前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2014年 07月)

2014/ 7/ 1 読: 士師記 11章~13章
選: 士師記 11章 35節~36節
エフタは彼女を見るや、自分の着物を引き裂いて言った。「ああ、娘よ。あなたはほんとうに、私を打ちのめしてしまった。あなたは私を苦しめる者となった。私は主に向かって口を開いたのだから、もう取り消すことはできないのだ。」
すると、娘は父に言った。「お父さま。あなたは主に対して口を開かれたのです。お口に出されたとおりのことを私にしてください。主があなたのために、あなたの敵アモン人に復讐なさったのですから。」
メモ: たとえ目に見えない主であっても、主に対しての約束は必ず守りたいと思う。
2014/ 7/ 2 読: 士師記 14章~16章
選: 士師記 16章 28節
サムソンは主に呼ばわって言った。「神、主よ。どうぞ、私を御心に留めてください。ああ、神よ。どうぞ、この一時でも、私を強めてください。私の二つの目のために、もう一度ペリシテ人に復讐したいのです。」
メモ: 「主よ。どうぞ、私達を御心に留めてください。」これは、私達の祈りです。
2014/ 7/ 3 読: 士師記 17章~19章
選: 士師記 17章 6節
そのころ、イスラエルには王がなく、めいめいが自分の目に正しいと見えることを行なっていた。
メモ: めいめいの中に神の規準が刻み込まれていれば、平和にやっていけると思う。
2014/ 7/ 4 読: 士師記 20章~21章、ルツ記 1章
選: 士師記 21章 1節~3節
イスラエル人はミツパで、「私たちはだれも、娘をベニヤミンにとつがせない。」と言って誓っていた。
そこで、民はベテルに来て、そこで夕方まで神の前にすわり、声をあげて激しく泣いた。
そして、彼らは言った。「イスラエルの神、主よ。なぜイスラエルにこのようなことが起こって、きょう、イスラエルから一つの部族が欠けるようになったのですか。」
メモ: 罪ゆえにおきた事件であっても、その事を悲しみ、これからを神に求めたい。
2014/ 7/ 5 読: ルツ記 2章~4章
選: ルツ記 2章 10節~12節
彼女は顔を伏せ、地面にひれ伏して彼に言った。「私が外国人であるのを知りながら、どうして親切にしてくださるのですか。」
ボアズは答えて言った。「あなたの夫がなくなってから、あなたがしゅうとめにしたこと、それにあなたの父母や生まれた国を離れて、これまで知らなかった民のところに来たことについて、私はすっかり話を聞いています。
主があなたのしたことに報いてくださるように。また、あなたがその翼の下に避け所を求めて来たイスラエルの神、主から、豊かな報いがあるように。」
メモ: ごく普通に良い事を行っている謙遜な女性。このような人でありたいと思う。
2014/ 7/ 6 読: サムエル記 第Ⅰ 1章~3章
選: サムエル記 第Ⅰ 3章 15節~18節
サムエルは朝まで眠り、それから主の宮のとびらをあけた。サムエルは、この黙示についてエリに語るのを恐れた。
ところが、エリはサムエルを呼んで言った。「わが子サムエルよ。」サムエルは、「はい。ここにおります。」と答えた。
エリは言った。「おまえにお告げになったことは、どんなことだったのか。私に隠さないでくれ。もし、おまえにお告げになったことばの一つでも私に隠すなら、神がおまえを幾重にも罰せられるように。」
それでサムエルは、すべてのことを話して、何も隠さなかった。エリは言った。「その方は主だ。主がみこころにかなうことをなさいますように。」
メモ: 神の語られる言葉は人の発想を超える。神は人が思い付かない事をなされる。
2014/ 7/ 7 読: サムエル記 第Ⅰ 4章~6章
選: サムエル記 第Ⅰ 6章 6節
なぜ、あなたがたは、エジプト人とパロが心をかたくなにしたように、心をかたくなにするのですか。神が彼らをひどいめに会わせたときに、彼らは、イスラエルを自由にして、彼らを去らせたではありませんか。
メモ: 私達の、創造主に対して心をかたくなにする結果についても、聖書は教える。
2014/ 7/ 8 読: サムエル記 第Ⅰ 7章~9章
選: サムエル記 第Ⅰ 7章 3節~4節
そのころ、サムエルはイスラエルの全家に次のように言った。「もし、あなたがたが心を尽くして主に帰り、あなたがたの間から外国の神々やアシュタロテを取り除き、心を主に向け、主にのみ仕えるなら、主はあなたがたをペリシテ人の手から救い出されます。」
そこでイスラエル人は、バアルやアシュタロテを取り除き、主にのみ仕えた。
メモ: 創造主に心も向けずに、「なぜ助けてくれないのか」と言う自分勝手な私達。
2014/ 7/ 9 読: サムエル記 第Ⅰ 10章~12章
選: サムエル記 第Ⅰ 12章 12節~14節
あなたがたは、アモン人の王ナハシュがあなたがたに向かって来るのを見たとき、あなたがたの神、主があなたがたの王であるのに、『いや、王が私たちを治めなければならない。』と私に言った。
今、見なさい。あなたがたが選び、あなたがたが求めた王を。見なさい。主はあなたがたの上に王を置かれた。
もし、あなたがたが主を恐れ、主に仕え、主の御声に聞き従い、主の命令に逆らわず、また、あなたがたも、あなたがたを治める王も、あなたがたの神、主のあとに従うなら、それで良い。
もし、あなたがたが主の御声に聞き従わず、主の命令に逆らうなら、主の手があなたがたの先祖たちに下ったように、あなたがたの上にも下る。
メモ: 何があっても、主を第一にする。これが私達に求められていることだと思う。
2014/ 7/10 読: サムエル記 第Ⅰ 13章~15章
選: サムエル記 第Ⅰ 15章 22節~23節
するとサムエルは言った。「主は主の御声に聞き従うことほどに、全焼のいけにえや、その他のいけにえを喜ばれるだろうか。見よ。聞き従うことは、いけにえにまさり、耳を傾けることは、雄羊の脂肪にまさる。
まことに、そむくことは占いの罪、従わないことは偶像礼拝の罪だ。あなたが主のことばを退けたので、主もあなたを王位から退けた。」
メモ: 主は、私達がその御声に従うことを最も喜ばれます。主を喜ばせたいと思う。
2014/ 7/11 読: サムエル記 第Ⅰ 16章~18章
選: サムエル記 第Ⅰ 16章 6節~7節
彼らが来たとき、サムエルはエリアブを見て、「確かに、主の前で油をそそがれる者だ。」と思った。
しかし主はサムエルに仰せられた。「彼の容貌や、背の高さを見てはならない。わたしは彼を退けている。人が見るようには見ないからだ。人はうわべを見るが、主は心を見る。」
メモ: 私達は人の心を見ることはできない。だから誤解しないように気を付けたい。
2014/ 7/12 読: サムエル記 第Ⅰ 19章~21章
選: サムエル記 第Ⅰ 20章 1節~4節
ダビデはラマのナヨテから逃げて、ヨナタンのもとに来て言った。「私がどんなことをし、私にどんな咎があり、私があなたの父上に対してどんな罪を犯したというので、父上は私のいのちを求めておられるのでしょうか。」
ヨナタンは彼に言った。「絶対にそんなことはありません。あなたが殺されるはずはありません。そうです。私の父は、事の大小を問わず、私の耳に入れないでするようなことはありません。どうして父が、このことを私に隠さなければならないでしょう。そんなことはありません。」
ダビデはなおも誓って言った。「あなたの父上は、私があなたのご好意を得ていることを、よくご存じです。それで、ヨナタンが悲しまないように、このことを知らせないでおこう、と思っておられるのです。けれども、主とあなたに誓います。私と死との間には、ただ一歩の隔たりしかありません。」
するとヨナタンはダビデに言った。「あなたの言われることは、何でもあなたのためにしましょう。」
メモ: 人生について分かち合える信仰の友がいることは、すばらしいことだと思う。
2014/ 7/13 読: サムエル記 第Ⅰ 22章~24章
選: サムエル記 第Ⅰ 23章 16節~18節
サウルの子ヨナタンは、ホレシュのダビデのところに来て、神の御名によってダビデを力づけた。
彼はダビデに言った。「恐れることはありません。私の父サウルの手があなたの身に及ぶことはないからです。あなたこそ、イスラエルの王となり、私はあなたの次に立つ者となるでしょう。私の父サウルもまた、そうなることを確かに知っているのです。」
こうして、ふたりは主の前で契約を結んだ。ダビデはホレシュにとどまり、ヨナタンは自分の家へ帰った。
メモ: 主に信頼しきることを学んだダビデのように、私達にもそういう時期がある。
2014/ 7/14 読: サムエル記 第Ⅰ 25章~27章
選: サムエル記 第Ⅰ 26章 22節~25節
ダビデは答えて言った。「さあ、ここに王の槍があります。これを取りに、若者のひとりをよこしてください。
主は、おのおの、その人の正しさと真実に報いてくださいます。主はきょう、あなたを私の手に渡されましたが、私は、主に油そそがれた方に、この手を下したくはありませんでした。
きょう、私があなたのいのちをたいせつにしたように、主は私のいのちをたいせつにして、すべての苦しみから私を救い出してくださいます。」
サウルはダビデに言った。「わが子ダビデ。おまえに祝福があるように。おまえは多くのことをするだろうが、それはきっと成功しよう。」こうしてダビデは自分の旅を続け、サウルは自分の家へ帰って行った。
メモ: 主はすべてを見ておられる。私達には不利と思えても、裁きは主に任せます。
2014/ 7/15 読: サムエル記 第Ⅰ 28章~30章
選: サムエル記 第Ⅰ 28章 21節~22節
女はサウルのところに来て、サウルが非常におびえているのを見て彼に言った。「あなたのはしためは、あなたの言われたことに聞き従いました。私は自分のいのちをかけて、あなたが言われた命令に従いました。
今度はどうか、あなたがこのはしための言うことを聞き入れてください。パンを少し差し上げますから、それを食べてください。お帰りのとき、元気になられるでしょう。」
メモ: 最後におびえることがないように、私達は神のことばの上に人生を築きます。
2014/ 7/16 読: サムエル記 第Ⅰ 31章、サムエル記 第Ⅱ 1章~2章
選: サムエル記 第Ⅱ 2章 4節~7節
そこへユダの人々がやって来て、ダビデに油をそそいでユダの家の王とした。ヤベシュ・ギルアデの人々がサウルを葬った、ということがダビデに知らされたとき、
ダビデはヤベシュ・ギルアデの人々に使いを送り、彼らに言った。「あなたがたの主君サウルに、このような真実を尽くして、彼を葬ったあなたがたに、主の祝福があるように。
今、主があなたがたに恵みとまことを施してくださるように。この私も、あなたがたがこのようなことをしたので、善をもって報いよう。
さあ、強くあれ。勇気のある者となれ。あなたがたの主君サウルは死んだが、ユダの家は私に油をそそいで、彼らの王としたのだ。」
メモ: 主のことばの通り、ダビデは王になった。主の言われた事は必ず実現します。
2014/ 7/17 読: サムエル記 第Ⅱ 3章~5章
選: サムエル記 第Ⅱ 4章 9節~12節
すると、ダビデは、ベエロテ人リモンの子レカブとその兄弟バアナに答えて言った。「私のいのちをあらゆる苦難から救い出してくださった主は生きておられる。
かつて私に、『ご覧ください。サウルは死にました。』と告げて、自分自身では、良い知らせをもたらしたつもりでいた者を、私は捕えて、ツィケラグで殺した。それが、その良い知らせの報いであった。
まして、この悪者どもが、ひとりの正しい人を、その家の中の、しかも寝床の上で殺したときはなおのこと、今、私は彼の血の責任をおまえたちに問い、この地からおまえたちを除き去らないでおられようか。」
ダビデが命じたので、若者たちは彼らを殺し、手、足を切り離した。そして、ヘブロンの池のほとりで木につるした。しかし、イシュ・ボシェテの首は、ヘブロンにあるアブネルの墓に持って行き、そこに葬った。
メモ: 主を信じ、そのことばに従う人と、そうでない人との思いには隔たりがある。
2014/ 7/18 読: サムエル記 第Ⅱ 6章~8章
選: サムエル記 第Ⅱ 6章 14節~16節
ダビデは、主の前で、力の限り踊った。ダビデは亜麻布のエポデをまとっていた。
ダビデとイスラエルの全家は、歓声をあげ、角笛を鳴らして、主の箱を運び上った。
主の箱はダビデの町にはいった。サウルの娘ミカルは窓から見おろし、ダビデ王が主の前ではねたり踊ったりしているのを見て、心の中で彼をさげすんだ。
メモ: 私達が主の前で踊ったら、どう思われるだろう。しかし、主は心を見られる。
2014/ 7/19 読: サムエル記 第Ⅱ 9章~11章
選: サムエル記 第Ⅱ 11章 2節~5節
ある夕暮れ時、ダビデは床から起き上がり、王宮の屋上を歩いていると、ひとりの女が、からだを洗っているのが屋上から見えた。その女は非常に美しかった。
ダビデは人をやって、その女について調べたところ、「あれはヘテ人ウリヤの妻で、エリアムの娘バテ・シェバではありませんか。」との報告を受けた。
ダビデは使いの者をやって、その女を召し入れた。女が彼のところに来たので、彼はその女と寝た。――その女は月のものの汚れをきよめていた。――それから女は自分の家へ帰った。
女はみごもったので、ダビデに人をやって、告げて言った。「私はみごもりました。」
メモ: 誘惑の時、神のことばを退けることがないように、主との歩みを強化したい。
2014/ 7/20 読: サムエル記 第Ⅱ 12章~14章
選: サムエル記 第Ⅱ 12章 1節~4節
主がナタンをダビデのところに遣わされたので、彼はダビデのところに来て言った。「ある町にふたりの人がいました。ひとりは富んでいる人、ひとりは貧しい人でした。
富んでいる人には、非常に多くの羊と牛の群れがいますが、
貧しい人は、自分で買って来て育てた一頭の小さな雌の子羊のほかは、何も持っていませんでした。子羊は彼とその子どもたちといっしょに暮らし、彼と同じ食物を食べ、同じ杯から飲み、彼のふところでやすみ、まるで彼の娘のようでした。
あるとき、富んでいる人のところにひとりの旅人が来ました。彼は自分のところに来た旅人のために自分の羊や牛の群れから取って調理するのを惜しみ、貧しい人の雌の子羊を取り上げて、自分のところに来た人のために調理しました。」
メモ: 物は奪わなくても、精神面で奪うことはないだろうか。与える方を選びたい。
2014/ 7/21 読: サムエル記 第Ⅱ 15章~17章
選: サムエル記 第Ⅱ 15章 25節~26節
王はツァドクに言った。「神の箱を町に戻しなさい。もし、私が主の恵みをいただくことができれば、主は、私を連れ戻し、神の箱とその住まいとを見せてくださろう。
もし主が、『あなたはわたしの心にかなわない。』と言われるなら、どうか、この私に主が良いと思われることをしてくださるように。」
メモ: 自分の願いよりも、神の御心を優先して歩んだダビデを、私達は見習いたい。
2014/ 7/22 読: サムエル記 第Ⅱ 18章~20章
選: サムエル記 第Ⅱ 19章 5節~7節
ヨアブは王の家に行き、王に言った。「あなたは、きょう、あなたのいのちと、あなたの息子、娘たちのいのち、それに、あなたの妻やそばめたちのいのちを救ったあなたの家来たち全部に、きょう、恥をかかせました。
あなたは、あなたを憎む者を愛し、あなたを愛する者を憎まれるからです。あなたは、きょう、隊長たちも家来たちも、あなたにとっては取るに足りないことを明らかにされました。今、私は知りました。もしアブシャロムが生き、われわれがみな、きょう死んだのなら、あなたの目にかなったのでしょう。
それで今、立って外に行き、あなたの家来たちに、ねんごろに語ってください。私は主によって誓います。あなたが外においでにならなければ、今夜、だれひとりあなたのそばに、とどまらないでしょう。そうなれば、そのわざわいは、あなたの幼いころから今に至るまでにあなたに降りかかった、どんなわざわいよりもひどいでしょう。」
メモ: 創造主である神も、我を忘れてしまうほどに、私達を愛しているのだろうか。
2014/ 7/23 読: サムエル記 第Ⅱ 21章~23章
選: サムエル記 第Ⅱ 23章 3節~4節
イスラエルの神は仰せられた。イスラエルの岩は私に語られた。『義をもって人を治める者、神を恐れて治める者は、
太陽の上る朝の光、雲一つない朝の光のようだ。雨の後に、地の若草を照らすようだ。』
メモ: 私達の日々の歩みをも、義をもって、神を恐れながら治めて行きたいと思う。
2014/ 7/24 読: サムエル記 第Ⅱ 24章、列王記 第Ⅰ 1章~2章
選: 列王記 第Ⅰ 1章 29節~30節
王は誓って言った。「私のいのちをあらゆる苦難から救い出してくださった主は生きておられる。
私がイスラエルの神、主にかけて、『必ず、あなたの子ソロモンが私の跡を継いで王となる。彼が私に代わって王座に着く。』と言ってあなたに誓ったとおり、きょう、必ずそのとおりにしよう。」
メモ: 約束は行動を通して果たされる。状況が変わっても、約束は必ず果たしたい。
2014/ 7/25 読: 列王記 第Ⅰ 3章~5章
選: 列王記 第Ⅰ 3章 9節~10節
善悪を判断してあなたの民をさばくために聞き分ける心をしもべに与えてください。さもなければ、だれに、このおびただしいあなたの民をさばくことができるでしょうか。」
この願い事は主の御心にかなった。ソロモンがこのことを願ったからである。
メモ: 私達も正しく理解しないことが多いと思う。聞き分ける心を主から頂きたい。
2014/ 7/26 読: 列王記 第Ⅰ 6章~8章
選: 列王記 第Ⅰ 6章 12節~13節
「あなたが建てているこの神殿については、もし、あなたがわたしのおきてに歩み、わたしの定めを行ない、わたしのすべての命令を守り、これによって歩むなら、わたしがあなたの父ダビデにあなたについて約束したことを成就しよう。
わたしはイスラエルの子らのただ中に住み、わたしの民イスラエルを捨てることはしない。」
メモ: 神の約束は条件付き。私達が条件を満たさなければ、神も約束を果たせない。
2014/ 7/27 読: 列王記 第Ⅰ 9章~11章
選: 列王記 第Ⅰ 9章 6節~7節
もし、あなたがたとあなたがたの子孫が、わたしにそむいて従わず、あなたがたに授けたわたしの命令とわたしのおきてとを守らず、行ってほかの神々に仕え、これを拝むなら、
わたしが彼らに与えた地の面から、イスラエルを断ち、わたしがわたしの名のために聖別した宮を、わたしの前から投げ捨てよう。こうして、イスラエルはすべての国々の民の間で、物笑いとなり、なぶりものとなろう。
メモ: 神は私達を幸せにしたい。私達も幸せになりたい。そのためには条件がある。
2014/ 7/28 読: 列王記 第Ⅰ 12章~14章
選: 列王記 第Ⅰ 13章 31節~32節
彼はその人を葬って後、息子たちに言った。「私が死んだら、あの神の人を葬った墓に私を葬り、あの人の骨のそばに私の骨を納めてくれ。
あの人が主の命令によって、ベテルにある祭壇と、サマリヤの町々にあるすべての高き所の宮とに向かって呼ばわったことばは、必ず成就するからだ。」
メモ: 神は人を通して語られた。神のことばは、語った人に影響されることはない。
2014/ 7/29 読: 列王記 第Ⅰ 15章~17章
選: 列王記 第Ⅰ 16章 25節~26節
オムリは主の目の前に悪を行ない、彼以前のだれよりも悪いことをした。
彼はネバテの子ヤロブアムのすべての道に歩み、イスラエルに罪を犯させ、彼らのむなしい神々によってイスラエルの神、主の怒りを引き起こした。
メモ: 神に対して文句を言う前に、自分達の行いが神の規準に添うかを吟味したい。
2014/ 7/30 読: 列王記 第Ⅰ 18章~20章
選: 列王記 第Ⅰ 20章 27節~28節
一方イスラエル人も召集され、糧食を受けて出て行き、彼らを迎えた。イスラエル人は彼らと向かい合って陣を敷いた。彼らは二つの群れのやぎのようであったが、アラムはその地に満ちていた。
ときに、ひとりの神の人が近づいて来て、イスラエルの王に言った。「主はこう仰せられる。『アラムが、主は山の神であって、低地の神でない、と言っているので、わたしはこのおびただしい大軍を全部あなたの手に渡す。それによって、あなたがたは、わたしこそ主であることを知るであろう。』」
メモ: あらゆる方法でご自身を示される神。恩恵にあずかってもそっぽを向く私達。
2014/ 7/31 読: 列王記 第Ⅰ 21章~22章、列王記 第Ⅱ 1章
選: 列王記 第Ⅰ 22章 13節~14節
さて、ミカヤを呼びに行った使いの者はミカヤに告げて言った。「いいですか。お願いです。預言者たちは口をそろえて、王に対し良いことを述べています。お願いですから、あなたもみなと全く同じように語り、良いことを述べてください。」
すると、ミカヤは答えた。「主は生きておられる。主が私に告げられることを、そのまま述べよう。」
メモ: どんなに良い言葉であっても、真実と異なれば、人生を不安定にするだけだ。
前Page