前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2014年 08月)

2014/ 8/ 1 読: 列王記 第Ⅱ 2章~4章
選: 列王記 第Ⅱ 3章 16節~18節
彼は次のように言った。「主はこう仰せられる。『この谷にみぞを掘れ。みぞを掘れ。』
主がこう仰せられるからだ。『風も見ず、大雨も見ないのに、この谷には水があふれる。あなたがたも、あなたがたの家畜も、獣もこれを飲む。』
これは主の目には小さなことだ。主はモアブをあなたがたの手に渡される。
メモ: 私達の目には偉大なことも、主の目には小さなこと。主は、信じる人を喜ぶ。
2014/ 8/ 2 読: 列王記 第Ⅱ 5章~7章
選: 列王記 第Ⅱ 5章 13節~14節
そのとき、彼のしもべたちが近づいて彼に言った。「わが父よ。あの預言者が、もしも、むずかしいことをあなたに命じたとしたら、あなたはきっとそれをなさったのではありませんか。ただ、彼はあなたに『身を洗って、きよくなりなさい。』と言っただけではありませんか。」
そこで、ナアマンは下って行き、神の人の言ったとおりに、ヨルダン川に七たび身を浸した。すると彼のからだは元どおりになって、幼子のからだのようになり、きよくなった。
メモ: 神は、私達に永遠の命を与えるために、むずかしいことを要求していません。
2014/ 8/ 3 読: 列王記 第Ⅱ 8章~10章
選: 列王記 第Ⅱ 8章 13節
ハザエルは言った。「しもべは犬にすぎないのに、どうして、そんなだいそれたことができましょう。」しかし、エリシャは言った。「主は私に、あなたがアラムの王になると、示されたのだ。」
メモ: 現在の状況や私達の思いはどうあれ、神が示されるとそれは実現するのです。
2014/ 8/ 4 読: 列王記 第Ⅱ 11章~13章
選: 列王記 第Ⅱ 12章 2節
ヨアシュは、祭司エホヤダが彼を教えた間はいつも、主の目にかなうことを行なった。
メモ: 教会や人を介しての信仰はもろいものだ。主との関係は「直接」でありたい。
2014/ 8/ 5 読: 列王記 第Ⅱ 14章~16章
選: 列王記 第Ⅱ 15章 32節~34節
イスラエルの王レマルヤの子ペカの第二年に、ユダの王ウジヤの子ヨタムが王となった。
彼は二十五歳で王となり、エルサレムで十六年間、王であった。彼の母の名はエルシャといい、ツァドクの娘であった。
彼は、すべて父ウジヤが行なったとおり、主の目にかなうことを行なった。
メモ: 父を見て、主の目にかなうことを行う子もいれば、逆に主を捨てる子もいる。
2014/ 8/ 6 読: 列王記 第Ⅱ 17章~19章
選: 列王記 第Ⅱ 17章 7節~8節
こうなったのは、イスラエルの人々が、彼らをエジプトの地から連れ上り、エジプトの王パロの支配下から解放した彼らの神、主に対して罪を犯し、ほかの神々を恐れ、
主がイスラエルの人々の前から追い払われた異邦人の風習、イスラエルの王たちが取り入れた風習に従って歩んだからである。
メモ: 主の良くしてくださったことを何一つ忘れるな、と聖書は私達に忠告します。
2014/ 8/ 7 読: 列王記 第Ⅱ 20章~22章
選: 列王記 第Ⅱ 20章 9節~11節
イザヤは言った。「これがあなたへの主からのしるしです。主は約束されたことを成就されます。影が十度進むか、十度戻るかです。」
ヒゼキヤは答えた。「影が十度伸びるのは容易なことです。むしろ、影が十度あとに戻るようにしてください。」
預言者イザヤが主に祈ると、主はアハズの日時計におりた日時計の影を十度あとに戻された。
メモ: どちらも容易なことではないと思うが、この現象は計算で確認されたと聞く。
2014/ 8/ 8 読: 列王記 第Ⅱ 23章~25章
選: 列王記 第Ⅱ 23章 25節~26節
ヨシヤのように心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くしてモーセのすべての律法に従って、主に立ち返った王は、彼の先にはいなかった。彼の後にも彼のような者は、ひとりも起こらなかった。
それにもかかわらず、マナセが主の怒りを引き起こしたあのいらだたしい行ないのために、主はユダに向けて燃やされた激しい怒りを静めようとはされなかった。
メモ: 私達に対する神の忍耐深さにただ感謝するのみ。しかし、終わりは必ず来る。
2014/ 8/ 9 読: 歴代誌 第Ⅰ 1章~3章
選: 歴代誌 第Ⅰ 2章 3節
ユダの子は、エル、オナン、シェラ。この三人は、カナンの女シュアの娘から彼に生まれた。しかし、ユダの長子エルは主の目の前に悪を行なったため、主が彼を殺された。
メモ: 特に認識しなくても、このような主による介入は現代においてもあると思う。
2014/ 8/10 読: 歴代誌 第Ⅰ 4章~6章
選: 歴代誌 第Ⅰ 4章 10節
ヤベツはイスラエルの神に呼ばわって言った。「私を大いに祝福し、私の地境を広げてくださいますように。御手が私とともにあり、わざわいから遠ざけて私が苦しむことのないようにしてくださいますように。」そこで神は彼の願ったことをかなえられた。
メモ: ヤベツは素直な心で願ったと思う。私達も同様にすることが望ましいと思う。
2014/ 8/11 読: 歴代誌 第Ⅰ 7章~9章
選: 歴代誌 第Ⅰ 9章 33節
この人々は歌うたいであって、レビ人の一族のかしらであり、各部屋にいて、自由にされていた。昼となく夜となく彼らはその仕事に携わったからである。
メモ: 私達の教会の中においても、歌うたいが多くいてもいいのではないかと思う。
2014/ 8/12 読: 歴代誌 第Ⅰ 10章~12章
選: 歴代誌 第Ⅰ 11章 17節~19節
ダビデはしきりに望んで言った。「だれか、ベツレヘムの門にある井戸の水を飲ませてくれたらなあ。」
すると、この三人は、ペリシテ人の陣営を突き抜けて、ベツレヘムの門にある井戸から水を汲み、それを携えてダビデのところに持って来た。ダビデはそれを飲もうとはせず、それを注いで主にささげて、
言った。「そんなことをするなど、わが神の御前に、絶対にできません。これらいのちをかけた人たちの血が、私に飲めましょうか。彼らはいのちをかけてこれを運んで来たのです。」彼は、それを飲もうとはしなかった。三勇士は、このようなことをしたのである。
メモ: イエスはしきりに望んで言った。「だれか、私の愛を伝えてくれたらなあ。」
2014/ 8/13 読: 歴代誌 第Ⅰ 13章~15章
選: 歴代誌 第Ⅰ 15章 14節~16節
そこで、祭司たちとレビ人たちは、イスラエルの神、主の箱を運び上るために身を聖別した。
そして、レビ族は、モーセが主のことばに従って命じたとおり、神の箱をにない棒で肩にかついだ。
ここに、ダビデはレビ人のつかさたちに、彼らの同族の者たちを十弦の琴、立琴、シンバルなどの楽器を使う歌うたいとして立て、喜びの声をあげて歌わせるよう命じた。
メモ: 楽器と喜びの声で主を賛美しましょう。主は素直な気持ちの表れを喜ばれる。
2014/ 8/14 読: 歴代誌 第Ⅰ 16章~18章
選: 歴代誌 第Ⅰ 16章 8節~11節
主に感謝して、御名を呼び求めよ。そのみわざを国々の民の中に知らせよ。
主に歌え。主にほめ歌を歌え。そのすべての奇しいみわざに思いを潜めよ。
主の聖なる名を誇りとせよ。主を慕い求める者の心を喜ばせよ。
主とその御力を尋ね求めよ。絶えず御顔を慕い求めよ。
メモ: 主のなさった奇しいみわざに思いを潜めるときに、今ある問題が小さくなる。
2014/ 8/15 読: 歴代誌 第Ⅰ 19章~21章
選: 歴代誌 第Ⅰ 21章 11節~13節
ガドはダビデのもとに行き、彼に言った。「主はこう仰せられる。『受け入れよ。
三年間のききんか。三か月間、あなたが仇の前で取り去られ、あなたに敵の剣が追い迫ることか。あるいは三日間、主の剣、疫病がこの地に及び、主の使いがイスラエルの国中を荒らすことか。』今、私を遣わされた方に何と答えたらよいかを決めてください。」
ダビデはガドに言った。「それは私には非常につらいことです。私を主の手に陥らせてください。主のあわれみは深いからです。人の手には陥りたくありません。」
メモ: もし主があわれみ深くなかったなら、私達の人生に喜びはないだろうと思う。
2014/ 8/16 読: 歴代誌 第Ⅰ 22章~24章
選: 歴代誌 第Ⅰ 22章 5節
ダビデは言った。「わが子ソロモンは、まだ若く力もない。主のために建てる宮は、全地の名となり栄えとなるように大いなるものとしなければならない。それで私は、そのために用意をしておく。」こうして、ダビデは彼が死ぬ前に多くの用意をしておいた。
メモ: 完成した宮を見ることはない、ダビデの神に対する親しみと愛を強く感じる。
2014/ 8/17 読: 歴代誌 第Ⅰ 25章~27章
選: 歴代誌 第Ⅰ 25章 7節
彼らおよび主にささげる歌の訓練を受けた彼らの同族――彼らはみな達人であった。――の人数は二百八十八人であった。
メモ: 彼らの主にささげる歌声が聞こえてくるようだ。心も込められていたと思う。
2014/ 8/18 読: 歴代誌 第Ⅰ 28章~29章、歴代誌 第Ⅱ 1章
選: 歴代誌 第Ⅰ 29章 14節
まことに、私は何者なのでしょう。私の民は何者なのでしょう。このようにみずから進んでささげる力を保っていたとしても。すべてはあなたから出たのであり、私たちは、御手から出たものをあなたにささげたにすぎません。
メモ: 私達は加工したり調理したりはするけど、すべては大自然から与えられた物。
2014/ 8/19 読: 歴代誌 第Ⅱ 2章~4章
選: 歴代誌 第Ⅱ 2章 11節~12節
ツロの王フラムは文書を送ってソロモンに言った。「主はご自身の民を愛しておられるので、あなたを彼らの上に立てて王とされました。」
さらに、フラムは言った。「天と地とをお造りになったイスラエルの神、主はほむべきかな。主はダビデ王に、思慮と悟りとを備えた知恵ある子を授け、主のための宮と、自分の王国のための宮殿とを建てさせられるのです。
メモ: 天地をお造りになったイスラエルの神、そして私達の神、主はほむべきかな。
2014/ 8/20 読: 歴代誌 第Ⅱ 5章~7章
選: 歴代誌 第Ⅱ 6章 18節~20節
それにしても、神ははたして人間とともに地の上に住まわれるでしょうか。実に、天も、天の天も、あなたをお入れすることはできません。まして、私の建てたこの宮など、なおさらのことです。
けれども、あなたのしもべの祈りと願いに御顔を向けてください。私の神、主よ。あなたのしもべが御前にささげる叫びと祈りを聞いてください。
そして、この宮、すなわち、あなたが御名をそこに置くと仰せられたこの所に、昼も夜も御目を開いていてくださって、あなたのしもべがこの所に向かってささげる祈りを聞いてください。
メモ: 「私の神、主よ。あなたのしもべが御前にささげる祈りを聞いてください。」
2014/ 8/21 読: 歴代誌 第Ⅱ 8章~10章
選: 歴代誌 第Ⅱ 9章 7節~8節
なんとしあわせなことでしょう。あなたにつく人たちは。なんとしあわせなことでしょう。いつもあなたの前に立って、あなたの知恵を聞くことのできるこの、あなたの家来たちは。
あなたを喜ばれ、その王座にあなたを着かせて、あなたの神、主のために王とされたあなたの神、主はほむべきかな。あなたの神はイスラエルを愛して、これをとこしえにゆるがぬものとされたので、彼らの上にあなたを王として与え、公正と正義とを行なわせられるのです。」
メモ: この王に接した人は神をほめたたえた。私達に接する人は何を感じるだろう。
2014/ 8/22 読: 歴代誌 第Ⅱ 11章~13章
選: 歴代誌 第Ⅱ 12章 12節
このように、彼がへりくだったとき、主の怒りは彼の身を離れ、彼を徹底的に滅ぼすことはされなかった。ユダにも良いことがあったからである。
メモ: 神はあわれみ深い。片寄った事をせず、人の内にある真実を見て判断される。
2014/ 8/23 読: 歴代誌 第Ⅱ 14章~16章
選: 歴代誌 第Ⅱ 15章 15節
ユダの人々はみなその誓いを喜んだ。彼らは心を尽くして誓いを立て、ただ一筋に喜んで主を慕い求め、主は彼らにご自身を示されたからである。主は周囲の者から守って彼らに安息を与えられた。
メモ: 私達が平和に暮らせるのも、主が私達を守っているからです。主を喜びます。
2014/ 8/24 読: 歴代誌 第Ⅱ 17章~19章
選: 歴代誌 第Ⅱ 19章 6節~7節
さばきつかさたちにこう言った。「あなたがたは自分のする事に注意しなさい。あなたがたがさばくのは、人のためではなく、主のためだからです。この方は、さばきが行なわれるとき、あなたがたとともにおられるのです。
今、主への恐れがあなたがたにあるように。忠実に行ないなさい。私たちの神、主には、不正も、えこひいきも、わいろを取ることもないからです。」
メモ: 私達に与えられている仕事を忠実に行うことが、主の喜ばれることだと思う。
2014/ 8/25 読: 歴代誌 第Ⅱ 20章~22章
選: 歴代誌 第Ⅱ 20章 20節~22節
こうして、彼らは翌朝早く、テコアの荒野へ出陣した。出陣のとき、ヨシャパテは立ち上がって言った。「ユダおよびエルサレムの住民よ。私の言うことを聞きなさい。あなたがたの神、主を信じ、忠誠を示しなさい。その預言者を信じ、勝利を得なさい。」
それから、彼は民と相談し、主に向かって歌う者たち、聖なる飾り物を着けて賛美する者たちを任命した。彼らが武装した者の前に出て行って、こう歌うためであった。「主に感謝せよ。その恵みはとこしえまで。」
彼らが喜びの声、賛美の声をあげ始めたとき、主は伏兵を設けて、ユダに攻めて来たアモン人、モアブ人、セイル山の人々を襲わせたので、彼らは打ち負かされた。
メモ: 主を信じるとは、主の存在を生活に組み入れ、優先順位を適合させることだ。
2014/ 8/26 読: 歴代誌 第Ⅱ 23章~25章
選: 歴代誌 第Ⅱ 24章 20節
神の霊が祭司エホヤダの子ゼカリヤを捕えたので、彼は民よりも高い所に立って、彼らにこう言った。「神はこう仰せられる。『あなたがたは、なぜ、主の命令を犯して、繁栄を取り逃がすのか。』あなたがたが主を捨てたので、主もあなたがたを捨てられた。」
メモ: 「なぜ、主の命令を犯して、繁栄を取り逃がすのか。」神の望む事を感じる。
2014/ 8/27 読: 歴代誌 第Ⅱ 26章~28章
選: 歴代誌 第Ⅱ 26章 16節
しかし、彼が強くなると、彼の心は高ぶり、ついに身に滅びを招いた。彼は彼の神、主に対して不信の罪を犯した。彼は香の壇の上で香をたこうとして主の神殿にはいった。
メモ: どんなに祝福されても、思い上がってはいけない。思い上がりは滅びを招く。
2014/ 8/28 読: 歴代誌 第Ⅱ 29章~31章
選: 歴代誌 第Ⅱ 30章 7節~9節
あなたがたは、父祖の神、主に対して不信の罪を犯したあなたがたの父たち、兄弟たちのようになってはいけません。あなたがたが自分の目で見ているとおり、主は彼らを恐怖に渡されたのです。
今、あなたがたは、自分の父たちのようにうなじのこわい者であってはなりません。主に服従しなさい。主がとこしえに聖別された聖所にはいり、あなたがたの神、主に仕えなさい。そうすれば、主の燃える怒りがあなたがたから離れるでしょう。
あなたがたが主に立ち返るなら、あなたがたの兄弟や子たちは、彼らをとりこにした人々のあわれみを受け、この地に帰って来るでしょう。あなたがたの神、主は、情け深く、あわれみ深い方であり、もし、あなたがたが主に立ち返るなら、あなたがたから御顔をそむけるようなことは決してなさいません。」
メモ: 「主に立ち返りなさい」と聖書は訴えます。主は私達の幸せを願っています。
2014/ 8/29 読: 歴代誌 第Ⅱ 32章~34章
選: 歴代誌 第Ⅱ 34章 27節
あなたが、この場所とその住民についての神のことばを聞いたとき、あなたは心を痛め、神の前にへりくだり、わたしの前にへりくだって自分の衣を裂き、わたしの前で泣いたので、わたしもまた、あなたの願いを聞き入れる。――主の御告げです――
メモ: 神のことばを聞きその御前にへりくだる、これが私達の当然の姿勢だと思う。
2014/ 8/30 読: 歴代誌 第Ⅱ 35章~36章、エズラ記 1章
選: 歴代誌 第Ⅱ 35章 15節
アサフの子らである歌うたいたちは、ダビデ、アサフ、ヘマン、および、王の先見者エドトンの命令のとおりに、その役目についていた。また、門衛たちは、それぞれの門を守っていた。彼らのうちだれも、その奉仕を離れる必要がなかった。彼らの同族であるレビ人が彼らのための用意をしたからである。
メモ: 皆が同じ事をするのではない。それぞれに役割分担があり、補い合うのです。
2014/ 8/31 読: エズラ記 2章~4章
選: エズラ記 3章 10節~11節
建築師たちが主の神殿の礎を据えたとき、イスラエルの王ダビデの規定によって主を賛美するために、祭服を着た祭司たちはラッパを持ち、アサフの子らのレビ人たちはシンバルを持って出て来た。
そして、彼らは主を賛美し、感謝しながら、互いに、「主はいつくしみ深い。その恵みはとこしえまでもイスラエルに。」と歌い合った。こうして、主の宮の礎が据えられたので、民はみな、主を賛美して大声で喜び叫んだ。
メモ: 何事も主によって成されると信じるなら、もっと主を賛美しようではないか。
前Page