前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2016年 2月)

2016/ 2/ 1 読: エレミヤ書 28~30章
選: エレミヤ書 30章 1~3節
主からエレミヤにあったみことばは、次のとおりである。
イスラエルの神、主はこう仰せられる。「わたしがあなたに語ったことばをみな、書物に書きしるせ。
見よ。その日が来る。――主の御告げ――その日、わたしは、わたしの民イスラエルとユダの繁栄を元どおりにすると、主は言う。わたしは彼らをその先祖たちに与えた地に帰らせる。彼らはそれを所有する。」
メモ: 永遠のベストセラー、聖書に書いてある言葉は、文字どおり成就するのです。
2016/ 2/ 2 読: エレミヤ書 31~33章
選: エレミヤ書 31章 32節
その契約は、わたしが彼らの先祖の手を握って、エジプトの国から連れ出した日に、彼らと結んだ契約のようではない。わたしは彼らの主であったのに、彼らはわたしの契約を破ってしまった。――主の御告げ――
メモ: 「わたしは彼らの主であったのに」と、神が裏切られ、悲しんだかのようだ。
2016/ 2/ 3 読: エレミヤ書 34~36章
選: エレミヤ書 36章 1~3節
ヨシヤの子、ユダの王エホヤキムの第四年に、主からエレミヤに次のようなみことばがあった。
「あなたは巻き物を取り、わたしがあなたに語った日、すなわちヨシヤの時代から今日まで、わたしがイスラエルとユダとすべての国々について、あなたに語ったことばをみな、それに書きしるせ。
ユダの家は、わたしが彼らに下そうと思っているすべてのわざわいを聞いて、それぞれ悪の道から立ち返るかもしれない。そうすれば、わたしも、彼らの咎と罪とを赦すことができる。」
メモ: 悪の道から立ち返らない人の過ちや罪を赦すことは、不可能なことだと思う。
2016/ 2/ 4 読: エレミヤ書 37~39章
選: エレミヤ書 39章 16~18節
「行って、クシュ人エベデ・メレクに話して言え。『イスラエルの神、万軍の主は、こう仰せられる。見よ。わたしはこの町にわたしのことばを実現する。幸いのためではなく、わざわいのためだ。それらは、その日、あなたの前で起こる。
しかしその日、わたしはあなたを救い出す。――主の御告げ――あなたはあなたが恐れている者たちの手に渡されることはない。
わたしは必ずあなたを助け出す。あなたは剣に倒れず、あなたのいのちはあなたの分捕り物としてあなたのものになる。それは、あなたがわたしに信頼したからだ。――主の御告げ――』」
メモ: 私たちの主である神は、信頼されることを喜ばれ、その信頼に応える方です。
2016/ 2/ 5 読: エレミヤ書 40~42章
選: エレミヤ書 42章 16~18節
ユダの残りの者よ。主はあなたがたに『エジプトへ行ってはならない』と仰せられた。きょう、私があなたがたにあかししたことを、確かに知らなければならない。
あなたがたは迷い出てしまっている。あなたがたは私をあなたがたの神、主のもとに遣わして、『私たちのために、私たちの神、主に祈り、すべて私たちの神、主の仰せられるとおりに、私たちに告げてください。私たちはそれを行います』と言ったのだ。
だから、私は、きょう、あなたがたに告げたのに、あなたがたは、あなたがたの神、主の御声を聞かず、すべてそのために主が私をあなたがたに遣わされたことを聞かなかった。
だから今、確かに知れ。あなたがたは、行って寄留したいと思っているその所で、剣とききんと疫病で死ぬことを。」
メモ: 私たちは神の言葉を無視するのに、悲劇が起きると、「なぜ神は、」と問う。
2016/ 2/ 6 読: エレミヤ書 43~45章
選: エレミヤ書 44章 7~10節
それで今、イスラエルの神、万軍の神、主は、こう仰せられる。『あなたがたは自分自身に大きなわざわいを招こうとしているのか。なぜユダの中から男も女も、幼子も乳飲み子も断ち、残りの者を生かしておかないようにするのか。
なぜ、あなたがたの手のわざによってわたしの怒りを引き起こし、寄留しに来たエジプトの国でも、ほかの神々に香をたき、あなたがた自身を断ち滅ぼし、地のすべての国の中で、ののしりとなり、そしりとなろうとするのか。
あなたがたは、ユダの国とエルサレムのちまたで行ったあなたがたの先祖の悪、ユダの王たちの悪、王妃たちの悪、あなたがたの悪、妻たちの悪を忘れたのか。
彼らは今日まで心砕かれず、恐れず、わたしがあなたがたとあなたがたの先祖の前に与えたわたしの律法と定めに歩まなかった。』
メモ: 神の「なぜ私を怒らすのか」に対して、私たちはどう答えたらいいのだろう。
2016/ 2/ 7 読: エレミヤ書 46~48章
選: エレミヤ書 46章 25~26節
イスラエルの神、万軍の主は、仰せられる。「見よ。わたしは、ノのアモンと、パロとエジプト、その神々と王たち、パロと彼に拠り頼む者たちとを罰する。
わたしは彼らを、そのいのちをねらっている者たちの手、すなわちバビロンの王ネブカデレザルの手とその家来たちの手に渡す。その後、エジプトは、昔の日のように人が住むようになる。――主の御告げ――
メモ: 国々が姿を消した中、エジプトは神の言葉の通り、姿を消すことはなかった。
2016/ 2/ 8 読: エレミヤ書 49~51章
選: エレミヤ書 50章 6~7節
わたしの民は、迷った羊の群れであった。その牧者が彼らを迷わせ、山々へ連れ去った。彼らは山から丘へと行き巡って、休み場も忘れてしまった。
彼らを見つける者はみな彼らを食らい、敵は『私たちには罪がない。彼らが、正しい牧場である主、彼らの先祖の望みであった主に、罪を犯したためだ』と言った。
メモ: 指導者の発言が聖書の真理と合致するかどうかを見極める必要があると思う。
2016/ 2/ 9 読: エレミヤ書 52章、哀歌 1~2章
選: 哀歌 2章 13~14節
エルサレムの娘よ。私はあなたを何にたとえ、あなたを何になぞらえよう。おとめ、シオンの娘よ。私は何にあなたを比べて、あなたを慰めることができよう。あなたの傷は海のように大きい。だれがあなたをいやすことができよう。
あなたの預言者たちは、あなたのために、むなしい、ごまかしばかりを預言して、あなたの繁栄を元どおりにするために、あなたの咎をあばこうともせず、あなたのために、むなしい、人を惑わすことばを預言した。
メモ: 罪に悩まされているのに、「大丈夫だ」と自分をごまかす人に、幸せはない。
2016/ 2/10 読: 哀歌 3~5章
選: 哀歌 3章 22~24節
私たちが滅びうせなかったのは、主の恵みによる。主のあわれみは尽きないからだ。
それは朝ごとに新しい。「あなたの真実は力強い。
主こそ、私の受ける分です」と私のたましいは言う。それゆえ、私は主を待ち望む。
メモ: 私たちが滅びうせていないのは、主の恵みによります。主に感謝しましょう。
2016/ 2/11 読: エゼキエル書 1~3章
選: エゼキエル書 2章 4~5節
彼らはあつかましくて、かたくなである。わたしはあなたを彼らに遣わす。あなたは彼らに『神である主はこう仰せられる』と言え。
彼らは反逆の家だから、彼らが聞いても、聞かなくても、彼らは、彼らのうちに預言者がいることを知らなければならない。
メモ: 「どうせ聞く耳を持たないから、黙っていよう」と主は言わなかったのです。
2016/ 2/12 読: エゼキエル書 4~6章
選: エゼキエル書 5章 13節
わたしの怒りが全うされると、わたしは彼らに対するわたしの憤りを静めて満足する。わたしが彼らに対する憤りを全うするとき、彼らは、主であるわたしが熱心に語ったことを知ろう。
メモ: 創造主が熱心に語っているのに、なぜ私たちはその言葉を聞き流すのだろう。
2016/ 2/13 読: エゼキエル書 7~9章
選: エゼキエル書 7章 8~9節
今、わたしはただちに、憤りをあなたに注ぎ、あなたへのわたしの怒りを全うする。わたしはあなたの行いにしたがって、あなたをさばき、あなたのすべての忌みきらうべきわざに報いをする。
わたしは惜しまず、あわれまない。わたしがあなたの行いに仕返しをし、あなたのうちの忌みきらうべきわざをあらわにするとき、あなたがたは、わたしがあなたがたを打っている主であることを知ろう。
メモ: 神は好き好んで罰するのではない。人はその行いの報いを受けているだけだ。
2016/ 2/14 読: エゼキエル書 10~12章
選: エゼキエル書 11章 5節
ついで主の霊が私に下り、私に仰せられた。「主はこう仰せられる、と言え。イスラエルの家よ。あなたがたはあのように言ったが、わたしは、あなたがたの心に浮かぶことどもをよく知っている。
メモ: 私たちの心が神の国のコンピュータにつながっていたとしたら、どうしよう。
2016/ 2/15 読: エゼキエル書 13~15章
選: エゼキエル書 14章 7~8節
イスラエルの家の者でも、イスラエルにいる在留異国人でも、だれでもわたしから離れ、心の中に偶像を秘め、不義に引き込むものを顔の前に置きながら、わたしに尋ね求めようと、預言者のところに来る者には、主であるわたしが答えよう。
わたしがそのような者から顔をそむけ、彼をしるしとし、語りぐさとして、わたしの民のうちから彼を断ち滅ぼすとき、あなたがたは、わたしが主であることを知ろう。
メモ: なぜ神は自分の存在を知らせようとするのか。私たちを愛しているからです。
2016/ 2/16 読: エゼキエル書 16~18章
選: エゼキエル書 18章 31~32節
あなたがたの犯したすべてのそむきの罪をあなたがたの中から放り出せ。こうして、新しい心と新しい霊を得よ。イスラエルの家よ。なぜ、あなたがたは死のうとするのか。
わたしは、だれが死ぬのも喜ばないからだ。――神である主の御告げ――だから、悔い改めて、生きよ。
メモ: 神の意に反することを罪という。善に従うか、悪に従うか、選ぶのは私たち。
2016/ 2/17 読: エゼキエル書 19~21章
選: エゼキエル書 20章 11~12節
わたしのおきてを彼らに与え、それを実行すれば生きることのできるそのわたしの定めを彼らに教えた。
わたしはまた、彼らにわたしの安息日を与えてわたしと彼らとの間のしるしとし、わたしが彼らを聖別する主であることを彼らが知るようにした。
メモ: 「私の安息日を与えた」とあるが、「主の安息日」とはどのような日だろう。
2016/ 2/18 読: エゼキエル書 22~24章
選: エゼキエル書 20章 11~12節
おまえの中では、父や母は軽んじられ、おまえのところにいる在留異国人は虐待され、おまえの中にいるみなしごや、やもめはしいたげられている。
おまえはわたしの聖なるものをさげすみ、わたしの安息日を汚した。
メモ: 昔のことではなさそうな気がする。神は今の時代のことを訴えていると思う。
2016/ 2/19 読: エゼキエル書 25~27章
選: エゼキエル書 26章 3~6節
それゆえ、神である主はこう仰せられる。ツロよ。わたしはおまえに立ち向かう。海の波が打ち寄せるように、多くの国々をおまえに向けて攻め上らせる。
彼らはツロの城壁を破壊し、そのやぐらをくつがえす。わたしはそのちりを払い去って、そこを裸岩にする。
ツロは海の中の網を引く場所となる。わたしが語ったからだ。――神である主の御告げ――ツロは諸国のえじきとなり、
畑にいる娘たちも剣で殺される。このとき、彼らはわたしが主であることを知ろう。
メモ: この予言の通り、ツロは消えた。悔い改めていたら、助かっただろうと思う。
2016/ 2/20 読: エゼキエル書 28~30章
選: エゼキエル書 29章 13~15節
まことに、神である主はこう仰せられる。四十年の終わりになって、わたしはエジプト人を、散らされていた国々の民の中から集め、
エジプトの繁栄を元どおりにする。彼らをその出身地パテロスの地に帰らせる。彼らはそこで、取るに足りない王国となる。
どの王国にも劣り、二度と諸国の民の上にぬきんでることはない。彼らが諸国の民を支配しないように、わたしは彼らを小さくする。
メモ: 大帝国が滅びる中、エジプトは滅びなかった。神の言葉の通りになっている。
2016/ 2/21 読: エゼキエル書 31~33章
選: エゼキエル書 33章 11節
彼らにこう言え。『わたしは誓って言う。――神である主の御告げ――わたしは決して悪者の死を喜ばない。かえって、悪者がその態度を悔い改めて、生きることを喜ぶ。悔い改めよ。悪の道から立ち返れ。イスラエルの家よ。なぜ、あなたがたは死のうとするのか。』
メモ: 極悪人であっても、主は、その人が悔い改めて、主を信じることを喜びます。
2016/ 2/22 読: エゼキエル書 34~36章
選: エゼキエル書 36章 34~36節
この荒れ果てた地は、通り過ぎるすべての者に荒地とみなされていたが、耕されるようになる。
このとき、人々はこう言おう。『荒れ果てていたこの国は、エデンの園のようになった。廃墟となり、荒れ果て、くつがえされていた町々も城壁が築かれ、人が住むようになった』と。
あなたがたの回りに残された諸国の民も、主であるわたしが、くつがえされた所を建て直し、荒れ果てていた所に木を植えたことを知るようになる。主であるわたしがこれを語り、これを行う。
メモ: 神がその気になれば、私たちには想像もつかない事が起こりうると信じます。
2016/ 2/23 読: エゼキエル書 37~39章
選: エゼキエル書 37章 4~6節
主は私に仰せられた。「これらの骨に預言して言え。干からびた骨よ。主のことばを聞け。
神である主はこれらの骨にこう仰せられる。見よ。わたしがおまえたちの中に息を吹き入れるので、おまえたちは生き返る。
わたしがおまえたちに筋をつけ、肉を生じさせ、皮膚でおおい、おまえたちの中に息を与え、おまえたちが生き返るとき、おまえたちはわたしが主であることを知ろう。」
メモ: 主の言葉には力がある。主の言葉はものを動かす。主の言葉に不可能はない。
2016/ 2/24 読: エゼキエル書 40~42章
選: エゼキエル書 42章 20節
彼が外壁の回りを巡って四方を測ると、その長さは五百さお、幅も五百さおで、聖なるものと俗なるものとを区別していた。
メモ: 聖なる神が私たちの内に住み、助けてくださるとは、何と素晴らしいことか。
2016/ 2/25 読: エゼキエル書 43~45章
選: エゼキエル書 43章 25節
七日間、あなたは毎日、罪のためのいけにえとして雄やぎをささげ、傷のない若い雄牛と群れのうちの傷のない雄羊とをささげなければならない。
メモ: 私たちの行いはすべて主の栄光を現わすためと思い、常に最高を心掛けたい。
2016/ 2/26 読: エゼキエル書 46~48章
選: エゼキエル書 48章 35節
町の周囲は一万八千キュビトあり、その日からこの町の名は、『主はここにおられる』と呼ばれる。」
メモ: 自分たちの住んでいる町の名が「主はここにおられる」と呼ばれたらいいな。
2016/ 2/27 読: ダニエル書 1~3章
選: ダニエル書 3章 13~15節
そこでネブカデネザルは怒りたけり、シャデラク、メシャク、アベデ・ネゴを連れて来いと命じた。それでこの人たちは王の前に連れて来られた。
ネブカデネザルは彼らに言った。「シャデラク、メシャク、アベデ・ネゴ。あなたがたは私の神々に仕えず、また私が立てた金の像を拝みもしないというが、ほんとうか。
もしあなたがたが、角笛、二管の笛、立琴、三角琴、ハープ、風笛、および、もろもろの楽器の音を聞くときに、ひれ伏して、私が造った像を拝むなら、それでよし。しかし、もし拝まないなら、あなたがたはただちに火の燃える炉の中に投げ込まれる。どの神が、私の手からあなたがたを救い出せよう。」
メモ: 王様、「救い出すことの出来ない神に頭を下げろ」となぜ強制するのですか。
2016/ 2/28 読: ダニエル書 4~6章
選: ダニエル書 5章 3節
それどころか、天の主に向かって高ぶり、主の宮の器をあなたの前に持って来させて、あなたも貴人たちもあなたの妻もそばめたちも、それを使ってぶどう酒を飲みました。あなたは、見ることも、聞くことも、知ることもできない銀、金、青銅、鉄、木、石の神々を賛美しましたが、あなたの息と、あなたのすべての道をその手に握っておられる神をほめたたえませんでした。
メモ: 私たちの息と、私たちの全ての道をその手に握っておられる神がおられます。
2016/ 2/29 読: ダニエル書 7~9章
選: ダニエル書 9章 13節
このわざわいはすべて、モーセの律法に書かれているように、私たちの上に下りましたが、私たちは、不義から立ち返り、あなたの真理を悟れるよう、私たちの神、主に、お願いもしませんでした。
メモ: 辛い目に会っても、なぜか、創造主に頼ることを避ける、今の我々のようだ。
前Page