前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2014年 01月)

2014/ 1/ 1 読: ホセア書 6章~8章
選: ホセア書 6章 1節~3節
「さあ、主に立ち返ろう。主は私たちを引き裂いたが、また、いやし、私たちを打ったが、また、包んでくださるからだ。
主は二日の後、私たちを生き返らせ、三日目に私たちを立ち上がらせる。私たちは、御前に生きるのだ。
私たちは、知ろう。主を知ることを切に追い求めよう。主は暁の光のように、確かに現われ、大雨のように、私たちのところに来、後の雨のように、地を潤される。」
メモ: いろいろと求めるのも良いけれど、主を知ることを切に追い求めたいと思う。
2014/ 1/ 2 読: ホセア書 9章~11章
選: ホセア書 10章 12節
あなたがたは正義の種を蒔き、誠実の実を刈り入れよ。あなたがたは耕地を開拓せよ。今が、主を求める時だ。ついに、主は来て、正義をあなたがたに注がれる。
メモ: 耕地を開拓し主を求め、正義の種を蒔き、主により誠実の実を刈り入れよう。
2014/ 1/ 3 読: ホセア書 12章~14章
選: ホセア書 12章 6節
あなたはあなたの神に立ち返り、誠実と公義とを守り、絶えずあなたの神を待ち望め。
メモ: 焦らずに、今日与えられた仕事を楽しみ、神の時を待ち望んでいたいと思う。
2014/ 1/ 4 読: ヨエル書 1章~3章
選: ヨエル書 2章 12節~14節
「しかし、今、――主の御告げ。――心を尽くし、断食と、涙と、嘆きとをもって、わたしに立ち返れ。」
あなたがたの着物ではなく、あなたがたの心を引き裂け。あなたがたの神、主に立ち返れ。主は情け深く、あわれみ深く、怒るのにおそく、恵み豊かで、わざわいを思い直してくださるからだ。
主が思い直して、あわれみ、そのあとに祝福を残し、また、あなたがたの神、主への穀物のささげ物と注ぎのぶどう酒とを残してくださらないとだれが知ろう。
メモ: 神は人の心を見ています。真理に基づく歩みをし、神からの祝福を受けたい。
2014/ 1/ 5 読: アモス書 1章~3章
選: アモス書 3章 7節
まことに、神である主は、そのはかりごとを、ご自分のしもべ、預言者たちに示さないでは、何事もなさらない。
メモ: イエス・キリストが再びこの世に来られることも、私達に知らされています。
2014/ 1/ 6 読: アモス書 4章~6章
選: アモス書 4章 13節
見よ。山々を造り、風を造り出し、人にその思いが何であるかを告げ、暁と暗やみを造り、地の高い所を歩まれる方、その名は万軍の神、主。
メモ: 私達は自分達の思いを見極め、その思いを真理に添わせる必要があると思う。
2014/ 1/ 7 読: アモス書 7章~9章
選: アモス書 8章 11節~12節
見よ。その日が来る。――神である主の御告げ。――その日、わたしは、この地にききんを送る。パンのききんではない。水に渇くのでもない。実に、主のことばを聞くことのききんである。
彼らは海から海へとさまよい歩き、北から東へと、主のことばを捜し求めて、行き巡る。しかしこれを見いだせない。
メモ: 今は恵みの時です。主のことばを聞こうと思えば、あらゆる方法で聞けます。
2014/ 1/ 8 読: オバデヤ書 1章、ヨナ書 1章~2章
選: オバデヤ書 1章 15節
主の日はすべての国々の上に近づいている。あなたがしたように、あなたにもされる。あなたの報いは、あなたの頭上に返る。
メモ: 私達は何を規準に考えたり行ったりしたら良いのか。答えは聖書にあります。
2014/ 1/ 9 読: ヨナ書 3章~4、ミカ書 1章
選: ヨナ書 4章 10節~11節
主は仰せられた。「あなたは、自分で骨折らず、育てもせず、一夜で生え、一夜で滅びたこのとうごまを惜しんでいる。
まして、わたしは、この大きな町ニネベを惜しまないでいられようか。そこには、右も左もわきまえない十二万以上の人間と、数多くの家畜とがいるではないか。」
メモ: 神の持つ愛と哀れみの心に少しでも近づけたら、人生は大きく変わると思う。
2014/ 1/10 読: ミカ書 2章~4章
選: ミカ書 4章 5節
まことに、すべての国々の民は、おのおの自分の神の名によって歩む。しかし、私たちは、世々限りなく、私たちの神、主の御名によって歩もう。
メモ: 私達はどのような時にも、私達の神、私達の創造主の御名によって歩みます。
2014/ 1/11 読: ミカ書 5章~7章
選: ミカ書 6章 8節
主はあなたに告げられた。人よ。何が良いことなのか。主は何をあなたに求めておられるのか。それは、ただ公儀を行ない、誠実を愛し、へりくだってあなたの神とともに歩むことではないか。
メモ: 公議を行い、誠実を愛し、へりくだって神とともに歩む。難しくないと思う。
2014/ 1/12 読: ナホム書 1章~3章
選: ナホム書 1章 2節~3節
主はねたみ、復讐する神。主は復讐し、憤る方。主はその仇に復讐する方。敵に怒りを保つ方。
主は怒るのにおそく、力強い。主は決して罰せずにおくことはしない方。主の道はつむじ風とあらしの中にある。雲はその足でかき立てられる砂ほこり。
メモ: 主の偉大さと力強さと優しさを感じる。私達の主であるこの方を賛美します。
2014/ 1/13 読: ハバクク書 1章~3章
選: ハバクク書 1章 13節
あなたの目はあまりきよくて、悪を見ず、労苦に目を留めることができないのでしょう。なぜ、裏切り者をながめておられるのですか。悪者が自分より正しい者をのみこむとき、なぜ黙っておられるのですか。
メモ: 神のきよい目を見ることができたら、自分をもっと知ることができると思う。
2014/ 1/14 読: ゼパニヤ書 1章~3章
選: ゼパニヤ書 3章 14節~15節
シオンの娘よ。喜び歌え。イスラエルよ。喜び叫べ。エルサレムの娘よ。心の底から、喜び勝ち誇れ。
主はあなたへの宣告を取り除き、あなたの敵を追い払われた。イスラエルの王、主は、あなたのただ中におられる。あなたはもう、わざわいを恐れない。
メモ: 神の助けを得た私達に求められていることは、心の底から喜び歌うことです。
2014/ 1/15 読: ハガイ書 1章~2章、ゼカリヤ書 1章
選: ゼカリヤ書 1章 14節
私と話していた御使いは私に言った。「叫んで言え。万軍の主はこう仰せられる。『わたしは、エルサレムとシオンを、ねたむほど激しく愛した。
メモ: 神の激しい思いと愛を感じる。私達への愛もこれと同じだと思うから嬉しい。
2014/ 1/16 読: ゼカリヤ書 2章~4章
選: ゼカリヤ書 2章 10節~11節
シオンの娘よ。喜び歌え。楽しめ。見よ。わたしは来て、あなたのただ中に住む。――主の御告げ。――
その日、多くの国々が主につき、彼らはわたしの民となり、わたしはあなたのただ中に住む。あなたは、万軍の主が私をあなたに遣わされたことを知ろう。
メモ: イエス・キリストがその救い主である人々よ、喜び歌え、楽しめ、感謝せよ。
2014/ 1/17 読: ゼカリヤ書 5章~7章
選: ゼカリヤ書 6章 15節
また、遠く離れていた者たちも来て、主の神殿を建て直そう。このとき、あなたがたは、万軍の主が私をあなたがたに遣わされたことを知ろう。もし、あなたがたが、あなたがたの神、主の御声に、ほんとうに聞き従うなら、そのようになる。」
メモ: このようになるだろうと語る主の言葉に聞き従うかどうかで、結果が変わる。
2014/ 1/18 読: ゼカリヤ書 8章~10章
選: ゼカリヤ書 8章 23節
万軍の主はこう仰せられる。「その日には、外国語を話すあらゆる民のうちの十人が、ひとりのユダヤ人のすそを堅くつかみ、『私たちもあなたがたといっしょに行きたい。神があなたがたとともにおられる、と聞いたからだ。』と言う。」
メモ: 神が私達と共におられることを他の人が気付くようになれたらいいなと思う。
2014/ 1/19 読: ゼカリヤ書 11章~13章
選: ゼカリヤ書 13章 9節
わたしは、その三分の一を火の中に入れ、銀を練るように彼らを練り、金をためすように彼らをためす。彼らはわたしの名を呼び、わたしは彼らに答える。わたしは「これはわたしの民。」と言い、彼らは「主は私の神。」と言う。
メモ: 私達は主の名を呼び、主は私達に答える。これは私達が経験する現実的な事。
2014/ 1/20 読: ゼカリヤ書 14章、マラキ書 1章~2章
選: マラキ書 2章 10節
私たちはみな、ただひとりの父を持っているではないか。ただひとりの神が、私たちを創造したではないか。なぜ私たちは、互いに裏切り合い、私たちの先祖の契約を汚すのか。
メモ: 人に対し悪を行うことは、その人の創造主に対しても悪を行うことだと思う。
2014/ 1/21 読: マラキ書 3章~4章、マタイの福音書 1章
選: マラキ書 3章 10節~11節
十分の一をことごとく、宝物倉に携えて来て、わたしの家の食物とせよ。こうしてわたしをためしてみよ。――万軍の主は仰せられる。――わたしがあなたがたのために、天の窓を開き、あふれるばかりの祝福をあなたがたに注ぐかどうかをためしてみよ。
わたしはあなたがたのために、いなごをしかって、あなたがたの土地の産物を滅ぼさないようにし、畑のぶどうの木が不作とならないようにする。――万軍の主は仰せられる。――
すべての国民は、あなたがたをしあわせ者と言うようになる。あなたがたが喜びの地となるからだ。」と万軍の主は仰せられる。
メモ: 私達が神から受けた物をどう扱うか。ここに優先順位が記されていると思う。
2014/ 1/22 読: マタイの福音書 2章~4章
選: マタイの福音書 4章 10節
イエスは言われた。「引き下がれ、サタン。『あなたの神である主を拝み、主にだけ仕えよ。』と書いてある。」
メモ: 「あなたの神である主を拝み、主にだけ仕えよ。」これも神の愛の表現です。
2014/ 1/23 読: マタイの福音書 5章~7章
選: マタイの福音書 6章 19節~21節
自分の宝を地上にたくわえるのはやめなさい。そこでは虫とさびで、きず物になり、また盗人が穴をあけて盗みます。
自分の宝は、天にたくわえなさい。そこでは、虫もさびもつかず、盗人が穴をあけて盗むこともありません。
あなたの宝のあるところに、あなたの心もあるからです。
メモ: 私達の人生は選択です。私達は絶対的な規準で日ごとの選択をしていきます。
2014/ 1/24 マタイの福音書 8章~10章
選: マタイの福音書 10章 8節
病人を直し、死人を生き返らせ、らい病人をきよめ、悪霊を追い出しなさい。あなたがたは、ただで受けたのだから、ただで与えなさい。
メモ: 私達は、神様に与えられた賜物を用いて、多くの人々を豊かにしたいと思う。
2014/ 1/25 読: マタイの福音書 11章~13章
選: マタイの福音書 11章 28節~30節
すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。
わたしは心優しく、へりくだっているから、あなたがたもわたしのくびきを負って、わたしから学びなさい。そうすればたましいに安らぎが来ます。
わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからです。」
メモ: イエス様から学び、たましいに安らぎを得て、心も体も健康に保ちましょう。
2014/ 1/26 読: マタイの福音書 14章~16章
選: マタイの福音書 15章 25節~28節
しかし、その女は来て、イエスの前にひれ伏して、「主よ。私をお助けください。」と言った。
すると、イエスは答えて、「子どもたちのパンを取り上げて、小犬に投げてやるのはよくないことです。」と言われた。
しかし、女は言った。「主よ。そのとおりです。ただ、小犬でも主人の食卓から落ちるパンくずはいただきます。」
そのとき、イエスは彼女に答えて言われた。「ああ、あなたの信仰はりっぱです。その願いどおりになるように。」すると、彼女の娘はその時から直った。
メモ: このあきらめない女性の姿、私達もこの真剣さで神に求めていきたいと思う。
2014/ 1/27 読: マタイの福音書 17章~19章
選: マタイの福音書 18章 12節~14節
あなたがたはどう思いますか。もし、だれかが百匹の羊を持っていて、そのうちの一匹が迷い出たとしたら、その人は九十九匹を山に残して、迷った一匹を捜しに出かけないでしょうか。
そして、もし、いたとなれば、まことに、あなたがたに告げます。その人は迷わなかった九十九匹の羊以上にこの一匹を喜ぶのです。
このように、この小さい者たちのひとりが滅びることは、天にいますあなたがたの父のみこころではありません。
メモ: 神は人の選択に通常は介入しないが、人が滅びることを決して望んでいない。
2014/ 1/28 読: マタイの福音書 20章~22章
選: マタイの福音書 21章 21節~22節
イエスは答えて言われた。「まことに、あなたがたに告げます。もし、あなたがたが、信仰を持ち、疑うことがなければ、いちじくの木になされたようなことができるだけでなく、たとい、この山に向かって、『動いて、海にはいれ。』と言っても、そのとおりになります。
あなたがたが信じて祈り求めるものなら、何でも与えられます。」
メモ: 私達は信じて祈り求めます。そして創造主のなさる業を楽しみにしています。
2014/ 1/29 読: マタイの福音書 23章~25章
選: マタイの福音書 25章 34節~36節
そうして、王は、その右にいる者たちに言います。『さあ、わたしの父に祝福された人たち。世の初めから、あなたがたのために備えられた御国を継ぎなさい。
あなたがたは、わたしが空腹であったとき、わたしに食べる物を与え、わたしが渇いていたとき、わたしに飲ませ、わたしが旅人であったとき、わたしに宿を貸し、
わたしが裸のとき、わたしに着る物を与え、わたしが病気をしたとき、わたしを見舞い、わたしが牢にいたとき、わたしをたずねてくれたからです。』
メモ: 人と接する時に、神と接していると思って行動したほうがよさそうだと思う。
2014/ 1/30 読: マタイの福音書 26章~28章
選: マタイの福音書 26章 39節
それから、イエスは少し進んで行って、ひれ伏して祈って言われた。「わが父よ。できますならば、この杯をわたしから過ぎ去らせてください。しかし、わたしの願うようにではなく、あなたのみこころのように、なさってください。」
メモ: みこころが天で行われるように、私たちにも、みこころが行われますように。
2014/ 1/31 読: マルコの福音書 1章~3章
選: マルコの福音書 2章 17節
イエスはこれを聞いて、彼らにこう言われた。「医者を必要とするのは丈夫な者ではなく、病人です。わたしは正しい人を招くためではなく、罪人を招くために来たのです。」
メモ: 自分に正直であれば、私達も招かれた人々に含まれていることが分かるはず。
前Page