前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2014年 09月)

2014/ 9/ 1 読: エズラ記 5章~7章
選: エズラ記 5章 5節
しかし、ユダヤ人の長老たちの上には神の目が注がれていたので、このことがダリヨスに報告され、ついで、このことについての書状が来るまで、この者たちは彼らの働きをやめさせることができなかった。
メモ: 神の目が注がれている生活を送ることのできる私達は、何事にも感謝したい。
2014/ 9/ 2 読: エズラ記 8章~10章
選: エズラ記 8章 21節~23節
そこで、私はその所、アハワ川のほとりで断食を布告した。それは、私たちの神の前でへりくだり、私たちのために、私たちの子どもたちと、私たちのすべての持ち物のために、道中の無事を神に願い求めるためであった。
私は道中の敵から私たちを助ける部隊と騎兵たちを王に求めるのを恥じたからである。私たちは、かつて王に、「私たちの神の御手は、神を尋ね求めるすべての者の上に幸いを下し、その力と怒りとは、神を捨てるすべての者の上に下る。」と言っていたからである。
だから、私たちはこのことのために断食して、私たちの神に願い求めた。すると神は私たちの願いを聞き入れてくださった。
メモ: 「私達は主に拠り頼みます。」ことばで終わらせないで、実行していきます。
2014/ 9/ 3 読: ネヘミヤ記 1章~3章
選: ネヘミヤ記 1章 7節~9節
私たちは、あなたに対して非常に悪いことをして、あなたのしもべモーセにお命じになった命令も、おきても、定めも守りませんでした。
しかしどうか、あなたのしもべモーセにお命じになったことばを、思い起こしてください。『あなたがたが不信の罪を犯すなら、わたしはあなたがたを諸国民の間に散らす。
あなたがたがわたしに立ち返り、わたしの命令を守り行なうなら、たとい、あなたがたのうちの散らされた者が天の果てにいても、わたしはそこから彼らを集め、わたしの名を住ませるためにわたしが選んだ場所に、彼らを連れて来る。』と。
メモ: 私達の主は哀れみ深い。不信の罪を犯しても、立ち返れば、赦してくださる。
2014/ 9/ 4 読: ネヘミヤ記 4章~6章
選: ネヘミヤ記 6章 15節~16節
こうして、城壁は五十二日かかって、エルルの月の二十五日に完成した。
私たちの敵がみな、これを聞いたとき、私たちの回りの諸国民はみな恐れ、大いに面目を失った。この工事が、私たちの神によってなされたことを知ったからである。
メモ: 私達の神によって成される働きは、それに反対する人々を恐れさせるようだ。
2014/ 9/ 5 読: ネヘミヤ記 7章~9章
選: ネヘミヤ記 8章 14節~17節
こうして彼らは、主がモーセを通して命じた律法に、イスラエル人は第七の月の祭りの間、仮庵の中に住まなければならない、と書かれているのを見つけ出した。
これを聞くと、彼らは、自分たちのすべての町々とエルサレムに、次のようなおふれを出した。「山へ出て行き、オリーブ、野生のオリーブの木、ミルトス、なつめやし、また、枝の茂った木などの枝を取って来て、書かれているとおりに仮庵を作りなさい。」
そこで、民は出て行って、それを持って帰り、それぞれ自分の家の屋根の上や、庭の中、または、神の宮の庭や、水の門の広場、エフライムの門の広場などに、自分たちのために仮庵を作った。
捕囚から帰って来た全集団は、仮庵を作り、その仮庵に住んだ。ヌンの子ヨシュアの時代から今日まで、イスラエル人はこのようにしていなかったので、それは非常に大きな喜びであった。
メモ: 主が私達にするようにと望まれることを行う時に、それは大きな喜びになる。
2014/ 9/ 6 読: ネヘミヤ記 10章~12章
選: ネヘミヤ記 10章 31節
たとい、この地の民たちが安息日に、品物、すなわち、いろいろな穀物を売りに持って来ても、私たちは安息日や聖日には彼らから買わない。また、私たちは七年目には土地を休ませ、すべての負債を取り立てない。
メモ: 心配事があるから休めないのであろう。もっと主に信頼して休みたいものだ。
2014/ 9/ 7 読: ネヘミヤ記 13、エステル記 1章~2章
選: エステル記 2章 21節~23節
そのころ、モルデカイが王の門のところにすわっていると、入口を守っていた王のふたりの宦官ビグタンとテレシュが怒って、アハシュエロス王を殺そうとしていた。
このことがモルデカイに知れたので、彼はこれを王妃エステルに知らせた。エステルはこれをモルデカイの名で王に告げた。
このことが追及されて、その事実が明らかになったので、彼らふたりは木にかけられた。このことは王の前で年代記の書に記録された。
メモ: この陰謀がモルデカイにばれてしまった事の背後にも神の計画があったのだ。
2014/ 9/ 8 読: エステル記 3章~5章
選: エステル記 3章 1節~2節
この出来事の後、アハシュエロス王は、アガグ人ハメダタの子ハマンを重んじ、彼を昇進させて、その席を、彼とともにいるすべての首長たちの上に置いた。
それで、王の門のところにいる王の家来たちはみな、ハマンに対してひざをかがめてひれ伏した。王が彼についてこのように命じたからである。しかし、モルデカイはひざもかがめず、ひれ伏そうともしなかった。
メモ: 私達がひざをかがめ、ひれ伏す対象は、私達を創造された私達の神のみです。
2014/ 9/ 9 読: エステル記 6章~8章
選: エステル記 6章 7節~10節
そこでハマンは王に言った。「王が栄誉を与えたいと思われる人のためには、
王が着ておられた王服を持って来させ、また、王の乗られた馬を、その頭に王冠をつけて引いて来させてください。
その王服と馬を、貴族である王の首長のひとりの手に渡し、王が栄誉を与えたいと思われる人に王服を着させ、その人を馬に乗せて、町の広場に導かせ、その前で『王が栄誉を与えたいと思われる人はこのとおりである。』と、ふれさせてください。」
すると、王はハマンに言った。「あなたが言ったとおりに、すぐ王服と馬を取って来て、王の門のところにすわっているユダヤ人モルデカイにそうしなさい。あなたの言ったことを一つもたがえてはならない。」
メモ: ハマンは、自分のことだと思った。偉くなると、勘違いしやすくなるようだ。
2014/ 9/10 読: エステル記 9章~10章、ヨブ記 1章
選: ヨブ記 1章 20節~22節
このとき、ヨブは立ち上がり、その上着を引き裂き、頭をそり、地にひれ伏して礼拝し、
そして言った。「私は裸で母の胎から出て来た。また、裸で私はかしこに帰ろう。主は与え、主は取られる。主の御名はほむべきかな。」
ヨブはこのようになっても罪を犯さず、神に愚痴をこぼさなかった。
メモ: 手中のものは神からの恵みによるという信仰がこの発言に結び付いたと思う。
2014/ 9/11 読: ヨブ記 2章~4章
選: ヨブ記 2章 7節~10節
サタンは主の前から出て行き、ヨブの足の裏から頭の頂まで、悪性の腫物で彼を打った。
ヨブは土器のかけらを取って自分の身をかき、また灰の中にすわった。
すると彼の妻が彼に言った。「それでもなお、あなたは自分の誠実を堅く保つのですか。神をのろって死になさい。」
しかし、彼は彼女に言った。「あなたは愚かな女が言うようなことを言っている。私たちは幸いを神から受けるのだから、わざわいをも受けなければならないではないか。」ヨブはこのようになっても、罪を犯すようなことを口にしなかった。
メモ: 神に見捨てられることは絶対にないというヨブの強い確信が私達をも強める。
2014/ 9/12 読: ヨブ記 5章~7章
選: ヨブ記 6章 8節~10節
ああ、私の願いがかなえられ、私の望むものを神が与えてくださるとよいのに。
私を砕き、御手を伸ばして私を絶つことが神のおぼしめしであるなら、
私はなおも、それに慰めを得、容赦ない苦痛の中でも、こおどりして喜ぼう。私は聖なる方のことばを拒んだことがないからだ。
メモ: 自分は全能者の手中にあるということがヨブの揺るがない喜びの源であった。
2014/ 9/13 読: ヨブ記 8章~10章
選: ヨブ記 9章 10節~12節
神は大いなることを行なって測り知れず、その奇しいみわざは数えきれない。
たとい神が私のそばを通り過ぎても、私には見えない。神が進んで行っても、私は認めることができない。
ああ、神が奪い取ろうとするとき、だれがそれを引き止めることができようか。だれが神に向かって、「何をされるのか。」と言いえよう。
メモ: 神は物体ではないので、見ることはできませんが、経験することはできます。
2014/ 9/14 読: ヨブ記 11章~13章
選: ヨブ記 12章 10節
すべての生き物のいのちと、すべての人間の息とは、その御手のうちにある。
メモ: 私達の命は神の御手のうちにある。つまり、心配はご無用だということだよ。
2014/ 9/15 読: ヨブ記 14章~16章
選: ヨブ記 14章 15節
あなたが呼んでくだされば、私は答えます。あなたはご自分の手で造られたものを慕っておられるでしょう。
メモ: 私を造られた神は、私を愛さないはずがないとヨブは固く信じていたと思う。
2014/ 9/16 読: ヨブ記 17章~19章
選: ヨブ記 19章 25節
私は知っている。私を贖う方は生きておられ、後の日に、ちりの上に立たれることを。
メモ: 「私は知っている」と発言するヨブの信仰は、苦難の中でも揺るがなかった。
2014/ 9/17 読: ヨブ記 20章~22章
選: ヨブ記 21章 7節
なぜ悪者どもが生きながらえ、年をとっても、なお力を増すのか。
メモ: 私達はすべてを見通す神ではない。だから理解しにくい事も多々あると思う。
2014/ 9/18 読: ヨブ記 23章~25章
選: ヨブ記 23章 2節
きょうもまた、私はそむく心でうめき、私の手は自分の嘆きのために重い。
メモ: ヨブも私達と同じ生身の人間。考えたくもないことで悩まされていたと思う。
2014/ 9/19 読: ヨブ記 26章~28章
選: ヨブ記 28章 28節
こうして、神は人に仰せられた。「見よ。主を恐れること、これが知恵である。悪から離れることは悟りである。」
メモ: 世の中には様々な格言がある。しかし、神の仰せられる言葉を基礎にしたい。
2014/ 9/20 読: ヨブ記 29章~31章
選: ヨブ記 31章 29節~30節
あるいは、私を憎む者の衰えているのを私が見て喜び、彼にわざわいが下ったとき、喜び勇んだことがあろうか。
私は自分の口に罪を犯させなかった。のろって彼のいのちを求めようともしなかった。
メモ: 隠し事は神に通用しないことを知っているヨブの発言に、偽りはないと思う。
2014/ 9/21 読: ヨブ記 32章~34章
選: ヨブ記 33章 31節~33節
耳を貸せ。ヨブ。私に聞け。黙れ。私が語ろう。
もし、言い分があるならば、私に言い返せ。言ってみよ。あなたの正しいことを示してほしいからだ。
そうでなければ私に聞け。黙れ。あなたに知恵を教えよう。
メモ: ヨブの苦難は彼の不正によるものではなかった。私達も発言に気を付けたい。
2014/ 9/22 読: ヨブ記 35章~37章
選: ヨブ記 37章 6節~7節
神は雪に向かって、地に降れ、と命じ、夕立に、激しい大雨に命じる。
神はすべての人の手を封じ込める。神の造った人間が知るために。
メモ: 進化論は常識から懸け離れているので信じられない。人間は造られたのです。
2014/ 9/23 読: ヨブ記 38章~40章
選: ヨブ記 38章 4節~7節
わたしが地の基を定めたとき、あなたはどこにいたのか。あなたに悟ることができるなら、告げてみよ。
あなたは知っているか。だれがその大きさを定め、だれが測りなわをその上に張ったかを。
その台座は何の上にはめ込まれたか。その隅の石はだれが据えたか。
そのとき、明けの星々が共に喜び歌い、神の子たちはみな喜び叫んだ。
メモ: 地球とその上に存在する生き物がどのようにできたかを見た人は存在しない。
2014/ 9/24 読: ヨブ記 41章~42章、詩篇 1篇
選: 詩篇 1篇 1節~3節
幸いなことよ。悪者のはかりごとに歩まず、罪人の道に立たず、あざける者の座に着かなかった、その人。
まことに、その人は主のおしえを喜びとし、昼も夜もそのおしえを口ずさむ。
その人は、水路のそばに植わった木のようだ。時が来ると実がなり、その葉は枯れない。その人は、何をしても栄える。
メモ: 主のおしえを喜びとする人々は、何をしても栄えると聖書は約束しています。
2014/ 9/25 読: 詩篇 2篇~4篇
選: 詩篇 4篇 7節~8節
あなたは私の心に喜びを下さいました。それは穀物と新しいぶどう酒が豊かにあるときにもまさっています。
平安のうちに私は身を横たえ、すぐ、眠りにつきます。主よ。あなただけが、私を安らかに住まわせてくださいます。
メモ: 私達を安らかに住まわせてくださる方はどなたですか。それは主なる神です。
2014/ 9/26 読: 詩篇 5篇~7篇
選: 詩篇 5篇 4節~6節
あなたは悪を喜ぶ神ではなく、わざわいは、あなたとともに住まないからです。
誇り高ぶる者たちは御目の前に立つことはできません。あなたは不法を行なうすべての者を憎まれます。
あなたは偽りを言う者どもを滅ぼされます。主は血を流す者と欺く者とを忌みきらわれます。
メモ: 私達を愛される私の主は、悪を喜びません。だから、私達も悪を喜びません。
2014/ 9/27 読: 詩篇 8篇~10篇
選: 詩篇 8篇 3節~4節
あなたの指のわざである天を見、あなたが整えられた月や星を見ますのに、
人とは、何者なのでしょう。あなたがこれを心に留められるとは。人の子とは、何者なのでしょう。あなたがこれを顧みられるとは。
メモ: 神は全宇宙に一人しかいない私達、この私を尊い存在として見ておられます。
2014/ 9/28 読: 詩篇 11篇~13篇
選: 詩篇 13篇 5節~6節
私はあなたの恵みに拠り頼みました。私の心はあなたの救いを喜びます。
私は主に歌を歌います。主が私を豊かにあしらわれたゆえ。
メモ: 人は喜んでいる時に何をしますか。感謝したり、歌ったり、踊ったりします。
2014/ 9/29 読: 詩篇 14篇~16篇
選: 詩篇 16篇 8節~9節
私はいつも、私の前に主を置いた。主が私の右におられるので、私はゆるぐことがない。
それゆえ、私の心は喜び、私のたましいは楽しんでいる。私の身もまた安らかに住まおう。
メモ: 何でもできる、力強いガードマンが常にそばにいるのであれば、安心ですよ。
2014/ 9/30 読: 詩篇 17篇~19篇
選: 詩篇 18篇 2節
主はわが巌、わがとりで、わが救い主、身を避けるわが岩、わが神。わが盾、わが救いの角、わがやぐら。
メモ: これらすべてを実感するには、主を信じ、主に頼る生活を実行するしかない。
前Page