前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2016年11月)

2016/11/ 1 読: エズラ記 3~5章
選: エズラ記 3章 10~11節
建築師たちが主の神殿の礎を据えたとき、イスラエルの王ダビデの規定によって主を賛美するために、祭服を着た祭司たちはラッパを持ち、アサフの子らのレビ人たちはシンバルを持って出て来た。
そして、彼らは主を賛美し、感謝しながら、互いに、「主はいつくしみ深い。その恵みはとこしえまでもイスラエルに」と歌い合った。こうして、主の宮の礎が据えられたので、民はみな、主を賛美して大声で喜び叫んだ。
メモ: もし私たちが人の目を気にしなければ、もっと大きな声で賛美するだろうか。
2016/ 11/ 2 読: エズラ記 6~8章
選: エズラ記 6章 6~8節
「それゆえ、今、川向こうの総督タテナイと、シェタル・ボズナイと、その同僚で川向こうにいる知事たちよ。そこから遠ざかれ。
この神の宮の工事をそのままやらせておけ。ユダヤ人の総督とユダヤ人の長老たちにこの神の宮をもとの所に建てさせよ。
私は、さらに、この神の宮を建てるために、あなたがたがこれらユダヤ人の長老たちにどうすべきか、命令を下す。王の収益としての川向こうの地のみつぎの中から、その費用をまちがいなくそれらの者たちに支払って、滞らぬようにせよ。
メモ: 反対者が王の命令により手伝う者にされた。主が負けることはあり得ません。
2016/11/ 3 読: エズラ記 9~10章、ネヘミヤ記 1章
選: ネヘミヤ記 1章 4~6節
私はこのことばを聞いたとき、すわって泣き、数日の間、喪に服し、断食して天の神の前に祈って、
言った。「ああ、天の神、主。大いなる、恐るべき神。主を愛し、主の命令を守る者に対しては、契約を守り、いつくしみを賜わる方。
どうぞ、あなたの耳を傾け、あなたの目を開いて、このしもべの祈りを聞いてください。私は今、あなたのしもべイスラエル人のために、昼も夜も御前に祈り、私たちがあなたに対して犯した、イスラエル人の罪を告白しています。まことに、私も私の父の家も罪を犯しました。
メモ: 身内の罪を自分の事のように扱うか無視するか。主はどちらを喜ぶだろうか。
2016/11/ 4 読: ネヘミヤ記 2~4章
選: ネヘミヤ記 4章 14~15節
私は彼らが恐れているのを見て立ち上がり、おもだった人々や、代表者たち、およびその他の人々に言った。「彼らを恐れてはならない。大いなる恐るべき主を覚え、自分たちの兄弟、息子、娘、妻、また家のために戦いなさい。」
私たちの敵が、彼らのたくらみは私たちに悟られ、神がそれを打ちこわされたということを聞いたとき、私たちはみな、城壁に帰り、それぞれ自分の工事に戻った。
メモ: 私たちも、良からぬ事が起こると、恐れます。主に頼り、主を畏れましょう。
2016/11/ 5 読: ネヘミヤ記 5~7章
選: ネヘミヤ記 5章 4~5節
またある者は言った。「私たちは、王に支払う税金のために、私たちの畑とぶどう畑をかたにして、金を借りなければならなかった。
現に、私たちの肉は私たちの兄弟の肉と同じであり、私たちの子どもも彼らの子どもと同じなのだ。それなのに、今、私たちは自分たちの息子や娘を奴隷に売らなければならない。事実、私たちの娘で、もう奴隷にされている者もいる。しかし、私たちの畑もぶどう畑も他人の所有となっているので、私たちにはどうする力もない。」
メモ: 神の目から見ても、「私たちの子供も彼らの子供と同じなのだ」でしょうね。
2016/11/ 6 読: ネヘミヤ記 8~10章
選: ネヘミヤ記 9章 17~20節
彼らは聞き従うことを拒み、あなたが彼らの間で行われた奇しいみわざを記憶もせず、かえってうなじをこわくし、ひとりのかしらを立ててエジプトでの奴隷の身に戻ろうとしました。それにもかかわらず、あなたは赦しの神であり、情け深く、あわれみ深く、怒るのにおそく、恵み豊かであられるので、彼らをお捨てになりませんでした。
彼らが自分たちのために、一つの鋳物の子牛を造り、『これがあなたをエジプトから導き上ったあなたの神だ』と言って、ひどい侮辱を加えたときでさえ、
あなたは、大きなあわれみをかけ、彼らを荒野に見捨てられませんでした。昼間は雲の柱が彼らから離れないで、道中、彼らを導き、夜には火の柱が彼らの行くべき道を照らしました。
あなたは、彼らに悟らせようと、あなたのいつくしみ深い霊を賜わり、彼らの口からあなたのマナを絶やさず、彼らが渇いたときには、彼らに水を与えられました。
メモ: 私たちの神はどういう方か、神を侮辱するとはどういうことかが分かります。
2016/11/ 7 読: ネヘミヤ記 11~13章
選: ネヘミヤ記 12章 8節
また、レビ人では、ヨシュア、ビヌイ、カデミエル、シェレベヤ、ユダ、マタヌヤで、マタヌヤはその兄弟たちといっしょに感謝の歌を受け持っていた。
メモ: 私たちは、主をたたえる歌や主への感謝の歌をどれだけ歌っているだろうか。
2016/11/ 8 読: エステル記 1~3章
選: エステル記 3章 2節
それで、王の門のところにいる王の家来たちはみな、ハマンに対してひざをかがめてひれ伏した。王が彼についてこのように命じたからである。しかし、モルデカイはひざもかがめず、ひれ伏そうともしなかった。
メモ: 膝をかがめるやひれ伏すとは、その対象に身を任せるとの意味もあると思う。
2016/11/ 9 読: エステル記 4~6章
選: エステル記 4章 1~2節
モルデカイは、なされたすべてのことを知った。すると、モルデカイは着物を引き裂き、荒布をまとい、灰をかぶり、大声でひどくわめき叫びながら町の真ん中に出て行き、
王の門の前まで来た。だれも荒布をまとったままでは、王の門に入ることができなかったからである。
メモ: ハマンに対してひれ伏さないモルデカイは、決して身勝手な人ではなかった。
2016/11/10 読: エステル記 7~9章
選: エステル記 8章 7~8節
アハシュエロス王は、王妃エステルとユダヤ人モルデカイに言った。「ハマンがユダヤ人を殺そうとしたので、今、私はハマンの家をエステルに与え、彼は柱にかけられたではないか。
あなたがたはユダヤ人についてあなたがたのよいと思うように、王の名で書き、王の指輪でそれに印を押しなさい。王の名で書かれ、王の指輪で印が押された文書は、だれも取り消すことができないのだ。」
メモ: キリスト者は「イエスの名によって」と祈るが、この権限について考えたい。
2016/11/11 読: エステル記 10、ヨブ記 1~2章
選: ヨブ記 1章 1節
ウツの地にヨブという名の人がいた。この人は潔白で正しく、神を恐れ、悪から遠ざかっていた。
メモ: 人は神を畏れると、悪から遠ざかります。しかもそれを窮屈だと感じません。
2016/11/12 読: ヨブ記 3~5章
選: ヨブ記 3章 11~12節
なぜ、私は、胎から出たとき、死ななかったのか。なぜ、私は、生まれ出たとき、息絶えなかったのか。
なぜ、ひざが私を受けたのか。なぜ、私の吸う乳房があったのか。
メモ: このような状態は、私たちの主をより良く知るきっかけになるかもしれない。
2016/11/13 読: ヨブ記 6~8章
選: ヨブ記 8章 20~21節
見よ。神は潔白な人を退けない。悪を行う者の手を取らない。
ついには、神は笑いをあなたの口に満たし、喜びの叫びをあなたのくちびるに満たす。
メモ: 主がその時を決めてくださる。私たちは主を信頼し、時を待てばいいのです。
2016/11/14 読: ヨブ記 9~11章
選: ヨブ記 9章 1~4節
ヨブは答えて言った。
まことに、そのとおりであることを私は知っている。しかし、どうして人は自分の正しさを神に訴えることができようか。
たとい神と言い争おうと思っても、千に一つも答えられまい。
神は心に知恵のある方、力の強い方。神に身をこわくして、だれがそのままで済むだろうか。
メモ: 神に、千に一つも答えられないのであれば、神をもっと畏れるべきでしょう。
2016/11/15 読: ヨブ記 12~14章
選: ヨブ記 12章 7~10節
しかし、獣に尋ねてみよ。それがあなたに教えるだろう。空の鳥に尋ねてみよ。それがあなたに告げるだろう。
あるいは地に話しかけよ。それがあなたに教えるだろう。海の魚もあなたに語るだろう。
これらすべてのもののうち、主の御手がこれをなさったことを、知らないものがあろうか。
すべての生き物のいのちと、すべての人間の息とは、その御手のうちにある。
メモ: 私たちは高慢で、創造主を認めようとしないので、矛盾の多い世界に生きる。
2016/11/16 読: ヨブ記 15~17章
選: ヨブ記 15章 31~32節
迷わされて、むなしいことに信頼するな。その報いはむなしい。
彼の時が来ないうちに、それは成し遂げられ、その葉は茂らない。
メモ: 私たちが虚しいことに信頼しているのであれば、惑わされていることになる。
2016/11/17 読: ヨブ記 18~20章
選: ヨブ記 19章 21~22節
あなたがた、私の友よ。私をあわれめ、私をあわれめ。神の御手が私を打ったからだ。
なぜ、あなたがたは神のように、私を追いつめ、私の肉で満足しないのか。
メモ: 私たちは神ではない。私たちに、神が創造し、愛される人を裁く権利はない。
2016/11/18 読: ヨブ記 21~23章
選: ヨブ記 23章 4~6節
私は御前に訴えを並べたて、ことばの限り討論したい。
私は神が答えることばを知り、私に言われることが何であるかを悟りたい。
神は力強く私と争われるだろうか。いや、むしろ私に心を留めてくださろう。
メモ: 苦しみの中にいても、神の存在を疑う欠けらすら見せないヨブを見習いたい。
2016/11/19 読: ヨブ記 24~26章
選: ヨブ記 26章 7節
神は北を虚空に張り、地を何もない上に掛けられる。
メモ: ヨブは当時何を根拠に、地が何もない上に掛けられていると言えたのだろう。
2016/11/20 読: ヨブ記 27~29章
選: ヨブ記 27章 6節
私は自分の義を堅く保って、手放さない。私の良心は生涯私を責めはしない。
メモ: キリスト・イエスによる罪の赦しを頂いている人も、同じ心境であるはずだ。
2016/11/21 読: ヨブ記 30~32章
選: ヨブ記 31章 13~15節
私のしもべや、はしためが、私と争ったとき、もし、私が彼らの言い分をないがしろにしたことがあるなら、
神が立たれるとき、私はどうすればよいか。また、神がお調べになるとき、何と答えたらよいか。
私を胎内で造られた方は、彼らをも造られたのではないか。私たちを母の胎内に形造られた方は、ただひとりではないか。
メモ: 私たちの周りにいる、あの人もこの人も、私たちを造られた方が造りました。
2016/11/22 読: ヨブ記 33~35章
選: ヨブ記 33章 13~14節
なぜ、あなたは神と言い争うのか。自分のことばに神がいちいち答えてくださらないといって。
神はある方法で語られ、また、ほかの方法で語られるが、人はそれに気づかない。
メモ: 確かに神は様々な方法で語られる。しかし、時には直接声を聞きたいと思う。
2016/11/23 読: ヨブ記 36~38章
選: ヨブ記 38章 1~2節
主はあらしの中からヨブに答えて仰せられた。
知識もなく言い分を述べて、摂理を暗くするこの者はだれか。
メモ: 世の中に、知識もなく言い分を述べて、摂理を暗くしている学者は大勢いる。
2016/11/24 読: ヨブ記 39~41章
選: ヨブ記 41章 11節
だれがわたしにささげたのか、わたしが報いなければならないほどに。天の下にあるものはみな、わたしのものだ。
メモ: 主よ、あなたの憐れみと恵みによって、私たちの人生を豊かにしてください。
2016/11/25 読: ヨブ記 42、詩篇 1~2篇
選: 詩篇 1篇 1~2節
幸いなことよ。悪者のはかりごとに歩まず、罪人の道に立たず、あざける者の座に着かなかった、その人。
まことに、その人は主のおしえを喜びとし、昼も夜もそのおしえを口ずさむ。
メモ: 「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ」と昼も夜も口ずさみましょう。
2016/11/26 読: 詩篇 3~5篇
選: 詩篇 4篇 7~8節
あなたは私の心に喜びを下さいました。それは穀物と新しいぶどう酒が豊かにあるときにもまさっています。
平安のうちに私は身を横たえ、すぐ、眠りにつきます。主よ。あなただけが、私を安らかに住まわせてくださいます。
メモ: 私たちの心に、主による喜びと平安があるとき、「恐れ」は小さくなります。
2016/11/27 読: 詩篇 6~8篇
選: 詩篇 8篇 4~5節
人とは、何者なのでしょう。あなたがこれを心に留められるとは。人の子とは、何者なのでしょう。あなたがこれを顧みられるとは。
あなたは、人を、神よりいくらか劣るものとし、これに栄光と誉れの冠をかぶらせました。
メモ:人は何かを作りだすことを得意とする。他の動物は、歌うことすらできない。
2016/11/28 読: 詩篇 9~11篇
選: 詩篇 9篇 11節
主にほめ歌を歌え、シオンに住まうその方に。国々の民にみわざを告げ知らせよ。
メモ: もし、私が作ったロボットが私を無視したら、私はそのことを悲しむと思う。
2016/11/29 読: 詩篇 12~14篇
選: 詩篇 12篇 6節
主のみことばは混じりけのないことば。土の炉で七回もためされて、純化された銀。
メモ: 私たちが求めているのは、信頼を裏切らない「混じりけのないことば」です。
2016/11/30 読: 詩篇 15~17篇
選: 詩篇 17篇 3~5節
あなたは私の心を調べ、夜、私を問いただされました。あなたは私をためされましたが、何も見つけ出されません。私は、口のあやまちをしまいと心がけました。
人としての行いについては、あなたのくちびるのことばによりました。私は無法な者の道を避けました。
私の歩みは、あなたの道を堅く守り、私の足はよろけませんでした。
メモ: 心の状態がことばに表れる。主から平安を頂き、優しいことばを口にしたい。
前Page