前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2014年 02月)

2014/ 2/ 1 読: マルコの福音書 4章~6章
選: マルコの福音書 6章 51節~52節
そして舟に乗り込まれると、風がやんだ。彼らの心中の驚きは非常なものであった。
というのは、彼らはまだパンのことから悟るところがなく、その心は堅く閉じていたからである。
メモ: 物事を決めつける心は、事実を受け入れそれを理解することを妨げると思う。
2014/ 2/ 2 読: マルコの福音書 7章~9章
選: マルコの福音書 9章 35節
イエスはおすわりになり、十二弟子を呼んで、言われた。「だれでも人の先に立ちたいと思うなら、みなのしんがりとなり、みなに仕える者となりなさい。」
メモ: 私達がだれかに仕えるのであれば、どのような人に仕えたいと思うでしょう。
2014/ 2/ 3 読: マルコの福音書 10章~12章
選: マルコの福音書 12章 29節~31節
イエスは答えられた。「一番たいせつなのはこれです。『イスラエルよ。聞け。われらの神である主は、唯一の主である。
心を尽くし、思いを尽くし、知性を尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。』
次にはこれです。『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。』この二つより大事な命令は、ほかにありません。」
メモ: 神の命令を守れば、恩恵を受けるのは私達自身です。神の人への思いに感謝。
2014/ 2/ 4 読: マルコの福音書 13章~15章
選: マルコの福音書 14章 33節~36節
そして、ペテロ、ヤコブ、ヨハネをいっしょに連れて行かれた。イエスは深く恐れもだえ始められた。
そして彼らに言われた。「わたしは悲しみのあまり死ぬほどです。ここを離れないで、目をさましていなさい。」
それから、イエスは少し進んで行って、地面にひれ伏し、もしできることなら、この時が自分から過ぎ去るようにと祈り、
またこう言われた。「アバ、父よ。あなたにおできにならないことはありません。どうぞ、この杯をわたしから取りのけてください。しかし、わたしの願うことではなく、あなたのみこころのままを、なさってください。」
メモ: 私達も天のお父様に祈ります。「あなたのみこころをなさってください」と。
2014/ 2/ 5 読: マルコの福音書 16章、ルカの福音書 1章~2章
選: ルカの福音書 1章 45節
主によって語られたことは必ず実現すると信じきった人は、何と幸いなことでしょう。」
メモ: 聖書は主によって与えられた本です。そこに書かれていることは実現します。
2014/ 2/ 6 読: ルカの福音書 3章~5章
選: ルカの福音書 3章 10節~11節
群衆はヨハネに尋ねた。「それでは、私たちはどうすればよいのでしょう。」
彼は答えて言った。「下着を二枚持っている者は、一つも持たない者に分けなさい。食べ物を持っている者も、そうしなさい。」
メモ: 神は私達に分け与えています。だから、私たちも分け与えることができます。
2014/ 2/ 7 読: ルカの福音書 6章~8章
選: ルカの福音書 8章 39節
「家に帰って、神があなたにどんなに大きなことをしてくださったかを、話して聞かせなさい。」そこで彼は出て行って、イエスが自分にどんなに大きなことをしてくださったかを、町中に言い広めた。
メモ: 神がしてくださったことを話して聞かせる、私達もそのようにすべきと思う。
2014/ 2/ 8 読: ルカの福音書 9章~11章
選: ルカの福音書 11章 33節~36節
だれも、あかりをつけてから、それを穴倉や、枡の下に置く者はいません。燭台の上に置きます。はいって来る人々に、その光が見えるためです。
からだのあかりは、あなたの目です。目が健全なら、あなたの全身も明るいが、しかし、目が悪いと、からだも暗くなります。
だから、あなたのうちの光が、暗やみにならないように、気をつけなさい。
もし、あなたの全身が明るくて何の暗い部分もないなら、その全身はちょうどあかりが輝いて、あなたを照らすときのように明るく輝きます。」
メモ: 私達は神からの栄光を反射させ、世の中を照らす光になって歩みたいと思う。
2014/ 2/ 9 読: ルカの福音書 12章~14章
選: ルカの福音書 12章 27節~28節
ゆりの花のことを考えてみなさい。どうして育つのか。紡ぎもせず、織りもしないのです。しかし、わたしはあなたがたに言います。栄華を窮めたソロモンでさえ、このような花の一つほどにも着飾ってはいませんでした。
しかし、きょうは野にあって、あすは炉に投げ込まれる草をさえ、神はこのように装ってくださるのです。ましてあなたがたには、どんなによくしてくださることでしょう。ああ、信仰の薄い人たち。
メモ: 神によくしていただくには、私達自身を神に任せることが必要になると思う。
2014/ 2/10 読: ルカの福音書 15章~17章
選: ルカの福音書 15章 4節~7節
「あなたがたのうちに羊を百匹持っている人がいて、そのうちの一匹をなくしたら、その人は九十九匹を野原に残して、いなくなった一匹を見つけるまで捜し歩かないでしょうか。
見つけたら、大喜びでその羊をかついで、
帰って来て、友だちや近所の人たちを呼び集め、『いなくなった羊を見つけましたから、いっしょに喜んでください。』と言うでしょう。
あなたがたに言いますが、それと同じように、ひとりの罪人が悔い改めるなら、悔い改める必要のない九十九人の正しい人にまさる喜びが天にあるのです。
メモ: 人々を悔い改めに導くお手伝いをして、神の国に喜びをもたらしたいと思う。
2014/ 2/11 読: ルカの福音書 18章~20章
選: ルカの福音書 18章 11節~14節
パリサイ人は、立って、心の中でこんな祈りをした。『神よ。私はほかの人々のようにゆする者、不正な者、姦淫する者ではなく、ことにこの取税人のようではないことを、感謝します。
私は週に二度断食し、自分の受けるものはみな、その十分の一をささげております。』
ところが、取税人は遠く離れて立ち、目を天に向けようともせず、自分の胸をたたいて言った。『神さま。こんな罪人の私をあわれんでください。』
あなたがたに言うが、この人が、義と認められて家に帰りました。パリサイ人ではありません。なぜなら、だれでも自分を高くする者は低くされ、自分を低くする者は高くされるからです。」
メモ: 自分を低くしても損はないが、何よりも神に認められる者でありたいと思う。
2014/ 2/12 読: ルカの福音書 21章~23章
選: ルカの福音書 21章 1節~4節
さてイエスが、目を上げてご覧になると、金持ちたちが献金箱に献金を投げ入れていた。
また、ある貧しいやもめが、そこにレプタ銅貨二つを投げ入れているのをご覧になった。
それでイエスは言われた。「わたしは真実をあなたがたに告げます。この貧しいやもめは、どの人よりもたくさん投げ入れました。
みなは、あり余る中から献金を投げ入れたのに、この女は、乏しい中から、持っていた生活費の全部を投げ入れたからです。」
メモ: 生活の一部だけではなく、生活の全部を神にゆだね、人生を歩みたいと思う。
2014/ 2/13 読: ルカの福音書 24章、ヨハネの福音書 1章~2章
選: ヨハネの福音書 1章 16節
私たちはみな、この方の満ち満ちた豊かさの中から、恵みの上にさらに恵みを受けたのである。
メモ: 私達も、主の満ち満ちた豊かさの中から、恵みの上に更に恵みを受けました。
2014/ 2/14 読: ヨハネの福音書 3章~5章
選: ヨハネの福音書 5章 30節
わたしは、自分からは何事も行なうことができません。ただ聞くとおりにさばくのです。そして、わたしのさばきは正しいのです。わたし自身の望むことを求めず、わたしを遣わした方のみこころを求めるからです。
メモ: 私達を愛する方のみこころを求めることが、有意義な人生につながると思う。
2014/ 2/15 読: ヨハネの福音書 6章~8章
選: ヨハネの福音書 6章 35節
イエスは言われた。「わたしがいのちのパンです。わたしに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者はどんなときにも、決して渇くことがありません。
メモ: イエス・キリストを信じる私達は、どんなときにも、渇くことがありません。
2014/ 2/16 読: ヨハネの福音書 9章~11章
選: ヨハネの福音書 9章 30節~33節
彼は答えて言った。「これは、驚きました。あなたがたは、あの方がどこから来られたのか、ご存じないと言う。しかし、あの方は私の目をおあけになったのです。
神は、罪人の言うことはお聞きになりません。しかし、だれでも神を敬い、そのみこころを行なうなら、神はその人の言うことを聞いてくださると、私たちは知っています。
盲目に生まれついた者の目をあけた者があるなどとは、昔から聞いたこともありません。
もしあの方が神から出ておられるのでなかったら、何もできないはずです。」
メモ: 私達もこの方のように、イエス様との経験について恐れずに語りたいと思う。
2014/ 2/17 読: ヨハネの福音書 12章~14章
選: ヨハネの福音書 12章 27節
今わたしの心は騒いでいる。何と言おうか。『父よ。この時からわたしをお救いください。』と言おうか。いや。このためにこそ、わたしはこの時に至ったのです。
メモ: イエス・キリストも私達と同じ感情を持った方です。彼は私達を理解します。
2014/ 2/18 読: ヨハネの福音書 15章~17章
選: ヨハネの福音書 15章 12節
わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合うこと、これがわたしの戒めです。
メモ: イエス・キリストから私達への戒めは、「愛し合いなさい」の一言だけです。
2014/ 2/19 読: ヨハネの福音書 18章~20章
選: ヨハネの福音書 9章 30節~33節
それからトマスに言われた。「あなたの指をここにつけて、わたしの手を見なさい。手を伸ばして、わたしのわきに差し入れなさい。信じない者にならないで、信じる者になりなさい。」
トマスは答えてイエスに言った。「私の主。私の神。」
イエスは彼に言われた。「あなたはわたしを見たから信じたのですか。見ずに信じる者は幸いです。」
メモ: 私達の目に見えることは、本の一部です。見ずに信じることの重要性を思う。
2014/ 2/20 読: ヨハネの福音書 21章、使徒の働き 1章~2章
選: 使徒の働き 2章 36節~39節
ですから、イスラエルのすべての人々は、このことをはっきりと知らなければなりません。すなわち、神が、今や主ともキリストともされたこのイエスを、あなたがたは十字架につけたのです。」
人々はこれを聞いて心を刺され、ペテロとほかの使徒たちに、「兄弟たち。私たちはどうしたらよいでしょうか。」と言った。
そこでペテロは彼らに答えた。「悔い改めなさい。そして、それぞれ罪を赦していただくために、イエス・キリストの名によってバプテスマを受けなさい。そうすれば、賜物として聖霊を受けるでしょう。
なぜなら、この約束は、あなたがたと、その子どもたち、ならびにすべての遠くにいる人々、すなわち、私たちの神である主がお召しになる人々に与えられているからです。」
メモ: 救いの道を用意された神(創造主)を無視しないことが最も重要なことである。
2014/ 2/21 読: 使徒の働き 3章~5章
選: 使徒の働き 5章 41節~42節
そこで、使徒たちは、御名のためにはずかしめられるに値する者とされたことを喜びながら、議会から出て行った。
そして、毎日、宮や家々で教え、イエスがキリストであることを宣べ伝え続けた。
メモ: 恐れないで、はずかしめられることを喜ぶ。心が主に向いているから可能だ。
2014/ 2/22 読: 使徒の働き 6章~8章
選: 使徒の働き 8章 36節~38節
道を進んで行くうちに、水のある所に来たので、宦官は言った。「ご覧なさい。水があります。私がバプテスマを受けるのに、何かさしつかえがあるでしょうか。」
そして馬車を止めさせ、ピリポも宦官も水の中へ降りて行き、ピリポは宦官にバプテスマを授けた。
メモ: イエス・キリストを救い主として心に迎えるだけで、永遠の命を得られます。
2014/ 2/23 読: 使徒の働き 9章~11章
選: 使徒の働き 10章 34節~36節
そこでペテロは、口を開いてこういった。「これで私は、はっきりわかりました。神はかたよったことをなさらず、
どの国の人であっても、神を恐れかしこみ、正義を行なう人なら、神に受け入れられるのです。
神はイエス・キリストによって、平和を宣べ伝え、イスラエルの子孫にみことばをお送りになりました。このイエス・キリストはすべての人の主です。
メモ: 私達は、すべての人の主であるイエス・キリストを愛し、彼に聞き従います。
2014/ 2/24 読: 使徒の働き 12章~14章
選: 使徒の働き 13章 37節
しかし、神がよみがえらせた方は、朽ちることがありませんでした。
メモ: そうです。神がよみがえらせた方、主イエス・キリストは今も生きています。
2014/ 2/25 読: 使徒の働き 15章~17章
選: 使徒の働き 15章 8節~11節
そして、人の心の中を知っておられる神は、私たちに与えられたと同じように異邦人にも聖霊を与えて、彼らのためにあかしをし、
私たちと彼らとに何の差別もつけず、彼らの心を信仰によってきよめてくださったのです。
それなのに、なぜ、今あなたがたは、私たちの先祖も私たちも負いきれなかったくびきを、あの弟子たちの首に掛けて、神を試みようとするのです。
私たちが主イエスの恵みによって救われたことを私たちは信じますが、あの人たちもそうなのです。」
メモ: 私達は主イエスの恵みによって救われました。この恵みを感謝するのみです。
2014/ 2/26 読: 使徒の働き 18章~20章
選: 使徒の働き 20章 31節
ですから、目をさましていなさい。私が三年の間、夜も昼も、涙とともにあなたがたひとりひとりを訓戒し続けて来たことを、思い出してください。
メモ: 私達は世の欲的流れに流されたくない。神の言葉を土台に、力強く歩みたい。
2014/ 2/27 読: 使徒の働き 21章~23章
選: 使徒の働き 21章 11節~14節
彼は私たちのところに来て、パウロの帯を取り、自分の両手と両足を縛って、「『この帯の持ち主は、エルサレムでユダヤ人に、こんなふうに縛られ、異邦人の手に渡される。』と聖霊がお告げになっています。」と言った。
私たちはこれを聞いて、土地の人たちといっしょになって、パウロに、エルサレムには上らないよう頼んだ。
するとパウロは、「あなたがたは、泣いたり、私の心をくじいたりして、いったい何をしているのですか。私は、主イエスの御名のためなら、エルサレムで縛られることばかりでなく、死ぬことさえも覚悟しています。」と答えた。
彼が聞き入れようとしないので、私たちは、「主のみこころのままに。」と言って、黙ってしまった。
メモ: パウロは確信を持って歩んだ。主は彼と共におられた。パウロを見習いたい。
2014/ 2/28 読: 使徒の働き 24章~26章
選: 使徒の働き 26章 29節
パウロはこう答えた。「ことばが少なかろうと、多かろうと、私が神に願うことは、あなたばかりでなく、きょう私の話を聞いている人がみな、この鎖は別として、私のようになってくださることです。」
メモ: パウロは、だれもが主イエスを信じ、救い主として受け入れることを望んだ。
前Page