前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2017年108月)

2017/10/ 1 読: 士師記 8~10章
選: 士師記 8章 23節
しかしギデオンは彼らに言った。「私はあなたがたを治めません。また、私の息子もあなたがたを治めません。主があなたがたを治められます。」
メモ: 救い主を信じる者は、神と直接関係を持てます。他人経由は必要ありません。
2017/10/ 2 読: 士師記 11~13章
選: 士師記 11章 35節
エフタは彼女を見るや、自分の着物を引き裂いて言った。「ああ、娘よ。あなたはほんとうに、私を打ちのめしてしまった。あなたは私を苦しめる者となった。私は主に向かって口を開いたのだから、もう取り消すことはできないのだ。」
メモ: 私だったら、「主よ、ごめんなさい。約束を取り消します」と言ったと思う。
2017/10/ 3 読: 士師記 14~16章
選: 士師記 14章 4節
彼の父と母は、それが主によることだとは知らなかった。主はペリシテ人と事を起こす機会を求めておられたからである。そのころはペリシテ人がイスラエルを支配していた。
メモ: 私たちの常識と主の常識が一致するとは限らない。主の働きを妨げたくない。
2017/10/ 4 読: 士師記 17~19章
選: 士師記 17章 6節
そのころ、イスラエルには王がなく、めいめいが自分の目に正しいと見えることを行っていた。
メモ: 仮に王がなくとも、各個人が律法に従っていれば、平和を維持できたと思う。
2017/10/ 5 読: 士師記 20~21章、ルツ記 1章
選: ルツ記 1章 16~18節
ルツは言った。「あなたを捨て、あなたから別れて帰るように、私にしむけないでください。あなたの行かれる所へ私も行き、あなたの住まれる所に私も住みます。あなたの民は私の民、あなたの神は私の神です。
あなたの死なれる所で私は死に、そこに葬られたいのです。もし死によっても私があなたから離れるようなことがあったら、主が幾重にも私を罰してくださるように。」
ナオミは、ルツが自分といっしょに行こうと堅く決心しているのを見ると、もうそれ以上は何も言わなかった。
メモ: 亡くなった夫の母から離れたくないと言う嫁。二人は愛の絆で結ばれていた。
2017/10/ 6 読: ルツ記 2~4章
選: ルツ記 2章 4節
ちょうどその時、ボアズはベツレヘムからやって来て、刈る者たちに言った。「主があなたがたとともにおられますように。」彼らは、「主があなたを祝福されますように」と答えた。
メモ: 主がともにおられますように。主が祝福されますように。すてきな挨拶だな。
2017/10/ 7 読: サムエル記 第Ⅰ 1~3章
選: サムエル記 第Ⅰ 3章 10節
そのうちに主が来られ、そばに立って、これまでと同じように、「サムエル。サムエル」と呼ばれた。サムエルは、「お話しください。しもべは聞いております」と申し上げた。
メモ: 聖書を読む時も「主よ。お話しください。しもべは聞いております」と願う。
2017/10/ 8 読: サムエル記 第Ⅰ 4~6章
選: サムエル記 第Ⅰ 5章 2~4節
それからペリシテ人は神の箱を取って、それをダゴンの宮に運び、ダゴンのかたわらに安置した。
アシュドデの人たちが、翌日、朝早く起きて見ると、ダゴンは主の箱の前に、地にうつぶせになって倒れていた。そこで彼らはダゴンを取り、それをもとの所に戻した。
次の日、朝早く彼らが起きて見ると、やはり、ダゴンは主の箱の前に、地にうつぶせになって倒れていた。ダゴンの頭と両腕は切り離されて敷居のところにあり、ダゴンの胴体だけが、そこに残っていた。
メモ: 起こしてもらわなければ立つこともできない物に頭を下げることはできない。
2017/10/ 9 読: サムエル記 第Ⅰ 7~9章
選: サムエル記 第Ⅰ 9章 15~17節
主は、サウルが来る前の日に、サムエルの耳を開いて仰せられた。
「あすの今ごろ、わたしはひとりの人をベニヤミンの地からあなたのところに遣わす。あなたは彼に油をそそいで、わたしの民イスラエルの君主とせよ。彼はわたしの民をペリシテ人の手から救うであろう。民の叫びがわたしに届いたので、わたしは自分の民を見たからだ。」
サムエルがサウルを見たとき、主は彼に告げられた。「ここに、わたしがあなたに話した者がいる。この者がわたしの民を支配するのだ。」
メモ: サウルは自分が遣わされているとは思っていない。これも神の導き方の一つ。
2017/1010 読: サムエル記 第Ⅰ 10~12章
選: サムエル記 第Ⅰ 12章 23~24節
私もまた、あなたがたのために祈るのをやめて主に罪を犯すことなど、とてもできない。私はあなたがたに、よい正しい道を教えよう。
ただ、主を恐れ、心を尽くし、誠意をもって主に仕えなさい。主がどれほど偉大なことをあなたがたになさったかを見分けなさい。
メモ: 主の民のために祈ることをやめることは、主の御心に反すると聖書は教える。
2017/1011 読: サムエル記 第Ⅰ 13~15章
選: サムエル記 第Ⅰ 15章 10~11節
そのとき、サムエルに次のような主のことばがあった。
「わたしはサウルを王に任じたことを悔いる。彼はわたしに背を向け、わたしのことばを守らなかったからだ。」それでサムエルは怒り、夜通し主に向かって叫んだ。
メモ: 主のことばを守らないことは、主に背を向けること。考え直す必要があるな。
2017/1012 読: サムエル記 第Ⅰ 16~18章
選: サムエル記 第Ⅰ 16章 1~3節
主はサムエルに仰せられた。「いつまであなたはサウルのことで悲しんでいるのか。わたしは彼をイスラエルの王位から退けている。角に油を満たして行け。あなたをベツレヘム人エッサイのところへ遣わす。わたしは彼の息子たちの中に、わたしのために、王を見つけたから。」
サムエルは言った。「私はどうして行けましょう。サウルが聞いたら、私を殺すでしょう。」主は仰せられた。「あなたは群れのうちから一頭の雌の子牛を取り、『主にいけにえをささげに行く』と言え。
いけにえをささげるときに、エッサイを招け。あなたのなすべきことを、このわたしが教えよう。あなたはわたしのために、わたしが言う人に油をそそげ。」
メモ: ダビデは主のために王となった。私たちは誰のために仕事をするのだろうか。
2017/10/13 読: サムエル記 第Ⅰ 19~21章
選: サムエル記 第Ⅰ 20章 30~32節
サウルはヨナタンに怒りを燃やして言った。「このばいたの息子め。おまえがエッサイの子にえこひいきをして、自分をはずかしめ、自分の母親の恥をさらしているのを、この私が知らないとでも思っているのか。
エッサイの子がこの地上に生きているかぎり、おまえも、おまえの王位も危うくなるのだ。今、人をやって、あれを私のところに連れて来い。あれは殺さなければならない。」
ヨナタンは父サウルに答えて言った。「なぜ、あの人は殺されなければならないのですか。あの人が何をしたというのですか。」
メモ: 無理やり高い位について見えを張るより、地上を去った後のことを考えたい。
2017/10/14 読: サムエル記 第Ⅰ 22~24章
選: サムエル記 第Ⅰ 24章 4~7節
ダビデの部下はダビデに言った。「今こそ、主があなたに、『見よ。わたしはあなたの敵をあなたの手に渡す。彼をあなたのよいと思うようにせよ』と言われた、その時です。」そこでダビデは立ち上がり、サウルの上着のすそを、こっそり切り取った。
こうして後、ダビデは、サウルの上着のすそを切り取ったことについて心を痛めた。
彼は部下に言った。「私が、主に逆らって、主に油そそがれた方、私の主君に対して、そのようなことをして、手を下すなど、主の前に絶対にできないことだ。彼は主に油そそがれた方だから。」
ダビデはこう言って部下を説き伏せ、彼らがサウルに襲いかかるのを許さなかった。サウルは、ほら穴から出て道を歩いて行った。
メモ: ダビデの主に対する信頼には目を見張るものがある。同様に主に信頼したい。
2017/10/15 読: サムエル記 第Ⅰ 25~27章
選: サムエル記 第Ⅰ 26章 22~24節
ダビデは答えて言った。「さあ、ここに王の槍があります。これを取りに、若者のひとりをよこしてください。
主は、おのおの、その人の正しさと真実に報いてくださいます。主はきょう、あなたを私の手に渡されましたが、私は、主に油そそがれた方に、この手を下したくはありませんでした。
きょう、私があなたのいのちをたいせつにしたように、主は私のいのちをたいせつにして、すべての苦しみから私を救い出してくださいます。」
メモ: 自分を苦しめるものを取り除くことができたのに、すべてを主に委ねました。
2017/10/16 読: サムエル記 第Ⅰ 28~30章
メモ:
2017/10/17 読: サムエル記 第Ⅰ 31章、サムエル記 第Ⅱ 1~2章
メモ:
2017/10/18
メモ:
2017/10/19
メモ:
2017/10/20
メモ:
2017/10/21
メモ:
2017/10/22
メモ:
2017/10/23
メモ:
2017/10/24
メモ:
2017/10/25
メモ:
2017/10/26
メモ:
2017/10/27
メモ:
2017/10/28
メモ:
2017/10/29
メモ:
2017/10/30
メモ:
2017/10/31
メモ:
前Page