前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2017年 7月)

2017/ 7/ 1 読: テトスへの手紙 3章、ピレモンへの手紙、ヘブル人への手紙 1章
選: テトスへの手紙 3章 3~6節
私たちも以前は、愚かな者であり、不従順で、迷った者であり、いろいろな欲情と快楽の奴隷になり、悪意とねたみの中に生活し、憎まれ者であり、互いに憎み合う者でした。
しかし、私たちの救い主なる神のいつくしみと人への愛とが現れたとき、
神は、私たちが行った義のわざによってではなく、ご自分のあわれみのゆえに、聖霊による、新生と更新との洗いをもって私たちを救ってくださいました。
神は、この聖霊を、私たちの救い主なるイエス・キリストによって、私たちに豊かに注いでくださったのです。
メモ: 神がすでに用意された救いを受け入れるか、遠慮するかは、各人が決めます。
2017/ 7/ 2 読: ヘブル人への手紙 2~4章
選: ヘブル人への手紙 4章 15~16節
私たちの大祭司は、私たちの弱さに同情できない方ではありません。罪は犯されませんでしたが、すべての点で、私たちと同じように、試みに会われたのです。
ですから、私たちは、あわれみを受け、また恵みをいただいて、おりにかなった助けを受けるために、大胆に恵みの御座に近づこうではありませんか。
メモ: 私たちのキリスト・イエスは、私たちの弱さに同情し、助けてくださいます。
2017/ 7/ 3 読: ヘブル人への手紙 5~7章
選: ヘブル人への手紙 7章 24~25節
しかし、キリストは永遠に存在されるのであって、変わることのない祭司の努めを持っておられます。
したがって、ご自分によって神に近づく人々を、完全に救うことがおできになります。キリストはいつも生きていて、彼らのために、とりなしをしておられるからです。
メモ: キリスト・イエスによって創造主に近づく私たちは、完全に救われるのです。
2017/ 7/ 4 読: ヘブル人への手紙 8~10章
選: ヘブル人への手紙 9章 25~28節
それも、年ごとに自分の血でない血を携えて聖所に入る大祭司とは違って、キリストは、ご自分を幾度もささげることはなさいません。
もしそうでなかったら、世の初めから幾度も苦難を受けなければならなかったでしょう。しかしキリストは、ただ一度、今の世の終わりに、ご自身をいけにえとして罪を取り除くために、来られたのです。
そして、人間には、一度死ぬことと死後にさばきを受けることが定まっているように、
キリストも、多くの人の罪を負うために一度、ご自身をささげられましたが、二度目は、罪を負うためではなく、彼を待ち望んでいる人々の救いのために来られるのです。
メモ: キリスト・イエスは、多くの人の罪を負うために、ご自身をささげたのです。
2017/ 7/ 5 読: ヘブル人への手紙 11~13章
選: ヘブル人への手紙 11章 6~8節
信仰がなくては、神に喜ばれることはできません。神に近づく者は、神がおられることと、神を求める者には報いてくださる方であることとを、信じなければならないのです。
信仰によって、ノアは、まだ見ていない事がらについて神から警告を受けたとき、恐れかしこんで、その家族の救いのために箱舟を造り、その箱舟によって、世の罪を定め、信仰による義を相続する者となりました。
信仰によって、アブラハムは、相続財産として受け取るべき地に出て行けとの召しを受けたとき、これに従い、どこに行くのかを知らないで、出て行きました。
メモ: 神が示したことを、状況に関係なく、行うことが、信仰による行いだと思う。
2017/ 7/ 6 読: ヤコブの手紙 1~3章
選: ヤコブの手紙 1章 5~8節
あなたがたの中に知恵の欠けた人がいるなら、その人は、だれにでも惜しげなく、とがめることなくお与えになる神に願いなさい。そうすればきっと与えられます。
ただし、少しも疑わずに、信じて願いなさい。疑う人は、風に吹かれて揺れ動く、海の大波のようです。
そういう人は、主から何かをいただけると思ってはなりません。
そういうのは、二心のある人で、その歩む道のすべてに安定を欠いた人です。
メモ: 子供のように素直であれば、聖書の言葉をそのまま信じ、行動できると思う。
2017/ 7/ 7 読: ヤコブの手紙 4~5章、ペテロの手紙 第Ⅰ 1章
選: ペテロの手紙 第Ⅰ 1章 22~25節
あなたがたは、真理に従うことによって、たましいを清め、偽りのない兄弟愛を抱くようになったのですから、互いに心から熱く愛し合いなさい。
あなたがたが新しく生まれたのは、朽ちる種からではなく、朽ちない種からであり、生ける、いつまでも変わることのない、神のことばによるのです。
「人はみな草のようで、その栄えは、みな草の花のようだ。草はしおれ、花は散る。
しかし、主のことばは、とこしえに変わることがない。」とあるからです。あなたがたに宣べ伝えられた福音のことばがこれです。
メモ: 真理に従うことによって、偽りのない付き合いができる。これを求めている。
2017/ 7/ 8 読: ペテロの手紙 第Ⅰ 2~4章
選: ペテロの手紙 第Ⅰ 2章 22~25節
キリストは罪を犯したことがなく、その口に何の偽りも見いだされませんでした。
ののしられても、ののしり返さず、苦しめられても、おどすことをせず、正しくさばかれる方にお任せになりました。
そして自分から十字架の上で、私たちの罪をその身に負われました。それは、私たちが罪を離れ、義のために生きるためです。キリストの打ち傷のゆえに、あなたがたは、いやされたのです。
あなたがたは、羊のようにさまよっていましたが、今は、自分のたましいの牧者であり監督者である方のもとに帰ったのです。
メモ: 自分が居るべきところに帰る。それには安らぎと安心感、そして喜びが伴う。
2017/ 7/ 9 読: ペテロの手紙 第Ⅰ 5章、ペテロの手紙 第Ⅱ 1~2章
選: ペテロの手紙 第Ⅱ 2章 22~25節
彼らは不義の報いとして損害を受けるのです。彼らは昼のうちから飲み騒ぐことを楽しみと考えています。彼らは、しみや傷のようなもので、あなたがたといっしょに宴席に連なるときに自分たちのだましごとを楽しんでいるのです。
その目は淫行に満ちており、罪に関しては飽くことを知らず、心の定まらない者たちを誘惑し、その心は欲に目がありません。彼らはのろいの子です。
メモ: 心の定まらない人は誘惑されやすい。真理に従い、ぶれない人生を送りたい。
2017/ 7/10 読: ペテロの手紙 第Ⅱ 3章、ヨハネの手紙 第Ⅰ 1~2章
選: ペテロの手紙 第Ⅱ 3章 9節
主は、ある人たちがおそいと思っているように、その約束のことを遅らせておられるのではありません。かえって、あなたがたに対して忍耐深くあられるのであって、ひとりでも滅びることを望まず、すべての人が悔い改めに進むことを望んでおられるのです。
メモ: 人は自己中心的な考え方をする。しかし主はすべてを見渡して時を設定する。
2017/ 7/11 読: ヨハネの手紙 第Ⅰ 3~5章
選: ヨハネの手紙 第Ⅰ 4章 8~11節
愛のない者に、神はわかりません。なぜなら神は愛だからです。
神はそのひとり子を世に遣わし、その方によって私たちに、いのちを得させてくださいました。ここに、神の愛が私たちに示されたのです。
私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。ここに愛があるのです。
愛する者たち。神がこれほどまでに私たちを愛してくださったのなら、私たちもまた互いに愛し合うべきです。
メモ: 見せかけではない「愛による行い」は、報われなくても、喜びを引き起こす。
2017/ 7/12 読: ヨハネの手紙 第Ⅱ、ヨハネの手紙 第Ⅲ、ユダの手紙
選: ユダの手紙 1章 20~21節
しかし、愛する人々よ。あなたがたは、自分の持っている最も聖い信仰の上に自分自身を築き上げ、聖霊によって祈り、
神の愛のうちに自分自身を保ち、永遠のいのちに至らせる、私たちの主イエス・キリストのあわれみを待ち望みなさい。
メモ: 聖霊によって祈り、主のあわれみを待ち望む。私たちにとっては普通のこと。
2017/ 7/13 読: ヨハネの黙示録 1~3章
選: ヨハネの黙示録 1章 20節
わたしの右の手の中に見えた七つの星と、七つの金の燭台について、その秘められた意味を言えば、七つの星は七つの教会の御使いたち、七つの燭台は七つの教会である。
メモ: 教会は主の所有物。私たちの教会によって、主に恥をかかせたくないと思う。
2017/ 7/14 読: ヨハネの黙示録 4~6章
選: ヨハネの黙示録 4章 10~11節
二十四人の長老は御座に着いている方の御前にひれ伏して、永遠に生きておられる方を拝み、自分の冠を御座の前に投げ出して言った。
「主よ。われらの神よ。あなたは、栄光と誉れと力とを受けるにふさわしい方です。あなたは万物を創造し、あなたのみこころゆえに、万物は存在し、また創造されたのですから。」
メモ: 今は創造主を認めない人も、いずれは考え方を変えることになるのだろうか。
2017/ 7/15 読: ヨハネの黙示録 7~9章
選: ヨハネの黙示録 9章 20~21節
これらの災害によって殺されずに残った人々は、その手のわざを悔い改めないで、悪霊どもや、金、銀、銅、石、木で造られた、見ることも聞くことも歩くこともできない偶像を拝み続け、
その殺人や、魔術や、不品行や、盗みを悔い改めなかった。
メモ: 災害で偶像が倒れたら、人はそれを立たせ、それに手を合わせる。不思議だ。
2017/ 7/16 読: ヨハネの黙示録 10~12章
選: ヨハネの黙示録 10章 5~7節
それから、私の見た海と地との上に立つ御使いは、右手を天に上げて、
永遠に生き、天とその中にあるもの、地とその中にあるもの、海とその中にあるものを創造された方をさして、誓った。「もはや時が延ばされることはない。
第七の御使いが吹き鳴らそうとしているラッパの音が響くその日には、神の奥義は、神がご自身のしもべである預言者たちに告げられたとおりに成就する。」
メモ: 「初めに神が天と地を創造された」で聖書は始まる。創造主が聖書の神です。
2017/ 7/17 読: ヨハネの黙示録 13~15章
選: ヨハネの黙示録 14章 6~7節
また私は、もうひとりの御使いが中天を飛ぶのを見た。彼は、地上に住む人々、すなわち、あらゆる国民、部族、国語、民族に宣べ伝えるために、永遠の福音を携えていた。
彼は大声で言った。「神を恐れ、神をあがめよ。神のさばきの時が来たからである。天と地と海と水の源を創造した方を拝め。」
メモ: 御神体としてあがめられるものの素を創造された方を、私たちは礼拝します。
2017/ 7/18 読: ヨハネの黙示録 16~18章
選: ヨハネの黙示録 18章 19節
それから、彼らは、頭にちりをかぶって、泣き悲しみ、叫んで言いました。『わざわいが来た。わざわいが来た。大きな都よ。海に舟を持つ者はみな、この都のおごりによって富を得ていたのに、それが一瞬のうちに荒れすたれるとは。』
メモ: どんなに有名になっても、どんなに富を得ても、すべてを失う時が必ず来る。
2017/ 7/19 読: ヨハネの黙示録 19~21章
選: ヨハネの黙示録 20章 11~12節
また私は、大きな白い御座と、そこに着座しておられる方を見た。地も天もその御前から逃げ去って、あとかたもなくなった。
また私は、死んだ人々が、大きい者も、小さい者も御座の前に立っているのを見た。そして、数々の書物が開かれた。また、別の一つの書物も開かれたが、それは、いのちの書であった。死んだ人々は、これらの書物に書きしるされているところに従って、自分の行いに応じてさばかれた。
メモ: 本当に起きることが書かれているとしたら、今から備えたほうがいいと思う。
2017/ 7/20 読: ヨハネの黙示録 22章、創世記 1~2章
選: 創世記 1章 1~2節
初めに、神が天と地を創造した。
地は茫漠として何もなかった。やみが大水の上にあり、神の霊が水の上を動いていた。
メモ: 本当のことを信じていたのか、人の考えを信じていたのか、分かる時が来る。
2017/ 7/21 読: 創世記 3~5章
選: 創世記 3章 4~7節
そこで、蛇は女に言った。「あなたがたは決して死にません。
あなたがたがそれを食べるその時、あなたがたの目が開け、あなたがたが神のようになり、善悪を知るようになることを神は知っているのです。」
そこで女が見ると、その木は、まことに食べるのに良く、目に慕わしく、賢くするというその木はいかにも好ましかった。それで女はその実を取って食べ、いっしょにいた夫にも与えたので、夫も食べた。
このようにして、ふたりの目は開かれ、それで彼らは自分たちが裸であることを知った。そこで、彼らは、いちじくの葉をつづり合わせて、自分たちの腰のおおいを作った。
メモ: このタイミングで、人には隠されていたことを、人は知るようになったのか。
2017/ 7/22 読: 創世記 6~8章
選: 創世記 7章 14~17節
彼らといっしょにあらゆる種類の獣、あらゆる種類の家畜、あらゆる種類の地をはうもの、あらゆる種類の鳥、翼のあるすべてのものがみな、入った。
こうして、いのちの息のあるすべての肉なるものが、二匹ずつ箱舟の中のノアのところに入った。
入ったものは、すべての肉なるものの雄と雌であって、神がノアに命じられたとおりであった。それから、主は、彼のうしろの戸を閉ざされた。
それから、大洪水が、四十日間、地の上にあった。水かさが増していき、箱舟を押し上げたので、それは、地から浮かび上がった。
メモ: 箱舟に乗せなかった巨大動物は、この時死に絶えたと考えるのが自然だろう。
2017/ 7/23 読: 創世記 9~11章
選: 創世記 11章 6~9節
主は仰せになった。「彼らがみな、一つの民、一つのことばで、このようなことをし始めたのなら、今や彼らがしようと思うことで、とどめられることはない。
さあ、降りて行って、そこでの彼らのことばを混乱させ、彼らが互いにことばが通じないようにしよう。」
こうして主は人々を、そこから地の全面に散らされたので、彼らはその町を建てるのをやめた。
それゆえ、その町の名はバベルと呼ばれた。主が全地のことばをそこで混乱させたから、すなわち、主が人々をそこから地の全面に散らしたからである。
メモ: 隣人との会話が不可能になったとしたら、その場所に住む理由が減るだろう。
2017/ 7/24 読: 創世記 12~14章
選: 創世記 13章 14~16節
ロトがアブラムと別れて後、主はアブラムに仰せられた。「さあ、目を上げて、あなたがいる所から北と南、東と西を見渡しなさい。
わたしは、あなたが見渡しているこの地全部を、永久にあなたとあなたの子孫とに与えよう。
わたしは、あなたの子孫を地のちりのようにならせる。もし人が地のちりを数えることができれば、あなたの子孫をも数えることができよう。
メモ: アブラハムの血筋を受けている人は増え続けている。主のことばは実現する。
2017/ 7/25 読: 創世記 15~17章
選: 創世記 15章 5~6節
そして、彼を外に連れ出して仰せられた。「さあ、天を見上げなさい。星を数えることができるなら、それを数えなさい。」さらに仰せられた。「あなたの子孫はこのようになる。」
彼は主を信じた。主はそれを彼の義と認められた。
メモ: 主の言われたことを信じる。そのことを主は「正しいこと」と見なすようだ。
2017/ 7/26 読: 創世記 18~20章
選: 創世記 19章 21~22節
その人は彼に言った。「よろしい。わたしはこのことでも、あなたの願いを入れ、あなたの言うその町を滅ぼすまい。
急いでそこへのがれなさい。あなたがあそこに入るまでは、わたしは何もできないから。」それゆえ、その町の名はツォアルと呼ばれた。
メモ: 私たちの主への願い事は、他の人にも良い影響を及ぼす可能性があるようだ。
2017/ 7/27 読: 創世記 21~23章
選: 創世記 21章 19節
神がハガルの目を開かれたので、彼女は井戸を見つけた。それで行って皮袋に水を満たし、少年に飲ませた。
メモ: 私たちには見えていないものが多くあると思う。主に目を開いてもらいたい。
2017/ 7/28 読: 創世記 24~26章
選: 創世記 24章 48~49節
そうして私はひざまずき、主を礼拝し、私の主人アブラハムの神、主を賛美しました。主は私の主人の兄弟の娘を、主人の息子にめとるために、私を正しい道に導いてくださったのです。
それで今、あなたがたが私の主人に、恵みとまこととを施してくださるのなら、私にそう言ってください。そうでなければ、そうでないと私に言ってください。それによって、私は右か左に向かうことになるでしょう。」
メモ: 主は導かれる。導きに従うか、あるいは拒否するかは、私たちが選択します。
2017/ 7/29 読: 創世記 27~29章
選: 創世記 28章 12~15節
そのうちに、彼は夢を見た。見よ。一つのはしごが地に向けて立てられている。その頂は天に届き、見よ、神の使いたちが、そのはしごを上り下りしている。
そして、見よ。主が彼のかたわらに立っておられた。そして仰せられた。「わたしはあなたの父アブラハムの神、イサクの神、主である。わたしはあなたが横たわっているこの地を、あなたとあなたの子孫とに与える。
あなたの子孫は地のちりのように多くなり、あなたは、西、東、北、南へと広がり、地上のすべての民族は、あなたとあなたの子孫によって祝福される。
見よ。わたしはあなたとともにあり、あなたがどこへ行っても、あなたを守り、あなたをこの地に連れ戻そう。わたしは、あなたに約束したことを成し遂げるまで、決してあなたを捨てない。」
メモ: 夢で主がヤコブに語られたことは実現したのだろうか。歴史を学べば分かる。
2017/ 7/30 読: 創世記 30~32章
選: 創世記 31章 3~5節
主はヤコブに仰せられた。「あなたが生まれた、あなたの先祖の国に帰りなさい。わたしはあなたとともにいる。」
そこでヤコブは使いをやって、ラケルとレアを自分の群れのいる野に呼び寄せ、
彼女たちに言った。「私はあなたがたの父の態度が以前のようではないのに気がついている。しかし、私の父の神は私とともにおられるのだ。
メモ: 「しかし神は私たちと共におられる」と言えるか否かで人生は大きく変わる。
2017/ 7/31 読: 創世記 33~35章
選: 創世記 35章 9~12節
こうしてヤコブがパダン・アラムから帰って来たとき、神は再び彼に現れ、彼を祝福された。
神は彼に仰せられた。「あなたの名はヤコブであるが、あなたの名は、もう、ヤコブと呼んではならない。あなたの名はイスラエルでなければならない。」それで彼は自分の名をイスラエルと呼んだ。
神はまた彼に仰せられた。「わたしは全能の神である。生めよ。ふえよ。一つの国民、諸国の民のつどいが、あなたから出て、王たちがあなたの腰から出る。
わたしはアブラハムとイサクに与えた地を、あなたに与え、あなたの後の子孫にもその地を与えよう。」
メモ: 「わたしは全能の神である」と言われる神を、枠にはめることはできません。
前Page