前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2013年12月)

2013/12/ 1 読: エレミヤ書 30章~32章
選: エレミヤ書 32章 17節
「ああ、神、主よ。まことに、あなたは大きな力と、伸ばした御腕とをもって天と地を造られました。あなたには何一つできないことはありません。
メモ: 創造主にできないことはない。神の可能性を制限しているのは人の思いです。
2013/12/ 2 読: エレミヤ書 33章~35章
選: エレミヤ書 35章 14節
レカブの子ヨナダブが、酒を飲むなと子らに命じた命令は守られた。彼らは先祖の命令に聞き従ったので、今日まで飲まなかった。ところが、わたしがあなたがたにたびたび語っても、あなたがたはわたしに聞かなかった。
メモ: 私達は神の言葉、聖書に書かれていることを素直に受け止めているだろうか。
2013/12/ 3 読: エレミヤ書 36章~38章
選: エレミヤ書 38章 16節
そこで、ゼデキヤ王は、ひそかにエレミヤに誓って言った。「私たちのこのいのちを造られた主は生きておられる。私は決してあなたを殺さない。また、あなたのいのちをねらうあの人々の手に、あなたを渡すことも絶対にしない。」
メモ: 私達を造られた創造主は生きておられます。肉眼で見ることはできませんが。
2013/12/ 4 読: エレミヤ書 39章~41章
選: エレミヤ書 39章 18節
わたしは必ずあなたを助け出す。あなたは剣に倒れず、あなたのいのちはあなたの分捕り物としてあなたのものになる。それは、あなたがわたしに信頼したからだ。――主の御告げ。――』」
メモ: 主は、主に信頼する者に必ず報いてくださる。私達はそのことに期待します。
2013/12/ 5 読: エレミヤ書 42章~44章
選: エレミヤ書 42章 6節
私たちは良くても悪くても、あなたを遣わされた私たちの神、主の御声に聞き従います。私たちが私たちの神、主の御声に聞き従ってしあわせを得るためです。」
メモ: 私達は主の声に白紙の状態で耳を傾け、それに聞き従い、しあわせを得ます。
2013/12/ 6 読: エレミヤ書 45章~47章
選: エレミヤ書 46章 28節
わたしのしもべヤコブよ。恐れるな。――主の御告げ。――わたしがあなたとともにいるからだ。わたしは、あなたを追いやった先のすべての国々を滅ぼし尽くすからだ。わたしはあなたを滅ぼし尽くさない。公義によって、あなたを懲らしめ、あなたを罰せずにおくことは決してないが。」
メモ: 主は、「恐れるな。私があなたと共にいるからだ。」と私達をも勇気付ける。
2013/12/ 7 読: エレミヤ書 48章~50章
選: エレミヤ書 50章 20節
その日、その時、――主の御告げ。――イスラエルの咎は見つけようとしても、それはなく、ユダの罪も見つけることはできない。わたしが残す者の罪を、わたしが赦すからだ。」
メモ: 私達は、主イエス・キリストゆえに罪赦された者。この解放感を感謝します。
2013/12/ 8 読: エレミヤ書 51章~52章、哀歌 1章
選: エレミヤ書 51章 10節
主は、私たちの正義の主張を明らかにされた。来たれ。私たちはシオンで、私たちの神、主のみわざを語ろう。
メモ: 来たれ。集まれ。私達は教会で、私達の神、主のみわざを語り、感謝しよう。
2013/12/ 9 読: 哀歌 2章~4章
選: 哀歌 3章 22節~24節
私たちが滅びうせなかったのは、主の恵みによる。主のあわれみは尽きないからだ。
それは朝ごとに新しい。「あなたの真実は力強い。
主こそ、私の受ける分です。」と私のたましいは言う。それゆえ、私は主を待ち望む。
メモ: 「主のあわれみは尽きない。」この言葉は私達に勇気と希望を与えると思う。
2013/12/10 読: 哀歌 5章、エゼキエル書 1章~2章
選: 哀歌 5章 19節~21節
しかし、主よ。あなたはとこしえに御座に着き、あなたの御座は代々に続きます。
なぜ、いつまでも、私たちを忘れておられるのですか。私たちを長い間、捨てられるのですか。
主よ。あなたのみもとに帰らせてください。私たちは帰りたいのです。私たちの日を昔のように新しくしてください。
メモ: 「主よ。あなたのみもとに帰らせてください。」主は快く受け入れて下さる。
2013/12/11 読: エゼキエル書 3章~5章
選: エゼキエル書 5章 13節
わたしの怒りが全うされると、わたしは彼らに対するわたしの憤りを静めて満足する。わたしが彼らに対する憤りを全うするとき、彼らは、主であるわたしが熱心に語ったことを知ろう。
メモ: 主はなぜ熱心に語るのでしょうか。私達を愛し、私達の幸せを願うからです。
2013/12/12 読: エゼキエル書 6章~8章
選: エゼキエル書 6章 9節~10節
あなたがたのうちののがれた者たちは、とりこになって行く国々で、わたしを思い出そう。それは、わたしから離れる彼らの姦淫の心と、偶像を慕う彼らの姦淫の目をわたしが打ち砕くからだ。彼らが自分たちのあらゆる忌みきらうべきことをしたその悪をみずからいとうようになるとき、
彼らは、わたしが主であること、また、わたしがゆえもなくこのわざわいを彼らに下すと言ったのではないことを知ろう。」
メモ: 聖書は故もなく存在しているのではない。救いか裁きか、選ぶのは私達です。
2013/12/13 読: エゼキエル書 9章~11章
選: エゼキエル書 11章 19節~20節
わたしは彼らに一つの心を与える。すなわち、わたしはあなたがたのうちに新しい霊を与える。わたしは彼らのからだから石の心を取り除き、彼らに肉の心を与える。
それは、彼らがわたしのおきてに従って歩み、わたしの定めを守り行なうためである。こうして、彼らはわたしの民となり、わたしは彼らの神となる。
メモ: 神様は与えると言っておられる。私達が受け取らなければなにも変わらない。
2013/12/14 読: エゼキエル書 12章~14章
選: エゼキエル書 14章 11節
それは、イスラエルの家が、二度とわたしから迷い出ず、重ねて自分たちのそむきの罪によって自分自身を汚さないためであり、彼らがわたしの民となり、わたしも彼らの神となるためである。――神である主の御告げ。――」
メモ: 神にそむく罪によって私達は汚れる。神の言葉に従い、聖くありたいと思う。
2013/12/15 読: エゼキエル書 15章~17章
選: エゼキエル書 17章 22節~24節
神である主はこう仰せられる。「わたしは、高い杉のこずえを取り、そのうちから、柔らかい若枝の先を摘み取り、わたしはみずからそれを、高くてりっぱな山に植える。
わたしがそれをイスラエルの高い山に植えると、それは枝を伸ばし、実を結び、みごとな杉の木となり、その下にはあらゆる種類の鳥が住みつき、その枝の陰に宿る。
このとき、野のすべての木は、主であるわたしが、高い木を低くし、低い木を高くし、緑の木を枯らし、枯れ木に芽を出させることを知るようになる。主であるわたしが語り、わたしが行なう。」
メモ: 主は私達が思いも付かない事をなさる。私達はこの主に信頼し、期待します。
2013/12/16 読: エゼキエル書 18章~20章
選: エゼキエル書 18章 30節~32節
それゆえ、イスラエルの家よ、わたしはあなたがたをそれぞれその態度にしたがってさばく。――神である主の御告げ。――悔い改めて、あなたがたのすべてのそむきの罪を振り捨てよ。不義に引き込まれることがないようにせよ。
あなたがたの犯したすべてのそむきの罪をあなたがたの中から放り出せ。こうして、新しい心と新しい霊を得よ。イスラエルの家よ。なぜ、あなたがたは死のうとするのか。
わたしは、だれが死ぬのも喜ばないからだ。――神である主の御告げ。――だから、悔い改めて、生きよ。
メモ: 創造主は私達に何を望んでいるのでしょうか。「悔い改めて生きよ!」です。
2013/12/17 読: エゼキエル書 21章~23章
選: エゼキエル書 22章 30節~31節
わたしがこの国を滅ぼさないように、わたしは、この国のために、わたしの前で石垣を築き、破れ口を修理する者を彼らの間に捜し求めたが、見つからなかった。
それで、わたしは彼らの上に憤りを注ぎ、激しい怒りの火で彼らを絶滅し、彼らの頭上に彼らの行ないを返した。――神である主の御告げ。――」
メモ: 何とか私達を助けたいと願っている神の悲痛な叫びにさえ感じ取れる箇所だ。
2013/12/18 読: エゼキエル書 24章~26章
選: エゼキエル書 24章 21節~24節
『神である主がこう仰せられるとイスラエルの家に言え。見よ。わたしは、あなたがたの力の誇りであり、あなたがたが愛し、心に慕っているわたしの聖所を、汚す。あなたがたが見捨てた息子や娘たちは剣で倒される。
あなたがたはわたしがするようにすることになる。あなたがたは自分の口ひげをおおわず、人々からのパンを食べなくなる。
頭に布を巻きつけ、足にサンダルをはき、嘆いたり泣いたりしないようになる。ただ、自分たちの咎のために朽ち果て、互いに嘆き合うようになる。
エゼキエルはあなたがたのためのしるしとなり、彼がしたとおりを、あなたがたもするようになる。このとき、あなたがたは、わたしが神、主であることを知ろう。
メモ: 何とか気付いて欲しい、悔い改めて欲しいと願う神の大きな愛を強く感じる。
2013/12/19 読: エゼキエル書 27章~29章
選: エゼキエル書 28章 2節
「人の子よ。ツロの君主に言え。神である主はこう仰せられる。あなたは心高ぶり、『私は神だ。海の真中で神の座に着いている。』と言った。あなたは自分の心を神のようにみなしたが、あなたは人であって、神ではない。
メモ: 私達は、万物の創造主に造られた者であることに喜びを感じていたいと思う。
2013/12/20 読: エゼキエル書 30章~32章
選: エゼキエル書 30章 2節~3節
「人の子よ。預言して言え。神である主はこう仰せられる。泣きわめけ。ああ、その日よ。
その日は近い。主の日は近い。その日は曇った日、諸国の民の終わりの時だ。
メモ: 「主の日が来た。」という時に、「待っていました。」とばかりに迎えたい。
2013/12/21 読: エゼキエル書 33章~35章
選: エゼキエル書 33章 11節
彼らにこう言え。『わたしは誓って言う。――神である主の御告げ。――わたしは決して悪者の死を喜ばない。かえって、悪者がその態度を悔い改めて、生きることを喜ぶ。悔い改めよ。悪の道から立ち返れ。イスラエルの家よ。なぜ、あなたがたは死のうとするのか。』
メモ: 「わたしは誓って言う。」と強調する神の愛を「関係ない。」とは言えない。
2013/12/22 読: エゼキエル書 36章~38章
選: エゼキエル書 36章 36節
あなたがたの回りに残された諸国の民も、主であるわたしが、くつがえされた所を建て直し、荒れ果てていた所に木を植えたことを知るようになる。主であるわたしがこれを語り、これを行なう。
メモ: いずれ誰もが、「主が語り、主が行う」ことを知るようになると聖書は語る。
2013/12/23 読: エゼキエル書 39章~41章
選: エゼキエル書 39章 25節~26節
それゆえ、神である主はこう仰せられる。今わたしはヤコブの捕われ人を帰らせ、イスラエルの全家をあわれむ。これは、わたしの聖なる名のための熱心による。
彼らは、自分たちの地に安心して住み、彼らを脅かす者がいなくなるとき、わたしに逆らった自分たちの恥とすべての不信の罪との責めを負おう。
メモ: 神様が業を成す時、私達は本当の自分に気付き、恥じ入ることもあると思う。
2013/12/24 読: エゼキエル書 42章~44章
選: エゼキエル書 44章 10節
レビ人でも、イスラエルが迷って自分たちの偶像を慕って、わたしから迷い出たとき、わたしを捨て去ったので、彼らは自分たちの咎を負わなければならない。
メモ: 動きもしない偶像に頭を下げることは、創造主への侮辱になることだと思う。
2013/12/25 読: エゼキエル書 45章~47章
選: エゼキエル書 45章 9節
神である主はこう仰せられる。イスラエルの君主たちよ。もうたくさんだ。暴虐と暴行を取り除き、公義と正義とを行なえ。わたしの民を重税で追い立てることをやめよ。――神である主の御告げ。――
メモ: 私達の行いに対して、「もうたくさんだ。」と神に言われないようにしたい。
2013/12/26 読: エゼキエル書 48章、ダニエル書 1章~2章
選: ダニエル書 2章 30節
この秘密が私にあらわされたのは、ほかのどの人よりも私に知恵があるからではなく、その解き明かしが王に知らされることによって、あなたの心の思いをあなたがお知りになるためです。
メモ: 主よ、私達の心の思いを調べ、私達の思いを愛ある思いへと導いてください。
2013/12/27 読: ダニエル書 3章~5章
選: ダニエル書 3章 28節
ネブカデネザルは言った。「ほむべきかな、シャデラク、メシャク、アベデ・ネゴの神。神は御使いを送って、王の命令にそむき、自分たちのからだを差し出しても、神に信頼し、自分たちの神のほかはどんな神にも仕えず、また拝まないこのしもべたちを救われた。
メモ: 私達の揺るがない信仰また神への忠誠が、神のなさる大きな働きにつながる。
2013/12/28 読: ダニエル書 6章~8章
選: ダニエル書 6章 26節~27節
私は命令する。私の支配する国においてはどこででも、ダニエルの神の前に震え、おののけ。この方こそ生ける神。永遠に堅く立つ方。その国は滅びることなく、その主権はいつまでも続く。
この方は人を救って解放し、天においても、地においてもしるしと奇蹟を行ない、獅子の力からダニエルを救い出された。」
メモ: ダニエルの神は私達の創造主です。この方に逆らうと痛い思いをすると思う。
2013/12/29 読: ダニエル書 9章~11章
選: ダニエル書 9章 17節~18節
私たちの神よ。今、あなたのしもべの祈りと願いとを聞き入れ、主ご自身のために、御顔の光を、あなたの荒れ果てた聖所に輝かせてください。
私の神よ。耳を傾けて聞いてください。目を開いて私たちの荒れすさんださまと、あなたの御名がつけられている町をご覧ください。私たちが御前に伏して願いをささげるのは、私たちの正しい行ないによるのではなく、あなたの大いなるあわれみによるのです。
メモ: 主よ、私達があなたに願いをささげるのは、あなたのあわれみによるのです。
2013/12/30 読: ダニエル書 12章、ホセア書 1章~2章
選: ダニエル書 12章 1節~3節
その時、あなたの国の人々を守る大いなる君、ミカエルが立ち上がる。国が始まって以来、その時まで、かつてなかったほどの苦難の時が来る。しかし、その時、あなたの民で、あの書にしるされている者はすべて救われる。
地のちりの中に眠っている者のうち、多くの者が目をさます。ある者は永遠のいのちに、ある者はそしりと永遠の忌みに。
思慮深い人々は大空の輝きのように輝き、多くの者を義とした者は、世々限りなく、星のようになる。
メモ: 私達の名前がいのちの書に書き記されるかどうかは、私達の選択によります。
2013/12/31 読: ホセア書 3章~5章
選: ホセア書 5章 15節
彼らが自分の罪を認め、わたしの顔を慕い求めるまで、わたしはわたしの所に戻っていよう。彼らは苦しみながら、わたしを捜し求めよう。
メモ: この言葉の中に神の愛を感じる。神を慕い求める私達を神は待っておられる。
前Page