前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2015年10月)

2015/10/ 1 読: エズラ記 1章~3章
選: エズラ記 3章 10~11節
建築師たちが主の神殿の礎を据えたとき、イスラエルの王ダビデの規定によって主を賛美するために、祭服を着た祭司たちはラッパを持ち、アサフの子らのレビ人たちはシンバルを持って出て来た。
そして、彼らは主を賛美し、感謝しながら、互いに、「主はいつくしみ深い。その恵みはとこしえまでもイスラエルに」と歌い合った。こうして、主の宮の礎が据えられたので、民はみな、主を賛美して大声で喜び叫んだ。
メモ: 何かを成し遂げた時、主を賛美する。このような習慣を身に付けたいと思う。
2015/10/ 2 読: エズラ記 4章~6章
選: エズラ記 6章 6~8節
「それゆえ、今、川向こうの総督タテナイと、シェタル・ボズナイと、その同僚で川向こうにいる知事たちよ。そこから遠ざかれ。
この神の宮の工事をそのままやらせておけ。ユダヤ人の総督とユダヤ人の長老たちにこの神の宮をもとの所に建てさせよ。
私は、さらに、この神の宮を建てるために、あなたがたがこれらユダヤ人の長老たちにどうすべきか、命令を下す。王の収益としての川向こうの地のみつぎの中から、その費用をまちがいなくそれらの者たちに支払って、滞らぬようにせよ。
メモ: 反対していた者共が、援助する立場になった。恐れず、主の導きに従いたい。
2015/10/ 3 読: エズラ記 7章~9章
選: エズラ記 9章 4~6節
捕囚から帰って来た人々の不信の罪のことで、イスラエルの神のことばを恐れている者はみな、私のところに集まって来た。私は夕方のささげ物の時刻まで、色を失ってじっとすわっていた。
夕方のささげ物の時刻になって、私は気を取り戻し、着物と上着を裂いたまま、ひざまずき、私の神、主に向かって手を差し伸ばし、祈って、
言った。「私の神よ。私は恥を受け、私の神であるあなたに向かって顔を上げるのも恥ずかしく思います。私たちの咎は私たちの頭より高く増し加わり、私たちの罪過は大きく天にまで達したからです。
メモ: 他人の問題を自分の問題であるかのように取り扱う人を主は喜ばれると思う。
2015/10/ 4 読: エズラ記 10章、ネヘミヤ記 1章~2章
選: ネヘミヤ記 2章 12節
あるとき、私は夜中に起きた。ほかに数人の者もいっしょにいた。しかし、私の神が、私の心を動かしてエルサレムのためにさせようとされることを、私はだれにも告げなかった。また、私が乗った獣のほかには、一頭の獣も連れて行かなかった。
メモ: 「私の神は、私の心を動かし、」と、私たちは今日まで何回言えただろうか。
2015/10/ 5 読: ネヘミヤ記 3章~5章
選: ネヘミヤ記 4章 14~15節
私は彼らが恐れているのを見て立ち上がり、おもだった人々や、代表者たち、およびその他の人々に言った。「彼らを恐れてはならない。大いなる恐るべき主を覚え、自分たちの兄弟、息子、娘、妻、また家のために戦いなさい。」
私たちの敵が、彼らのたくらみは私たちに悟られ、神がそれを打ちこわされたということを聞いたとき、私たちはみな、城壁に帰り、それぞれ自分の工事に戻った。
メモ: 「私たちがそれを打ちこわした」ではなく「神がそれを打ちこわした」です。
2015/10/ 6 読: ネヘミヤ記 6章~8章
選: ネヘミヤ記 6章 16節
私たちの敵がみな、これを聞いたとき、私たちの回りの諸国民はみな恐れ、大いに面目を失った。この工事が、私たちの神によってなされたことを知ったからである。
メモ: 神によってなされたことだと知るとは、通常と何かが違っていたに違いない。
2015/10/ 7 読: ネヘミヤ記 9章~11章
選: ネヘミヤ記 10章 38~39節
レビ人が十分の一を集めるとき、アロンの子孫である祭司が、そのレビ人とともにいなければならない。レビ人はその十分の一の十分の一を、私たちの神の宮へ携え上り、宝物倉の部屋に納めなければならない。
この部屋に、イスラエル人とレビ人たちは、穀物や、新しいぶどう酒や油の奉納物を携えて来るようになっているからである。そこには聖所の器具があり、また、当番の祭司や門衛や歌うたいもいる。こうして私たちは、私たちの神の宮をなおざりにしないのである。
メモ: 私たちクリスチャンも神の宮であるから、それにふさわしい生活を送りたい。
2015/10/ 8 読: ネヘミヤ記 12章~13章、エステル記 1章
選: ネヘミヤ記 12章 45~47節
彼らおよび歌うたいや門衛たちは、ダビデとその子ソロモンの命令のとおりに、彼らの神への任務と、きよめの任務を果たした。
昔から、ダビデとアサフの時代から、神に賛美と感謝をささげる歌うたいたちのかしらがいた。
ゼルバベルの時代とネヘミヤの時代には、イスラエル人はみな、歌うたいと門衛のために定められた日当を支給していた。彼らはまた、レビ人には聖別したささげ物を与え、レビ人はその聖別したささげ物をアロンの子孫に渡していた。
メモ: 「明日のことを心配するな」と言う神に、私たちは賛美と感謝をささげます。
2015/10/ 9 読: エステル記 2章~4章
選: エステル記 3章 1~2節
この出来事の後、アハシュエロス王は、アガグ人ハメダタの子ハマンを重んじ、彼を昇進させて、その席を、彼とともにいるすべての首長たちの上に置いた。
それで、王の門のところにいる王の家来たちはみな、ハマンに対してひざをかがめてひれ伏した。王が彼についてこのように命じたからである。しかし、モルデカイはひざもかがめず、ひれ伏そうともしなかった。
メモ: 神が造られた、私たちと同等の者を崇拝するのは、神に対する侮辱だと思う。
2015/10/10 読: エステル記 5章~7章
選: エステル記 5章 14節~6章 3節
すると、彼の妻ゼレシュとすべての友人たちは、彼に言った。「高さ五十キュビトの柱を立てさせ、あしたの朝、王に話して、モルデカイをそれにかけ、それから、王といっしょに喜んでその宴会においでなさい。」この進言はハマンの気に入ったので、彼はその柱を立てさせた。
その夜、王は眠れなかったので、記録の書、年代記を持って来るように命じ、王の前でそれを読ませた。
その中に、入口を守っていた王のふたりの宦官ビグタナとテレシュが、アハシュエロス王を殺そうとしていることをモルデカイが報告した、と書かれてあるのが見つかった。
そこで王は尋ねた。「このために、栄誉とか昇進とか、何かモルデカイにしたか。」王に仕える若い者たちは答えた。「彼には何もしていません。」
メモ: 間一髪の大逆転。私たちの主の介入に、手遅れはない。主に信頼して歩もう。
2015/10/11 読: エステル記 8章~10章
選: エステル記 8章 7~8節
アハシュエロス王は、王妃エステルとユダヤ人モルデカイに言った。「ハマンがユダヤ人を殺そうとしたので、今、私はハマンの家をエステルに与え、彼は柱にかけられたではないか。
あなたがたはユダヤ人についてあなたがたのよいと思うように、王の名で書き、王の指輪でそれに印を押しなさい。王の名で書かれ、王の指輪で印が押された文書は、だれも取り消すことができないのだ。」
メモ: 皆に頭を下げられていた人が瞬時に処刑された。高慢になった報いだと思う。
2015/10/12 読: ヨブ記 1章~3章
選: ヨブ記 1章 9~12節
サタンは主に答えて言った。「ヨブはいたずらに神を恐れましょうか。
あなたは彼と、その家とそのすべての持ち物との回りに、垣を巡らしたではありませんか。あなたが彼の手のわざを祝福されたので、彼の家畜は地にふえ広がっています。
しかし、あなたの手を伸べ、彼のすべての持ち物を打ってください。彼はきっと、あなたに向かってのろうに違いありません。」
主はサタンに仰せられた。「では、彼のすべての持ち物をおまえの手に任せよう。ただ彼の身に手を伸ばしてはならない。」そこで、サタンは主の前から出て行った。
メモ: 私たちが平和に暮らせるのも、主が私たちを敵から守っているからだと思う。
2015/10/13 読: ヨブ記 4章~6章
選: ヨブ記 6章 24節
私に教えよ。そうすれば、私は黙ろう。私がどんなあやまちを犯したか、私に悟らせよ。
メモ: 心底から神に喜ばれる生活を心掛けていたからこそ、このように言えたのだ。
2015/10/14 読: ヨブ記 7章~9章
選: ヨブ記 9章 10~11節
神は大いなることを行って測り知れず、その奇しいみわざは数えきれない。
たとい神が私のそばを通り過ぎても、私には見えない。神が進んで行っても、私は認めることができない。
メモ: 私たちは神の世界を見ることはできませんが、神は私たちを見ておられます。
2015/10/15 読: ヨブ記 10章~12章
選: ヨブ記 12章 7~10節
しかし、獣に尋ねてみよ。それがあなたに教えるだろう。空の鳥に尋ねてみよ。それがあなたに告げるだろう。
あるいは地に話しかけよ。それがあなたに教えるだろう。海の魚もあなたに語るだろう。
これらすべてのもののうち、主の御手がこれをなさったことを、知らないものがあろうか。
すべての生き物のいのちと、すべての人間の息とは、その御手のうちにある。
メモ: 鳥さんに創造主について聞いてみた。「そんなこと知らないの」と笑われた。
2015/10/16 読: ヨブ記 13章~15章
選: ヨブ記 13章 15~16節
見よ。神が私を殺しても、私は神を待ち望み、なおも、私の道を神の前に主張しよう。
神もまた、私の救いとなってくださる。神を敬わない者は、神の前に出ることができないからだ。
メモ: 辛い目に会ったから神を疑うことは、彼にとって、あり得ないことのようだ。
2015/10/17 読: ヨブ記 16章~18章
選: ヨブ記 16章 19~21節
今でも天には、私の証人がおられます。私を保証してくださる方は高い所におられます。
私の友は私をあざけります。しかし、私の目は神に向かって涙を流します。
その方が、人のために神にとりなしをしてくださいますように。人の子がその友のために。
メモ: 突然不幸に見舞われたヨブは、何と言われようとも神から目を離さなかった。
2015/10/18 読: ヨブ記 19章~21章
選: ヨブ記 19章 13~16節
神は私の兄弟たちを私から遠ざけた。私の知人は全く私から離れて行った。
私の親族は来なくなり、私の親しい友は私を忘れた。
私の家に寄宿している者も、私のはしためたちも、私を他国人のようにみなし、私は彼らの目には外国人のようになった。
私が自分のしもべを呼んでも、彼は返事もしない。私は私の口で彼に請わなければならない。
メモ: 完全にのけ者にされたヨブ。しかし、神の存在を疑うことは一度もなかった。
2015/10/19 読: ヨブ記 22章~24章
選: ヨブ記 23章 5~6節
私は神が答えることばを知り、私に言われることが何であるかを悟りたい。
神は力強く私と争われるだろうか。いや、むしろ私に心を留めてくださろう。
メモ: ヨブのように、つらい目に会わなくても、この神への思いに共感しませんか。
2015/10/20 読: ヨブ記 25章~27章
選: ヨブ記 27章 3~4節
私の息が私のうちにあり、神の霊が私の鼻にあるかぎり、
私のくちびるは不正を言わず、私の舌は決して欺きを告げない。
メモ: 本当のことを知っている人のいる所で偽りを語れますか。それと同じですよ。
2015/10/21 読: ヨブ記 28章~30章
選: ヨブ記 28章 27~28節
そのとき、神は知恵を見て、これを見積もり、これを定めて、調べ上げられた。
こうして、神は人に仰せられた。「見よ。主を恐れること、これが知恵である。悪から離れることは悟りである。」
メモ: 創造主を恐れることが賢いことであり、真理を理解した人は、悪から離れる。
2015/10/22 読: ヨブ記 31章~33章
選: ヨブ記 31章 13~15節
私のしもべや、はしためが、私と争ったとき、もし、私が彼らの言い分をないがしろにしたことがあるなら、
神が立たれるとき、私はどうすればよいか。また、神がお調べになるとき、何と答えたらよいか。
私を胎内で造られた方は、彼らをも造られたのではないか。私たちを母の胎内に形造られた方は、ただひとりではないか。
メモ: 私たちの行いについて神に説明を求められたら、私たちは何と答えるだろう。
2015/10/23 読: ヨブ記 34章~36章
選: ヨブ記 34章 34~37節
分別のある人々や、私に聞く、知恵のある人は私に言う。
「ヨブは知識がなくて語る。彼のことばには思慮がない」と。
どうか、ヨブが最後までためされるように。彼は不法者のように言い返しをするから。
彼は、自分の罪にそむきの罪を加え、私たちの間で手を打ち鳴らし、神に対してことば数を多くする。
メモ: 熱心なのは良いが、その人のことを知りもせずに、見下すのはやめてほしい。
2015/10/24 読: ヨブ記 37章~39章
選: ヨブ記 38章 1~4節
主はあらしの中からヨブに答えて仰せられた。
知識もなく言い分を述べて、摂理を暗くするこの者はだれか。
さあ、あなたは勇士のように腰に帯を締めよ。わたしはあなたに尋ねる。わたしに示せ。
わたしが地の基を定めたとき、あなたはどこにいたのか。あなたに悟ることができるなら、告げてみよ。
メモ: すべてをご存じの方にこんな風に訪ねられたら、どう答えを返せるだろうか。
2015/10/25 読: ヨブ記 40章~42章
選: ヨブ記 40章 8節
あなたはわたしのさばきを無効にするつもりか。自分を義とするために、わたしを罪に定めるのか。
メモ: 真理と異なることを正しいとすることは、神を罪に定めているようなものだ。
2015/10/26 読: 詩篇 1篇~3篇
選: 詩篇 1篇 1~3節
幸いなことよ。悪者のはかりごとに歩まず、罪人の道に立たず、あざける者の座に着かなかった、その人。
まことに、その人は主のおしえを喜びとし、昼も夜もそのおしえを口ずさむ。
その人は、水路のそばに植わった木のようだ。時が来ると実がなり、その葉は枯れない。その人は、何をしても栄える。
メモ: 主のおしえを喜びとし、そのおしえについて思いを巡らす。心が和みそうだ。
2015/10/27 読: 詩篇 4篇~6篇
選: 詩篇 4篇 1節
私が呼ぶとき、答えてください。私の義なる神。あなたは、私の苦しみのときにゆとりを与えてくださいました。私をあわれみ、私の祈りを聞いてください。
メモ: 私たちを造られた神は、苦しみのときにゆとりを与えることができる方です。
2015/10/28 読: 詩篇 7篇~9篇
選: 詩篇 9篇 19~20節
主よ。立ち上がってください。人間が勝ち誇らないために。国々が御前で、さばかれるために。
主よ。彼らに恐れを起こさせてください。おのれが、ただ、人間にすぎないことを、国々に思い知らせてください。セラ
メモ: 人間は生き物の頂点にいるものではありません。頂点にいるのは創造主です。
2015/10/29 読: 詩篇 10篇~12篇
選: 詩篇 10篇 10~11節
不幸な人は、強い者によって砕かれ、うずくまり、倒れる。
彼は心の中で言う。「神は忘れている。顔を隠している。彼は決して見はしないのだ。」
メモ: 神は忘れているのか、顔を隠しているのか、見ていないのか。違うでしょう。
2015/10/30 読: 詩篇 13篇~15篇
選: 詩篇 15篇 2~3節
正しく歩み、義を行い、心の中の真実を語る人。
その人は、舌をもってそしらず、友人に悪を行わず、隣人への非難を口にしない。
メモ: 互いに対する愛があれば、もっと心の中の真実を語れるようになれると思う。
2015/10/31 読: 詩篇 16篇~18篇
選: 詩篇 15篇 2~3節
私のためのさばきが御前から出て、公正に御目が注がれますように。
あなたは私の心を調べ、夜、私を問いただされました。あなたは私をためされましたが、何も見つけ出されません。私は、口のあやまちをしまいと心がけました。
人としての行いについては、あなたのくちびるのことばによりました。私は無法な者の道を避けました。
メモ: 聖書は神の語った言葉によるものです。無視は滅びを招くに違いないと思う。
前Page