増す者は悲しみを増す。
メモ: 知恵と知識は真実に基づく。真実を知れば知るほどがっかりすることも多い。
2013/10/24 読: 伝道者の書 2章~4章
選: 伝道者の書 4章 9節
ふたりはひとりよりもまさっている。ふたりが労苦すれば、良い報いがあるからだ。
メモ: 互いに助け合うことができるふたりは、一人一人よりも多くを成せると思う。
2013/10/25 読: 伝道者の書 5章~7章
選: 伝道者の書 5章 18節
見よ。私がよいと見たこと、好ましいことは、神がその人に許されるいのちの日数の間、日の下で骨折るすべての労苦のうちに、しあわせを見つけて、食べたり飲んだりすることだ。これが人の受ける分なのだ。
メモ: 飲食は栄養補給と同時に私達を喜ばせる。飲食は私達にとって楽しみの一つ。
2013/10/26 読: 伝道者の書 8章~10章
選: 伝道者の書 10章 1節
死んだはえは、調合した香油を臭くし、発酵させる。少しの愚かさは、知恵や栄誉よりも重い。
メモ: 合唱も一人のずれによって聞き苦しくなる。ハーモニーを作る者でありたい。
2013/10/27 読: 伝道者の書 11章~12章、雅歌 1章
選: 伝道者の書 12章 1節
あなたの若い日に、あなたの創造者を覚えよ。わざわいの日が来ないうちに、また「何の喜びもない。」と言う年月が近づく前に。
メモ: 創造主に心をとめると、世界観が変わる。私達が楽しむ自然も造られたもの。
2013/10/28 読: 雅歌 2章~4章
選: 雅歌 2章 12節
地には花が咲き乱れ、歌の季節がやって来た。山鳩の声が、私たちの国に聞こえる。
メモ: 急ぎ足の人生よりも、自然を楽しみ、賛美のあふれる人生を送りたいと思う。
2013/10/29 読: 雅歌 5章~7章
選: 雅歌 7章 6節
ああ、慰めに満ちた愛よ。あなたはなんと美しく、快いことよ。
メモ: 創造主の私達への愛は、慰めに満ちた愛、また私達に喜びを与える愛である。
2013/10/30 読: 雅歌 8章、イザヤ書 1章~2章
選: イザヤ書 1章 18節~20節
「さあ、来たれ。論じ合おう。」と主は仰せられる。「たとい、あなたがたの罪が緋のように赤くても、雪のように白くなる。たとい、紅のように赤くても、羊の毛のようになる。
もし喜んで聞こうとするなら、あなたがたは、この国の良い物を食べることができる。
しかし、もし拒み、そむくなら、あなたがたは剣にのまれる。」と、主の御口が語られた。
メモ: 私達を創造された方が私達に幸せを望んでいるのに、私達はなぜ逆らうのか。
2013/10/31 読: イザヤ書 3章~5章
選: イザヤ書 5章 1節~2節
「さあ、わが愛する者のためにわたしは歌おう。そのぶどう畑についてのわが愛の歌を。わが愛する者は、よく肥えた山腹に、ぶどう畑を持っていた。
彼はそこを掘り起こし、石を取り除き、そこに良いぶどうを植え、その中にやぐらを立て、酒ぶねまでも掘って、甘いぶどうのなるのを待ち望んでいた。ところが、酸いぶどうができてしまった。
メモ: 神の畑に植えられている私達は、神の待ち望む実を実らせているのだろうか。
前Page