前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2014年 04月)

2014/ 4/ 1 読: ヘブル人への手紙 5章~7章
選: ヘブル人への手紙 5章 7節~10節
キリストは、人としてこの世におられたとき、自分を死から救うことのできる方に向かって、大きな叫び声と涙とをもって祈りと願いをささげ、そしてその敬虔のゆえに聞き入れられました。
キリストは御子であられるのに、お受けになった多くの苦しみによって従順を学び、
完全な者とされ、彼に従うすべての人々に対して、とこしえの救いを与える者となり、
神によって、メルキゼデクの位に等しい大祭司ととなえられたのです。
メモ: キリストは神であられるのに、イエスという人としてこの世におられました。
2014/ 4/ 2 読: ヘブル人への手紙 8章~10章
選: ヘブル人への手紙 10章 22節~23節
そのようなわけで、私たちは、心に血の注ぎを受けて邪悪な良心をきよめられ、からだをきよい水で洗われたのですから、全き信仰をもって、真心から神に近づこうではありませんか。
約束された方は真実な方ですから、私たちは動揺しないで、しっかりと希望を告白しようではありませんか。
メモ: 約束された方、神は真実な方です。私達は真理を土台に歩むことができます。
2014/ 4/ 3 読: ヘブル人への手紙 11章~13章
選: ヘブル人への手紙 13章 14節~15節
私たちは、この地上に永遠の都を持っているのではなく、むしろ後に来ようとしている都を求めているのです。
ですから、私たちはキリストを通して、賛美のいけにえ、すなわち御名をたたえるくちびるの果実を、神に絶えずささげようではありませんか。
メモ: 後の都を思いつつ地上での歩みを続ける私達は、神の御名をほめたたえます。
2014/ 4/ 4 読: ヤコブの手紙 1章~3章
選: ヤコブの手紙 2章 15節~17節
もし、兄弟また姉妹のだれかが、着る物がなく、また、毎日の食べ物にもこと欠いているようなときに、
あなたがたのうちだれかが、その人たちに、「安心して行きなさい。暖かになり、十分に食べなさい。」と言っても、もしからだに必要な物を与えないなら、何の役に立つでしょう。
それと同じように、信仰も、もし行ないがなかったなら、それだけでは、死んだものです。
メモ: 神に信頼して歩む私達に、信頼による行いが伴うのは、普通のことだと思う。
2014/ 4/ 5 読: ヤコブの手紙 4章~5章、ペテロの手紙 第Ⅰ 1章
選: ペテロの手紙 第Ⅰ 1章 8節
あなたがたはイエス・キリストを見たことはないけれども愛しており、いま見てはいないけれども信じており、ことばに尽くすことのできない、栄えに満ちた喜びにおどっています。
メモ: 私達は、イエス・キリストをまだ見ていませんが、彼を信じて歩んでいます。
2014/ 4/ 6 読: ペテロの手紙 第Ⅰ 2章~4章
選: ペテロの手紙 第Ⅰ 3章 18節
キリストも一度罪のために死なれました。正しい方が悪い人々の身代わりとなったのです。それは、肉においては死に渡され、霊においては生かされて、私たちを神のみもとに導くためでした。
メモ: 罪の無いイエス・キリストは、私達の身代わりとなって、刑罰を受けました。
2014/ 4/ 7 読: ペテロの手紙 第Ⅰ 5章、ペテロの手紙 第Ⅱ 1章~2章
選: ペテロの手紙 第Ⅰ 5章 7節
あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです。
メモ: 思い煩いを神にゆだねなさい。神が私達のことを心配してくださるからです。
2014/ 4/ 8 読: ペテロの手紙 第Ⅱ 3、ヨハネの手紙 第Ⅰ 1章~2章
選: ヨハネの手紙 第Ⅰ 2章 1節~2節
私の子どもたち。私がこれらのことを書き送るのは、あなたがたが罪を犯さないようになるためです。もしだれかが罪を犯したなら、私たちには、御父の御前で弁護してくださる方があります。それは、義なるイエス・キリストです。
この方こそ、私たちの罪のための、――私たちの罪だけでなく全世界のための、――なだめの供え物なのです。
メモ: 主イエス・キリストこそ、全世界の罪のためのなだめの供え物になりました。
2014/ 4/ 9 読: ヨハネの手紙 第Ⅰ 3章~5章
選: ヨハネの手紙 第Ⅰ 4章 19節
私たちは愛しています。神がまず私たちを愛してくださったからです。
メモ: 神様、私達を愛してくださることを感謝します。私達も互いに愛し合います。
2014/ 4/10 読: ヨハネの手紙 第Ⅱ 1章、ヨハネの手紙 第Ⅲ 1章、ユダの手紙 1章
選: ヨハネの手紙 第Ⅱ 1章 12節
あなたがたに書くべきことがたくさんありますが、紙と墨でしたくはありません。あなたがたのところに行って、顔を合わせて語りたいと思います。私たちの喜びが全きものとなるためにです。
メモ: 理解し合うための最も良い方法は、実際に会って、話し合いをすることです。
2014/ 4/11 読: ヨハネの黙示録 1章~3章
選: ヨハネの黙示録 3章 15節
「わたしは、あなたの行ないを知っている。あなたは、冷たくもなく、熱くもない。わたしはむしろ、あなたが冷たいか、熱いかであってほしい。
メモ: 私達の行いは私達の主イエスに知られている。熱い自分達でありたいと思う。
2014/ 4/12 読: ヨハネの黙示録 4章~6章
選: ヨハネの黙示録 4章 11節
「主よ。われらの神よ。あなたは、栄光と誉れと力とを受けるにふさわしい方です。あなたは万物を創造し、あなたのみこころゆえに、万物は存在し、また創造されたのですから。」
メモ: 万物を創造された神を、私達の主と呼べることは、何と幸せなことでしょう。
2014/ 4/13 読: ヨハネの黙示録 7章~9章
選: ヨハネの黙示録 7章 16節~17節
彼らはもはや、飢えることもなく、渇くこともなく、太陽もどんな炎熱も彼らを打つことはありません。
なぜなら、御座の正面におられる小羊が、彼らの牧者となり、いのちの水の泉に導いてくださるからです。また、神は彼らの目の涙をすっかりぬぐい取ってくださるのです。」
メモ: 小羊(イエス・キリスト)による心の安らぎを手に入れたいと思いませんか。
2014/ 4/14 読: ヨハネの黙示録 10章~12章
選: ヨハネの黙示録 11章 15節~18節
第七の御使いがラッパを吹き鳴らした。すると、天に大きな声々が起こって言った。「この世の国は私たちの主およびそのキリストのものとなった。主は永遠に支配される。」
それから、神の御前で自分たちの座に着いている二十四人の長老たちも、地にひれ伏し、神を礼拝して、
言った。「万物の支配者、常にいまし、昔います神である主。あなたが、その偉大な力を働かせて、王となられたことを感謝します。
諸国の民は怒りました。しかし、あなたの御怒りの日が来ました。死者のさばかれる時、あなたのしもべである預言者たち、聖徒たち、また小さい者も大きい者もすべてあなたの御名を恐れかしこむ者たちに報いの与えられる時、地を滅ぼす者どもの滅ぼされる時です。」
メモ: この世の支配者はどなたでしょうか。聖書はそのことを正確に語っています。
2014/ 4/15 読: ヨハネの黙示録 13章~15章
選: ヨハネの黙示録 15章 3節~4節
彼らは、神のしもべモーセの歌と小羊の歌とを歌って言った。「あなたのみわざは偉大であり、驚くべきものです。主よ。万物の支配者である神よ。あなたの道は正しく、真実です。もろもろの民の王よ。
主よ。だれかあなたを恐れず、御名をほめたたえない者があるでしょうか。ただあなただけが、聖なる方です。すべての国々の民は来て、あなたの御前にひれ伏します。あなたの正しいさばきが、明らかにされたからです。」
メモ: 私達の主、万物の支配者である神は聖なる方、その道は正しく、偽りはない。
2014/ 4/16 読: ヨハネの黙示録 16章~18章
選: ヨハネの黙示録 16章 8節~11節
第四の御使いが鉢を太陽に向けてぶちまけた。すると、太陽は火で人々を焼くことを許された。
こうして、人々は激しい炎熱によって焼かれた。しかも、彼らは、これらの災害を支配する権威を持つ神の御名に対してけがしごとを言い、悔い改めて神をあがめることをしなかった。
第五の御使いが鉢を獣の座にぶちまけた。すると、獣の国は暗くなり、人々は苦しみのあまり舌をかんだ。
そして、その苦しみと、はれものとのゆえに、天の神に対してけがしごとを言い、自分の行ないを悔い改めようとしなかった。
メモ: 自分達の立場をわきまえ、支配者である神からの忠告を素直に受け入れたい。
2014/ 4/17 読: ヨハネの黙示録 19章~21章
選: ヨハネの黙示録 21章 3節~6節
そのとき私は、御座から出る大きな声がこう言うのを聞いた。「見よ。神の幕屋が人とともにある。神は彼らとともに住み、彼らはその民となる。また、神ご自身が彼らとともにおられて、
彼らの目の涙をすっかりぬぐい取ってくださる。もはや死もなく、悲しみ、叫び、苦しみもない。なぜなら、以前のものが、もはや過ぎ去ったからである。」
すると、御座に着いておられる方が言われた。「見よ。わたしは、すべてを新しくする。」また言われた。「書きしるせ。これらのことばは、信ずべきものであり、真実である。」
また言われた。「事は成就した。わたしはアルファであり、オメガである。最初であり、最後である。わたしは、渇く者には、いのちの水の泉から、価なしに飲ませる。
メモ: その時、神ご自身が、目の涙をすっかりぬぐいとってくださるとの約束です。
2014/ 4/18 読: ヨハネの黙示録 22章、創世記 1章~2章
選: 創世記 1章 31節
そのようにして神はお造りになったすべてのものをご覧になった。見よ。それは非常によかった。こうして夕があり、朝があった。第六日。
メモ: 「神がお造りになったすべてのものは非常によかった」と聖書は断言します。
2014/ 4/19 読: 創世記 3章~5章
選: 創世記 4章 7節
あなたが正しく行なったのであれば、受け入れられる。ただし、あなたが正しく行なっていないのなら、罪は戸口で待ち伏せして、あなたを恋い慕っている。だが、あなたは、それを治めるべきである。」
メモ: 罪に振り回されている人が、私は「自由人」と自称しても、説得力に欠ける。
2014/ 4/20 読: 創世記 6章~8章
選: 創世記 6章 5節~7節
主は、地上に人の悪が増大し、その心に計ることがみな、いつも悪いことだけに傾くのをご覧になった。
それで主は、地上に人を造ったことを悔やみ、心を痛められた。
そして主は仰せられた。「わたしが創造した人を地の面から消し去ろう。人をはじめ、家畜やはうもの、空の鳥に至るまで。わたしは、これらを造ったことを残念に思うからだ。」
メモ: 神は、人が悪いことに傾くことに、心を痛められる。それは今も変わらない。
2014/ 4/21 読: 創世記 9章~11章
選: 創世記 9章 15節~16節
わたしは、わたしとあなたがたとの間、およびすべて肉なる生き物との間の、わたしの契約を思い出すから、大水は、すべての肉なるものを滅ぼす大洪水とは決してならない。
虹が雲の中にあるとき、わたしはそれを見て、神と、すべての生き物、地上のすべて肉なるものとの間の永遠の契約を思い出そう。」
メモ: 虹はとてもきれいなものだ。虹を見るたびに、人への神の愛を思い出したい。
2014/ 4/22 読: 創世記 12章~14章
選: 創世記 12章 1節~4節
その後、主はアブラムに仰せられた。「あなたは、あなたの生まれ故郷、あなたの父の家を出て、わたしが示す地へ行きなさい。
そうすれば、わたしはあなたを大いなる国民とし、あなたを祝福し、あなたの名を大いなるものとしよう。あなたの名は祝福となる。
あなたを祝福する者をわたしは祝福し、あなたをのろう者をわたしはのろう。地上のすべての民族は、あなたによって祝福される。」
アブラムは主がお告げになったとおりに出かけた。ロトも彼といっしょに出かけた。アブラムがカランを出たときは、七十五歳であった。
メモ: 行き先は知らなかった。しかし、神の導きがあることを信じ、彼は旅立った。
2014/ 4/23 読: 創世記 15章~17章
選: 創世記 15章 5節~6節
そして、彼を外に連れ出して仰せられた。「さあ、天を見上げなさい。星を数えることができるなら、それを数えなさい。」さらに仰せられた。「あなたの子孫はこのようになる。」
彼は主を信じた。主はそれを彼の義と認められた。
メモ: 彼は、子供のいない年寄り夫婦への主の約束を信じ、主に属する者となった。
2014/ 4/24 読: 創世記 18章~20章
選: 創世記 18章 23節~26節
アブラハムは近づいて申し上げた。「あなたはほんとうに、正しい者を、悪い者といっしょに滅ぼし尽くされるのですか。
もしや、その町の中に五十人の正しい者がいるかもしれません。ほんとうに滅ぼしてしまわれるのですか。その中にいる五十人の正しい者のために、その町をお赦しにはならないのですか。
正しい者を悪い者といっしょに殺し、そのため、正しい者と悪い者とが同じようになるというようなことを、あなたがなさるはずがありません。とてもありえないことです。全世界をさばくお方は、公義を行なうべきではありませんか。」
主は答えられた。「もしソドムで、わたしが五十人の正しい者を町の中に見つけたら、その人たちのために、その町全部を赦そう。」
メモ: 神は情け深く、哀れみ深い。そのことにもっと気づく私達でありたいと思う。
2014/ 4/25 読: 創世記 21章~23章
選: 創世記 21章 1節~2節
主は、約束されたとおり、サラを顧みて、仰せられたとおりに主はサラになさった。
サラはみごもり、そして神がアブラハムに言われたその時期に、年老いたアブラハムに男の子を産んだ。
メモ: 神の約束は、時が来れば実行される。神の時を待てる私達でありたいと思う。
2014/ 4/26 読: 創世記 24章~26章
選: 創世記 26章 27節~29節
イサクは彼らに言った。「なぜ、あなたがたは私のところに来たのですか。あなたがたは私を憎んで、あなたがたのところから私を追い出したのに。」
それで彼らは言った。「私たちは、主があなたとともにおられることを、はっきり見たのです。それで私たちは申し出をします。どうか、私たちの間で、すなわち、私たちとあなたとの間で誓いを立ててください。あなたと契約を結びたいのです。
それは、私たちがあなたに手出しをせず、ただ、あなたに良いことだけをして、平和のうちにあなたを送り出したように、あなたも私たちに害を加えないということです。あなたは今、主に祝福されています。」
メモ: 「主があなた方とともにおられることを見たのです。」と私達も言われたい。
2014/ 4/27 読: 創世記 27章~29章
選: 創世記 28章 15節
見よ。わたしはあなたとともにあり、あなたがどこへ行っても、あなたを守り、あなたをこの地に連れ戻そう。わたしは、あなたに約束したことを成し遂げるまで、決してあなたを捨てない。」
メモ: 「私はあなた方がどこへ行っても、あなた方を守ります。」と主の約束です。
2014/ 4/28 読: 創世記 30章~32章
選: 創世記 31章 41節~42節
私はこの二十年間、あなたの家で過ごしました。十四年間はあなたのふたりの娘たちのために、六年間はあなたの群れのために、あなたに仕えてきました。それなのに、あなたは幾度も私の報酬を変えたのです。
もし、私の父の神、アブラハムの神、イサクの恐れる方が、私についておられなかったなら、あなたはきっと何も持たせずに私を去らせたことでしょう。神は私の悩みとこの手の苦労とを顧みられて、昨夜さばきをなさったのです。」
メモ: 神は私達についておられるので、私達は人の判断を恐れる必要はありません。
2014/ 4/29 読: 創世記 33章~35章
選: 創世記 35章 2節~3節
それでヤコブは自分の家族と、自分といっしょにいるすべての者とに言った。「あなたがたの中にある異国の神々を取り除き、身をきよめ、着物を着替えなさい。
そうして私たちは立って、ベテルに上って行こう。私はそこで、私の苦難の日に私に答え、私の歩いた道に、いつも私とともにおられた神に祭壇を築こう。」
メモ: ヤコブの強みは、「私の歩いた道に、いつも私とともにおられた神」だった。
2014/ 4/30 読: 創世記 36章~38章
選: 創世記 37章 34節~35節
ヤコブは自分の着物を引き裂き、荒布を腰にまとい、幾日もの間、その子のために泣き悲しんだ。
彼の息子、娘たちがみな、来て、父を慰めたが、彼は慰められることを拒み、「私は、泣き悲しみながら、よみにいるわが子のところに下って行きたい。」と言った。こうして父は、その子のために泣いた。
メモ: 天のお父様も、滅び行く人々について、このように悲しんでおられると思う。
前Page