前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2014年 05月)

2014/ 5/ 1 読: 創世記 39章~41章
選: 創世記 39章 20節~23節
ヨセフの主人は彼を捕え、王の囚人が監禁されている監獄に彼を入れた。こうして彼は監獄にいた。
しかし、主はヨセフとともにおられ、彼に恵みを施し、監獄の長の心にかなうようにされた。
それで監獄の長は、その監獄にいるすべての囚人をヨセフの手にゆだねた。ヨセフはそこでなされるすべてのことを管理するようになった。
監獄の長は、ヨセフの手に任せたことについては何も干渉しなかった。それは主が彼とともにおられ、彼が何をしても、主がそれを成功させてくださったからである。
メモ: 主は私達とも共にいる。私達が何をしても、主はそれを成功させてくださる。
2014/ 5/ 2 読: 創世記 42章~44章
選: 創世記 43章 11節~14節
父イスラエルは彼らに言った。「もしそうなら、こうしなさい。この地の名産を入れ物に入れ、それを贈り物として、あの方のところへ下って行きなさい。乳香と蜜を少々、樹膠と没薬、くるみとアーモンド、
そして、二倍の銀を持って行きなさい。あなたがたの袋の口に返されていた銀も持って行って返しなさい。それはまちがいだったのだろう。
そして、弟を連れてあの方のところへ出かけて行きなさい。
全能の神がその方に、あなたがたをあわれませてくださるように。そしてもうひとりの兄弟とベニヤミンとをあなたがたに返してくださるように。私も、失うときには、失うのだ。」
メモ: 「私も失うときには、失うのだ。」とのことばの背後に神への信頼を感じる。
2014/ 5/ 3 読: 創世記 45章~47章
選: 創世記 45章 4節~5節
ヨセフは兄弟たちに言った。「どうか私に近寄ってください。」彼らが近寄ると、ヨセフは言った。「私はあなたがたがエジプトに売った弟のヨセフです。
今、私をここに売ったことで心を痛めたり、怒ったりしてはなりません。神はいのちを救うために、あなたがたより先に、私を遣わしてくださったのです。
メモ: 「皆様に仕えるために、神が私達を遣わされたのです。」が本音でありたい。
2014/ 5/ 4 読: 創世記 48章~50章
選: 創世記 50章 19節~21節
ヨセフは彼らに言った。「恐れることはありません。どうして、私が神の代わりでしょうか。
あなたがたは、私に悪を計りましたが、神はそれを、良いことのための計らいとなさいました。それはきょうのようにして、多くの人々を生かしておくためでした。
ですから、もう恐れることはありません。私は、あなたがたや、あなたがたの子どもたちを養いましょう。」こうして彼は彼らを慰め、優しく語りかけた。
メモ: 神は、私達のつらい経験をも、良いことのための計らいとしてくださいます。
2014/ 5/ 5 読: 出エジプト記 1章~3章
選: 出エジプト記 1章 16節~17節
彼は言った。「ヘブル人の女に分娩させるとき、産み台の上を見て、もしも男の子なら、それを殺さなければならない。女の子なら、生かしておくのだ。」
しかし、助産婦たちは神を恐れ、エジプトの王が命じたとおりにはせず、男の子を生かしておいた。
メモ: 助産婦達の規準は神に対する恐れでした。私達も人を造られた神を恐れます。
2014/ 5/ 6 読: 出エジプト記 4章~6章
選: 出エジプト記 4章 10節~12節
モーセは主に申し上げた。「ああ主よ。私はことばの人ではありません。以前からそうでしたし、あなたがしもべに語られてからもそうです。私は口が重く、舌が重いのです。」
主は彼に仰せられた。「だれが人に口をつけたのか。だれがおしにしたり、耳しいにしたり、あるいは、目をあけたり、盲目にしたりするのか。それはこのわたし、主ではないか。
さあ行け。わたしがあなたの口とともにあって、あなたの言うべきことを教えよう。」
メモ: 私達は偶然、また、人知ですべての仕組みが分かる低レベルの産物でもない。
2014/ 5/ 7 読: 出エジプト記 7章~9章
選: 出エジプト記 9章 35節
パロの心はかたくなになり、彼はイスラエル人を行かせなかった。主がモーセを通して言われたとおりである。
メモ: かたくなな人は、自分を正当化するために、ますますかたくなになると思う。
2014/ 5/ 8 読: 出エジプト記 10章~12章
選: 出エジプト記 12章 21節~24節
そこで、モーセはイスラエルの長老たちをみな呼び寄せて言った。「あなたがたの家族のために羊を、ためらうことなく、取り、過越のいけにえとしてほふりなさい。
ヒソプの一束を取って、鉢の中の血に浸し、その鉢の中の血をかもいと二本の門柱につけなさい。朝まで、だれも家の戸口から外に出てはならない。
主がエジプトを打つために行き巡られ、かもいと二本の門柱にある血をご覧になれば、主はその戸口を過ぎ越され、滅ぼす者があなたがたの家にはいって、打つことがないようにされる。
あなたがたはこのことを、あなたとあなたの子孫のためのおきてとして、永遠に守りなさい。
メモ: 赤く塗られた鳥居のルーツはここにあるのかと思いたくなる聖書の箇所です。
2014/ 5/ 9 読: 出エジプト記 13章~15章
選: 出エジプト記 13章 21節~22節
主は、昼は、途上の彼らを導くため、雲の柱の中に、夜は、彼らを照らすため、火の柱の中にいて、彼らの前を進まれた。彼らが昼も夜も進んで行くためであった。
昼はこの雲の柱、夜はこの火の柱が民の前から離れなかった。
メモ: 主は彼らから離れなかった。主は、主を信じる私達からも決して離れません。
2014/ 5/10 読: 出エジプト記 16章~18章
選: 出エジプト記 18章 24節~27節
モーセはしゅうとの言うことを聞き入れ、すべて言われたとおりにした。
モーセは、イスラエル全体の中から力のある人々を選び、千人の長、百人の長、五十人の長、十人の長として、民のかしらに任じた。
いつもは彼らが民をさばき、むずかしい事件はモーセのところに持って来たが、小さい事件は、みな彼ら自身でさばいた。
それから、モーセはしゅうとを見送った。彼は自分の国へ帰って行った。
メモ: 神と直接語っていたモーセも人の言うことを聞き入れた。けんそんな方だな。
2014/ 5/11 読: 出エジプト記 19章~21章
選: 出エジプト記 20章 3節~6節
あなたには、わたしのほかに、ほかの神々があってはならない。
あなたは、自分のために、偶像を造ってはならない。上の天にあるものでも、下の地にあるものでも、地の下の水の中にあるものでも、どんな形をも造ってはならない。
それらを拝んではならない。それらに仕えてはならない。あなたの神、主であるわたしは、ねたむ神、わたしを憎む者には、父の咎を子に報い、三代、四代にまで及ぼし、
わたしを愛し、わたしの命令を守る者には、恵みを千代にまで施すからである。
メモ: 創造主である神を無視することは、自分の親を無視するようなことだと思う。
2014/ 5/12 読: 出エジプト記 22章~24章
選: 出エジプト記 23章 20節~22節
見よ。わたしは、使いをあなたの前に遣わし、あなたを道で守らせ、わたしが備えた所にあなたを導いて行かせよう。
あなたは、その者に心を留め、御声に聞き従いなさい。決して、その者にそむいてはならない。わたしの名がその者のうちにあるので、その者はあなたがたのそむきの罪を赦さないからである。
しかし、もし御声に確かに聞き従い、わたしが告げることをことごとく行なうなら、わたしはあなたの敵には敵となり、あなたの仇には仇となろう。
メモ: 神の声に聞き従い、神が告げることを行うことによって失うものは何もない。
2014/ 5/13 読: 出エジプト記 25章~27章
選: 出エジプト記 25章 2節
「わたしに奉納物をささげるように、イスラエル人に告げよ。すべて、心から進んでささげる人から、わたしへの奉納物を受け取らなければならない。
メモ: 神は心を見ておられる。人目や利益を気にしてささげることを神は喜ばない。
2014/ 5/14 読: 出エジプト記 28章~30章
選: 出エジプト記 29章 45節~46節
わたしはイスラエル人の間に住み、彼らの神となろう。
彼らは、わたしが彼らの神、主であり、彼らの間に住むために、彼らをエジプトの地から連れ出した者であることを知るようになる。わたしは彼らの神、主である。
メモ: 「わたしはあなたがたの神、主である。」と主は私達にも語ってくださった。
2014/ 5/15 読: 出エジプト記 31章~33章
選: 出エジプト記 33章 13節
今、もしも、私があなたのお心にかなっているのでしたら、どうか、あなたの道を教えてください。そうすれば、私はあなたを知ることができ、あなたのお心にかなうようになれるでしょう。この国民があなたの民であることをお心に留めてください。」
メモ: 神の道を真剣に求めたモーセ。神はこのようなひたむきさを喜ばれると思う。
2014/ 5/16 読: 出エジプト記 34章~36章
選: 出エジプト記 35章 10節
あなたがたのうちの心に知恵のある者は、みな来て、主が命じられたものをすべて造らなければならない。
メモ: 知恵のある者は造らなければならない。知恵のある者は造る義務があるのだ。
2014/ 5/17 読: 出エジプト記 37章~39章
選: 出エジプト記 39章 32節
こうして、会見の天幕である幕屋の、すべての奉仕が終わった。イスラエル人は、すべて、主がモーセに命じられたとおりにした。そのようにした。
メモ: すべての奉仕は主が命じられたとおりに、主が言われたとおりに、行われた。
2014/ 5/18 読: 出エジプト記 40章、レビ記 1章~2章
選: 出エジプト記 40章 36節~38節
イスラエル人は、旅路にある間、いつも雲が幕屋から上ったときに旅立った。
雲が上らないと、上る日まで、旅立たなかった。
イスラエル全家の者は旅路にある間、昼は主の雲が幕屋の上に、夜は雲の中に火があるのを、いつも見ていたからである。
メモ: 幕屋上の主の雲は、神の存在を身近に感じる、心の支えになっていたと思う。
2014/ 5/19 読: レビ記 3章~5章
選: レビ記 5章 17節~18節
また、もし人が罪を犯し、主がするなと命じたすべてのうち一つでも行なったときは、たといそれを知らなくても、罪に定められ、その咎を負う。
その人は、羊の群れからあなたが評価した傷のない雄羊一頭を取って、罪過のためのいけにえとして祭司のところに連れて来る。祭司は、彼があやまって犯し、しかも自分では知らないでいた過失について、彼のために贖いをする。彼は赦される。
メモ: 定めるのは神。知らなくても、罪は罪。赦しが与えられることに感謝します。
2014/ 5/20 読: レビ記 6章~8章
選: レビ記 8章 34節~36節
きょうしたことは、あなたがたの贖いをするように主が命じられたとおりである。
あなたがたは会見の天幕の入口の所で、七日の間、昼も夜もとどまり、主の戒めを守らなければならない。死なないためである。私はそのように命じられたのである。」
こうしてアロンとその子らは、主がモーセを通して命じられたことを残らず行なった。
メモ: 人を愛しておられる神が命ずることを行うことは、私達を幸せへと導きます。
2014/ 5/21 読: レビ記 9章~11章
選: レビ記 11章 43節~45節
あなたがたは群生するどんなものによっても、自分自身を忌むべきものとしてはならない。またそれによって、身を汚し、それによって汚れたものとなってはならない。
わたしはあなたがたの神、主であるからだ。あなたがたは自分の身を聖別し、聖なる者となりなさい。わたしが聖であるから。地をはういかなる群生するものによっても、自分自身を汚してはならない。
わたしは、あなたがたの神となるために、あなたがたをエジプトの地から導き出した主であるから。あなたがたは聖なる者となりなさい。わたしが聖であるから。」
メモ: 主と共に歩むと言いながら自分自身を汚す者は、主を汚すことになると思う。
2014/ 5/22 読: レビ記 12章~14章
選: レビ記 14章 54節~57節
以上は、ツァラアトのあらゆる患部、かいせん、
衣服と家のツァラアト、
はれもの、かさぶた、光る斑点についてのおしえである。
これは、どんなときにそれが汚れているのか、またどんなときにそれがきよいのかを教えるためである。これが、ツァラアトについてのおしえである。
メモ: 神は私達に聖書を通し時にかなう教えをくださる。神の教えを規準にしたい。
2014/ 5/23 読: レビ記 15章~17章
選: レビ記 17章 10節~11節
また、イスラエルの家の者、または彼らの間の在留異国人のだれであっても、どんな血でも食べるなら、わたしはその血を食べる者から、わたしの顔をそむけ、その者をその民の間から断つ。
なぜなら、肉のいのちは血の中にあるからである。わたしはあなたがたのいのちを祭壇の上で贖うために、これをあなたがたに与えた。いのちとして贖いをするのは血である。
メモ: 肉のいのちは血の中にある。血に入ってしまう飲食にも気を使いたいと思う。
2014/ 5/24 読: レビ記 18章~20章
選: レビ記 18章 30節
あなたがたは、わたしの戒めを守り、あなたがたの先に行なわれていた忌みきらうべき風習を決して行なわないようにしなさい。それによって身を汚してはならない。わたしはあなたがたの神、主である。」
メモ: 神は聖い方です。神を信じる私達に聖さを求めることは、当然のことと思う。
2014/ 5/25 読: レビ記 21章~23章
選: レビ記 23章 42節~43節
あなたがたは七日間、仮庵に住まなければならない。イスラエルで生まれた者はみな、仮庵に住まなければならない。
これは、わたしが、エジプトの国からイスラエル人を連れ出したとき、彼らを仮庵に住まわせたことを、あなたがたの後の世代が知るためである。わたしはあなたがたの神、主である。」
メモ: 主のなされた業を忘れないために、記念日を設けることも必要かもしれない。
2014/ 5/26 読: レビ記 24章~26章
選: レビ記 25章 17節
あなたがたは互いに害を与えてはならない。あなたの神を恐れなさい。わたしはあなたの神、主である。
メモ: 多くの選択をする人生。私達の神、主へのおそれを最優先に考えたいと思う。
2014/ 5/27 読: レビ記 27章、民数記 1章~2章
選: 民数記 2章 34節
イスラエル人は、すべて主がモーセに命じられたとおりに行ない、それぞれの旗ごとに宿営し、おのおのその氏族ごとに、父祖の家ごとに進んだ。
メモ: 主が命じられたとおりに行うことが、身も心も休ませる一番の秘訣だと思う。
2014/ 5/28 読: 民数記 3章~5章
選: 民数記 5章 5節~7節
ついで主はモーセに告げて仰せられた。
「イスラエル人に告げよ。男にせよ、女にせよ、主に対して不信の罪を犯し、他人に何か一つでも罪を犯し、自分でその罪を認めたときは、
自分の犯した罪を告白しなければならない。その者は罪過のために総額を弁償する。また、それにその五分の一を加えて、当の被害者に支払わなければならない。
メモ: 告白と同時にその事から解放される。秘めておくと、表情も暗くなると思う。
2014/ 5/29 読: 民数記 6章~8章
選: 民数記 6章 24節~27節
『主があなたを祝福し、あなたを守られますように。
主が御顔をあなたに照らし、あなたを恵まれますように。
主が御顔をあなたに向け、あなたに平安を与えられますように。』
彼らがわたしの名でイスラエル人のために祈るなら、わたしは彼らを祝福しよう。」
メモ: 主であられる神からの祝福、世のどのような贈り物にも勝る贈り物だと思う。
2014/ 5/30 読: 民数記 9章~11章
選: 民数記 9章 22節~23節
二日でも、一月でも、あるいは一年でも、雲が幕屋の上にとどまって去らなければ、イスラエル人は宿営して旅立たなかった。ただ雲が上ったときだけ旅立った。
彼らは主の命令によって宿営し、主の命令によって旅立った。彼らはモーセを通して示された主の命令によって、主の戒めを守った。
メモ: 長い間待たされることがあっても、私達に最善を計画している主に従います。
2014/ 5/31 読: 民数記 12章~14章
選: 民数記 14章 6節~9節
すると、その地を探って来た者のうち、ヌンの子ヨシュアとエフネの子カレブとは自分たちの着物を引き裂いて、
イスラエル人の全会衆に向かって次のように言った。「私たちが巡り歩いて探った地は、すばらしく良い地だった。
もし、私たちが主の御心にかなえば、私たちをあの地に導き入れ、それを私たちに下さるだろう。あの地には、乳と蜜とが流れている。
ただ、主にそむいてはならない。その地の人々を恐れてはならない。彼らは私たちのえじきとなるからだ。彼らの守りは、彼らから取り去られている。しかし主が私たちとともにおられるのだ。彼らを恐れてはならない。」
メモ: 主を信じる皆さん、「しかし主が私たちとともにおられるのだ。」と叫ぼう。
前Page