前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2016年 5月)

2016/ 5/ 1 読: 使徒の働き 25~27章
選: 使徒の働き 26章 28~29節
するとアグリッパはパウロに、「あなたは、わずかなことばで、私をキリスト者にしようとしている」と言った。
パウロはこう答えた。「ことばが少なかろうと、多かろうと、私が神に願うことは、あなたばかりでなく、きょう私の話を聞いている人がみな、この鎖は別として、私のようになってくださることです。」
メモ: 私たちは、私たちと関係のある全ての人がキリスト者になることを望みます。
2016/ 5/ 2 読: 使徒の働き 28、ローマ人への手紙 1~2章
選: ローマ人への手紙 2章 1~4節
ですから、すべて他人をさばく人よ。あなたに弁解の余地はありません。あなたは、他人をさばくことによって、自分自身を罪に定めています。さばくあなたが、それと同じことを行っているからです。
私たちは、そのようなことを行っている人々に下る神のさばきが正しいことを知っています。
そのようなことをしている人々をさばきながら、自分で同じことをしている人よ。あなたは、自分は神のさばきを免れるのだとでも思っているのですか。
それとも、神の慈愛があなたを悔い改めに導くことも知らないで、その豊かな慈愛と忍耐と寛容とを軽んじているのですか。
メモ: 人を悔い改めに導くのは、神の豊かな慈愛と忍耐と寛容であると聖書は語る。
2016/ 5/ 3 読: ローマ人への手紙 3~5章
選: ローマ人への手紙 3章 21~24節
しかし、今は、律法とは別に、しかも律法と預言者によってあかしされて、神の義が示されました。
すなわち、イエス・キリストを信じる信仰による神の義であって、それはすべての信じる人に与えられ、何の差別もありません。
すべての人は、罪を犯したので、神からの栄誉を受けることができず、
ただ、神の恵により、キリスト・イエスによる贖いのゆえに、価なしに義と認められるのです。
メモ: キリスト・イエスによる贖いゆえの義認に、値段をつけることはできません。
2016/ 5/ 4 読: ローマ人への手紙 6~8章
選: ローマ人への手紙 8章 38~39節
私はこう確信しています。死も、いのちも、御使いも、権威ある者も、今あるものも、後に来るものも、力ある者も、
高さも、深さも、そのほかのどんな被造物も、私たちの主キリスト・イエスにある神の愛から、私たちを引き離すことはできません。
メモ: これこそ人類が捜し求めてはいるが、認めようとしない、完璧な愛だと思う。
2016/ 5/ 5 読: ローマ人への手紙 9~11章
選: ローマ人への手紙 10章 9~11節
なぜなら、もしあなたの口でイエスを主と告白し、あなたの心で神はイエスを死者の中からよみがえらせてくださったと信じるなら、あなたは救われるからです。
人は心に信じて義と認められ、口で告白して救われるのです。
聖書はこう言っています。「彼に信頼する者は、失望させられることがない。」
メモ: イエス・キリストに信頼し、その信頼を裏切られた人を捜してみてください。
2016/ 5/ 6 読: ローマ人への手紙 12~14章
選: ローマ人への手紙 14章 4節
あなたはいったいだれなので、他人のしもべをさばくのですか。しもべが立つのも倒れるのも、その主人の心次第です。このしもべは立つのです。なぜなら、主には、彼を立たせることができるからです。
メモ: 教会内でさばきあうことは分裂につながり、人は悲しみ、サタンは喜びます。
2016/ 5/ 7 読: ローマ人への手紙 15~16章、コリント人への手紙 第Ⅰ 1章
選: ローマ人への手紙 15章 5~6節
どうか、忍耐と励ましの神が、あなたがたを、キリスト・イエスにふさわしく、互いに同じ思いを持つようにしてくださいますように。
それは、あなたがたが、心を一つにし、声を合わせて、私たちの主イエス・キリストの父なる神をほめたたえるためです。
メモ: 教会とは、心を一つにし、声を合わせ、私たちの神をほめたたえる場所です。
2016/ 5/ 8 読: コリント人への手紙 第Ⅰ 2~4章
選: コリント人への手紙 第Ⅰ 2章 9節
まさしく、聖書に書いてあるとおりです。「目が見たことのないもの、耳が聞いたことのないもの、そして、人の心に思い浮かんだことのないもの。神を愛する者のために、神の備えてくださったものは、みなそうである。」
メモ: 神を愛し、神が造られた自分を愛し、自分を囲む人々を愛する者でありたい。
2016/ 5/ 9 読: コリント人への手紙 第Ⅰ 5~7章
選: コリント人への手紙 第Ⅰ 6章 12節
すべてのことが私には許されたことです。しかし、すべてが益になるわけではありません。私にはすべてのことが許されています。しかし、私はどんなことにも支配されはしません。
メモ: 自由による行動か、あるいは何らかの支配による行動か。見極めたいと思う。
2016/ 5/10 読: コリント人への手紙 第Ⅰ 8~10章
選: コリント人への手紙 第Ⅰ 10章 13節
あなたがたの会った試練はみな人の知らないものではありません。神は真実な方ですから、あなたがたを、耐えられないほどの試練に会わせることはなさいません。むしろ、耐えられるように、試練とともに脱出の道も備えてくださいます。
メモ: 試練は、神への信頼を高め、私たちをより強くするありがたいものだと思う。
2016/ 5/11 読: コリント人への手紙 第Ⅰ 11~13章
選: コリント人への手紙 第Ⅰ 13章 12節
今、私たちは鏡にぼんやり映るものを見ていますが、その時には顔と顔とを合わせて見ることになります。今、私は一部分しか知りませんが、その時には、私が完全に知られているのと同じように、私も完全に知ることになります。
メモ: その時、私たちもいろいろなことを完全に知ることになります。楽しみだな。
2016/ 5/12 読: コリント人への手紙 第Ⅰ 14~16章
選: コリント人への手紙 第Ⅰ 15章 19節
もし、私たちがこの世にあってキリストに単なる希望を置いているだけなら、私たちは、すべての人の中で一番哀れな者です。
メモ: 慈善事業などを立ち上げたりしたクリスチャンたちは、哀れな者だったのか。
2016/ 5/13 読: コリント人への手紙 第Ⅱ 1~3章
選: コリント人への手紙 第Ⅱ 3章 17~18節
主は御霊です。そして、主の御霊のあるところには自由があります。
私たちはみな、顔のおおいを取りのけられて、鏡のように主の栄光を反映させながら、栄光から栄光へと、主と同じかたちに姿を変えられて行きます。これはまさに、御霊なる主の働きによるのです。
メモ: 主と同じかたちの姿って、どのような姿なんだろう。詳しく知りたいと思う。
2016/ 5/14 読: コリント人への手紙 第Ⅱ 4~6章
選: コリント人への手紙 第Ⅱ 6章 10節
悲しんでいるようでも、いつも喜んでおり、貧しいようでも、多くの人を富ませ、何も持たないようでも、すべてのものを持っています。
メモ: このような、矛盾とも思える人生を、主によって楽しみたいと思いませんか。
2016/ 5/15 読: コリント人への手紙 第Ⅱ 7~9章
選: コリント人への手紙 第Ⅱ 9章 10節
蒔く人に種と食べるパンを備えてくださる方は、あなたがたにも蒔く種を備え、それをふやし、あなたがたの義の実を増し加えてくださいます。
メモ: 物質的な物であろうが、精神的なものであろうが、備えて下さるのは主です。
2016/ 5/16 読: コリント人への手紙 第Ⅱ 10~12章
選: コリント人への手紙 第Ⅱ 10章 10~11節
彼らは言います。「パウロの手紙は重みがあって力強いが、実際に会ったばあいの彼は弱々しく、その話しぶりは、なっていない。」
そういう人はよく承知しておきなさい。離れているときに書く手紙のことばがそうなら、いっしょにいるときの行動もそのとおりです。
メモ: 見かけだけで人を判断するのではなく、その人の行動にも注目したいと思う。
2016/ 5/17 読: コリント人への手紙 第Ⅱ 13章、ガラテヤ人への手紙 1~2章
選: ガラテヤ人への手紙 2章 12~13節
なぜなら、彼は、ある人々がヤコブのところから来る前は異邦人といっしょに食事をしていたのに、その人々が来ると、割礼派の人々を恐れて、だんだんと異邦人から身を引き、離れて行ったからです。
そして、ほかのユダヤ人たちも、彼といっしょに本心を偽った行動をとり、バルナバまでもその偽りの行動に引き込まれてしまいました。
メモ: 人を恐れると、本心を偽る行動をとり、他人をそれに巻き込む可能性もある。
2016/ 5/18 読: ガラテヤ人への手紙 3~5章
選: ガラテヤ人への手紙 5章 13~15節
兄弟たち。あなたがたは、自由を与えられるために召されたのです。ただ、その自由を肉の働く機会としないで、愛をもって互いに仕えなさい。
律法の全体は、「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ」という一語をもって全うされるのです。
もし互いにかみ合ったり、食い合ったりしているなら、お互いの間で滅ぼされてしまいます。気をつけなさい。
メモ: 愛による行いは心を喜ばせます。人の自由とは、愛による行動だと思います。
2016/ 5/19 読: ガラテヤ人への手紙 6章、エペソ人への手紙 1~2章
選: エペソ人への手紙 1章 2~3節
私たちの父なる神と主イエス・キリストから、恵みと平安があなたがたの上にありますように。
私たちの主イエス・キリストの父なる神がほめたたえられますように。神はキリストにおいて、天にあるすべての霊的祝福をもって私たちを祝福してくださいました。
メモ: 神からの恵みと平安を祈り、神をほめたたえる。素敵な一日への予感がする。
2016/ 5/20 読: エペソ人への手紙 3~5章
選: エペソ人への手紙 5章 18~19節
また、酒に酔ってはいけません。そこには放蕩があるからです。御霊に満たされなさい。
詩と賛美と霊の歌とをもって、互いに語り、主に向かって、心から歌い、また賛美しなさい。
メモ: 酒に酔うには、酒を飲めばいい。御霊に満たされるにはどうすればいいのか。
2016/ 5/21 読: エペソ人への手紙 6章、ピリピ人への手紙 1~2章
選: ピリピ人への手紙 2章 21節
だれもみな自分自身のことを求めるだけで、キリスト・イエスのことを求めてはいません。
メモ: この場合、キリスト・イエスは何を望むだろうと考えながら、生活をしたい。
2016/ 5/22 読: ピリピ人への手紙 3~4章、コロサイ人への手紙 1章
選: コロサイ人への手紙 1章 9~12節
こういうわけで、私たちはそのことを聞いた日から、絶えずあなたがたのために祈り求めています。どうか、あなたがたがあらゆる霊的な知恵と理解力によって、神のみこころに関する真の知識に満たされますように。
また、主にかなった歩みをして、あらゆる点で主に喜ばれ、あらゆる善行のうちに実を結び、神を知る知識を増し加えられますように。
また、神の栄光ある権能に従い、あらゆる力をもって強くされて、忍耐と寛容を尽くし、
また、光の中にある、聖徒の相続分にあずかる資格を私たちに与えてくださった父なる神に、喜びをもって感謝をささげることができますように。
メモ: 創造主である神のみこころに関する真の知識に満たされたいと思いませんか。
2016/ 5/23 読: コロサイ人への手紙 2~4章
選: コロサイ人への手紙 3章 12~14節
それゆえ、神に選ばれた者、聖なる、愛されている者として、あなたがたは深い同情心、慈愛、謙遜、柔和、寛容を身に着けなさい。
互いに忍び合い、だれかがほかの人に不満を抱くことがあっても、互いに赦し合いなさい。主があなたがたを赦してくださったように、あなたがたもそうしなさい。
そして、これらすべての上に、愛を着けなさい。愛は結びの帯として完全なものです。
メモ: キリストが私たちを赦してくださったように、私たちも互いに赦し合います。
2016/ 5/24 読: テサロニケ人への手紙 第Ⅰ 1~3章
選: テサロニケ人への手紙 第Ⅰ 3章 11節
どうか、私たちの父なる神であり、また私たちの主イエスである方ご自身が、私たちの道を開いて、あなたがたのところに行かせてくださいますように。
メモ: 主イエスご自身が私たちの道を開いてくださることを期待しながら歩みたい。
2016/ 5/25 読: テサロニケ人への手紙 第Ⅰ 4~5章、テサロニケ人への手紙 第Ⅱ 1章
選: テサロニケ人への手紙 第Ⅱ 1章 3節
兄弟たち。あなたがたのことについて、私たちはいつも神に感謝しなければなりません。そうするのが当然なのです。なぜならあなたがたの信仰が目に見えて成長し、あなたがたすべての間で、ひとりひとりに相互の愛が増し加わっているからです。
メモ: 信仰は成長するもの。信仰が成長すると、愛も増し加わる。争いもなくなる。
2016/ 5/26 読: テサロニケ人への手紙 第Ⅱ 2~3章、テモテへの手紙 第Ⅰ 1章
選: テサロニケ人への手紙 第Ⅱ 2章 9~12節
不法の人の到来は、サタンの働きによるのであって、あらゆる偽りの力、しるし、不思議がそれに伴い、
また、滅びる人たちに対するあらゆる悪の欺きが行われます。なぜなら、彼らは救われるために真理への愛を受け入れなかったからです。
それゆえ神は、彼らが偽りを信じるように、惑わす力を送り込まれます。
それは、真理を信じないで、悪を喜んでいたすべての者が、さばかれるためです。
メモ: 救われるための真理の愛を受け入れるか、拒むかを決めるのは、私たちです。
2016/ 5/27 読: テモテへの手紙 第Ⅰ 2~4章
選: テモテへの手紙 第Ⅰ 2章 5節
神は唯一です。また、神と人との間の仲介者も唯一であって、それは人としてのキリスト・イエスです。
メモ: 「神は唯一です」を「創造主は唯一です」に置き換えると、ぴんと来るかな。
2016/ 5/28 読: テモテへの手紙 第Ⅰ 5~6章、テモテへの手紙 第Ⅱ 1章
選: テモテへの手紙 第Ⅰ 6章 17節
この世で富んでいる人たちに命じなさい。高ぶらないように。また、たよりにならない富に望みを置かないように。むしろ、私たちにすべての物を豊かに与えて楽しませてくださる神に望みを置くように。
メモ: 私たちは、物を豊かに与えて「楽しませて」くださる神に、望みを置きます。
2016/ 5/29 読: テモテへの手紙 第Ⅱ 2~4章
選: テモテへの手紙 第Ⅱ 4章 3~4節
というのは、人々が健全な教えに耳を貸そうとせず、自分につごうの良いことを言ってもらうために、気ままな願いをもって、次々に教師たちを自分たちのために寄せ集め、
真理から耳をそむけ、空想話にそれて行くような時代になるからです。
メモ: うその上に人生を建て上げていくことが、幸せな生活につながるのだろうか。
2016/ 5/30 読: テトスへの手紙 1~3章
選: テトスへの手紙 2章 11~14節
というのは、すべての人を救う神の恵みが現われ、
私たちに、不敬虔とこの世の欲とを捨て、この時代にあって、慎み深く、正しく、敬虔に生活し、
祝福された望み、すなわち、大いなる神であり私たちの救い主であるキリスト・イエスの栄光ある現われを待ち望むようにと教えさとしたからです。
キリストが私たちのためにご自身をささげられたのは、私たちをすべての不法から贖い出し、良いわざに熱心なご自分の民を、ご自分のためにきよめるためでした。
メモ: キリスト・イエスは、私たちをきよめるために、ご自身をささげられました。
2016/ 5/31 読: ピレモンへの手紙、ヘブル人への手紙 1~2章
選: ピレモンへの手紙 1章 14節
あなたの同意なしには何一つすまいと思いました。それは、あなたがしてくれる親切は強制されてではなく、自発的でなければいけないからです。
メモ: 下心や圧力による親切は、行う人にも受ける人にも、喜びを与えないと思う。
前Page