前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2016年 7月)

2016/ 7/ 1 読: 創世記 37~39章
選: 創世記 37章 34~35節
ヤコブは自分の着物を引き裂き、荒布を腰にまとい、幾日もの間、その子のために泣き悲しんだ。
彼の息子、娘たちがみな、来て、父を慰めたが、彼は慰められることを拒み、「私は、泣き悲しみながら、よみにいるわが子のところに下って行きたい」と言った。こうして父は、その子のために泣いた。
メモ: 時々ヤコブに語りかけた神は、この時になぜ真実を教えなかったのだろうか。
2016/ 7/ 2 読: 創世記 40~42章
選: 創世記 42章 21~22節
彼らは互いに言った。「ああ、われわれは弟のことで罰を受けているのだなあ。あれがわれわれにあわれみを請うたとき、彼の心の苦しみを見ながら、われわれは聞き入れなかった。それでわれわれはこんな苦しみに会っているのだ。」
ルベンが彼らに答えて言った。「私はあの子に罪を犯すなと言ったではないか。それなのにあなたがたは聞き入れなかった。だから今、彼の血の報いを受けるのだ。」
メモ: 弟を売り飛ばし、父をだましたことは、兄たちを悩まし続けていたのだろう。
2016/ 7/ 3 読: 創世記 43~45章
選: 創世記 45章 4~7節
ヨセフは兄弟たちに言った。「どうか私に近寄ってください。」彼らが近寄ると、ヨセフは言った。「私はあなたがたがエジプトに売った弟のヨセフです。
今、私をここに売ったことで心を痛めたり、怒ったりしてはなりません。神はいのちを救うために、あなたがたより先に、私を遣わしてくださったのです。
この二年の間、国中にききんがあったが、まだあと五年は耕すことも刈り入れることもないでしょう。
それで神は私をあなたがたより先にお遣わしになりました。それは、あなたがたのために残りの者をこの地に残し、また、大いなる救いによってあなたがたを生きながらえさせるためだったのです。
メモ: 神のご計画と導きを期待しながら、今日与えられた仕事を感謝したいと思う。
2016/ 7/ 4 読: 創世記 46~48章
選: 創世記 46章 2~4節
神は、夜の幻の中でイスラエルに、「ヤコブよ、ヤコブよ」と言って呼ばれた。彼は答えた。「はい。ここにいます。」
すると仰せられた。「わたしは神、あなたの父の神である。エジプトに下ることを恐れるな。わたしはそこで、あなたを大いなる国民にするから。
わたし自身があなたといっしょにエジプトに下り、また、わたし自身が必ずあなたを再び導き上る。ヨセフの手はあなたの目を閉じてくれるであろう。」
メモ: 思い悩む時に、主に語りかけられ導かれることは、何と心強いことでしょう。
2016/ 7/ 5 読: 創世記 49~50章、出エジプト記 1章
選: 出エジプト記 1章 20~21節
神はこの助産婦たちによくしてくださった。それで、イスラエルの民はふえ、非常に強くなった。
助産婦たちは神を恐れたので、神は彼女たちの家を栄えさせた。
メモ: 助産婦たちは、パロの命令よりも神の御心に従ったので、多くの祝福を得た。
2016/ 7/ 6 読: 出エジプト記 2~4章
選: 出エジプト記 3章 6節
また仰せられた。「わたしは、あなたの父の神、アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神である。」モーセは神を仰ぎ見ることを恐れて、顔を隠した。
メモ: 神は死人の神ではないので、地上にはいないこの人たちも、皆生きています。
2016/ 7/ 7 読: 出エジプト記 5~7章
選: 出エジプト記 5章 1~2節
その後、モーセとアロンはパロのところに行き、そして言った。「イスラエルの神、主がこう仰せられます。『わたしの民を行かせ、荒野でわたしのために祭りをさせよ。』」
パロは答えた。「主とはいったい何者か。私がその声を聞いてイスラエルを行かせなければならないというのは。私は主を知らない。イスラエルを行かせはしない。」
メモ: 自然を見れば、創造主である主について考えることは、誰にでもできるはず。
2016/ 7/ 8 読: 出エジプト記 8~10章
選: 出エジプト記 8章 10~11節
パロが「あす」と言ったので、モーセは言った。「あなたのことばどおりになりますように。私たちの神、主のような方はほかにいないことを、あなたが知るためです。
かえるは、あなたとあなたの家とあなたの家臣と、あなたの民から離れて、ナイルにだけ残りましょう。」
メモ: 私たちの神、主のような、ほかにはいない方に、私たちは何を期待しますか。
2016/ 7/ 9 読: 出エジプト記 11~13章
選: 出エジプト記 13章 21~22節
主は、昼は、途上の彼らを導くため、雲の柱の中に、夜は、彼らを照らすため、火の柱の中にいて、彼らの前を進まれた。彼らが昼も夜も進んで行くためであった。
昼はこの雲の柱、夜はこの火の柱が民の前から離れなかった。
メモ: 神のなさる業を「当然のこと」と思うことなく、日々感謝を捧げたいと思う。
2016/ 7/10 読: 出エジプト記 14~16章
選: 出エジプト記 15章 26節
そして、仰せられた。「もし、あなたがあなたの神、主の声に確かに聞き従い、主が正しいと見られることを行い、またその命令に耳を傾け、そのおきてをことごとく守るなら、わたしはエジプトに下したような病気を何一つあなたの上に下さない。わたしは主、あなたをいやす者である。」
メモ: 私たちの主はどういう方ですか。私たちの主は、「私たちをいやす」方です。
2016/ 7/11 読: 出エジプト記 17~19章
選: 出エジプト記 18章 8~9節
モーセはしゅうとに、主がイスラエルのために、パロとエジプトとになさったすべてのこと、途中で彼らに降りかかったすべての困難、また主が彼らを救い出された次第を語った。
イテロは、主がイスラエルのためにしてくださったすべての良いこと、エジプトの手から救い出してくださったことを喜んだ。
メモ: 主がなさった素晴らしい業を聞かされると、私たちも一緒に喜ぶでしょうか。
2016/ 7/12 読: 出エジプト記 20~22章
選: 出エジプト記 20章 19~20節
彼らはモーセに言った。「どうか、私たちに話してください。私たちは聞き従います。しかし、神が私たちにお話しにならないように。私たちが死ぬといけませんから。」
それでモーセは民に言った。「恐れてはいけません。神が来られたのはあなたがたを試みるためなのです。また、あなたがたに神への恐れが生じて、あなたがたが罪を犯さないためです。」
メモ: 罪を犯さないようにと気を遣ってくださる私たちの神は、誠に優しい方です。
2016/ 7/13 読: 出エジプト記 23~25章
選: 出エジプト記 23章 24節
あなたは彼らの神々を拝んではならない。仕えてはならない。また、彼らの風習にならってはならない。これらを徹底的に打ちこわし、その石の柱を粉々に打ち砕かなければならない。
メモ: 私たちを主の道からそらす可能性のあるものは、徹底的に排除したいと思う。
2016/ 7/14 読: 出エジプト記 26~28章
選: 出エジプト記 27章 20~21節
あなたはイスラエル人に命じて、燈火用に上質の純粋なオリーブ油を持って来させ、ともしびを絶えずともしておかなければならない。
アロンとその子らは、あかしの箱の前の垂れ幕の外側にある会見の天幕で夕方から朝まで、主の前にそのともしびをととのえなければならない。これはイスラエル人が代々守るべき永遠のおきてである。
メモ: 灯は周辺を明るくする。私たちも主によって周辺を明るくしているだろうか。
2016/ 7/15 読: 出エジプト記 29~31章
選: 出エジプト記 29章 46節
彼らは、わたしが彼らの神、主であり、彼らの間に住むために、彼らをエジプトの地から連れ出した者であることを知るようになる。わたしは彼らの神、主である。
メモ: 主は、「わたしはあなたを罪の束縛から解放する者である」と、約束された。
2016/ 7/16 読: 出エジプト記 32~34章
選: 出エジプト記 34章 6~7節
主は彼の前を通り過ぎるとき、宣言された。「主、主は、あわれみ深く、情け深い神、怒るのにおそく、恵みとまことに富み、
恵みを千代も保ち、咎とそむきと罪を赦す者、罰すべき者は必ず罰して報いる者。父の咎は子に、子の子に、三代に、四代に。」
メモ: 主が情け深く、怒るのにおそくなければ、私たちは既に滅ぼされている思う。
2016/ 7/17 読: 出エジプト記 35~37章
選: 出エジプト記 35章 29節
イスラエル人は、男も女もみな、主がモーセを通して、こうせよと命じられたすべての仕事のために、心から進んでささげたのであって、彼らはそれを進んでささげるささげ物として主に持って来た。
メモ: 他の人を見て決めるのではなく、私たちと主の個人的な関係で決めるのです。
2016/ 7/18 読: 出エジプト記 38~40章
選: 出エジプト記 39章 42~43節
イスラエル人は、すべて、主がモーセに命じられたとおりに、そのすべての奉仕を行った。
モーセが、すべての仕事を彼らが、まことに主が命じられたとおりに、したのを見たとき、モーセは彼らを祝福した。
メモ: 相手の要望を無視して、「頂けるものは頂こう」は、人対人でも通用しない。
2016/ 7/19 読: レビ記 1~3章
選: レビ記 3章 6節
主への和解のいけにえのためのささげ物が、羊である場合、雄でも雌でも傷のないものをささげなければならない。
メモ: 社長に、市町村長に、あるいは親しい友人に傷物をプレゼントするだろうか。
2016/ 7/20 読: レビ記 2~6章
選: レビ記 5章 1節
人が罪を犯す場合、すなわち、証言しなければのろわれるという声を聞きながら――彼がそれを見ているとか、知っている証人であるのに――、そのことについて証言しないなら、その人は罪の咎を負わなければならない。
メモ: 悪い行いを見て、見ぬ振りをすることは、罪を犯していることになるようだ。
2016/ 7/21 読: レビ記 7~9章
選: レビ記 9章 23~24節
ついでモーセとアロンは会見の天幕に入り、それから出て来ると、民を祝福した。すると主の栄光が民全体に現われ、
主の前から火が出て来て、祭壇の上の全焼のいけにえと脂肪とを焼き尽くしたので、民はみな、これを見て、叫び、ひれ伏した。
メモ: 私たちの主は、私たちの友ですが、大いなる方であることをも覚えていたい。
2016/ 7/22 読: レビ記 10~12章
選: レビ記 11章 45節
わたしは、あなたがたの神となるために、あなたがたをエジプトの地から導き出した主であるから。あなたがたは聖なる者となりなさい。わたしが聖であるから。」
メモ: イエス・キリストによるあがないのゆえに、私たちは聖なる者とされました。
2016/ 7/23 読: レビ記 13~15章
選: レビ記 14章 32節
以上は、ツァラアトの患部のある者で、きよめに要するものを手に入れることのできない者のためのおしえである。
メモ: 主は優しいお方です。無理な要求をして、私たちを苦しめることはしません。
2016/ 7/24 読: レビ記 16~18章
選: レビ記 18章 30節
あなたがたは、わたしの戒めを守り、あなたがたの先に行われていた忌みきらうべき風習を決して行わないようにしなさい。それによって身を汚してはならない。わたしはあなたがたの神、主である。」
メモ: 先祖伝来の風習であっても、主に喜ばれないことであれば、それを避けたい。
2016/ 7/25 読: レビ記 19~21章
選: レビ記 19章 4節
あなたがたは偶像に心を移してはならない。また自分たちのために鋳物の神々を造ってはならない。わたしはあなたがたの神、主である。
メモ: 人の作品ではなく、万物を創られた方が、私たちの神、主であられるのです。
2016/ 7/26 読: レビ記 22~24章
選: レビ記 23章 35~36節
最初の日は聖なる会合であって、あなたがたは、労働の仕事はいっさいしてはならない。
七日間、あなたがたは火によるささげ物を主にささげなければならない。八日目も、あなたがたは聖なる会合を開かなければならない。あなたがたは火によるささげ物を主にささげる。これはきよめの集会で、労働の仕事はいっさいしてはならない。
メモ: 主にもっと信頼を置くことができれば、心安らかに休むこともできると思う。
2016/ 7/27 読: レビ記 25~27章
選: レビ記 26章 1~2節
あなたがたは自分のために偶像を造ってはならない。また自分のために刻んだ像や石の柱を立ててはならない。あなたがたの地に石像を立てて、それを拝んではならない。わたしがあなたがたの神、主だからである。
あなたがたはわたしの安息日を守り、わたしの聖所を恐れなければならない。わたしは主である。
メモ: ぬいぐるみには声をかけるが、父親は無視される。父親は悲しむに違いない。
2016/ 7/28 読: 民数記 1~3章
選: 民数記 2章 34節
イスラエル人は、すべて主がモーセに命じられたとおりに行い、それぞれの旗ごとに宿営し、おのおのその氏族ごとに、父祖の家ごとに進んだ。
メモ: 私たちの主は秩序を好まれるようだ。秩序を乱す者にはなりたくないと思う。
2016/ 7/29 読: 民数記 4~6章
選: 民数記 6章 2~3節
ついで主はモーセに告げて仰せられた。
「イスラエル人に告げよ。男にせよ、女にせよ、主に対して不信の罪を犯し、他人に何か一つでも罪を犯し、自分でその罪を認めたときは、
自分の犯した罪を告白しなければならない。その者は罪過のために総額を弁償する。また、それにその五分の一を加えて、当の被害者に支払わなければならない。
メモ: 他人に対して罪を犯すことは、主に対して不信の罪を犯すことと同じである。
2016/ 7/30 読: 民数記 7~9章
選: 民数記 9章 22~23節
二日でも、一月でも、あるいは一年でも、雲が幕屋の上にとどまって去らなければ、イスラエル人は宿営して旅立たなかった。ただ雲が上ったときだけ旅立った。
彼らは主の命令によって宿営し、主の命令によって旅立った。彼らはモーセを通して示された主の命令によって、主の戒めを守った。
メモ: 主の戒めを守って、主により愛されるほど素晴らしい人生は他にないと思う。
2016/ 7/31 読: 民数記 10~12章
選: 民数記 10章 29節
さて、モーセは、彼のしゅうとミデヤン人レウエルの子ホバブに言った。「私たちは、主があなたがたに与えると言われた場所へ出発するところです。私たちといっしょに行きましょう。私たちはあなたをしあわせにします。主がイスラエルにしあわせを約束しておられるからです。」
メモ: 主が私に幸せを約束しているのだから、私といればあなたも幸せになれるよ。
前Page