前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2017年 8月)

2017/ 8/ 1 読: 創世記 36~38章
選: 創世記 35章 9~12節
ヨセフは彼らに言った。「どうか私の見たこの夢を聞いてください。
見ると、私たちは畑で束をたばねていました。すると突然、私の束が立ち上がり、しかもまっすぐに立っているのです。見ると、あなたがたの束が回りに来て、私の束におじぎをしました。」
兄たちは彼に言った。「おまえは私たちを治める王になろうとするのか。私たちを支配しようとでも言うのか。」こうして彼らは、夢のことや、ことばのことで、彼をますます憎むようになった。
メモ: 憎まれ、孤独を体験したことは、ヨセフの後の人生に大いに役立ったと思う。
2017/ 8/ 2 読: 創世記 39~41章
選: 創世記 39章 1~4節
ヨセフがエジプトへ連れて行かれたとき、パロの廷臣で侍従長のポティファルというひとりのエジプト人が、ヨセフをそこに連れて下って来たイシュマエル人の手からヨセフを買い取った。
主がヨセフとともにおられたので、彼は幸運な人となり、そのエジプト人の主人の家にいた。
彼の主人は、主が彼とともにおられ、主が彼のすることすべてを成功させてくださるのを見た。
それでヨセフは主人にことのほか愛され、主人は彼を側近の者とし、その家を管理させ、彼の全財産をヨセフの手にゆだねた。
メモ: この家で学んだ管理が後に重要になることを、ヨセフはこの時知らなかった。
2017/ 8/ 3 読: 創世記 42~44章
選: 創世記 42章 6~9節
ときに、ヨセフはこの国の権力者であり、この国のすべての人々に穀物を売る者であった。ヨセフの兄弟たちは来て、顔を地につけて彼を伏し拝んだ。
ヨセフは兄弟たちを見て、それとわかったが、彼らに対して見知らぬ者のようにふるまい、荒々しいことばで彼らに言った。「あなたがたは、どこから来たのか。」すると彼らは答えた。「カナンの地から食糧を買いにまいりました。」
ヨセフには、兄弟たちだとわかったが、彼らにはヨセフだとはわからなかった。
ヨセフはかつて彼らについて見た夢を思い出して、彼らに言った。「あなたがたは間者だ。この国のすきをうかがいに来たのだろう。」
メモ: 憎まれていた者が支配者になった。私たちにも主のご計画があると信じます。
2017/ 8/ 4 読: 創世記 45~47章
選: 創世記 45章 4~5節
ヨセフは兄弟たちに言った。「どうか私に近寄ってください。」彼らが近寄ると、ヨセフは言った。「私はあなたがたがエジプトに売った弟のヨセフです。
今、私をここに売ったことで心を痛めたり、怒ったりしてはなりません。神はいのちを救うために、あなたがたより先に、私を遣わしてくださったのです。
メモ: 悪意による結果のように見えても、主がご計画を遂行した結果かもしれない。
2017/ 8/ 5 読: 創世記 48~50章
選: 創世記 50章 18~21節
彼の兄弟たちも来て、彼の前にひれ伏して言った。「私たちはあなたの奴隷です。」
ヨセフは彼らに言った。「恐れることはありません。どうして、私が神の代わりでしょうか。
あなたがたは、私に悪を計りましたが、神はそれを、良いことのための計らいとなさいました。それはきょうのようにして、多くの人々を生かしておくためでした。
ですから、もう恐れることはありません。私は、あなたがたや、あなたがたの子どもたちを養いましょう。」こうして彼は彼らを慰め、優しく語りかけた。
メモ: 神には事を大逆転させる力があります。それを信じるかで人生は変わります。
2017/ 8/ 6 読: 出エジプト記 1~3章
選: 出エジプト記 3章 11~12節
モーセは神に申し上げた。「私はいったい何者なのでしょう。パロのもとに行ってイスラエル人をエジプトから連れ出さなければならないとは。」
神は仰せられた。「わたしはあなたとともにいる。これがあなたのためのしるしである。わたしがあなたを遣わすのだ。あなたが民をエジプトから導き出すとき、あなたがたは、この山で、神に仕えなければならない。」
メモ: 40年前の自信過剰なモーセだったら、この神の依頼を素直に受けたと思う。
2017/ 8/ 7 読: 出エジプト記 4~6章
選: 出エジプト記 6章 28~30節
主がエジプトの地でモーセに告げられたときに、
主はモーセに告げて仰せられた。「わたしは主である。わたしがあなたに話すことを、みな、エジプトの王パロに告げよ。」
しかしモーセは主の前に申し上げた。「ご覧ください。私は口べたです。どうしてパロが私の言うことを聞くでしょう。」
メモ: 口べたかどうかは問題ではない。話すことばの背後にある力が重要だと思う。
2017/ 8/ 8 読: 出エジプト記 7~9章
選: 出エジプト記 7章 16~18節
彼に言わなければならない。ヘブル人の神、主が私をあなたに遣わして仰せられます。『わたしの民を行かせ、彼らに、荒野でわたしに仕えさせよ。』ああ、しかし、あなたは今までお聞きになりませんでした。
主はこう仰せられます。『あなたは、次のことによって、わたしが主であることを知るようになる。』ご覧ください。私は手に持っている杖でナイルの水を打ちます。水は血に変わり、
ナイルの魚は死に、ナイルは臭くなり、エジプト人はナイルの水をもう飲むことを忌みきらうようになります。」
メモ: 私たちは、自然や動物を見ても、創造主であられる主を知ることができます。
2017/ 8/ 9 読: 出エジプト記 10~12章
選: 出エジプト記 10章 16~18節
パロは急いでモーセとアロンを呼び出して言った。「私は、おまえたちの神、主とおまえたちに対して罪を犯した。
どうか今、もう一度だけ、私の罪を赦してくれ。おまえたちの神、主に願って、主が私から、ただこの死を取り除くようにしてくれ。」
彼はパロのところから出て、主に祈った。
メモ: 罪だと認めながらも、主に逆らい続ける。主に従う人生のほうが楽しいのに。
2017/ 8/10 読: 出エジプト記 13~15章
選: 出エジプト記 15章 25~26節
モーセは主に叫んだ。すると、主は彼に一本の木を示されたので、モーセはそれを水に投げ入れた。すると、水は甘くなった。その所で主は彼に、おきてと定めを授け、その所で彼を試みられた。
そして、仰せられた。「もし、あなたがあなたの神、主の声に確かに聞き従い、主が正しいと見られることを行い、またその命令に耳を傾け、そのおきてをことごとく守るなら、わたしはエジプトに下したような病気を何一つあなたの上に下さない。わたしは主、あなたをいやす者である。」
メモ: 主を信頼しきって、恐れも心配もなければ、病気になることも減るだろうな。
2017/ 8/11 読: 出エジプト記 16~18章
選: 出エジプト記 16章 11~14節
主はモーセに告げて仰せられた。
「わたしはイスラエル人のつぶやきを聞いた。彼らに告げて言え。『あなたがたは夕暮れには肉を食べ、朝にはパンで満ち足りるであろう。あなたがたはわたしがあなたがたの神、主であることを知るようになる。』」
それから、夕方になるとうずらが飛んで来て、宿営をおおい、朝になると、宿営の回りに露が一面に降りた。
その一面の露が上がると、見よ、荒野の面には、地に降りた白い霜のような細かいもの、うろこのような細かいものがあった。
メモ: つぶやきにも親切に返事をくださる主。なんと忍耐と愛に満ちた神様だろう。
2017/ 8/12 読: 出エジプト記 19~21章
選: 出エジプト記 20章 4~6節
あなたは、自分のために、偶像を造ってはならない。上の天にあるものでも、下の地にあるものでも、地の下の水の中にあるものでも、どんな形をも造ってはならない。
それらを拝んではならない。それらに仕えてはならない。あなたの神、主であるわたしは、ねたむ神、わたしを憎む者には、父の咎を子に報い、三代、四代にまで及ぼし、
わたしを愛し、わたしの命令を守る者には、恵みを千代にまで施すからである。
メモ: 我々は進化によると言いつつ偶像を拝む。この異なる次元の接点は何だろう。
2017/ 8/13 読: 出エジプト記 22~24章
選: 出エジプト記 23章 4~5節
あなたの敵の牛とか、ろばで、迷っているのに出会った場合、必ずそれを彼のところに返さなければならない。
あなたを憎んでいる者のろばが、荷物の下敷きになっているのを見た場合、それを起こしてやりたくなくても、必ず彼といっしょに起こしてやらなければならない。
メモ: 私たちを嫌う人も主に愛されている。人を見る視点を変える必要があるかも。
2017/ 8/14 読: 出エジプト記 25~27章
選: 出エジプト記 25章 9~11節
幕屋の型と幕屋のすべての用具の型とを、わたしがあなたに示すのと全く同じように作らなければならない。
アカシヤ材の箱を作らなければならない。長さは二キュビト半、幅は一キュビト半、高さは一キュビト半。
これに純金をかぶせる。それは、その内側と外側とにかぶせなければならない。その回りには金の飾り縁を作る。
メモ: 神が設計された物を作りました。人が担いだ契約の箱も神が設計されました。
2017/ 8/15 読: 出エジプト記 28~30章
選: 出エジプト記 29章 45~46節
わたしはイスラエル人の間に住み、彼らの神となろう。
彼らは、わたしが彼らの神、主であり、彼らの間に住むために、彼らをエジプトの地から連れ出した者であることを知るようになる。わたしは彼らの神、主である。
メモ: 神と共に歩めば歩むほど、私たちは神を知るようになり、心配事も減ります。
2017/ 8/16 読: 出エジプト記 31~33章
選: 出エジプト記 32章 31~32節
そこでモーセは主のところに戻って、申し上げた。「ああ、この民は大きな罪を犯してしまいました。自分たちのために金の神を造ったのです。
今、もし、彼らの罪をお赦しくだされるものなら――。しかし、もしも、かないませんなら、どうか、あなたがお書きになったあなたの書物から、私の名を消し去ってください。」
メモ: 主を信じる者が隣人の立場になって祈るなら、教会はもっと成長すると思う。
2017/ 8/17 読: 出エジプト記 34~36章
選: 出エジプト記 36章 2節
モーセは、ベツァルエルとオホリアブ、および、主が知恵を授けられた、心に知恵のある者すべて、すなわち感動して、進み出てその仕事をしたいと思う者すべてを、呼び寄せた。
メモ: 人にはそれぞれ得意とする仕事があるはず。それを喜び楽しめばいいと思う。
2017/ 8/18 読: 出エジプト記 37~39章
選: 出エジプト記 39章 42~43節
イスラエル人は、すべて、主がモーセに命じられたとおりに、そのすべての奉仕を行った。
モーセが、すべての仕事を彼らが、まことに主が命じられたとおりに、したのを見たとき、モーセは彼らを祝福した。
メモ: 主の命じる、あるいは主の望むとおりに行う。これが無駄を省く道だと思う。
2017/ 8/19 読: 出エジプト記 40、レビ記 1~2章
選: 出エジプト記 40章 36~38節
イスラエル人は、旅路にある間、いつも雲が幕屋から上ったときに旅立った。
雲が上らないと、上る日まで、旅立たなかった。
イスラエル全家の者は旅路にある間、昼は主の雲が幕屋の上に、夜は雲の中に火があるのを、いつも見ていたからである。
メモ: 神のタイミングに自分のタイミングを合わせるための訓練の時だったと思う。
2017/ 8/20 読: レビ記 3~5章
選: レビ記 3章 1節
もしそのささげ物が和解のいけにえの場合、牛をささげようとするなら、雄でも雌でも傷のないものを主の前にささげなければならない。
メモ: 神が見えているとしたら、言われなくても、傷のないものをささげると思う。
2017/ 8/21 読: レビ記 6~8章
選: レビ記 7章 37~38節
これは、全焼のいけにえ、穀物のささげ物、罪のためのいけにえ、罪過のためのいけにえ、任職と和解のいけにえについてのおしえである。
これは、モーセがシナイの荒野でイスラエル人に、そのささげ物を主にささげるよう命じた日に、主がシナイ山でモーセに命じられたものである。
メモ: 神が人にいろいろと命じたのは、人が神にとても愛されているからだと思う。
2017/ 8/22 読: レビ記 9~11章
選: レビ記 9章 23~24節
ついでモーセとアロンは会見の天幕に入り、それから出て来ると、民を祝福した。すると主の栄光が民全体に現れ、
主の前から火が出て来て、祭壇の上の全焼のいけにえと脂肪とを焼き尽くしたので、民はみな、これを見て、叫び、ひれ伏した。
メモ: 主の前から火が出た。これは主が現代においても起こせる現象だと信じます。
2017/ 8/23 読: レビ記 12~14章
選: レビ記 14章 33~36節
ついで主はモーセとアロンに告げて仰せられた。
「わたしがあなたがたに所有地として与えるカナンの地に、あなたがたが入り、わたしがその所有地にある家にツァラアトの患部を生じさせ、
その家の所有者が来て、祭司に、そのような患部が家に現れたと言って、報告するときは、
祭司はその患部を調べに入る前に、その家をあけるよう命じる。これはすべて家にあるものが汚れることのないためである。その後に、祭司はその家を調べに入る。
メモ: 「ツァラアトの患部を生じさせ」とあるが、なぜ主はそれをなさるのだろう。
2017/ 8/24 読: レビ記 15~17章
選: レビ記 16章 2~5節
主はモーセに仰せられた。「あなたの兄アロンに告げよ。かってな時に垂れ幕の内側の聖所に入って、箱の上の『贖いのふた』の前に行ってはならない。死ぬことのないためである。わたしが『贖いのふた』の上の雲の中に現れるからである。
アロンは次のようにして聖所に入らなければならない。罪のためのいけにえとして若い雄牛、また全焼のいけにえとして雄羊を携え、
聖なる亜麻布の長服を着、亜麻布のももひきをはき、亜麻布の飾り帯を締め、亜麻布のかぶり物をかぶらなければならない。これらが聖なる装束であって、彼はからだに水を浴び、それらを着ける。
彼はまた、イスラエル人の会衆から、罪のためのいけにえとして雄やぎ二頭、全焼のいけにえとして雄羊一頭を取らなければならない。
メモ: 主・キリスト・イエスゆえに、神は、私たちにとって、身近な存在となった。
2017/ 8/25 読: レビ記 18~20章
選: レビ記 18章 4~5節
あなたがたは、わたしの定めを行い、わたしのおきてを守り、それに従わなければならない。わたしは、あなたがたの神、主である。
あなたがたは、わたしのおきてとわたしの定めを守りなさい。それを行う人は、それによって生きる。わたしは主である。
メモ: 人には自由意志が備わっているが、人用取扱説明書の存在もありうると思う。
2017/ 8/26 読: レビ記 21~23章
選: レビ記 23章 22節
あなたがたの土地の収穫を刈り入れるとき、あなたは刈るときに、畑の隅まで刈ってはならない。あなたの収穫の落ち穂も集めてはならない。貧しい者と在留異国人のために、それらを残しておかなければならない。わたしはあなたがたの神、主である。」
メモ: 裕福な方の持ち物も、元は創造主の物。謙遜な心が正しい判断を下すと思う。
2017/ 8/27 読: レビ記 24~26章
選: レビ記 26章 3~6節
もし、あなたがたがわたしのおきてに従って歩み、わたしの命令を守り、それらを行うなら、
わたしはその季節にしたがってあなたがたに雨を与え、地は産物を出し、畑の木々はその実を結び、
あなたがたの麦打ちは、ぶどうの取り入れ時まで続き、ぶどうの取り入れ時は、種蒔きの時まで続く。あなたがたは満ち足りるまでパンを食べ、安らかにあなたがたの地に住む。
わたしはまたその地に平和を与える。あなたがたはだれにも悩まされずに寝る。わたしはまた悪い獣をその国から除く。剣があなたがたの国を通り過ぎることはない。
メモ: ボスの指示を無視し、好き勝手に働きながら「ボスはけちだ」とは言えない。
2017/ 8/28 読: レビ記 27章、民数記 1~2章
選: レビ記 27章 34節
以上は、主がシナイ山で、イスラエル人のため、モーセに命じられた命令である。
メモ: 主の命令は、私たちに理解できない箇所があっても、人の幸せのためでした。
2017/ 8/29 読: 民数記 3~5章
選: 民数記 4章 27節
彼らのになうものと奉仕にかかわるゲルション族のすべての奉仕は、アロンとその子らの命令によらなければならない。あなたがたは、彼らに、任務として、彼らがになうものをすべて割り当てなければならない。
メモ: 秩序を保つために、主は人と人の間の縦の関係をも用いることがあると思う。
2017/ 8/30 読: 民数記 6~8章
選: 民数記 6章 24~26節
『主があなたを祝福し、あなたを守られますように。
主が御顔をあなたに照らし、あなたを恵まれますように。
主が御顔をあなたに向け、あなたに平安を与えられますように。』
メモ: 主に祝福され、守られ、恵まれ、主から平安を頂く。そのすべてが必要です。
2017/ 8/31 読: 民数記 9~11章
選: 民数記 11章 21~23節
しかしモーセは申し上げた。「私といっしょにいる民は徒歩の男子だけで六十万です。しかもあなたは、彼らに肉を与え、一月の間食べさせる、と言われます。
彼らのために羊の群れ、牛の群れをほふっても、彼らに十分でしょうか。彼らのために海の魚を全部集めても、彼らに十分でしょうか。」
主はモーセに答えられた。「主の手は短いのだろうか。わたしのことばが実現するかどうかは、今わかる。」
メモ: 主のことばは必ず実現する。その時を定めるのも主。私たちはその時を待つ。
前Page