前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2014年 03月)

2014/ 3/ 1 読: 使徒の働き 27章~28章、ローマ人への手紙 1章
選: ローマ人への手紙 1章 16節
私は福音を恥とは思いません。福音は、ユダヤ人をはじめギリシヤ人にも、信じるすべての人にとって、救いを得させる神の力です。
メモ: 神は私達を愛しています。その私達を救うために、主イエスは来られました。
2014/ 3/ 2 読: ローマ人への手紙 2章~4章
選: ローマ人への手紙 4章 18節
彼は望みえないときに望みを抱いて信じました。それは、「あなたの子孫はこのようになる。」と言われていたとおりに、彼があらゆる国の人々の父となるためでした。
メモ: 私達の経験や知識から判断すると不可能なことも、創造主には可能と信じる。
2014/ 3/ 3 読: ローマ人への手紙 5章~7章
選: ローマ人への手紙 7章 22節~25節
すなわち、私は、内なる人としては、神の律法を喜んでいるのに、
私のからだの中には異なった律法があって、それが私の心の律法に対して戦いをいどみ、私を、からだの中にある罪の律法のとりこにしているのを見いだすのです。
私は、ほんとうにみじめな人間です。だれがこの死の、からだから、私を救い出してくれるのでしょうか。
私たちの主イエス・キリストのゆえに、ただ神に感謝します。ですから、この私は、心では神の律法に仕え、肉では罪の律法に仕えているのです。
メモ: 内側から出る欲求に振り回されている自分を自由人だと自慢できるだろうか。
2014/ 3/ 4 読: ローマ人への手紙 8章~10章
選: ローマ人への手紙 10章 9節
なぜなら、もしあなたの口でイエスを主と告白し、あなたの心で神はイエスを死者の中からよみがえらせてくださったと信じるなら、あなたは救われるからです。
メモ: 主イエスを信じ受け入れることにより、私達は罪赦された者と見なされます。
2014/ 3/ 5 読: ローマ人への手紙 11章~13章
選: ローマ人への手紙 12章 15節
喜ぶ者といっしょに喜び、泣く者といっしょに泣きなさい。
メモ: 喜んでいる人の喜びを自分のことのように思い、共に心から喜びたいと思う。
2014/ 3/ 6 読: ローマ人への手紙 14章~16章
選: ローマ人への手紙 15章 5節~7節
どうか、忍耐と励ましの神が、あなたがたを、キリスト・イエスにふさわしく、互いに同じ思いを持つようにしてくださいますように。
それは、あなたがたが、心を一つにし、声を合わせて、私たちの主イエス・キリストの父なる神をほめたたえるためです。
こういうわけですから、キリストが神の栄光のために、私たちを受け入れてくださったように、あなたがたも互いに受け入れなさい。
メモ: 主イエス・キリストは私達を神の栄光のために受け入れてくださったのです。
2014/ 3/ 7 読: コリント人への手紙 第Ⅰ 1章~3章
選: コリント人への手紙 第Ⅰ 3章 21節~23節
ですから、だれも人間を誇ってはいけません。すべては、あなたがたのものです。
パウロであれ、アポロであれ、ケパであれ、また世界であれ、いのちであれ、死であれ、また現在のものであれ、未来のものであれ、すべてあなたがたのものです。
そして、あなたがたはキリストのものであり、キリストは神のものです。
メモ: 私達は、主イエス・キリストのものです。私達は、主イエスを愛し従います。
2014/ 3/ 8 読: コリント人への手紙 第Ⅰ 4章~6章
選: コリント人への手紙 第Ⅰ 6章 19節~20節
あなたがたのからだは、あなたがたのうちに住まれる、神から受けた聖霊の宮であり、あなたがたは、もはや自分自身のものではないことを、知らないのですか。
あなたがたは、代価を払って買い取られたのです。ですから自分のからだをもって、神の栄光を現わしなさい。
メモ: 聖霊の宮である私達の内に住んでいるのは神であることを忘れてはならない。
2014/ 3/ 9 読: コリント人への手紙 第Ⅰ 7章~9章
選: コリント人への手紙 第Ⅰ 9章 25節
また闘技をする者は、あらゆることについて自制します。彼らは朽ちる冠を受けるためにそうするのですが、私たちは朽ちない冠を受けるためにそうするのです。
メモ: 愛に動かされる信仰がなければ自制は苦になる。愛による自制は喜びを伴う。
2014/ 3/10 読: コリント人への手紙 第Ⅰ 10章~12章
選: コリント人への手紙 第Ⅰ 12章 27節
あなたがたはキリストのからだであって、ひとりひとりは各器官なのです。
メモ: 神が創った体に不必要な部分はない。私達は皆、全体を成す重要な部分です。
2014/ 3/11 読: コリント人への手紙 第Ⅰ 13章~15章
選: コリント人への手紙 第Ⅰ 13章 1節~3節
たとい、私が人の異言や、御使いの異言で話しても、愛がないなら、やかましいどらや、うるさいシンバルと同じです。
また、たとい私が預言の賜物を持っており、またあらゆる奥義とあらゆる知識とに通じ、また、山を動かすほどの完全な信仰を持っていても、愛がないなら、何の値うちもありません。
また、たとい私が持っている物の全部を貧しい人たちに分け与え、また私のからだを焼かれるために渡しても、愛がなければ、何の役にも立ちません。
メモ: 私達の原動力は何だろう。愛抜きの行いは何の役にも立たないと聖書はいう。
2014/ 3/12 読: コリント人への手紙 第Ⅰ 16章、コリント人への手紙 第Ⅱ 1章~2章
選: コリント人への手紙 第Ⅱ 2章 14節
しかし、神に感謝します。神はいつでも、私たちを導いてキリストによる勝利の行列に加え、至る所で私たちを通して、キリストを知る知識のかおりを放ってくださいます。
メモ: 神は私達を通して、キリストを知る知識のかおりを放つことを願っています。
2014/ 3/13 読: コリント人への手紙 第Ⅱ 3章~5章
選: コリント人への手紙 第Ⅱ 4章 16節
ですから、私たちは勇気を失いません。たとい私たちの外なる人は衰えても、内なる人は日々新たにされています。
メモ: 私達の内なる人が日々新たにされていることも、感謝と喜びにつながります。
2014/ 3/14 読: コリント人への手紙 第Ⅱ 6章~8章
選: コリント人への手紙 第Ⅱ 8章 9節
あなたがたは、私たちの主イエス・キリストの恵みを知っています。すなわち、主は富んでおられたのに、あなたがたのために貧しくなられました。それは、あなたがたが、キリストの貧しさによって富む者となるためです。
メモ: 主イエス・キリストは地上に下り、私達のために救いの道を用意されました。
2014/ 3/15 読: コリント人への手紙 第Ⅱ 9章~11章
選: コリント人への手紙 第Ⅱ 9章 7節
ひとりひとり、いやいやながらでなく、強いられてでもなく、心で決めたとおりにしなさい。神は喜んで与える人を愛してくださいます。
メモ: 愛のないところに「喜んで与える」はないと思う。愛のある私達でありたい。
2014/ 3/16 読: コリント人への手紙 第Ⅱ 12章~13章、ガラテヤ人への手紙 1章
選: コリント人への手紙 第Ⅱ 12章 7節~10節
また、その啓示があまりにもすばらしいからです。そのために私は、高ぶることのないようにと、肉体に一つのとげを与えられました。それは私が高ぶることのないように、私を打つための、サタンの使いです。
このことについては、これを私から去らせてくださるようにと、三度も主に願いました。
しかし、主は、「わたしの恵みは、あなたに十分である。というのは、わたしの力は、弱さのうちに完全に現われるからである。」と言われたのです。ですから、私は、キリストの力が私をおおうために、むしろ大いに喜んで私の弱さを誇りましょう。
ですから、私は、キリストのために、弱さ、侮辱、苦痛、迫害、困難に甘んじています。なぜなら、私が弱いときにこそ、私は強いからです。
メモ: 私達を主に明け渡し、主が私達を通して働かれる時こそ、私達が強い時です。
2014/ 3/17 読: ガラテヤ人への手紙 2章~4章
選: ガラテヤ人への手紙 2章 16節
しかし、人は律法の行ないによっては義と認められず、ただキリスト・イエスを信じる信仰によって義と認められる、ということを知ったからこそ、私たちもキリスト・イエスを信じたのです。これは、律法の行ないによってではなく、キリストを信じる信仰によって義と認められるためです。なぜなら、律法の行ないによって義と認められる者は、ひとりもいないからです。
メモ: なぜ信じ受け入れるだけでいいのか。何をしても、代価を払えないからです。
2014/ 3/18 読: ガラテヤ人への手紙 5章~6章、エペソ人への手紙 1章
選: ガラテヤ人への手紙 5章 13節~14節
兄弟たち。あなたがたは、自由を与えられるために召されたのです。ただ、その自由を肉の働く機会としないで、愛をもって互いに仕えなさい。
律法の全体は、「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。」という一語をもって全うされるのです。
メモ: 自分の心を責めるものが無い状態にこそ「私は自由である」と言えると思う。
2014/ 3/19 読: エペソ人への手紙 2章~4章
選: エペソ人への手紙 4章 32節
お互いに親切にし、心の優しい人となり、神がキリストにおいてあなたがたを赦してくださったように、互いに赦し合いなさい。
メモ: 神によるキリストゆえの赦しを思うと、互いに赦し合うことは当然だと思う。
2014/ 3/20 読: エペソ人への手紙 5章~6章、ピリピ人への手紙 1章
選: エペソ人への手紙 5章 19節
詩と賛美と霊の歌とをもって、互いに語り、主に向かって、心から歌い、また賛美しなさい。
メモ: 私達への使命は、主に向かって心から歌い、また賛美をすることだと信じる。
2014/ 3/21 読: ピリピ人への手紙 2章~4章
選: ピリピ人への手紙 4章 6節~7節
何も思い煩わないで、あらゆるばあいに、感謝をもってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。
そうすれば、人のすべての考えにまさる神の平安が、あなたがたの心と思いをキリスト・イエスにあって守ってくれます。
メモ: 感謝をもってささげる祈りと願いによって、私達は願い事を神に知らせます。
2014/ 3/22 読: コロサイ人への手紙 1章~3章
選: コロサイ人への手紙 3章 13節~14節
互いに忍び合い、だれかがほかの人に不満を抱くことがあっても、互いに赦し合いなさい。主があなたがたを赦してくださったように、あなたがたもそうしなさい。
そして、これらすべての上に、愛を着けなさい。愛は結びの帯として完全なものです。
メモ: 自分は主イエスに赦された者と認識する人は、他の人を赦す事が容易になる。
2014/ 3/23 読: コロサイ人への手紙 4章、テサロニケ人への手紙 第Ⅰ 1章~2章
選: テサロニケ人への手紙 第Ⅰ 2章 8節
このようにあなたがたを思う心から、ただ神の福音だけではなく、私たち自身のいのちまでも、喜んであなたがたに与えたいと思ったのです。なぜなら、あなたがたは私たちの愛する者となったからです。
メモ: 神による最高の愛とは、自分自身を愛の対象のために用いることでしょうか。
2014/ 3/24 読: テサロニケ人への手紙 第Ⅰ 3章~5章
選: テサロニケ人への手紙 第Ⅰ 5章 10節
主が私たちのために死んでくださったのは、私たちが、目ざめていても、眠っていても、主とともに生きるためです。
メモ: 主イエスに贖われた者達は、主イエスと共に生きることが喜びになるはずだ。
2014/ 3/25 読: テサロニケ人への手紙 第Ⅱ 1章~3章
選: テサロニケ人への手紙 第Ⅱ 2章 16節~17節
どうか、私たちの主イエス・キリストであり、私たちの父なる神である方、すなわち、私たちを愛し、恵みによって永遠の慰めとすばらしい望みとを与えてくださった方ご自身が、
あらゆる良いわざとことばとに進むよう、あなたがたの心を慰め、強めてくださいますように。
メモ: 私達を愛している私達の父なる神は、私達の心を慰め、強めてくださいます。
2014/ 3/26 読: テモテへの手紙 第Ⅰ 1章~3章
選: テモテへの手紙 第Ⅰ 2章 4節
神は、すべての人が救われて、真理を知るようになるのを望んでおられます。
メモ: 創造主は、全ての人が救われて、真理を知るようになることを望んでいます。
2014/ 3/27 読: テモテへの手紙 第Ⅰ 4章~6章
選: テモテへの手紙 第Ⅰ 6章 7節
私たちは何一つこの世に持って来なかったし、また何一つ持って出ることもできません。
メモ: この世から持って出ることはできないが、まかれた種の刈り取りは後にある。
2014/ 3/28 読: テモテへの手紙 第Ⅱ 1章~3章
選: テモテへの手紙 第Ⅱ 1章 7節~8節
神が私たちに与えてくださったものは、おくびょうの霊ではなく、力と愛と慎みとの霊です。
ですから、あなたは、私たちの主をあかしすることや、私が主の囚人であることを恥じてはいけません。むしろ、神の力によって、福音のために私と苦しみをともにしてください。
メモ: 神は私達に、おくびょうの霊ではなく、力と愛と慎みとの霊を下さいました。
2014/ 3/29 読: テモテへの手紙 第Ⅱ 4章、テトスへの手紙 1章~2章
選: テモテへの手紙 第Ⅱ 4章 16節~18節
私の最初の弁明の際には、私を支持する者はだれもなく、みな私を見捨ててしまいました。どうか、彼らがそのためにさばかれることのありませんように。
しかし、主は、私とともに立ち、私に力を与えてくださいました。それは、私を通してみことばが余すところなく宣べ伝えられ、すべての国の人々がみことばを聞くようになるためでした。私はししの口から助け出されました。
主は私を、すべての悪のわざから助け出し、天の御国に救い入れてくださいます。主に、御栄えがとこしえにありますように。アーメン。
メモ: しかし、主イエスは、私達とともに立ち、私達に力を与えてくださいました。
2014/ 3/30 読: テトスへの手紙 3章、ピレモンへの手紙 1章、ヘブル人への手紙 1章
選: テトスへの手紙 3章 3節~7節
しかし、私たちの救い主なる神のいつくしみと人への愛とが現われたとき、
神は、私たちが行なった義のわざによってではなく、ご自分のあわれみのゆえに、聖霊による、新生と更新との洗いをもって私たちを救ってくださいました。
神は、この聖霊を、私たちの救い主なるイエス・キリストによって、私たちに豊かに注いでくださったのです。
それは、私たちがキリストの恵みによって義と認められ、永遠のいのちの望みによって、相続人となるためです。
メモ: 神は、人への愛とご自分のあわれみのゆえに、私達を救ってくださいました。
2014/ 3/31 読: ヘブル人への手紙 2章~4章
選: ヘブル人への手紙 2章 17節~18節
そういうわけで、神のことについて、あわれみ深い、忠実な大祭司となるため、主はすべての点で兄弟たちと同じようにならなければなりませんでした。それは民の罪のために、なだめがなされるためなのです。
主は、ご自身が試みを受けて苦しまれたので、試みられている者たちを助けることがおできになるのです。
メモ: 主イエスも試みを受けて苦しまれたので、私達を助けることができるのです。
前Page