前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2014年 11月)

2014/11/ 1 読: 詩篇 113篇~115篇
選: 詩篇 115篇 12節~13節
主はわれらを御心に留められた。主は祝福してくださる。イスラエルの家を祝福し、アロンの家を祝福し、
主を恐れる者を祝福してくださる。小さな者も、大いなる者も。
メモ: 主は、主を恐れる小さな者も、大いなる者も御心に留め、祝福してくださる。
2014/11/ 2 読: 詩篇 116篇~118篇
選: 詩篇 117篇 1節~2節
すべての国々よ。主をほめたたえよ。すべての民よ。主をほめ歌え。
その恵みは私たちに大きく、主のまことはとこしえに。ハレルヤ。
メモ: すべての人は、神であられる創造主の恵みによって、生かされているのです。
2014/11/ 3 読: 詩篇 119篇~121篇
選: 詩篇 121篇 1節~2節
私は山に向かって目を上げる。私の助けは、どこから来るのだろうか。
私の助けは、天地を造られた主から来る。
メモ: 私達の助けは、人の助けを必要としない、天地を造られた主から来るのです。
2014/11/ 4 読: 詩篇 122篇~124篇
選: 詩篇 122篇 8節~9節
私の兄弟、私の友人のために、さあ、私は言おう。「おまえのうちに平和があるように。」
私たちの神、主の家のために、私は、おまえの繁栄を求めよう。
メモ: 繁栄を求めるとしたら、何のために求めますか。地上の生活は、短いですよ。
2014/11/ 5 読: 詩篇 125篇~127篇
選: 詩篇 126篇 5節~6節
涙とともに種を蒔く者は、喜び叫びながら刈り取ろう。
種入れをかかえ、泣きながら出て行く者は、束をかかえ、喜び叫びながら帰って来る。
メモ: 種蒔きは楽な仕事ではないと思う。しかし、種を蒔かなければ、収穫もない。
2014/11/ 6 読: 詩篇 128篇~130篇
選: 詩篇 128篇 1節~2節
幸いなことよ。すべて主を恐れ、主の道を歩む者は。
あなたは、自分の手の勤労の実を食べるとき、幸福で、しあわせであろう。
メモ: 主の祝福によって得られた勤労の実は、私達を大きな喜びで満たすでしょう。
2014/11/ 7 読: 詩篇 131篇~133篇
選: 詩篇 132篇 13節~14節
主はシオンを選び、それをご自分の住みかとして望まれた。
「これはとこしえに、わたしの安息の場所、ここにわたしは住もう。わたしがそれを望んだから。
メモ: 主は、私達をご自分の住みかとして望まれたのかな。「主よ、感謝します。」
2014/11/ 8 読: 詩篇 134篇~136篇
選: 詩篇 135篇 7節
主は地の果てから、雲を上らせ、雨のためにいなずまを造り、その倉から風を出される。
メモ: 造られた物には何らかの目的がある。すべてが分かる時を楽しみにしている。
2014/11/ 9 読: 詩篇 137篇~139篇
選: 詩篇 139篇 12節
あなたにとっては、やみも暗くなく夜は昼のように明るいのです。暗やみも光も同じことです。
メモ: 光は霊の世界に影響を及ぼさない。だから神にとって暗やみも光も同じこと。
2014/11/10 読: 詩篇 140篇~142篇
選: 詩篇 141篇 3節
主よ。私の口に見張りを置き、私のくちびるの戸を守ってください。
メモ: これから話そうとすることばの目的は何なのか。口を開く前によく考えたい。
2014/11/11 読: 詩篇 143篇~145篇
選: 詩篇 143篇 10節
あなたのみこころを行なうことを教えてください。あなたこそ私の神であられますから。あなたのいつくしみ深い霊が、平らな地に私を導いてくださるように。
メモ: 「主よ。あなたこそ私の神であられます。」と、私達と共に告白しませんか。
2014/11/12 読: 詩篇 146篇~148篇
選: 詩篇 147篇 3節
主は心の打ち砕かれた者をいやし彼らの傷を包む。
メモ: 自尊心による言い訳が、心が打ち砕かれることに抵抗することもあると思う。
2014/11/13 読: 詩篇 149篇~150篇、箴言 1章
選: 詩篇 150篇 3節~5節
角笛を吹き鳴らして、神をほめたたえよ。十弦の琴と立琴をかなでて、神をほめたたえよ。
タンバリンと踊りをもって、神をほめたたえよ。緒琴と笛とで、神をほめたたえよ。
音の高いシンバルで、神をほめたたえよ。鳴り響くシンバルで、神をほめたたえよ。
メモ: 「やったー」って心から喜ぶ時は、飛び跳ねることもある。これが自然の姿。
2014/11/14 読: 箴言 2章~4章
選: 箴言 3章 11節~12節
わが子よ。主の懲らしめをないがしろにするな。その叱責をいとうな。
父がかわいがる子をしかるように、主は愛する者をしかる。
メモ: 試練は私達の成長に役立つ。避けたり、逃げたりすれば、未熟な部分が残る。
2014/11/15 読: 箴言 5章~7章
選: 箴言 6章 16節~19節
主の憎むものが六つある。いや、主ご自身の忌みきらうものが七つある。
高ぶる目、偽りの舌、罪のない者の血を流す手、
邪悪な計画を細工する心、悪へ走るに速い足、
まやかしを吹聴する偽りの証人、兄弟の間に争いをひき起こす者。
メモ: 真実がどれほど含まれているか分からないうわさも、争いの元になると思う。
2014/11/16 読: 箴言 8章~10章
選: 箴言 8章 13節
主を恐れることは悪を憎むことである。わたしは高ぶりと、おごりと、悪の道と、ねじれたことばを憎む。
メモ: 憎む対象とはかかわりたくない。悪とかかわらないことが、主を恐れること。
2014/11/17 読: 箴言 11章~13章
選: 箴言 13章 11節
急に得た財産は減るが、働いて集める者は、それを増す。
メモ: 突然得た大金は生活を乱す可能性もある。日々与えられた仕事を感謝したい。
2014/11/18 読: 箴言 14章~16章
選: 箴言 14章 26節~27節
力強い信頼は主を恐れることにあり、子たちの避け所となる。
主を恐れることはいのちの泉、死のわなからのがれさせる。
メモ: 主を恐れることによって、私達の人生の土台は揺るがないものになると思う。
2014/11/19 読: 箴言 17章~19章
選: 箴言 17章 27節
自分のことばを控える者は知識に富む者。心の冷静な人は英知のある者。
メモ: ことばは心にある思いを表す。心にないことは、ことばにもならないと思う。
2014/11/20 読: 箴言 20章~22章
選: 箴言 22章 10節~11節
あざける者を追い出せ。そうすれば、争いも出て行く。けんかも、悪口もやむ。
心のきよさを愛し、優しく話をする者は、王がその友となる。
メモ: あざける者は不満を持つ者。あざける者にも救いがあることを知ってほしい。
2014/11/21 読: 箴言 23章~25章
選: 箴言 24章 13節~14節
わが子よ。蜜を食べよ。それはおいしい。蜂の巣の蜜はあなたの口に甘い。
知恵もあなたのたましいにとっては、そうだと知れ。それを見つけると、良い終わりがあり、あなたの望みは断たれることがない。
メモ: 人生は絶え間なく選択と行動を要求する。神からの知恵は正しい選択を促す。
2014/11/22 読: 箴言 26章~28章
選: 箴言 28章 11節
富む者は自分を知恵のある者と思い込む。分別のある貧しい者は、自分を調べる。
メモ: 私達は勘違いをしやすい。人生を聖書に照らし合わせ、真実の姿を知りたい。
2014/11/23 読: 箴言 29章~31章
選: 箴言 29章 25節~27節
人を恐れるとわなにかかる。しかし主に信頼する者は守られる。
支配者の顔色をうかがう者は多い。しかし人をさばくのは主である。
不正な人は正しい人に忌みきらわれ、行ないの正しい人は悪者に忌みきらわれる。
メモ: 人を恐れながらの人生は不安定。しかし、主を頼りに送る人生は揺るがない。
2014/11/24 読: 伝道者の書 1章~3章
選: 伝道者の書 1章 10節~11節
「これを見よ。これは新しい。」と言われるものがあっても、それは、私たちよりはるか先の時代に、すでにあったものだ。
先にあったことは記憶に残っていない。これから後に起こることも、それから後の時代の人々には記憶されないであろう。
メモ: 「その考え方は古い」と人を見下す人よ、あなたの新しい考え方も古いかも。
2014/11/25 読: 伝道者の書 4章~6章
選: 伝道者の書 5章 7節
夢が多くなると、むなしいことばも多くなる。ただ、神を恐れよ。
メモ: 大きな希望を持ちながら、与えられている仕事を主と共にこなしていきたい。
2014/11/26 読: 伝道者の書 7章~9章
選: 伝道者の書 8章 8節
風を支配し、風を止めることのできる人はいない。死の日も支配することはできない。この戦いから放免される者はいない。悪は悪の所有者を救いえない。
メモ: 風を支配し、死の日をも支配する方が存在します。私達はこの方に頼ります。
2014/11/27 読: 伝道者の書 10章~12章
選: 伝道者の書 10章 10節
もし斧が鈍くなったとき、その刃をとがないと、もっと力がいる。しかし知恵は人を成功させるのに益になる。
メモ: 動きを止めないととぐことができない。動きを止めないと知恵を得られない。
2014/11/28 読: 雅歌 1章~3章
選: 雅歌 2章 4節
あの方は私を酒宴の席に伴われました。私の上に翻るあの方の旗じるしは愛でした。
メモ: 私達の上に翻るあの方、私達を創造された神、の旗じるしも「愛」なのです。
2014/11/29 読: 雅歌 4章~6章
選: 雅歌 5章 16節
そのことばは甘いぶどう酒。あの方のすべてがいとしい。エルサレムの娘たち。これが私の愛する方、これが私の連れ合いです。
メモ: 私達の主、イエス・キリストに寄せる思いしだいで、生活も変化すると思う。
2014/11/30 読: 雅歌 7章~8章、イザヤ書 1章
選: イザヤ書 1章 13節~14節
もう、むなしいささげ物を携えて来るな。香の煙――それもわたしの忌みきらうもの。新月の祭りと安息日――会合の召集、不義と、きよめの集会、これにわたしは耐えられない。
あなたがたの新月の祭りや例祭を、わたしの心は憎む。それはわたしの重荷となり、わたしは負うのに疲れ果てた。
メモ: 心と愛の伴わない形だけの「神の定めた行事」は、神に喜ばれることはない。
前Page