前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2014年 06月)

2014/ 6/ 1 読: 民数記 15章~17章
選: 民数記 15章 29節~31節
イスラエル人のうちの、この国に生まれた者にも、あなたがたのうちにいる在留異国人にも、あやまって罪を犯す者には、あなたがたと同一のおしえがなければならない。
国に生まれた者でも、在留異国人でも、故意に罪を犯す者は、主を冒涜する者であって、その者は民の間から断たれなければならない。
主のことばを侮り、その命令を破ったなら、必ず断ち切られ、その咎を負う。」
メモ: 創造主を信じる神の国に属する人々に国別の違いはない。神は平等な方です。
2014/ 6/ 2 読: 民数記 18章~20章
選: 民数記 18章 32節
あなたがたが、その最上の部分を供えるなら、そのことで罪を負うことはない。イスラエル人の聖なるささげ物を、あなたがたは汚してはならない。それは、あなたがたが死なないためである。」
メモ: 私達の神に対する愛情が大きければ、神に対する「ついでに」はないと思う。
2014/ 6/ 3 読: 民数記 21章~23章
選: 民数記 23章 11節~12節
バラクはバラムに言った。「あなたは私になんということをしたのですか。私の敵をのろってもらうためにあなたを連れて来たのに、今、あなたはただ祝福しただけです。」
バラムは答えて言った。「主が私の口に置かれること、それを私は忠実に語らなければなりません。」
メモ: 私達は神の不変の言葉、聖書の教えに忠実であることが当然のことだと思う。
2014/ 6/ 4 読: 民数記 24章~26章
選: 民数記 24章 12節~13節
バラムはバラクに言った。「私はあなたがよこされた使者たちにこう言ったではありませんか。
『たとい、バラクが私に銀や金の満ちた彼の家をくれても、主のことばにそむいては、善でも悪でも、私の心のままにすることはできません。主が告げられること、それを私は告げなければなりません。』
メモ: 「主の言葉に背くことはできません。」をモットーに生きていきたいと思う。
2014/ 6/ 5 読: 民数記 27章~29章
選: 民数記 27章 15節~17節
それでモーセは主に申し上げた。
「すべての肉なるもののいのちの神、主よ。ひとりの人を会衆の上に定め、
彼が、彼らに先立って出て行き、彼らに先立ってはいり、また彼らを連れ出し、彼らをはいらせるようにしてください。主の会衆を、飼う者のいない羊のようにしないでください。」
メモ: 神に委ねられた民を心配するモーセ。私達の、仲間に対する思いを問われる。
2014/ 6/ 6 読: 民数記 30章~32章
選: 民数記 30章 2節
人がもし、主に誓願をし、あるいは、物断ちをしようと誓いをするなら、そのことばを破ってはならない。すべて自分の口から出たとおりのことを実行しなければならない。
メモ: 私達は、私達の口から出たことばと、そのことばに伴う行いを一致させます。
2014/ 6/ 7 読: 民数記 33章~35章
選: 民数記 35章 34節
あなたがたは、自分たちの住む土地、すなわち、わたし自身がそのうちに宿る土地を汚してはならない。主であるわたしが、イスラエル人の真ん中に宿るからである。」
メモ: 聖書は、クリスチャンは神の宮であると教える。その宮も汚してはならない。
2014/ 6/ 8 読: 民数記 36章、申命記 1章~2章
選: 申命記 1章 17節
さばきをするとき、人をかたよって見てはならない。身分の低い人にも高い人にもみな、同じように聞かなければならない。人を恐れてはならない。さばきは神のものである。あなたがたにとってむずかしすぎる事は、私のところに持って来なさい。私がそれを聞こう。」
メモ: 私情が少しでも混入すれば、私達は片寄る可能性がある。神の目を持ちたい。
2014/ 6/ 9 読: 申命記 3章~5章
選: 申命記 4章 40節
きょう、私が命じておいた主のおきてと命令とを守りなさい。あなたも、あなたの後の子孫も、しあわせになり、あなたの神、主が永久にあなたに与えようとしておられる地で、あなたが長く生き続けるためである。
メモ: しあわせを望む私達が、主のおきてと命令を守るのはごく自然のことと思う。
2014/ 6/10 読: 申命記 6章~8章
選: 申命記 6章 4節~5節
聞きなさい。イスラエル。主は私たちの神。主はただひとりである。
心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くして、あなたの神、主を愛しなさい。
メモ: 主を愛するとは、主が教えていることを聞き流さず、それを行うことである。
2014/ 6/11 読: 申命記 9章~11章
選: 申命記 10章 21節
主はあなたの賛美、主はあなたの神であって、あなたが自分の目で見たこれらの大きい、恐ろしいことを、あなたのために行なわれた。
メモ: 主は私達の賛美、私達の神、私達の救い主、私達を導く方、私達を愛する方。
2014/ 6/12 読: 申命記 12章~14章
選: 申命記 12章 28節
気をつけて、私が命じるこれらのすべてのことばに聞き従いなさい。それは、あなたの神、主がよいと見、正しいと見られることをあなたが行ない、あなたも後の子孫も永久にしあわせになるためである。
メモ: 主は、私達の幸せを願っているからこそ、主の規準に従うように促すのです。
2014/ 6/13 読: 申命記 15章~17章
選: 申命記 16章 19節
あなたはさばきを曲げてはならない。人をかたよって見てはならない。わいろを取ってはならない。わいろは知恵のある人を盲目にし、正しい人の言い分をゆがめるからである。
メモ: 正義は永遠に評価されるが、多くの物を持っていても、地上でしか使えない。
2014/ 6/14 読: 申命記 18章~20章
選: 申命記 20章 3節~4節
彼らに言いなさい。「聞け。イスラエルよ。あなたがたは、きょう、敵と戦おうとしている。弱気になってはならない。恐れてはならない。うろたえてはならない。彼らのことでおじけてはならない。
共に行って、あなたがたのために、あなたがたの敵と戦い、勝利を得させてくださるのは、あなたがたの神、主である。」
メモ: 主が負けることはありえない。主と共に歩む私達は、必ず勝利を得るのです。
2014/ 6/15 読: 申命記 21章~23章
選: 申命記 23章 24節~25節
隣人のぶどう畑に入ったとき、あなたは思う存分、満ち足りるまでぶどうを食べてもよいが、あなたのかごに入れてはならない。
隣人の麦畑の中に入ったとき、あなたは穂を手で摘んでもよい。しかし、隣人の麦畑でかまを使ってはならない。
メモ: 私達が所有する物はすべて神からの物。愛である神の規準に従いたいと思う。
2014/ 6/16 読: 申命記 24章~26章
選: 申命記 24章 5節
人が新妻をめとったときは、その者をいくさに出してはならない。これに何の義務をも負わせてはならない。彼は一年の間、自分の家のために自由の身になって、めとった妻を喜ばせなければならない。
メモ: 愛である創造主による新婚への配慮。夫婦が共に過ごす時間を大事にしたい。
2014/ 6/17 読: 申命記 27章~29章
選: 申命記 29章 5節~6節
私は、四十年の間、あなたがたに荒野を行かせたが、あなたがたが身に着けている着物はすり切れず、その足のくつもすり切れなかった。
あなたがたはパンも食べず、また、ぶどう酒も強い酒も飲まなかった。それは、「わたしが、あなたがたの神、主である。」と、あなたがたが知るためであった。
メモ: 多くの経験は「わたしが、あなたの神、主である」ことを知るためだと思う。
2014/ 6/18 読: 申命記 30章~32章
選: 申命記 31章 7節~8節
ついでモーセはヨシュアを呼び寄せ、イスラエルのすべての人々の目の前で、彼に言った。「強くあれ。雄々しくあれ。主がこの民の先祖たちに与えると誓われた地に、彼らとともにはいるのはあなたであり、それを彼らに受け継がせるのもあなたである。
主ご自身があなたの先に進まれる。主があなたとともにおられる。主はあなたを見放さず、あなたを見捨てない。恐れてはならない。おののいてはならない。」
メモ: 主があなたとともにおられる。主はあなたを見放さず、あなたを見捨てない。
2014/ 6/19 読: 申命記 33章~34章、ヨシュア記 1章
選: ヨシュア記 1章 9節
わたしはあなたに命じたではないか。強くあれ。雄々しくあれ。恐れてはならない。おののいてはならない。あなたの神、主が、あなたの行く所どこにでも、あなたとともにあるからである。」
メモ: 主があなたに命じたのです。強くあれ。雄々しくあれ。恐れてはならないと。
2014/ 6/20 読: ヨシュア記 2章~4章
選: ヨシュア記 4章 5節~7節
ヨシュアは彼らに言った。「ヨルダン川の真ん中の、あなたがたの神、主の箱の前に渡って行って、イスラエルの子らの部族の数に合うように、各自、石一つずつを背負って来なさい。
それがあなたがたの間で、しるしとなるためである。後になって、あなたがたの子どもたちが、『これらの石はあなたがたにとってどういうものなのですか』と聞いたなら、
あなたがたは彼らに言わなければならない。『ヨルダン川の水は、主の契約の箱の前でせきとめられた。箱がヨルダン川を渡るとき、ヨルダン川の水がせきとめられた。これらの石は永久にイスラエル人の記念なのだ。』」
メモ: 神がなしてくださった事を伝えるための記念のしるしを造るのもいいと思う。
2014/ 6/21 読: ヨシュア記 5章~7章
選: ヨシュア記 5章 6節
イスラエル人は、四十年間、荒野を旅していて、エジプトから出て来た民、すなわち戦士たちは、ことごとく死に絶えてしまったからである。彼らは主の御声に聞き従わなかったので、主が私たちに与えると彼らの先祖たちに誓われた地、乳と蜜の流れる地を、主は彼らには見せないと誓われたのであった。
メモ: 主の御声に聞き従うか、聞き従わないかで、私達の未来は大きく変わります。
2014/ 6/22 読: ヨシュア記 8章~10章
選: ヨシュア記 10章 42節
ヨシュアはこれらすべての王たちとその地とをいちどきに攻め取った。イスラエルの神、主が、イスラエルのために戦われたからである。
メモ: 神は私達を通して働かれる。私達が御声に従わないと、神の業がなされない。
2014/ 6/23 読: ヨシュア記 11章~13章
選: ヨシュア記 11章 15節
主がそのしもべモーセに命じられたとおりに、モーセはヨシュアに命じたが、ヨシュアはそのとおりに行ない、主がモーセに命じたすべてのことばを、一言も取り除かなかった。
メモ: 私達は、神のことばの、自分に不都合な部分を取り除いたりしないだろうか。
2014/ 6/24 読: ヨシュア記 14章~16章
選: ヨシュア記 14章 14節
それで、ヘブロンは、ケナズ人エフネの子カレブの相続地となった。今日もそうである。それは、彼がイスラエルの神、主に従い通したからである。
メモ: 「それは、彼らが彼らの神、主に従い通したからである。」と言われたいね。
2014/ 6/25 読: ヨシュア記 17章~19章
選: ヨシュア記 17章 17節~18節
するとヨシュアは、ヨセフ家の者、エフライムとマナセにこう言った。「あなたは数の多い民で、大きな力を持っている。あなたは、ただ一つのくじによる割り当て地だけを持っていてはならない。
山地もあなたのものとしなければならない。それが森であっても、切り開いて、その終わる所まで、あなたのものとしなければならない。カナン人は鉄の戦車を持っていて、強いのだから、あなたは彼らを追い払わなければならないのだ。」
メモ: 神の常識は世の常識とは違うが、神が味方であれば、私達は何を恐れようか。
2014/ 6/26 読: ヨシュア記 20章~22章
選: ヨシュア記 21章 45節
主がイスラエルの家に約束されたすべての良いことは、一つもたがわず、みな実現した。
メモ: 主は約束を守られる。問題は、私達が主の約束を受け取るかどうかだと思う。
2014/ 6/27 読: ヨシュア記 23章~24章、士師記 1章
選: ヨシュア記 23章 14節
見よ。きょう、私は世のすべての人の行く道を行こうとしている。あなたがたは、心を尽くし、精神を尽くして知らなければならない。あなたがたの神、主が、あなたがたについて約束したすべての良いことが一つもたがわなかったことを。それは、一つもたがわず、みな、あなたがたのために実現した。
メモ: 主は約束したことを実現させる。このことを自分の心に焼き付けたいと思う。
2014/ 6/28 読: 士師記 2章~4章
選: 士師記 2章 18節
主が彼らのためにさばきつかさを起こされる場合は、主はさばきつかさとともにおられ、そのさばきつかさの生きている間は、敵の手から彼らを救われた。これは、圧迫し、苦しめる者のために彼らがうめいたので、主があわれまれたからである。
メモ: 例えあわれみからであっても、主はそのなさることを、やり遂げてくださる。
2014/ 6/29 読: 士師記 5章~7章
選: 士師記 5章 31節
主よ。あなたの敵はみな滅び、主を愛する者は、力強く日がさし出るようにしてください。」こうして、この国は四十年の間、穏やかであった。
メモ: 「主よ。主を愛する私達を、力強く日がさし出るような者にしてください。」
2014/ 6/30 読: 士師記 8章~10章
選: 士師記 8章 22節~23節
そのとき、イスラエル人はギデオンに言った。「あなたも、あなたのご子息も、あなたの孫も、私たちを治めてください。あなたが私たちをミデヤン人の手から救ったのですから。」
しかしギデオンは彼らに言った。「私はあなたがたを治めません。また、私の息子もあなたがたを治めません。主があなたがたを治められます。」
メモ: 「主よ。あなたが私達を治めてください。私達は、あなたに従い通します。」
前Page