前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2017年 6月)

2017/ 6/ 1 読: 使徒の働き 24~26章
選: 使徒の働き 26章 15~18節
私が『主よ。あなたはどなたですか』と言いますと、主がこう言われました。『わたしは、あなたが迫害しているイエスである。
起き上がって、自分の足で立ちなさい。わたしがあなたに現れたのは、あなたが見たこと、また、これから後わたしがあなたに現れて示そうとすることについて、あなたを奉仕者、また証人に任命するためである。
わたしは、この民と異邦人との中からあなたを救い出し、彼らのところに遣わす。
それは彼らの目を開いて、暗やみから光に、サタンの支配から神に立ち返らせ、わたしを信じる信仰によって、彼らに罪の赦しを得させ、聖なるものとされた人々の中にあって御国を受け継がせるためである。』
メモ: キリスト・イエスによる救いを受け入れない人の状態がここに書かれている。
2017/ 6/ 2 読: 使徒の働き 27~28章、ローマ人への手紙 1章
選: ローマ人への手紙 1章 22~25節
彼らは、自分では知者であると言いながら、愚かな者となり、
不滅の神の御栄えを、滅ぶべき人間や、鳥、獣、はうもののかたちに似た物と代えてしまいました。
それゆえ、神は、彼らをその心の欲望のままに汚れに引き渡され、そのために彼らは、互いにそのからだをはずかしめるようになりました。
それは、彼らが神の真理を偽りと取り代え、造り主の代わりに造られた物を拝み、これに仕えたからです。造り主こそ、とこしえにほめたたえられる方です。アーメン。
メモ: 私たちの心を満たすもの、それは造り主の愛と赦しによる、平安と喜びです。
2017/ 6/ 3 読: ローマ人への手紙 2~4章
選: ローマ人への手紙 3章 23~24節
すべての人は、罪を犯したので、神からの栄誉を受けることができず、
ただ、神の恵により、キリスト・イエスによる贖いのゆえに、価なしに義と認められるのです。
メモ: 聖書の言う「罪」を理解しないと、この言葉に抵抗を感じる人もいるだろう。
2017/ 6/ 4 読: ローマ人への手紙 5~7章
選: ローマ人への手紙 5章 8節
しかし私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対するご自身の愛を明らかにしておられます。
メモ: 神を無視する私たち、私たちを無視できない神、愛を具体的な形で表現した。
2017/ 6/ 5 読: ローマ人への手紙 8~10章
選: ローマ人への手紙 8章 37節
しかし、私たちは、私たちを愛してくださった方によって、これらすべてのことの中にあっても、圧倒的な勝利者となるのです。
メモ: 逃げれば勝利はない。立ち向かい勝利すれば、次の問題に挑め、成長できる。
2017/ 6/ 6 読: ローマ人への手紙 11~13章
選: ローマ人への手紙 13章 8~10節
だれに対しても、何の借りもあってはいけません。ただし、互いに愛し合うことについては別です。他の人を愛する者は、律法を完全に守っているのです。
「姦淫するな、殺すな、盗むな、むさぼるな」という戒め、またほかにどんな戒めがあっても、それらは、「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ」ということばの中に要約されているからです。
愛は隣人に対して害を与えません。それゆえ、愛は律法を全うします。
メモ: 愛を基準に判断したら、愛を基準に行動したら、争いの種もまかれなくなる。
2017/ 6/ 7 読: ローマ人への手紙 14~16章
選: ローマ人への手紙 16章 17~18節
兄弟たち。私はあなたがたに願います。あなたがたの学んだ教えにそむいて、分裂とつまずきを引き起こす人たちを警戒してください。彼らから遠ざかりなさい。
そういう人たちは、私たちの主キリストに仕えないで、自分の欲に仕えているのです。彼らは、なめらかなことば、へつらいのことばをもって純朴な人たちの心をだましているのです。
メモ: 短い人生、欲に仕えよう。しかし、短いのは、魂が体に宿っている期間だけ。
2017/ 6/ 8 読: コリント人への手紙 第Ⅰ 1~3章
選: コリント人への手紙 第Ⅰ 1章 20~21節
知者はどこにいるのですか。学者はどこにいるのですか。この世の議論家はどこにいるのですか。神は、この世の知恵を愚かなものにされたではありませんか。
事実、この世が自分の知恵によって神を知ることがないのは、神の知恵によるのです。それゆえ、神はみこころによって、宣教のことばの愚かさを通して、信じる者を救おうと定められたのです。
メモ: 聖書を勉強しながら、キリスト者を迫害していたパウロの経験による言葉か。
2017/ 6/ 9 読: コリント人への手紙 第Ⅰ 4~6章
選: コリント人への手紙 第Ⅰ 6章 20節
あなたがたは、代価を払って買い取られたのです。ですから自分のからだをもって、神の栄光を現しなさい。
メモ: 私たちは、主が私たちのために用意された今日の役割を、忠実に果たします。
2017/ 6/10 読: コリント人への手紙 第Ⅰ 7~9章
選: コリント人への手紙 第Ⅰ 7章 23節
あなたがたは、代価をもって買われたのです。人間の奴隷となってはいけません。
メモ: 人への恐れが判断材料になっているとしたら、人間の奴隷になっているかも。
2017/ 6/11 読: コリント人への手紙 第Ⅰ 10~12章
選: コリント人への手紙 第Ⅰ 12章 26~27節
もし一つの部分が苦しめば、すべての部分がともに苦しみ、もし一つの部分が尊ばれれば、すべての部分がともに喜ぶのです。
あなたがたはキリストのからだであって、ひとりひとりは各器官なのです。
メモ: 「もし一つの部分が尊ばれれば、それを妬ましく思う」は、不満の表れです。
2017/ 6/12 読: コリント人への手紙 第Ⅰ 13~15章
選: コリント人への手紙 第Ⅰ 12章 19節
もし、私たちがこの世にあってキリストに単なる希望を置いているだけなら、私たちは、すべての人の中で一番哀れな者です。
メモ: キリストを信じる信仰が心の支えではなく、キリストご自身が心の支えです。
2017/ 6/13 読: コリント人への手紙 第Ⅰ 16章、コリント人への手紙 第Ⅱ 1~2章
選: コリント人への手紙 第Ⅱ 2章 17節
私たちは、多くの人のように、神のことばに混ぜ物をして売るようなことはせず、真心から、また神によって、神の御前でキリストにあって語るのです。
メモ: 自分の都合に合わせ、創造主のことばを操作しても、真理はびくともしない。
2017/ 6/14 読: コリント人への手紙 第Ⅱ 3~5章
選: コリント人への手紙 第Ⅱ 5章 19~21節
すなわち、神は、キリストにあって、この世をご自分と和解させ、違反行為の責めを人々に負わせないで、和解のことばを私たちにゆだねられたのです。
こういうわけで、私たちはキリストの使節なのです。ちょうど神が私たちを通して懇願しておられるようです。私たちは、キリストに代わって、あなたがたに願います。神の和解を受け入れなさい。
神は、罪を知らない方を、私たちの代わりに罪とされました。それは、私たちが、この方にあって、神の義となるためです。
メモ: キリスト・イエスは、「神の和解を受け入れなさい」と懇願しておられます。
2017/ 6/15 読: コリント人への手紙 第Ⅱ 6~8章
選: コリント人への手紙 第Ⅱ 6章 8~10節
また、ほめられたり、そしられたり、悪評を受けたり、好評を博したりすることによって、自分を神のしもべとして推薦しているのです。私たちは人をだます者のように見えても、真実であり、
人に知られないようでも、よく知られ、死にそうでも、見よ、生きており、罰せられているようであっても、殺されず、
悲しんでいるようでも、いつも喜んでおり、貧しいようでも、多くの人を富ませ、何も持たないようでも、すべてのものを持っています。
メモ: 神と共に歩む人は、現実的でありながら異次元の世界を歩んでいると思える。
2017/ 6/16 読: コリント人への手紙 第Ⅱ 9~11章
選: コリント人への手紙 第Ⅱ 9章 10~11節
蒔く人に種と食べるパンを備えてくださる方は、あなたがたにも蒔く種を備え、それをふやし、あなたがたの義の実を増し加えてくださいます。
あなたがたは、あらゆる点で豊かになって、惜しみなく与えるようになり、それが私たちを通して、神への感謝を生み出すのです。
メモ: 実を結ぶための元となるものは、主が私たちのために用意してくださいます。
2017/ 6/17 読: コリント人への手紙 第Ⅱ 12~13章、ガラテヤ人への手紙 1章
選: ガラテヤ人への手紙 1章 10節
いま私は人に取り入ろうとしているのでしょうか。いや。神に、でしょう。あるいはまた、人の歓心を買おうと努めているのでしょうか。もし私がいまなお人の歓心を買おうとするようなら、私はキリストのしもべとは言えません。
メモ: 地上での人生は長くはない。先を考えると、歓心を得たい相手が見えてくる。
2017/ 6/18 読: ガラテヤ人への手紙 2~4章
選: ガラテヤ人への手紙 2章 12~13節
なぜなら、彼は、ある人々がヤコブのところから来る前は異邦人といっしょに食事をしていたのに、その人々が来ると、割礼派の人々を恐れて、だんだんと異邦人から身を引き、離れて行ったからです。
そして、ほかのユダヤ人たちも、彼といっしょに本心を偽った行動をとり、バルナバまでもその偽りの行動に引き込まれてしまいました。
メモ: 争いを避けたいからといって、本心を偽った行動をとってもいいのだろうか。
2017/ 6/19 読: ガラテヤ人への手紙 5~6章、エペソ人への手紙 1章
選: ガラテヤ人への手紙 6章 14節
しかし私には、私たちの主イエス・キリストの十字架以外に誇りとするものが決してあってはなりません。この十字架によって、世界は私に対して十字架につけられ、私も世界に対して十字架につけられたのです。
メモ: 私たちの主イエス・キリストの十字架が、私たちの国籍を天に移したのです。
2017/ 6/20 読: エペソ人への手紙 2~4章
選: エペソ人への手紙 2章 10節
私たちは神の作品であって、良い行いをするためにキリスト・イエスにあって造られたのです。神は、私たちが良い行いに歩むように、その良い行いをもあらかじめ備えてくださったのです。
メモ: 私たちが今日接する人も神の作品であると認めれば、接し方も変わると思う。
2017/ 6/21 読: エペソ人への手紙 5~6章、ピリピ人への手紙 1章
選: エペソ人への手紙 2章 6~7節
人のごきげんとりのような、うわべだけの仕え方でなく、キリストのしもべとして、心から神のみこころを行い、
人にではなく、主に仕えるように、善意をもって仕えなさい。
メモ: 今日与えられた仕事を神からの贈り物と思えば、気楽かつ真剣に取り組める。
2017/ 6/22 読: ピリピ人への手紙 2~4章
選: ピリピ人への手紙 4章 4~7節
いつも主にあって喜びなさい。もう一度言います。喜びなさい。
あなたがたの寛容な心を、すべての人に知らせなさい。主は近いのです。
何も思い煩わないで、あらゆる場合に、感謝をもってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。
そうすれば、人のすべての考えにまさる神の平安が、あながたの心と思いをキリスト・イエスにあって守ってくれます。
メモ: 人のすべての考えにまさる神の平安に常に満たされていたいと思いませんか。
2017/ 6/23 読: コロサイ人への手紙 1~3章
選: コロサイ人への手紙 3章 13~14節
互いに忍び合い、だれかがほかの人に不満を抱くことがあっても、互いに赦し合いなさい。主があなたがたを赦してくださったように、あなたがたもそうしなさい。
そして、これらすべての上に、愛を着けなさい。愛は結びの帯として完全なものです。
メモ: 主の赦しを実感している人は、赦し合わないことを、苦痛と感じるでしょう。
2017/ 6/24 読: コロサイ人への手紙 4章、テサロニケ人への手紙 第Ⅰ 1~2章
選: テサロニケ人への手紙 第Ⅰ 2章 3~4節
私たちの勧めは、迷いや不純な心から出ているものではなく、だましごとでもありません。
私たちは神に認められて福音をゆだねられた者ですから、それにふさわしく、人を喜ばせようとしてではなく、私たちの心をお調べになる神を喜ばせようとして語るのです。
メモ: 聖書の内容は真理です。だましごとではありません。人生の土台になります。
2017/ 6/25 読: テサロニケ人への手紙 第Ⅰ 3~5章
選: テサロニケ人への手紙 第Ⅰ 5章 16~18節
いつも喜んでいなさい。
絶えず祈りなさい。
すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。
メモ: 「すべての事について感謝しなさい」は、疑心が強いので、できていません。
2017/ 6/26 読: テサロニケ人への手紙 第Ⅱ 1~3章
選: テサロニケ人への手紙 第Ⅱ 2章 16~17節
どうか、私たちの主イエス・キリストと、私たちの父なる神、すなわち、私たちを愛し、恵みによって永遠の慰めとすばらしい望みとを与えてくださった方ご自身が、
あらゆる良いわざとことばとに進むよう、あなたがたの心を慰め、強めてくださいますように。
メモ: 愛されるってうれしいこと。父なる神に愛されるって、どういうことだろう。
2017/ 6/27 読: テモテへの手紙 第Ⅰ 1~3章
選: テモテへの手紙 第Ⅰ 2章 4~7節
神は、すべての人が救われて、真理を知るようになるのを望んでおられます。
神は唯一です。また、神と人との間の仲介者も唯一であって、それは人としてのキリスト・イエスです。
キリストは、すべての人の贖いの代価として、ご自身をお与えになりました。これが時至ってなされたあかしなのです。
そのあかしのために、私は宣伝者また使徒に任じられ――私は真実を言っており、うそは言いません――信仰と真理を異邦人に教える教師とされました。
メモ: 神は、すべての人が救われて、真理を知るようになるのを望んでおられます。
2017/ 6/28 読: テモテへの手紙 第Ⅰ 4~6章
選: テモテへの手紙 第Ⅰ 6章 2節
信者である主人を持つ人は、主人が兄弟だからといって軽く見ず、むしろ、ますますよく仕えなさい。なぜなら、その良い奉仕から益を受けるのは信者であり、愛されている人だからです。あなたは、これらのことを教え、また勧めなさい。
メモ: 手を抜いても、働く時間は短くならない。だったら、よく仕えたほうが得だ。
2017/ 6/29 読: テモテへの手紙 第Ⅱ 1~3章
選: テモテへの手紙 第Ⅱ 2章 9節
私は、福音のために、苦しみを受け、犯罪者のようにつながれています。しかし、神のことばは、つながれてはいません。
メモ: その時パウロは、後の時代に生きる私たちをも導く多くの手紙を書きました。
2017/ 6/30 読: テモテへの手紙 第Ⅱ 4、テトスへの手紙 1~2章
選: テモテへの手紙 第Ⅱ 4章 7~8節
私は勇敢に戦い、走るべき道のりを走り終え、信仰を守り通しました。
今からは、義の栄冠が私のために用意されているだけです。かの日には、正しい審判者である主が、それを私に授けてくださるのです。私だけでなく、主の現れを慕っている者には、だれにでも授けてくださるのです。
メモ: 「私だけでなく」を私たちの人生にもっと取り入れたら、喜びが増すと思う。
前Page