前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2014年 12月)

2014/12/ 1 読: イザヤ書 2章~4章
選: イザヤ書 2章 11節
その日には、高ぶる者の目も低くされ、高慢な者もかがめられ、主おひとりだけが高められる。
メモ: 絶対的権力者の前では、どんなに偉そうにしていた人でも恥じ入るでしょう。
2014/12/ 2 読: イザヤ書 5章~7章
選: イザヤ書 6章 8節
私は、「だれを遣わそう。だれが、われわれのために行くだろう」と言っておられる主の声を聞いたので、言った。「ここに、私がおります。私を遣わしてください。」
メモ: 神の国が大使を募集しているとしたら、私達は自ら進んで応募するだろうか。
2014/12/ 3 読: イザヤ書 8章~10章
選: イザヤ書 9章 2節
やみの中を歩んでいた民は、大きな光を見た。死の陰の地に住んでいた者たちの上に光が照った。
メモ: 見えていなかったものが見えるようになる。真実が見えると安心して歩める。
2014/12/ 4 読: イザヤ書 11章~13章
選: イザヤ書 11章 2節~5節
その上に、主の霊がとどまる。それは知恵と悟りの霊、はかりごとと能力の霊、主を知る知識と主を恐れる霊である。
この方は主を恐れることを喜び、その目の見るところによってさばかず、その耳の聞くところによって判決を下さず、
正義をもって寄るべのない者をさばき、公正をもって国の貧しい者のために判決を下し、口のむちで国を打ち、くちびるの息で悪者を殺す。
正義はその腰の帯となり、真実はその胴の帯となる。
メモ: 人に対しての隠し事ができたとしても、イエス・キリストには通用しません。
2014/12/ 5 読: イザヤ書 14章~16章
選: イザヤ書 14章 24節~27節
万軍の主は誓って仰せられた。「必ず、わたしの考えたとおりに事は成り、わたしの計ったとおりに成就する。
わたしはアッシリヤをわたしの国で打ち破り、わたしの山で踏みつける。アッシリヤのくびきは彼らの上から除かれ、その重荷は彼らの肩から除かれる。
これが、全地に対して立てられたはかりごと、これが、万国に対して伸ばされた御手。
万軍の主が立てられたことを、だれが破りえよう。御手が伸ばされた。だれがそれを戻しえよう。」
メモ: こういう事なら、最初から万軍の主の望むことを行ったほうが得策だと思う。
2014/12/ 6 読: イザヤ書 17章~19章
選: イザヤ書 19章 23節~25節
その日、エジプトからアッシリヤへの大路ができ、アッシリヤ人はエジプトに、エジプト人はアッシリヤに行き、エジプト人はアッシリヤ人とともに主に仕える。
その日、イスラエルはエジプトとアッシリヤと並んで、第三のものとなり、大地の真ん中で祝福を受ける。
万軍の主は祝福して言われる。「わたしの民エジプト、わたしの手でつくったアッシリア、わたしのものである民イスラエルに祝福があるように。」
メモ: 神の恵みが与えられること、また、神から与えられる恵みを祝福と言います。
2014/12/ 7 読: イザヤ書 20章~22章
選: イザヤ書 22章 12節~14節
その日、万軍の神、主は、「泣け。悲しめ。頭を丸めて、荒布をまとえ」と呼びかけられたのに、
なんと、おまえたちは楽しみ喜び、牛を殺し、羊をほふり、肉を食らい、ぶどう酒を飲み、「飲めよ。食らえよ。どうせ、あすは死ぬのだから」と言っている。
そこで万軍の主は、私の耳を開かれた。「この罪は、おまえたちが死ぬまでは決して赦されない」と、万軍の神、主は仰せられた。
メモ: 神は、心底からの喜びを与えるために、悔い改めを求めることもあると思う。
2014/12/ 8 読: イザヤ書 23章~25章
選: イザヤ書 25章 6節~8節
万軍の主はこの山の上で万民のために、あぶらの多い肉の宴会、良いぶどう酒の宴会、髄の多いあぶらみとよくこされたぶどう酒の宴会を催される。
この山の上で、万民の上をおおっている顔おおいと、万国の上にかぶさっているおおいを取り除き、
永久に死を滅ぼされる。神である主はすべての顔から涙をぬぐい、ご自分の民へのそしりを全地の上から除かれる。主が語られたのだ。
メモ: どこをどう切っても、私達の主は、私達の幸せを望んでいるとしか思えない。
2014/12/ 9 読: イザヤ書 26章~28章
選: イザヤ書 26章 12節
主よ。あなたは、私たちのために平和を備えておられます。私たちのなすすべてのわざも、あなたが私たちのためにしてくださったのですから。
メモ: 神は平和を備えています。私達の愚かさがこれを拒んでいるように思えます。
2014/12/10 読: イザヤ書 29章~31章
選: イザヤ書 29章 13節~14節
そこで主は仰せられた。「この民は口先で近づき、くちびるでわたしをあがめるが、その心はわたしから遠く離れている。彼らがわたしを恐れるのは、人間の命令を教え込まれてのことにすぎない。
それゆえ、見よ、わたしはこの民に再び不思議なこと、驚き怪しむべきことをする。この民の知恵ある者の知恵は滅び、悟りある者の悟りは隠される。」
メモ: 混じり気のない思いからくる言葉には、そのことを現わす行動も伴うと思う。
2014/12/11 読: イザヤ書 32章~34章
選: イザヤ書 32章 15節~18節
しかし、ついには、上からの霊が私たちに注がれ、荒野が果樹園となり、果樹園が森とみなされるようになる。
公正は荒野に宿り、義は果樹園に住む。
義は平和をつくり出し、義はとこしえの平穏と信頼をもたらす。
わたしの民は、平和な住まい、安全な家、安らかないこいの場に住む。
メモ: 上からの霊を注がれた人々だけが、混じり気のない平和を実現できると思う。
2014/12/12 読: イザヤ書 35章~37章
選: イザヤ書 35章 3節~4節
弱った手を強め、よろめくひざをしっかりさせよ。
心騒ぐ者たちに言え。「強くあれ、恐れるな。見よ、あなたがたの神を。復讐が、神の報いが来る。神は来て、あなたがたを救われる。」
メモ: 私達の内に勇気と希望と力を引き起こす生ける神の言葉は、必ず実現します。
2014/12/13 読: イザヤ書 38章~40章
選: イザヤ書 38章 2節~3節
そこでヒゼキヤは顔を壁に向けて、主に祈って、
言った。「ああ、主よ。どうか思い出してください。私が、まことを尽くし、全き心をもって、あなたの御前に歩み、あなたがよいと見られることを行なってきたことを。」こうして、ヒゼキヤは大声で泣いた。
メモ: ヒゼキヤにとって神の存在は、まるで人がそこにいるかのようなものだった。
2014/12/14 読: イザヤ書 41章~43章
選: イザヤ書 43章 25節~26節
わたし、このわたしは、わたし自身のためにあなたのそむきの罪をぬぐい去り、もうあなたの罪を思い出さない。
わたしに思い出させよ。共に論じ合おう。身の潔白を明かすため、あなたのほうから述べたてよ。
メモ: 神は人を創られた。しかし、神は人と対等に話しをされる。不思議なことだ。
2014/12/15 読: イザヤ書 44章~46章
選: イザヤ書 44章 22節
わたしは、あなたのそむきの罪を雲のように、あなたの罪をかすみのようにぬぐい去った。わたしに帰れ。わたしは、あなたを贖ったからだ。」
メモ: 人を苦しめたり、人の自由を束縛する者が「わたしに帰れ」と言うだろうか。
2014/12/16 読: イザヤ書 47章~49章
選: イザヤ書 48章 17節~19節
あなたを贖う主、イスラエルの聖なる方はこう仰せられる。「わたしは、あなたの神、主である。わたしは、あなたに益になることを教え、あなたの歩むべき道にあなたを導く。
あなたがわたしの命令に耳を傾けさえすれば、あなたのしあわせは川のように、あなたの正義は海の波のようになるであろうに。
あなたの子孫は砂のように、あなたの身から出る者は、真砂のようになるであろうに。その名はわたしの前から断たれることも、滅ぼされることもないであろうに。」
メモ: 人に益になることを教える神は、怖くて恐ろしい、人を苦しめる方ではない。
2014/12/17 読: イザヤ書 50章~52章
選: イザヤ書 51章 11節
主に贖われた者たちは帰って来る。彼らは喜び歌いながらシオンに入り、その頭にはとこしえの喜びをいただく。楽しみと喜びがついて来、悲しみと嘆きとは逃げ去る。
メモ: 「悲しみと嘆きとは逃げ去る。」神がそう言うのだから、間違いありません。
2014/12/18 読: イザヤ書 53章~55章
選: イザヤ書 53章 3節
彼はさげすまれ、人々からのけ者にされ、悲しみの人で病を知っていた。人が顔をそむけるほどさげすまれ、私たちも彼を尊ばなかった。
メモ: イエス・キリストはご自分の民の所へ来たのに、殆どの人に背を向けられた。
2014/12/19 読: イザヤ書 56章~58章
選: イザヤ書 58章 9節~10節
そのとき、あなたが呼ぶと、主は答え、あなたが叫ぶと、「わたしはここにいる」と仰せられる。もし、あなたの中から、くびきを除き、うしろ指をさすことや、つまらないおしゃべりを除き、
飢えた者に心を配り、悩む者の願いを満足させるなら、あなたの光は、やみの中に輝き上り、あなたの暗やみは、真昼のようになる。
メモ: 神様は聖書を通して、私達が幸せに歩める方法を数多く教えて下さっている。
2014/12/20 読: イザヤ書 59章~61章
選: イザヤ書 61章 1節~3節
神である主の霊が、わたしの上にある。主はわたしに油をそそぎ、貧しい者に良い知らせを伝え、心の傷ついた者をいやすために、わたしを遣わされた。捕われ人には解放を、囚人には釈放を告げ、
主の恵みの年と、われわれの神の復讐の日を告げ、すべての悲しむ者を慰め、
シオンの悲しむ者たちに、灰の代わりに頭の飾りを、悲しみの代わりに喜びの油を、憂いの心の代わりに賛美の外套を着けさせるためである。彼らは、義の樫の木、栄光を現わす主の植木と呼ばれよう。
メモ: 創造主(神)は人を愛しています。ここの聖句からもそのことが読み取れます。
2014/12/21 読: イザヤ書 62章~64章
選: イザヤ書 63章 16節
まことに、あなたは私たちの父です。たとい、アブラハムが私たちを知らず、イスラエルが私たちを認めなくても、主よ、あなたは、私たちの父です。あなたの御名は、とこしえから私たちの贖い主です。
メモ: この事実を認めれば、それが私達の生活に変化をもたらすことになると思う。
2014/12/22 読: イザヤ書 65章~66章、エレミヤ書 1章
選: イザヤ書 65章 17節~20節
見よ。まことにわたしは新しい天と新しい地を創造する。先の事は思い出されず、心に上ることもない。
だから、わたしの創造するものを、いついつまでも楽しみ喜べ。見よ。わたしはエルサレムを創造して喜びとし、その民を楽しみとする。
わたしはエルサレムを喜び、わたしの民を楽しむ。そこにはもう、泣き声も叫び声も聞かれない。
そこにはもう、数日しか生きない乳飲み子も、寿命の満ちない老人もない。百歳で死ぬ者は若かったとされ、百歳にならないで死ぬ者は、のろわれた者とされる。
メモ: 「神は新しい天と新しい地を創造する」と聖書は言う。この言葉も真理です。
2014/12/23 読: エレミヤ書 2章~4章
選: エレミヤ書 2章 3節
わたしの民は二つの悪を行なった。湧き水の泉であるわたしを捨てて、多くの水ためを、水をためることのできない、こわれた水ためを、自分たちのために掘ったのだ。
メモ: 私達が神をもっと正しく理解していたら、多くの無駄を省けただろうと思う。
2014/12/24 読: エレミヤ書 5章~7章
選: エレミヤ書 7章 5節~7節
もし、ほんとうに、あなたがたが行ないとわざとを改め、あなたがたの間で公義を行ない、
在留異国人、みなしご、やもめをしいたげず、罪のない者の血をこの所で流さず、ほかの神々に従って自分の身にわざわいを招くようなことをしなければ、
わたしはこの所、わたしがあなたがたの先祖に与えたこの地に、とこしえからとこしえまで、あなたがたを住ませよう。
メモ: 神は強制しない。どうするかを選ぶのも、その実を刈り取るのも、私達です。
2014/12/25 読: エレミヤ書 8章~10章
選: エレミヤ書 9章 4節~5節
おのおの互いに警戒せよ。どの兄弟も信用するな。どの兄弟も人を押しのけ、どの友も中傷して歩き回るからだ。
彼らはおのおの、だまし合って、真実を語らない。偽りを語ることを舌に教え、悪事を働き、依然として悔い改めない。
メモ: 真実を語り、だまし合うことをしなければ、互いに警戒することもなかろう。
2014/12/26 読: エレミヤ書 11章~13章
選: エレミヤ書 12章 1節~2節
主よ。私があなたと論じても、あなたのほうが正しいのです。それでも、さばきについて、一つのことを私はあなたにお聞きしたいのです。なぜ、悪者の道は栄え、裏切りを働く者が、みな安らかなのですか。
あなたは彼らを植え、彼らは根を張り、伸びて、実を結びました。あなたは、彼らの口には近いのですが、彼らの思いからは遠く離れておられます。
メモ: 悪者が栄えたとしても、それは地上でのこと。永遠を思えば、わずかな時間。
2014/12/27 読: エレミヤ書 14章~16章
選: エレミヤ書 15章 16節
私はあなたのみことばを見つけ出し、それを食べました。あなたのみことばは、私にとって楽しみとなり、心の喜びとなりました。万軍の神、主よ。私にはあなたの名がつけられているからです。
メモ: 私達にとっても、主のみ言葉は、楽しみと心の喜びになっているでしょうか。
2014/12/28 読: エレミヤ書 17章~19章
選: エレミヤ書 17章 7節~8節
主に信頼し、主を頼みとする者に祝福があるように。
その人は、水のほとりに植わった木のように、流れのほとりに根を伸ばし、暑さが来ても暑さを知らず、葉は茂って、日照りの年にも心配なく、いつまでも実をみのらせる。
メモ: 主を頼みとする者は、辛い事の中に置かれても成長を続け、結果を出します。
2014/12/29 読: エレミヤ書 20章~22章
選: エレミヤ書 22章 3節
主はこう仰せられる。公義と正義を行ない、かすめられている者を、しいたげる者の手から救い出せ。在留異国人、みなしご、やもめを苦しめたり、いじめたりしてはならない。また罪のない者の血をこの所に流してはならない。
メモ: かすめられている者を、しいたげる者の手から救い出す事が求められている。
2014/12/30 読: エレミヤ書 23章~25章
選: エレミヤ書 23章 26節
いつまで偽りの預言が、あの預言者たちの心にあるのだろうか。いつまで欺きの預言が、彼らの心にあるのだろうか。
メモ: 人が考えだした根拠のない教えの上に、安定した生活を築くことはできない。
2014/12/31 読: エレミヤ書 26章~28章
選: エレミヤ書 26章 13節
さあ、今、あなたがたの行ないとわざを改め、あなたがたの神、主の御声に聞き従いなさい。そうすれば、主も、あなたがたに語ったわざわいを思い直されるでしょう。
メモ: 神の意に反することを行っている人の心に、平安と喜びが宿るとは思えない。
前Page