前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2013年11月)

2013/11/ 1 読: イザヤ書 6章~8章
選: イザヤ書 7章 14節
それゆえ、主みずから、あなたがたに一つのしるしを与えられる。見よ。処女がみごもっている。そして男の子を産み、その名を『インマヌエル』と名づける。
メモ: 主みずから、逆らう私達にしるしを与えられた。主の慈愛に感謝するばかり。
2013/11/ 2 読: イザヤ書 9章~11章
選: イザヤ書 11章 1節~2節
エッサイの根株から新芽が生え、その根から若枝が出て実を結ぶ。
その上に、主の霊がとどまる。それは知恵と悟りの霊、はかりごとと能力の霊、主を知る知識と主を恐れる霊である。
メモ: 主を知れば知るほど主を恐れる気持ちも強くなり、希望も与えられると思う。
2013/11/ 3 読: イザヤ書 12章~14章
選: イザヤ書 11章 1節
その日、あなたは言おう。「主よ。感謝します。あなたは、私を怒られたのに、あなたの怒りは去り、私を慰めてくださいました。」
メモ: 主よ、感謝します。あなたは私達の罪を赦し、私達を慰めてくださいました。
2013/11/ 4 読: イザヤ書 15章~17章
選: イザヤ書 16章 5節
一つの王座が恵みによって堅く立てられ、さばきをなし、公正を求め、正義をすみやかに行なう者が、ダビデの天幕で、真実をもって、そこにすわる。
メモ: うそがなく、公正を求め、正義を行う者。私達もそのようでありたいと思う。
2013/11/ 5 読: イザヤ書 18章~20章
選: イザヤ書 19章 19節~21節
その日、エジプトの国の真中に、主のために、一つの祭壇が建てられ、その国境のそばには、主のために一つの石の柱が立てられ、
それがエジプトの国で、万軍の主のしるしとなり、あかしとなる。彼らがしいたげられて主に叫ぶとき、主は、彼らのために戦って彼らを救い出す救い主を送られる。
そのようにして主はエジプト人にご自身を示し、その日、エジプト人は主を知り、いけにえとささげ物をもって仕え、主に誓願を立ててこれを果たす。
メモ: 今も主は様々の方法でご自身を示される。それに気付く者でありたいと思う。
2013/11/ 6 読: イザヤ書 21章~23章
選: イザヤ書 22章 12節~14節
その日、万軍の神、主は、「泣け。悲しめ。頭を丸めて、荒布をまとえ。」と呼びかけられたのに、
なんと、おまえたちは楽しみ喜び、牛を殺し、羊をほふり、肉を食らい、ぶどう酒を飲み、「飲めよ。食らえよ。どうせ、あすは死ぬのだから。」と言っている。
そこで万軍の主は、私の耳を開かれた。「この罪は、おまえたちが死ぬまでは決して赦されない。」と、万軍の神、主は仰せられた。
メモ: 私達に今必要なことを知っておられる主の呼び掛けに敏感でありたいと思う。
2013/11/ 7 読: イザヤ書 24章~26章
選: イザヤ書 25章 1節
主よ。あなたは私の神。私はあなたをあがめ、あなたの御名をほめたたえます。あなたは遠い昔からの不思議なご計画を、まことに、忠実に成し遂げられました。
メモ: 主の業を信じ、私達の知識を超越している主の不思議なご計画に期待したい。
2013/11/ 8 読: イザヤ書 27章~29章
選: イザヤ書 29章 19節
へりくだる者は主によっていよいよ喜び、貧しい人はイスラエルの聖なる方によって楽しむ。
メモ: へりくだり、主にすべてを明け渡す私達に、主は必ず喜びと楽しみを下さる。
2013/11/ 9 読: イザヤ書 30章~32章
選: イザヤ書 30章 18節
それゆえ、主はあなたがたに恵もうと待っておられ、あなたがたをあわれもうと立ち上がられる。主は正義の神であるからだ。幸いなことよ。主を待ち望むすべての者は。
メモ: 創造主は私達に恵もうと待っておられる。この驚くべきことに感謝するのみ。
2013/11/10 読: イザヤ書 33章~35章
選: イザヤ書 33章 2節
主よ。私たちをあわれんでください。私たちはあなたを待ち望みます。朝ごとに、私たちの腕となり、苦難の時の私たちの救いとなってください。
メモ: 私達の神、創造主は、私達の心からの祈りと感謝に必ず答えてくださいます。
2013/11/11 読: イザヤ書 36章~38章
選: イザヤ書 38章 19節
生きている者、ただ生きている者だけが今日の私のように、あなたをほめたたえるのです。父は子らにあなたのまことについて知らせます。
メモ: 私達が生きている今をどう過ごすか。神をほめたたえることを中心にしたい。
2013/11/12 読: イザヤ書 39章~41章
選: イザヤ書 40章 6節~8節
「呼ばわれ。」と言う者の声がする。私は、「何と呼ばわりましょう。」と答えた。「すべての人は草、その栄光は、みな野の花のようだ。
主のいぶきがその上に吹くと、草は枯れ、花はしぼむ。まことに、民は草だ。
草は枯れ、花はしぼむ。だが、私たちの神のことばは永遠に立つ。」
メモ: 造られた物はいつかなくなる。しかし、私達の神の言葉は永遠に揺るがない。
2013/11/13 読: イザヤ書 42章~44章
選: イザヤ書 44章 18節
彼らは知りもせず、悟りもしない。彼らの目は固くふさがって見ることもできず、彼らの心もふさがって悟ることもできない。
メモ: 神よ、私達はあなたについてもっと悟りたいです。心の目を開いてください。
2013/11/14 読: イザヤ書 45章~47章
選: イザヤ書 45章 5節
わたしが主である。ほかにはいない。わたしのほかに神はいない。あなたはわたしを知らないが、わたしはあなたに力を帯びさせる。
メモ: 「わたしが主である。ほかにはいない。」私達はこれを信じ、主に従います。
2013/11/15 読: イザヤ書 48章~50章
選: イザヤ書 49章 13節
天よ。喜び歌え。地よ。楽しめ。山々よ。喜びの歌声をあげよ。主がご自分の民を慰め、その悩める者をあわれまれるからだ。
メモ: このうれしいことばを信じます。主は私達を慰め、同情してくださるのです。
2013/11/16 読: イザヤ書 51章~53章
選: イザヤ書 51章 11節
主に贖われた者たちは帰って来る。彼らは喜び歌いながらシオンにはいり、その頭にはとこしえの喜びをいただく。楽しみと喜びがついて来、悲しみと嘆きとは逃げ去る。
メモ: 主に贖われた者は喜び歌いながら進む。主に贖われた私達も楽しみましょう。
2013/11/17 読: イザヤ書 54章~56章
選: イザヤ書 55章 6節
主を求めよ。お会いできる間に。近くにおられるうちに、呼び求めよ。
メモ: 私達はいろいろなことを求めます。しかし大切なのは、主を求めることです。
2013/11/18 読: イザヤ書 57章~59章
選: イザヤ書 57章 15節
いと高くあがめられ、永遠の住まいに住み、その名を聖ととなえられる方が、こう仰せられる。「わたしは、高く聖なる所に住み、心砕かれて、へりくだった人とともに住む。へりくだった人の霊を生かし、砕かれた人の心を生かすためである。
メモ: 心砕かれ、へりくだった人を生かすために、私達の神は共に住んでくださる。
2013/11/19 読: イザヤ書 60章~62章
選: イザヤ書 61章 10節~11節
わたしは主によって大いに楽しみ、わたしのたましいも、わたしの神によって喜ぶ。主がわたしに、救いの衣を着せ、正義の外套をまとわせ、花婿のように栄冠をかぶらせ、花嫁のように宝玉で飾ってくださるからだ。
地が芽を出し、園が蒔かれた種を芽生えさせるように、神である主が義と賛美とを、すべての国の前に芽生えさせるからだ。
メモ: 私達は主によって大いに楽しみ、私達のたましいも、私達の神によって喜ぶ。
2013/11/20 読: イザヤ書 63章~65章
選: イザヤ書 64章 8節
しかし、主よ。今、あなたは私たちの父です。私たちは粘土で、あなたは私たちの陶器師です。私たちはみな、あなたの手で造られたものです。
メモ: 主よ、あなたは私達の父です。私達はあなたの愛の御手で造られたものです。
2013/11/21 読: イザヤ書 66章、エレミヤ書 1章~2章
選: イザヤ書 66章 2節
これらすべては、わたしの手が造ったもの、これらすべてはわたしのものだ。――主の御告げ。――わたしが目を留める者は、へりくだって心砕かれ、わたしのことばにおののく者だ。
メモ: 私達は主に目を留めていただきたいので、主の言葉におののく者でありたい。
2013/11/22 読: エレミヤ書 3章~5章
選: エレミヤ書 5章 21節~22節
さあ、これを聞け。愚かで思慮のない民よ。彼らは、目があっても見えず、耳があっても聞こえない。
あなたがたは、わたしを恐れないのか。――主の御告げ。――それとも、わたしの前でおののかないのか。わたしは砂を、海の境とした。越えられない永遠の境界として。波が逆巻いても勝てず、鳴りとどろいても越えられない。
メモ: 私達に必要なのは、主の業を見極める目、主の言葉を聞き分ける耳だと思う。
2013/11/23 読: エレミヤ書 6章~8章
選: エレミヤ書 7章 22節~23節
わたしは、あなたがたの先祖をエジプトの国から連れ出したとき、全焼のいけにえや、ほかのいけにえについては何も語らず、命じもしなかった。
ただ、次のことを彼らに命じて言った。『わたしの声に聞き従え。そうすれば、わたしは、あなたがたの神となり、あなたがたは、わたしの民となる。あなたがたをしあわせにするために、わたしが命じるすべての道を歩め。』
メモ: 神様の命令は何のためにあるのか。私達をしあわせにするためにあるのです。
2013/11/24 読: エレミヤ書 9章~11章
選: エレミヤ書 9章 23節~24節
主はこう仰せられる。「知恵ある者は自分の知恵を誇るな。つわものは自分の強さを誇るな。富む者は自分の富を誇るな。
誇る者は、ただ、これを誇れ。悟りを得て、わたしを知っていることを。わたしは主であって、地に恵みと公義と正義を行なう者であり、わたしがこれらのことを喜ぶからだ。――主の御告げ。――
メモ: 悟りを得て、恵みと公議と正義を行う創造主を知ることは、誇れることです。
2013/11/25 読: エレミヤ書 12章~14章
選: エレミヤ書 14章 22節
異国のむなしい神々の中で、大雨を降らせる者がいるでしょうか。それとも、天が夕立を降らせるでしょうか。私たちの神、主よ。それは、あなたではありませんか。私たちはあなたを待ち望みます。あなたがこれらすべてをなさるからです。
メモ: 「私達はあなたを待ち望みます。」このような切実な祈りを神は喜ぶと思う。
2013/11/26 読: エレミヤ書 15章~17章
選: エレミヤ書 17章 14節
私をいやしてください。主よ。そうすれば、私はいえましょう。私をお救いください。そうすれば、私は救われます。あなたこそ、私の賛美だからです。
メモ: 私達も「あなたこそ、私の賛美だからです。」と心底から言えるでしょうか。
2013/11/27 読: エレミヤ書 18章~20章
選: エレミヤ書 18章 6節
「イスラエルの家よ。この陶器師のように、わたしがあなたがたにすることができないだろうか。――主の御告げ。――見よ。粘土が陶器師の手の中にあるように、イスラエルの家よ、あなたがたも、わたしの手の中にある。
メモ: 主よ、あなたの手の中にある私達を、あなたの喜ぶ者に作り替えてください。
2013/11/28 読: エレミヤ書 21章~23章
選: エレミヤ書 23章 5節
見よ。その日が来る。――主の御告げ。――その日、わたしは、ダビデに一つの正しい若枝を起こす。彼は王となって治め、栄えて、この国に公義と正義を行なう。
メモ: イエス・キリストについての予言。イエス・キリストは再び来る。楽しみだ。
2013/11/29 読: エレミヤ書 24章~26章
選: エレミヤ書 26章 13節
さあ、今、あなたがたの行ないとわざを改め、あなたがたの神、主の御声に聞き従いなさい。そうすれば、主も、あなたがたに語ったわざわいを思い直されるでしょう。
メモ: 主はわざわいを望んではいない。私達が主の声に聞き従うことを望んでいる。
2013/11/30 読: エレミヤ書 27章~29章
選: エレミヤ書 29章 11節~13節
わたしはあなたがたのために立てている計画をよく知っているからだ。――主の御告げ。――それはわざわいではなくて、平安を与える計画であり、あなたがたに将来と希望を与えるためのものだ。
あなたがたがわたしを呼び求めて歩き、わたしに祈るなら、わたしはあなたがたに聞こう。
もし、あなたがたが心を尽くしてわたしを捜し求めるなら、わたしを見つけるだろう。
メモ: 主が私達に望んでいることは、私達が心を尽くして主を捜し求めることです。
前Page