前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2014年 10月)

2014/10/ 1 読: 詩篇 20篇~22篇
選: 詩篇 22篇 24節
まことに、主は悩む者の悩みをさげすむことなく、いとうことなく、御顔を隠されもしなかった。むしろ、彼が助けを叫び求めたとき、聞いてくださった。
メモ: 万物を支配している主が悩む者の叫びを聞かれるのです。何とすごいことか。
2014/10/ 2 読: 詩篇 23篇~25篇
選: 詩篇 23篇 1節~2節
主は私の羊飼い。私は、乏しいことがありません。
主は私を緑の牧場に伏させ、いこいの水のほとりに伴われます。
メモ: 主が私達の羊飼いであるならば、私達が主に拠り頼むことは普通のことです。
2014/10/ 3 読: 詩篇 26篇~28篇
選: 詩篇 27篇 1節
主は、私の光、私の救い。だれを私は恐れよう。主は、私のいのちのとりで。だれを私はこわがろう。
メモ: 主は私達の歩む道を照らす光、私達を助けるお方。恐れる必要はありません。
2014/10/ 4 読: 詩篇 29篇~31篇
選: 詩篇 30篇 11節~12節
あなたは私のために、嘆きを踊りに変えてくださいました。あなたは私の荒布を解き、喜びを私に着せてくださいました。
私のたましいがあなたをほめ歌い、黙っていることがないために。私の神、主よ。私はとこしえまでも、あなたに感謝します。
メモ: 神に向かってほめ歌を歌うことも、神に感謝することも怠ってはなりません。
2014/10/ 5 読: 詩篇 32篇~34篇
選: 詩篇 33篇 6節
主のことばによって、天は造られた。天の万象もすべて、御口のいぶきによって。
メモ: もし創造主が宇宙よりも大きい方であれば、万物を瞬時に創造できると思う。
2014/10/ 6 読: 詩篇 35篇~37篇
選: 詩篇 37篇 4節
主をおのれの喜びとせよ。主はあなたの心の願いをかなえてくださる。
メモ: 「私のことを喜んでくれ。」と主は私達に語る。さあ、何と返事をしようか。
2014/10/ 7 読: 詩篇 38篇~40篇
選: 詩篇 40篇 3節
主は、私の口に、新しい歌、われらの神への賛美を授けられた。多くの者は見、そして恐れ、主に信頼しよう。
メモ: 主による、私達の主への賛美は、周りにいる人にも良い影響を与えるようだ。
2014/10/ 8 読: 詩篇 41篇~43篇
選: 詩篇 41篇 1節
幸いなことよ。弱っている者に心を配る人は。主はわざわいの日にその人を助け出される。
メモ: 主が主を愛する私達に求めていることは、弱っている者に心を配ることです。
2014/10/ 9 読: 詩篇 44篇~46篇
選: 詩篇 46篇 1節~3節
神はわれらの避け所、また力。苦しむとき、そこにある助け。
それゆえ、われらは恐れない。たとい、地は変わり山々が海のまなかに移ろうとも。
たとい、その水が立ち騒ぎ、あわだっても、その水かさが増して山々が揺れ動いても。セラ
メモ: 主が私達を助けてくださるので、何事をも恐れる必要はないと聖書は教える。
2014/10/10 読: 詩篇 47篇~49篇
選: 詩篇 49篇 16節~17節
恐れるな。人が富を得ても、その人の家の栄誉が増し加わっても。
人は、死ぬとき、何一つ持って行くことができず、その栄誉も彼に従って下っては行かないのだ。
メモ: どんなに多くの物を手に入れたとしても、それは地上での富にしかならない。
2014/10/11 読: 詩篇 50篇~52篇
選: 詩篇 51篇 17節
神へのいけにえは、砕かれたたましい。砕かれた、悔いた心。神よ。あなたは、それをさげすまれません。
メモ: 神は砕かれたたましい、悔いた心を喜ばれる。変なプライドはその逆を喜ぶ。
2014/10/12 読: 詩篇 53篇~55篇
選: 詩篇 55篇 22節
あなたの重荷を主にゆだねよ。主はあなたのことを心配してくださる。主は決して、正しい者がゆるがされるようにはなさらない。
メモ: 気持ちの持ち方を説明しているのではない。行動について教えているのです。
2014/10/13 読: 詩篇 56篇~58篇
選: 詩篇 56篇 13節
あなたは、私のいのちを死から、まことに私の足を、つまずきから、救い出してくださいました。それは、私が、いのちの光のうちに、神の御前を歩むためでした。
メモ: 「いのちの光のうちに、神の御前を歩む。」これは大いなる特権ではないか。
2014/10/14 読: 詩篇 59篇~61篇
選: 詩篇 59篇 14節~17節
こうして、彼らは夕べには帰って来て、犬のようにほえ、町をうろつき回る。
彼らは、食を求めて、うろつき回り、満ち足りなければ、うなる。
しかし、この私は、あなたの力を歌います。まことに、朝明けには、あなたの恵みを喜び歌います。それは、私の苦しみの日に、あなたは私のとりで、また、私の逃げ場であられたからです。
私の力、あなたに、私はほめ歌を歌います。神は私のとりで、私の恵みの神であられます。
メモ: 今日も、私達の力、私達の恵みであられる神に、心の底からほめ歌を歌おう。
2014/10/15 読: 詩篇 62篇~64篇
選: 詩篇 62篇 5節
私のたましいは黙って、ただ神を待ち望む。私の望みは神から来るからだ。
メモ: 神を待ち望む生活の素晴らしさは、経験してみなければ実感できないと思う。
2014/10/16 読: 詩篇 65篇~67篇
選: 詩篇 65篇 3節
咎が私を圧倒しています。しかし、あなたは、私たちのそむきの罪を赦してくださいます。
メモ: 神の規準に反すると、心に負担を感じる。そこからの解放は神の赦しによる。
2014/10/17 読: 詩篇 68篇~70篇
選: 詩篇 68篇 19節
ほむべきかな。日々、私たちのために、重荷をになわれる主。私たちの救いであられる神。セラ
メモ: 神ご自身が私達のために重荷を担われるそうだ。信じ難い、喜びの事実です。
2014/10/18 読: 詩篇 71篇~73篇
選: 詩篇 73篇 28節
しかし私にとっては、神の近くにいることが、しあわせなのです。私は、神なる主を私の避け所とし、あなたのすべてのみわざを語り告げましょう。
メモ: 私達の、神への思いによる「しかし」が、私達の人生を確かなものにします。
2014/10/19 読: 詩篇 74篇~76篇
選: 詩篇 75篇 1節
私たちは、あなたに感謝します。神よ。私たちは感謝します。御名は、近くにあり、人々は、あなたの奇しいわざを語り告げます。
メモ: 神は私達の生活の本になるものを無償で与えて下さる。感謝して受け取ろう。
2014/10/20 読: 詩篇 77篇~79篇
選: 詩篇 78篇 52節~55節
しかし神は、ご自分の民を、羊の群れのように連れ出し、家畜の群れのように荒野の中を連れて行かれた。
彼らを安らかに導かれたので、彼らは恐れなかった。彼らの敵は、海が包んでしまった。
こうして神は、ご自分の聖なる国、右の御手で造られたこの山に、彼らを連れて行かれた。
神はまた、彼らの前から国々を追い出し、その地を相続地として彼らに分け与え、イスラエルの諸族をおのおのの天幕に住まわせた。
メモ: 神は「荒野の中」にいる私達を安らかに導くので、恐れる必要はありません。
2014/10/21 読: 詩篇 80篇~82篇
選: 詩篇 81篇 10節~12節
わたしが、あなたの神、主である。わたしはあなたをエジプトの地から連れ上った。あなたの口を大きくあけよ。わたしが、それを満たそう。
しかしわが民は、わたしの声を聞かず、イスラエルは、わたしに従わなかった。
それでわたしは、彼らをかたくなな心のままに任せ、自分たちのおもんぱかりのままに歩かせた。
メモ: 「わたしが満たそう」と私達の神が言っているのだから、受け取りましょう。
2014/10/22 読: 詩篇 83篇~85篇
選: 詩篇 84篇 12節
万軍の主よ。なんと幸いなことでしょう。あなたに信頼するその人は。
メモ: 時代の流れに左右されない主に信頼して歩むと、私達も流されることはない。
2014/10/23 読: 詩篇 86篇~88篇
選: 詩篇 86篇 11節
主よ。あなたの道を私に教えてください。私はあなたの真理のうちを歩みます。私の心を一つにしてください。御名を恐れるように。
メモ: 「主よ。あなたの御心が成るように、あなたの道を私達に教えてください。」
2014/10/24 読: 詩篇 89篇~91篇
選: 詩篇 90篇 16節~17節
あなたのみわざをあなたのしもべらに、あなたの威光を彼らの子らに見せてください。
私たちの神、主のご慈愛が私たちの上にありますように。そして、私たちの手のわざを確かなものにしてください。どうか、私たちの手のわざを確かなものにしてください。
メモ: 神が私達の手のわざを確かなものにしてくだされば、最高の人生を歩めます。
2014/10/25 読: 詩篇 92篇~94篇
選: 詩篇 92篇 4節~6節
主よ。あなたは、あなたのなさったことで、私を喜ばせてくださいましたから、私は、あなたの御手のわざを、喜び歌います。
主よ。あなたのみわざはなんと大きいことでしょう。あなたの御計らいは、いとも深いのです。
まぬけ者は知らず、愚か者にはこれがわかりません。
私達の無知が、神(創造主)が持っている可能性を過小評価している気がする。
2014/10/26 読: 詩篇 95篇~97篇
選: 詩篇 95篇 1節~3節
さあ、主に向かって、喜び歌おう。われらの救いの岩に向かって、喜び叫ぼう。
感謝の歌をもって、御前に進み行き、賛美の歌をもって、主に喜び叫ぼう。
主は大いなる神であり、すべての神々にまさって、大いなる王である。
メモ: 私達に与えられている時間の中で、賛美が占める割合は少なすぎる気がする。
2014/10/27 読: 詩篇 98篇~100篇
選: 詩篇 100篇 3節
知れ。主こそ神。主が、私たちを造られた。私たちは主のもの、主の民、その牧場の羊である。
メモ: 私達は偶然の産物ではない。空想話しを信じるのではなく、事実を信じたい。
2014/10/28 読: 詩篇 101篇~103篇
選: 詩篇 103篇 1節~3節
わがたましいよ。主をほめたたえよ。私のうちにあるすべてのものよ。聖なる御名をほめたたえよ。
わがたましいよ。主をほめたたえよ。主の良くしてくださったことを何一つ忘れるな。
主は、あなたのすべての咎を赦し、あなたのすべての病をいやし、
メモ: どこに目を向けよう。何を思い出そう。それらによって人生は大きく変わる。
2014/10/29 読: 詩篇 104篇~106篇
選: 詩篇 104篇 24節
主よ。あなたのみわざはなんと多いことでしょう。あなたは、それらをみな、知恵をもって造っておられます。地はあなたの造られたもので満ちています。
メモ: 自然を見た時に、何を思いますか。進化の力に感動することはないでしょう。
2014/10/30 読: 詩篇 107篇~109篇
選: 詩篇 109篇 17節
彼はまたのろうことを愛したので、それが自分に返って来ました。祝福することを喜ばなかったので、それは彼から遠く離れました。
メモ: のろうことも祝福することも言葉によります。祝福も自分に返って来ますよ。
2014/10/31 読: 詩篇 110篇~112篇
選: 詩篇 111篇 1節
ハレルヤ。私は心を尽くして主に感謝しよう。直ぐな人のつどいと集会において。
メモ: これは心底から主を愛した人の発言です。主を愛する私達も同様に思います。
前Page